スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Loading...

アニメ 『ダンタリアンの書架』 の感想/第6話『魔術師の娘』

ダンタリアンの書架 BD 第2巻 [Blu-ray]
角川書店 (2011-10-28)
売り上げランキング: 4863


『 そうよ、そんな気持ちは忘れていたの・・・あなたがここに来るまでは 』


<感想>
従軍していたころの知人・アルマンがヒューイを訪ねてきた。 水銀細工と呼ばれる繊細な美しさを誇る高級娼婦・ヴィオラに求婚したアルマンだが、その返事は入手の難しい幻書と引き換えだという。 だから幻書を譲ってくれ、というのだけど、実はヴィオラは彼以外の4人の男性にも同じことを言っており、その都度求婚者たちがヒューイを訪ねてくるのでダリアンはおかんむりだったのだ。 理由を知るためにヴィオラに会いにいったヒューイたちは、彼女が過去の記憶を持たないことを知る。 しかもそこで人外の生物が彼女を襲ってきて・・・!?


毎回言ってますが、ダリアンが可愛いです!(笑) 作品的魅力は多々あれど、ダリアンの可愛さがダントツで際立ってるw  高級娼婦ヴィオラの存在を知っていたヒューイにむぅぅとげとげしい態度をとっちゃったり、ラストで 「女心は幻書よりも奇なり、なのです」 ってツンとしておきながら、頬染めてヒューイの方を見上げちゃうとか、ホントどんだけ可愛いんですか!?とメロメロになっちゃいました(私が・笑)

ヒューイもねー、何ていうか罪作りですな。 今回久々にちょっとしたバトルシーンがあったわけですが、ヒューイがダリアンを抱え込んで守ってる姿に私まできゅんとなります。 ダリアンがきゅんとならないわけがない!(笑) 別にダリアンだって、ヒューイが守ってくれるから好きなわけじゃなくて、好きな人が守ってくれるからより嬉しいんだと思うけど、それにしたってこの二人の関係性はツボにきます

しかしですね、黒の読み姫と鍵守っていう設定は、あっさり登場したわりにはもう染み渡って使われてるんですが・・・どんなものなんだろうなぁ。 原作が終わってない以上詳しく描けないって部分もあるんだろうけど、すっごく気になる。 今回これまた久々にダンタリアンの書架の扉が開かれたので、幼いヒューイと書架にいる白い姫との会話がありました。

「君は、このダンタリアンの書架から出たくないの?」
「私はここから離れたくないの。 私は大好きな本に囲まれていたい」
「本だけで世界を知ることはできないよ?」
「出来るわ。 本には全てが記されている。 お日様の匂いも、スコーンの甘さも、ベッドの温もりでさえも」 
「・・・それは、本当の世界なの?」
「そうよ。 ・・・私には、そう」
「――それで君は、寂しくないの?」
「そんな気持ち・・・もう忘れてしまった」


忘れてしまっていたはずの寂しさを、白い姫に思い出させたのも幼いヒューイでした。 「あなたがここに来るまでは」 って言ってたけど、では何故ヒューイはダンタリアンの書架に入り込むことが出来たのか? 偶然なのか、必然なのか・・・。 いずれにしろ、白い姫にとっても黒の読み姫にとってもヒューイは大事な人みたい。 うぅぅ、いろいろ気になる!! 


さて本編。
絶世の美女が竹取物語よろしく5人の男性に無理難題 (=幻書) を要求するお話でした。 記憶がないのも帰らなければならない場所があるのも迎えが来るのもすべて出展どおりなのに、こんなに印象の違うものが出来上がるのかーと面白く観てました。 

やっぱり、本物の魔術師であるメルガル伯爵の存在感がハンパない! 声に特徴のある人を敢えてキャスティングしてるんだろうけど、それにしたって玄田さんって凄いインパクトでした。 重厚感、演技力、存在感・・・すべてが素晴らしくて聞き惚れるw  何ていうか、禁断の叡智を有するが故の傲慢さ、みたいなものを当たり前に表現されてましたよね。 伯爵の登場が上方からだった、という構図的にも、己を人間より上に考えていることを表してるんだろうなぁと思います。 実験と称して人を操り、結果を得るためには自我を得たホムンクルスを分解することも辞さない。 そんな風に、人間であるはずなのに人間ではない思考を持つ伯爵と。 人間ではないのに人間のような思考を得てしまったヴィオラ。 その立場的な対比がしっかり描かれてたのと、久々の戦闘シーンが相まって、個人的には結構楽しめましたw 

