綾瀬マナ 『恋の呪文 ラブラブカタブラ・1』の感想

恋の呪文ラブラブカタブラ・1

『恋の呪文 ラブラブカタブラ・1』

綾瀬マナ

エンターブレイン ビーズログコミックス
2010年12月13日 初版発行/¥620+税





『 ごめんね…。 俺とのことは二人だけの 秘密だよ 』


<ご紹介>
『コミックビーズログ キュン!』 に掲載された4話を収録した第1巻 (しかしすごい名前の雑誌ですね・笑)。 カラーピンナップ付。
眉目秀麗、品行方正、おまけにスポーツ万能なクール男子・津田内ほずみの意外な表情を知り、一気に恋に落ちてしまった平凡女子・蒼井凛子。 何とか恋を叶えたいものの、津田内は鉄壁と名高い孤独っぷりで近付くことすら出来ない。 思わず、恋が叶うという水晶に祈ると、席替えで隣りになったり雨の日に傘に入れてもらえたり夢で会えたりしちゃった! もしかして自分は恋の魔法が使えるんじゃ!?と思うほどの偶然に浮かれていたある日、教室で正装(?)した津田内が、凛子の机に 「呪文」 をかけていた――!  そう、 「魔法使い」 は津田内の方だったのです……!! 


<感想>
そんなこんなで、晴れて恋人同士になった凛子ちゃんと津田内との恋物語です。 作品タイトルが恥ずかしいことこの上ないんですけど、そんなところもお気に入り(笑)。 等身大の恋、よりはちょっとピュア寄りで、ちょっとコメディ寄りで、ちょっとだけマジカルな二人の関係が可愛らしいです。 何気なく発した凛子の一言が二人の恋の扉を開けたんだね―― とかリリカルなことを言いたくなるくらいに可愛いです!!(笑) でも、ただ可愛いだけに留まっていないところが、この作品の魅力だと思います。


お話としては、「魔法使い」 であることが判明した津田内と、明るく元気な平凡娘・凛子さんとの恋物語。 一時は叶えることさえ難しいと思われた凛子の恋はトントン拍子で叶っちゃうんだけど、たいていの恋がそうであるように、恋を 「持続させること」 が大変であり、そこが物語のメインとなっていきます。 とはいえ、大変なのは二人の気持ちがブレるからではなく、津田内が 「魔法使い」 だから。 平常心でいないと彼の中から 「呪文」 が溢れてしまうのです。 学園内には彼を監視する人間もいるくらいに巨大な 「呪文」 を体に抱える津田内は、だからこそ孤独を貫いてきたんだけど、でも凛子と出会ってしまった。 監視者にバレたら凛子の記憶を消されてしまうかもしれないのに、恋を知った魔法使いは、凛子の一挙一動にドキドキしては魔法を暴発させちゃうんですね。 


魔法というスパイスが効いているものの、描かれているのは普通の恋愛です。 誰かを好きになる瞬間、好きな気持ちを深める笑顔、より近付きたいと思わせる距離感、でも触れて良いのか躊躇いたくなる臆病さ……そんな真っ当な恋心に溢れてて、読んでて本当にドキドキしました。 この作品は、津田内にしろ凛子さんにしろ、 「笑顔」 がとってもイイ。 ちょっとはにかみながらも、全開の笑顔。 見ているこちらの心まで温かくなる、誰かを 「好き」 な笑顔です。 だからこそ、凛子の笑顔を曇らせたくなくてどんどん臆病になってしまう津田内の気持ちも、よく分かるんですよね…。 あの笑顔は絶対に失いたくないって、私だって思っちゃうから。 でも、そんな弱気を吹き飛ばしてくれるのも凛子さんの 「笑顔」 なんだから、もうホント恋って厄介!! 第4話、彼女の一言で苦手な雨の呪文を回収に行っちゃう津田内には、何かちょっと感動した。 怖がられるのを恐れてた彼が、それを覚悟する間もなく飛び出しちゃう純粋な衝動に、憧れた。 いいな。 私本当に、二人が好きだなw


恋に力を貰って 「今なら何でも出来る気がする!」 って思うときってあるけど、このお話は要するにそういうお話です。 津田内と凛子が交わす言葉のすべてが、きっと 「恋の呪文」。  二人はお互いに魔法をかけあっているから、いろんなことを頑張れるんだと思う。 読んでて連想したのは、スピッツの名曲 『空も飛べるはず』 でした。 君と出会った奇跡がこの胸に溢れてる、きっと今は空も飛べるはず―― というあの歌の想いと、すごく近い感性です。 そんな私が一番お気に入りのエピソードは、第2話。 二人の関係を秘密にしなければならないから、学校では限られたアクションしかとれない。 そんな中でも楽しみを見つけ、恋を深める様子を、 『ゆっくりと やっとの思いで辿り着く、私たちの気持ち』 と表現した一連の流れには、私まで幸せになりました。 あぁ、二人の恋に受難がないことを願うばかりです。 ―― とはいえ、 「魔法使い」 に迫害はつきものなのか、第4話はついに 「監視者」 の目が凛子に向けられた緊迫の様相で終わる訳です。 え、ちょっと待って、先が気になる!! 2巻が早く読みたいですー!


・・・そうだ! 完全に忘れてたけど (ヒドイ・笑) 津田内兄! 彼もイイ奴です! イイ奴過ぎて凛子ちゃんにとってイイ奴で終わっちゃいそうだけど、そのくらいイイ奴です!(笑)。 この双子は結局、自らのコンプレックスを払ってくれた凛子ちゃんに惹かれてるわけで (ほずみは呪文を抑える 「眼鏡」 を褒められたこと、すばるは呪文がないことを 「良かった」 と言って貰えたこと)、 よく似た兄弟だなぁと思いましたw




Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


☆オススメ