『LaLa3月号(2011年)』の感想(前編)

LaLa0311.jpg
『LaLa3月号(2011年)』


白泉社
2011年1月24日/¥400+税




<感想>
今号は、表紙も巻頭カラーもふろくも全てが 『桜蘭高校ホスト部』 という、ホスト部でお腹いっぱいになれる仕様となってます(笑)。 これで特別編が面白くなかったら大変!ってくらいのお膳立てだけど、やっぱりちゃんと面白くてさすがでした☆ そしてふろくのフィギュアストラップが激烈に可愛いですっ!! 私あんまりフィギュアに興味ないんだけど、これは雰囲気バッチリ違和感なし、という嬉しい仕上がり。 特別編読了後には、ハルヒと環が持ってるお星様に 「らぶ☆」 とか書き込みたい気分になりました(笑)。

3号連続読み切り企画最終回は、辻田りりこ 『ふたばのとても災難な日』 と、天乃忍 『にんこい』。 個人的に天乃さん大プッシュなせいもあるんだけど、 『にんこい』 ツボでした! どこがツボかは、個別感想でねっちり書きます!(笑)
ところで、思いがけず 『ホスト部』 感想が長くなったことと、個人的にまとまった時間が取れないため、感想記事を前項編に分けさせて頂きますね。 分かりにくくてすみません! (ここにないものは後編記事に続きます)


●葉鳥ビスコ 『桜蘭高校ホスト部』 特別編 
ハルヒの可愛さに撃沈させられた特別編でしたw パンフを手に上目遣いなハルヒにドキドキしましたー!! おまけに私は双子同様の建築物マニアなので (イスラム建築美術で卒論書いたんだぜ、史学科のくせに!・笑)、 スペイン超羨ましいっ!! アルハンブラ宮殿で死ねるレベル、よく分かります! なので、敬うべきサグラダ・ファミリアを見て「まいたけっぽい」とか言っちゃうハルヒのことは、思わず 「コイツぅ」 と頭グリグリしたくなるくらい可愛かったです(いやおかしいだろ・笑)。

お話は鏡夜先輩メイン。 いつもは優雅な笑顔で腹黒さを発揮する鏡夜先輩が、珍しく本気モードで腹黒かったので、とても素敵だと思いましたw(うっとり) 鏡夜先輩が 「ふたりきりで理性が持つか」 というシーン。 普通なら恋愛的に一線越えるかどうかな台詞なのに、鏡夜先輩にかかると文字通り理性で腹黒さを抑えられるかって意味なんですよね…軽くときめいたのに残念すぎるっ!(笑) それでも、敢えて親の厳しい縛りとプレッシャーの中で自分を認めさせようとする鏡夜先輩は、やっぱり本気でカッコ良いです。 理性的な態度の中に誰よりも大きな野心を潜ませる、すごく熱いひと。 仕事にもそうだけど、 「誰か」 と向き合うことにも彼なりの熱さをもってるから、相手も鏡夜先輩に本気になるんだろうなって思いますw

で、ある意味本題であるハルヒと環先輩。 部屋割りで揉める一連のシーンはハルヒがホントに可愛くって、そりゃー環先輩も調子に乗るよねって感じでした(笑)。 この二人に関しては、ラストの1コマが秀逸です。 どーにもならないくらいメロメロな環と、彼の手を取り荷物を持って笑顔でさらっと歩くしっかり者のハルヒ。 なんていうか、この人たちずっとこんな感じなんだろうな。 お互いがお互いをドキドキさせ続けて、でもきっとちょっとだけ環の方がハルヒに弱いのw すごく彼ららしい幸せの形に思えて、好きなEDでしたw  あと、何だかんだで理解しあってる環と鏡夜先輩の関係も、やっぱり好きです。  ――あぁもう、いろいろ書いたけど結局「大好きだ!」ってことが一番の気持ちかもしれない! 葉鳥さん、特別編素敵でした、ありがとうございました!!


●樋野まつり 『ヴァンパイア騎士』 
藍堂センパイが心の支えだったのに…。 いろいろホントによく分かりませんごめんなさい!


