スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Loading...

『LaLaDX7月号(2011年)』の感想(後編)

LaLadx07.jpg


『LaLaDX7月号(2011年)』

白泉社
2011年6月10日/¥657+税






<感想>
(こちらは『LaLaDX7月号』感想の後編です。 ここにないものは前編記事に在ります)

後編でとりあげた作品の中はどれも面白かったんだけど(ちなみに前編と後編の分類基準は特にないです。偶然)、それでも『蒼のラプソディア』 『お嬢様の運転手』 『八潮と三雲』が楽しかったかなw  『八潮と三雲』の巻頭カラーイラストが爽やかだし八潮さんの私服にときめくし(笑)で、良かったです。

あと、4コマなんで特に感想書いてないんですけど、『アクマニア』が実は大好きです!(ここで告白・笑) 何気に「呪詛」って10回言うの難しい気がします。 唯ちゃん頑張ったw(えー。

前編を「続きを読む」に収録したので後編記事も同様にしますねー。 





●草川為 『八潮と三雲』 
雑誌的には1番バッターなのに、いきなりホームラン打って大盛り上がり!・・・みたいな内容でした(どんなだよ・笑)。 いや、いきなり面白くて最高だって意味なんですけどね。 三雲ちゃんと四海都さんの女のバトルが見物で笑いながら読んじゃいましたw 三雲ちゃんはホントに可愛い。 四海都さんの挑発に負けずまっすぐ挑んで返り討ちに遭っちゃう素直さも、落ち込んでても八潮さんの一言で笑顔になっちゃうゲンキンなところも魅力的。 そういうの全部お見通しな八潮さんが、それでも敢えて四海都さんの「かっこ悪いよね?」という挑発に乗って、三雲ちゃんに夕飯作ってあげようとした優しさもイイ! 彼女のことを何だかんだ言いつつも「帰るぞ」って、当たり前に一緒に家に帰るために声をかけるところとか、だんだん絆されてる気がするんだけど・・・あのラストシーンは薬になるのかならないのか。 次号も楽しみです!


●水野十子 『遙かなる時空の中で5』 
日本史が苦手だということを改めて思い知らされます…(ずーん←沈んだ気持ちの効果音・笑)。 今はヒロイン自身も何が味方なのかを判断できない時だから仕方ないんだけど、読み手である私もそれを分からないので一緒に混乱してしまいました。 でも、この「一緒に混乱できる」っていうのは作品に入り込めてる証拠だと思うので、次も頑張って読みます! …日本史の勉強になるかなぁ(笑)。 


●藤原ヒロ 『会長はメイド様! 特別編』 
オチのためだけに扉絵からスタンバイしてた葵くんが不憫で不憫で…でもそれがオイシイw 店長は美咲+碓氷を別次元だって言うけど、「想像はいらないの、妄想がしたいの!」って言う店長のほうが私には別次元すぎて凄い(笑)。 あーでも個人的に碓氷は「もう限界なんだ」も言わない気がするなー。 むしろ「鮎沢だって限界でしょ?」と相手の羞恥心を煽るセクハラトークで押し迫る気が…(妄想してんじゃん・笑)。


●斎藤けん 『プレゼントは真珠』 
毎回テンポの良さとブラックジョークが楽しくって仕方ありませんw まず扉絵からして惚けすぎでしょう(笑)。 デイジー嬢がこの上ない傍迷惑を繰り広げてくれたけど、坊ちゃんの本領は追い込まれた時に発揮されるので、この構成はすごく正しい(笑)。 またもや坊ちゃんが天然を発揮してたけど、一体どこまで「坊ちゃん被害者」な乙女が増えることやらw それでも、彼が知りたいと思うのは真珠ちゃんだけなんだよね。 彼女のハードな面を怖がっても、それでも知りたいと手を伸ばせるんだから、やっぱり彼は凄い。 だって、16歳の頃一人で強がる真珠に、手を伸ばしたひとは誰もいなかったんだから。 周囲の人は経営やら相談やらと彼女にいろいろ望むけど、彼女が望んでいるものをくれたのはエドワードだけ。 それをずぶ濡れになっても守ろうとする真珠ちゃんがどーにも可愛くて大変でしたw …まぁ、デイジー嬢の身の安全は保証できないけどね…(笑)。


●仲野えみこ 『帝の至宝』 
志季のことを知りたい香蘭は、彼に年齢を尋ねるんだけど…というお話なんですがそれはともかく! あの扉絵は何サービスなんですか…!(笑) うっかり可愛いとか思っちゃった自分が怖いじゃないですか、気付かせないでくださいよもー!(←何に?・笑) そんな香蘭を志季がひょいっと奪うシーンが好きです。 志季に関しては毎回思うんだけど、あれ、どこまで自覚してやってんのかな? ヤキモチの意味がホントに友情っぽくて怖い…。 でも、めげずに年齢を聞いてくる香蘭が可愛くて意地悪しちゃうのって、傍からだと好きな子をからかっているようにしか見えないんだけどなw いずれにしろ、まさか年●だったとは!というオチがすべて。 好きなお話だけど、そろそろ進展が欲しいです…。


