アニメ 『こばと。』の感想/第7話『…やさしいひと。』


こばと。限定版 第1巻 [DVD]
角川エンタテインメント (2010-01-29)
売り上げランキング: 427

●第7話『…やさしいひと。』


『ありがとう。 ……君は、不思議な子だね』
『不思議な人です、藤本さん…』


こばとちゃんも藤本も、実はよく似ているんだと思います。 こばとちゃんは堂本から、藤本はこばとちゃんから、それぞれ『不思議な人』という称号を貰ったけど、それはきっと、「自覚していないのに優しい」っていう意味なんじゃないかな。 私には、三人とも「不思議な人」に思えました。 そんなお話。


いろいろな人がいるんだから、いろいろな「優しさ」の形がある。 誰かにとって優しいことでも、誰かには優しくないことなんて、よくある話。 人の感情に正解なんてなくて、でも、その時にどれだけ相手の心情を汲んであげられたか…。 出来ることは、ただそれだけなんだと思います。 堂本さんは、コンペイトウが生まれるくらい、こばとちゃんの言葉に癒された。 やさしい、と感じたことでしょう。 でもこばとちゃんには優しくした意識がないんだよね。 

藤本だって別に、子供たちに優しくしようとわざとらしく思って世話している訳ではないと思う。 それでも子供たちは口々に、『清和先生、もう怒ってないでしょ?』 『怖くないよ。 清和先生、優しいよ』 『優しい!!』 と、藤本が優しいことを誇らしそうに、こばとちゃんに言い募るんですよね。 大好きな清和先生を、大好きなこばとちゃんに分かって貰いたいっていう気持ちが伝わってきて、あぁ良いなって。 「優しい」 ことが 「優しい」 と感じられるって、素敵ですよねw

『清和は強い』 っていう堂本の言葉。 私は、正論を使い続ける強さ、なんじゃないかなって思う。 孤立しても平気とか、そういうことじゃなくて。 ダメなことはダメという正論を武器にしてしまうと、自分ももう逃げることが出来なくなってしまう。 それを理解した上で使い続ける覚悟に対する評価なんだと感じました。 


・『僕は彼の将来にアドバイスめいたことを言ってしまって…。 昔からよく知っているはずなのに、つい口を出してしまった』
・『私や千穂や千瀬が卒業したよもぎ保育園だから、守りたいの』


堂本さんがいう 「昔」 という単語。 千歳さんがよもぎ保育園の出身だという言葉。 どちらも 「過去」 に対する言葉なのでちょっと思ったんだけど、藤本さんと堂本さんも、同じ保育園の出身だったりするのかなぁ…?。 でもって、藤本くんは、弁護士さんになりたいのでしょうか? 民法とか企業再生などの本を見ていたから、よもぎ保育園を守るためだと思うし、そう考えると前述した正論のこともすんなり納得出来るし。 堂本も、『清和ならどんなゼミも選べる』 って言ってたし、きっと優秀なんだろうなという感じ。 バイトばかりしてても単位取れてるんだからきっとそうだ(笑)。 


今回のゲストは、神谷さんでした。 毎週ゲストが豪華ですねw 『可愛いぬいぐるみだね』 とかあっさり言えちゃう感じが神谷さんキャラだったと思います(笑)。 あと、ちょっと作画が残念な感じだったのがホント残念! 



⇒第8話『・・・こねこの子守歌。』
⇒第6話『…小さなかくれんぼ。』


●原作コミック
こばと。 1 (角川コミックス・エース 45-11)  こばと。 (2) (角川コミックス・エース (KCA45-12))  こばと。 (3) (角川コミックス・エース 45-13)

●EDナンバー
ジェリーフィッシュの告白
中島愛
flying DOG (2009-12-09)
売り上げランキング: 291


●OPナンバー
マジックナンバー
マジックナンバー
posted with amazlet at 09.10.07
坂本真綾
flying DOG (2009-11-11)
売り上げランキング: 89






Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