●藤原ヒロ 『会長はメイド様!』 
うわぁ…。 内容的には 「もぅ待ってました!」 な展開なのに、どーもイマイチ盛り上がらなかったのは、1ヶ月お休みがあったからだと思うの……何故あそこで休みを入れた!?  『コルダ』 でも土浦告白直後に特別編入れたりするけど、 『LaLa』 のこの仕組みは正直残念過ぎます。 やっぱり、山場に向かって一直線に盛り上がって欲しいファン心理。 良かっただけに、美咲ちゃんのめっちゃオトコマエな告白(笑)が良かっただけに、そこだけ残念!! 抱き合う二人の奥に小さく車が止まってたけど、もしあそこにセディ乗ってたら、ストーカー技術を褒めてあげたい気もします(笑)。


●時計野はり 『学園ベビーシッターズ』 
猪又さん好きだなぁ…w 基本的に私が陰口嫌いで売られたケンカを買うタイプだからか (いや買うなよ・笑)、猪又さんみたいに嫌われてもはっきり自分の意見を言う人は好きなんです。 もちろん、彼女自身がそのことで傷ついている以上、自分も相手も傷つけない話し方を身につけた方がいいと思うけど、嘘のつけないあの性格はあとからではなかなか身につかない、奇特なものだと思うのです。 それをサラっと認められちゃう竜くんのタラシっぷりも好みなので(笑)、この二人の行く末は気になります☆ あとは…私だって虎太郎くんのほっぺをぷにぷにしてみたいっ!!(爆笑) 


●津田雅美 『ちょっと江戸まで』 
ちょっと良い雰囲気だったのに、坊ちゃんの中では 「庶民の味=B級グルメ」 なんだというのがオチだとは…(笑)。 B級グルメって多分もうちょっと違う気がするよ坊ちゃん。 でも、そんなところも「このひとなら」って思わせるから不思議なんだよね。 小さな夢が広がるということは、民衆の力が動くということ。 それは素敵だなぁw どんな展開になるのか楽しみです。 それにしても、桜井兄さまの冷たい視線の威力は絶大ですね。 しかも意外と親父キラーだという…(笑)。


●呉由姫 『金色のコルダ』 
卒業式すっとばされた!と思ったのは私だけではないはず…(笑)。 もう少しイベント性があると思ってたのに意外とあっさりでびっくりしました。 火原先輩…なんて報われない! (←褒めてます!)  報われないというえば、香穂ちゃんが土浦くんにドギマギするという告白効果も、もう切れちゃったみたいですね。 これまた意外とあっさりでしたが、土浦はいつもこんな感じなので正しいんじゃないかと☆  で、柚木先輩のターン。 短いのにインパクトあるお仕置きだなぁとむしろ感心しちゃいます(笑)。 彼にとって、音楽を続ける=祖母と向き合う、ってことなんじゃないかと思いました。 跡取りとしての自分ではなく、素の自分を見てもらうための手段なんじゃないかな。 音は嘘をつけないみたいだから、香穂ちゃんが言うように、柚木先輩の良いところをあますことなく伝えてくれると信じてますw  …あとは…志水くんが意外とSだったというのが一番のインパクト…(笑)。



Loading...

No title

>もとさん

コメントありがとうございます! 嬉しい…☆

>ホスト部良かったですね~鏡夜先輩贔屓なので余計にw

一字一句に同感です。 特に後半部分(笑)。 生き生きと腹黒さを疲労してくれてありがとう!みたいなw 
ハルヒの可愛さに上限ないんですかね・・・環先輩が容赦なくメロメロになる未来が、容易に妄想できますよ(笑)。

>イベント事は見たかったですよね。

そう、最終章っていうくらいだから仕方ないのでしょうけど、でも・・・!みたいな気持ちがあります。 

>柚木様は三男で腹黒…はっ、鏡夜先輩(ホスト部)!←言いたかっただけw

何と!(笑) LaLaの三男は粒ぞろいですねw

王崎先輩は、アンサンブル楽しかったなって言う香穂ちゃんを見つめる眼差しが…! 仰るとおり留学も帰国もスルーだっただけにあの表情にいろいろ篭ってた気がします。 その分不憫でしたが(笑)。

>四重奏を一時帰国した月森くんが聴く→再会とか綺麗だと思います

私もそう思います。 やっぱり晴れ舞台で再会って素敵ですよね! 出来れば香穂ちゃんドレスアップでお願いしたいです。

>志水くんがいるだけで、もと的には満足ですw(ぇ)

もとさんが嬉しそうなので、りるも満足ですw

No title

こんばんは!
ホスト部良かったですね~鏡夜先輩贔屓なので余計にw
>パンフを手に上目遣いなハルヒにドキドキしましたー!! 
ハルヒがとにかく可愛かった!に尽きるかと(笑)。ラストの環とハルヒも良かったですし!

>卒業式すっとばされた!
ラスト回数考えると仕方ないのかなーって思いつつ、イベント事は見たかったですよね。柚木様は三男で腹黒…はっ、鏡夜先輩(ホスト部)!←言いたかっただけw
王崎先輩って知らないうちに留学して(見送りなし)、知らないうちに帰って来てたなと酷いこと思ってしまったり(笑)。駆け足気味なのは残念ですが、最後まで描ききって欲しいですね。
四重奏を一時帰国した月森くんが聴く→再会とか綺麗だと思いますけど…ないかな?志水くんがいるだけで、もと的には満足ですw(ぇ)
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