●小椋アカネ 『蒼のラプソディア』
大好きなアカネさんの半年振りの新作は、海賊を舞台にしたラブコメでした! ヒャッホイ!(喜w) 父が残した海図ゆえに海賊から狙われるヒロイン・アレグラと、彼女を追っていたはずなのに何故か面倒を見ることになっちゃった船長・クレインの物語。 貧乏にも海賊にも負けず、たった一人で生き抜いてきたアレグラが魅力的! 精神的強さももちろんだけど、そんな苦境の中でも「素敵な人に助けてもらう」ことを夢見続けられるポジティブさが可愛いんだよーw そしてちゃんと現れたクレインという構図が最高に良かったです。 無防備な女の子らしさにクレインが陥落し、貴重品としておかずの絵を持ち歩いてる不憫さに海賊たちも絆される・・・くぅぅ、ツボ過ぎる!(笑)

地図を見せる=恥ずかしいこと、という台詞から海図の秘密は読めたけど、分かっていても彼女が「クレインたち」のために海図を見せるシーンはすごく綺麗だった。 女の子は強いなぁw そして一転して「クレインに」見せるのは出来ない乙女心。 女の子は不思議だなぁw 周囲の海賊さんたちも憎めないし、船の背景も気合入ってて読み応えありました! 続くと良いなぁw

 
●響ワタル 『少年ドールズ』 
・・・うん、人形って「ひとがた」のことなので、蝶七郎の依代だっていうのもよく分かるんですが、分かるがゆえにコメントしづらいジレンマ…(笑)。 元々私は人形モノが苦手だってことは何度も書いてきたんだけど、やっぱり切ないです。 次回最終回とのことなので、どうにか幸せな結末を…!


●石原ケイコ 『お嬢様の運転手』 
初コミックスおめでとうございますw(⇒1巻感想はこちら!) 今回のとびら絵はカラーですよ! 大正風なデザインといい手を握り合う構図といい、素敵ですわw  お話としては、前号から登場の見合い相手・橘のリベンジ編。 ちゃっかり参加する和子様が本当に良いキャラで、「出会った瞬間から大好きなのに」という思いがけない告白(笑)が素敵すぎるw 彼女がさやか嬢を大好きだから、鳴滝もついからかっちゃうし(「いやらしい紳士さ」が乙女たちには不評でしたが、私は彼のそーゆーところが大好き・笑)、つい本音で秘密を漏らしちゃうんだろうなぁ。 自分の「ふとどきさ」を話しているはずなのに、そんな鳴滝は最高にカッコ良かったですw

しかし、相変わらずさやか嬢が可愛すぎます! 橘さまと鳴滝を両手に花状態で、連想するのは獣の絵本ですか!(笑) かと思えば変に自己保身を発揮して、結局橘さまをときめかせる小悪魔っぷりに、私までメロメロですw 鳴滝のことを意識し始めているのに、本能的に気付かないようにセーブしてるのもいじらしいなぁ。 それでも、彼の掌が欲しいと願ってしまうのが本心。 さやか嬢がが嫌いな「身分」が、やはり彼女の自由を奪っている現状は、どうしてあげたら良いんだろう…? 一向に報われる気配のない橘さまの恋の行方も含めて(笑)、続きが気になります! 


●慎本真 『スーパー出来損ないヒーロー』
私の好きな慎本さんが帰ってきた!って感じで嬉しかったです(笑。だって最近不条理ホラーばかりだったから…)。 こういうちょっとピントのずれた可愛い男性を描くとホント上手いw いつも頑張れる美子ちゃんを凄いと思ってる政宗と、本当に必要な時に頑張れる政宗を凄いと思ってる美子ちゃんは、二人で一人みたい。 美子ちゃんがひざまくらで甘えるシーンが可愛くて、甘えられるって大事な要素だよなーと納得でしたw しかし慎本さん、1/4の柱でぶっちゃけましたね!(笑) 「ただしイケメンに限る」はまさにここで使うフレーズだろうな。

 
●山本ノイズ 『王子と姫とワタシ』 
気になる同級生と可愛い後輩と「皆の王子様」な私、という三角関係(未満)を描いたお話。 可愛いものへの憧れの裏返しで王子度を極めちゃったヒロインは、きっと真面目なんだろうなぁ。 期待を裏切りたくないという想いで自分を縛っちゃうほど、相手を大切に出来る人w だから後輩ちゃんも彼女を慕うんだろうし、同級生だってちゃんと分かってる。 …分かってるけど恋をするのは可愛い子、っていうのはある意味すごくリアルだと思った。 ヒロインがもっと自分の魅力を理解したら、その「可愛い」に負けない魅力になるんだろうな。 


●槙山マチ 『僕たちの丘の家』
塀の内側にいる病弱な少女と、外側から話しかける少年との物語。 少女が実は…というのは途中で読めたけど、少年との「関係」の部分は気にしてなかったので、読了してから「だから『僕たちの』ってタイトルなのか」とちょっと関心。 心配してくれる友人を配したことで物語に客観性が得られるので、置き土産となった写メがより効果的で、切なくなってしまった…。 柔らかい絵柄は華やかさこそ少ないけれど優しく感じられて、物語性とよく合ってて良かったですw


●子安碧 『キミノトナリ。』 
いつも同じ電車になる気になる男の子と名前を教えあえるまでのお話。 電車とか家並みとかの背景がしっかりしてるので、デフォルメした時のキャラ絵の可愛さが際立つのが良かったですw(りるは絵が下手なので背景頑張ってる作品は無条件で尊敬!) ヒロインのコミカルさとそれに惹かれつつある少年との掛け合いが初々しいくて、何かお似合いでしたよw 横書きのモノローグが読みづらいのと、あっさりしたラストがちょっと残念。 最後にインパクトがあればもっと良かったなー。 可愛かったです。 

 ⇒『LaLaDX7月号(2011年)』の感想(前編)へ戻る





Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年03月 | 10月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。