『ダ・ヴィンチ5月号(2011年)』の感想

ダ・ヴィンチ5月号

『ダ・ヴィンチ5月号(2011年)』

メディアファクトリー
2011年4月6日/¥467+税





<感想>
『図書館戦争』 シリーズ文庫化を記念して企画された特別対談 『児玉清×有川浩』 のためだけに購入しました! 私はそもそも有川作品のファンですが、それ以上に児玉清さんの大ファンなんですよ! この組み合わせで買わないはずが無いっ!!(笑)  しかし 『ダ・ヴィンチ』 って約2年の間隔で私にツボな企画が来るようで、前回の購入は 『2009年3月号』のCLAMP特集、 その前は 『2006年12月号』の少女マンガ特集 でした。 毎回分かりやすい購入動機だなぁと我ながら感心です(えー。  そして今回も情報をくださったのは、前回までと同様にbonoさんでしたw(4/9に教えてもらって、4/10には買いに行った私。偉い・笑) 師匠、スペシャルサンクスですっ!!  最新号の感想なので、「続きを読む」に収納しますー。





●『図書館戦争』 シリーズ文庫化記念特別対談 「児玉清×有川浩」
お二人の写真付き、見開き1ページの対談でした。 児玉清さんが素敵すぎてホントどうしようかと思っちゃいます! でも、ちょっとお痩せになられたでしょうか…先日は入院されたという報道もありましたし、心配ですが、少なくともこの対談は楽しまれたような気がするなぁ。 児玉さんが 『図書館戦争』 という物語を愛し、登場人物達へ深く共感し、何よりも楽しんで読まれていたことが伝わってきてすごく嬉しくなりましたw    

私たちより全然上の世代の人が、そういう差を感じさせずに 「驚くべき作品ですよ」 と言えて、郁ちゃんのようにちょっと好き嫌いの分かれてしまう子に対しても 「すごく、いい子よ?」 と肯定してくれることって、本当に素敵なことだと思うんです。 つまり、相手との 「違い」 を見限らない、ということだと思うので。 有川作品の 「社会や人間に対する真っ当な心に惹かれる」 という児玉さん。 そして、小説を書くことを 「人間がもっている優しさのようなものを信じたいという、祈りのようなものなんです」 と語る有川さん。 両者に共通しているのもきっと、 「真っ当さ」 なんだろうなぁw 

ところで、私この対談読んでて泣いちゃったんですよね。 対談読んで泣いたのは初めてな気がするんだけど (そりゃそーだろうな・笑)、 『図書館戦争』 で私が一番好きな稲峰指令のモデルが誰か、という話題がね、もう嬉しくて! だって私もそうだと思ってたから!  「そうだよね、やっぱりそうだよね!?」 と心にドカンと衝撃が来て、気付いたら泣いてました。 私、ホントにこのシリーズが好きなんだなぁ…。 そしてモデルとなった方のことも好きなんだなぁ…!!

『図書館戦争』図書館戦争シリーズ(1)『図書館内乱』図書館戦争シリーズ(2)で、この対談のロングバージョンが、4/25から順次発行される 『文庫版・図書館戦争』 の巻末に掲載されるそうです。 何それ、じゃぁ私文庫版も全部買わなきゃじゃんっ!! (←りるさんは単行本すべて持っている・笑)

  ←『図書館戦争』   『図書館内乱』



<『図書館戦争』シリーズ感想一覧>
『図書館戦争』 ⇒『図書館内乱』 ⇒『図書館危機』 ⇒『図書館革命』 
『別冊図書館戦争1』 ⇒『別冊図書館戦争2』 
⇒『アニメ版DVD初回特典小説』1巻 ⇒2巻 ⇒3巻 ⇒4巻 ⇒5巻 
⇒白泉社コミック版『図書館戦争LOVE&WAR』1巻 ⇒2巻 ⇒3巻 ⇒4巻 
有川浩作品感想一覧  その他アニメ版の1話ごと感想もあります。


●表紙 
AKBの前田あっちゃんでした。 可愛えぇw 個人的には表紙の写真よりインタビュー記事の笑顔の方が好きです。 そういえば、前回のCLAMP特集のときには篠田さんが侑子さんの衣装を着た写真が載ってたっけ。 もしかして毎号どこかにAKBがいるのかな・・・。


●本好きにとっての最深タウンはどっちだ!! 秋葉原VS神保町 
いや、比較するのがオカシイだろ(笑)。 とはいえ、そういう企画を妙にはりきって行うのが『ダ・ヴィンチ』なんですよね。 よくまぁこれだけページ割きましたね (褒めてます!)。 神保町は大学時代によく行きました。 買わなくても、本が景色に溶け込んでいるのを見るだけで楽しいんですよねw  パラフィン紙が巻いてある本にコーフンする、という意見はすごくよく分かる・・・。 逆に秋葉原ってちゃんと行ったことない。 誰か私をメイドカフェへ連れて行ってください(笑)。


●有川浩インタビュー『県庁おもてなし課』 
この本、表紙がまたすっごくイイんですよね! 印税は被災地に寄付されるそうなので、私も買おうと思ってます。  「日本全国すべてのいなかを勇気付けたい」 ということなので、ぜひ栃木のおもてなし課(あるのか?)も読んで参考にしてください。 田舎、頑張ろうぜ!!(笑)
 
県庁おもてなし課

県庁おもてなし課
posted with amazlet at 11.04.11
有川 浩
角川書店(角川グループパブリッシング)


●読者なんでもランキング・リターンズ! 
今回のお題は、 「事件解決がおもしろい、刑事・探偵が活躍する作品は?」 ということなので、俄然ミステリ好きの血が騒ぎました! 私にとって名探偵といえば、シャーロック・ホームズです。 多少トリックがおかしかろうが何だろうが、ここまで世界中で愛されるってスゴイことですw  が、作品として挙げるなら、御手洗潔シリーズだな。 島田御大には何度打ちのめされ、何度泣かされ、何度幸せにしてもらったことか・・・っ!! 『数字錠』とか、何度読んでも感動しますよ。 オススメw


●『図書館戦争』 シリーズ誌上キャスティング 
実写化されるなら誰に演じて欲しい?という企画。 郁ちゃんの1位には納得ですねー。 実際、ダントツの1位だもんなぁ。 堂上の1位もダントツなんだけど、私は彼は頭にありませんでした。 いや、大好きなんですけど! でも、何というか堂上は堂上で彼は彼なんですよね・・・。 多分、両者ともに好きすぎるんだと思います(笑)。 小牧さんは、なんか違う! じゃぁ誰だよといわれるとアレなんですけど・・・実際、石田ボイスの呪縛があって他の声が考えられないだけかもしれません(笑)。 柴崎も納得。 手塚は・・・2位のヒトが合ってる気がします。 





Loading...
tags: 有川浩

bonoさんへ

>bonoさん

コメントありがとうございますw

>涙の数だけ熱いゼ!

師匠・・・っ!!(感動←笑)
私の人生相談はずっとbonoさんにお願いしちゃってますけどねw
いつもすみませんですー!

栃木の片田舎より。

No title

この雑誌、ずっと大條さんの人生相談の連載が続いてるんですけど、
それにひっかけて、りるさんの感想と解く。

涙の数だけ熱いゼ!

金沢のホテルより。
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