それに、アルマンのウザさを櫻井さんがまたよく演じてらっしゃってて・・・「ヴィオラ~」 と呼びかけるときの 「ヴィ」 の発音が重くてそれだけでウザイっていう凄さに惚れそうになります (←何それ・笑)。 でも私思うんですけど、意外とこういう男性の方が結婚したら幸せにしてくれると思いますですよw  あ、ヴィオラがかかずさんだったので、○マシリーズの母子かよ!とツッコミ入れちゃいました (←作品とは無関係な話・笑)。  最後に 「ご紹介しますわっ、この方が私の新しい恋人ですっ♪」 っていう無邪気な酷さとか演じると、かかずさん本当に可愛いw  いずれにしろヴィオラって厄介な女性に違いないけど、5人に幻書を要求するような影のある悪女より、本当の恋を得て図々しくなった彼女の方が私は好き。 そういう意味でも、かかずさんの演じ分けっていうのは良かったと思います


それにしても、ダリアンが 「男とは1000年も前から女の我侭に振り回されている、進歩のない馬鹿な生き物なのです」 なぁんて言ってますけど、逆に言えば女性は1000年も前から我侭が直らない馬鹿な生き物ってことだよね。 それに、男性のその馬鹿さ加減っていうのは、それこそ 「包容力」 なんじゃないかな。 ダリアンの毒舌や我侭に「はいはい」って言いながら付き合ってるヒューイを見てると、とことんそう思う。 男は女性の我侭さゆえに包容力を得て、女性はその包容力に甘えてさらなる我侭を得る。 それが1000年変わらない事実であるとするならば、ヒューイとダリアンの関係を微笑ましく感じることが、その答えであるような気がします。 つまり、それこそが良い関係!ってことでw





Loading...
tags: アニメ

かすみ草さんへ

>かすみ草さん 

再びのコメント、ありがとうございますw
ほっと文庫の件ではいろいろと情報をありがとうございます!
私もちょうどAmazonで出来そうだなーとサイトを見ていたところです。 重版決まったから、ってことなんでしょうね。

近くにウェルシア薬局があるので、ダメ元で行ってみて、なければ予約しようと思います。
それにしても気になるー!

かすみ草さんへ

>かすみ草さん

こんばんは! コメントありがとうございます。
いろいろご心配頂いたことにも感謝です。 小さな傷でも大きく騒ぎたい駄目なO型の典型なので(笑)、話半分くらいに受け止めてくださって大丈夫ですよ☆

地震の件でもご心配をおかけしました。 愛知だから、なぁんておっしゃらないでください。 それを言ったら栃木だって、福島宮城岩手の被害には及びません。 それに、元々は東海沖地震が懸念されてたじゃないですか。 あのころの私は正直言って他人事のようにうけとめていましたもの、猛省してます。 かすみ草さんは今度の地震を遠くだから・・・という理由で他人事にせず、こうして心配してくださってるだけで、私は充分素敵だと思いますよw

>有川さんのほっと文庫。私も買いました。よかったです。

実は先日読書メーターのつぶやきで、「ほっと文庫買えない。どこにあるんだ?」というのを見てまして。 「ほっと文庫って何?」って思ってたんですよ。 まさかの有川さんだとは・・・あの時もっと気にしておけば!と今更後悔です(泣)。

趣味の合う(と私が思っている)かすみ草さんが「よかった」と仰るなら、もうきっとすっごく良かったんだとおもうんですよ! Amazonで予約できるみたいなので、今から楽しみですw

>こちらでは、ダンタリアンの書架、今夜、放送です。

楽しまれましたか? 私も明日の夜には放送ですよ。 ・・・え、マジ!? 一週間早いっ!(←素で驚いた・笑)

>毎回、長文で本当にすみません。

そんなことないですよー、毎回楽しみです。 情報も嬉しかったですよ☆ ではでは。

No title

たびたびごめんなさい。
今なら、本+入浴剤の『ゆず、香る』、アマゾンで予約受け付けていました。お届けは1ヶ月ほどかかるようですが・・・。この本、お話も素敵でしたが、いろいろなことが上手く重なり合っているので、すごいなと思いました。

入浴剤+本

こんばんは。

日記、読みました。
体調、いかがですか?
皮膚疾患の方も心配です。通院自体が結構ストレスになるので(これは私だけかもしれませんが)、どうぞお大事にしてくださいね。

19日の地震、愛知にいる私が言ってはいけないことだと思うのですが、私ですら、時間帯、曜日などからも、3月の震災が頭をよぎって、不安な気分になりました。当事者であるりるさんにとっては、もっと大変だったのではないかと・・・。上手く言えず、無神経なことを書いていたらごめんなさい。自分ではわからないところで、ずっと緊張が張り詰めた状態が続いているのではないかと思います。ぜひ、息抜きしてくださいね。

話題はかわりますが、日記のコメントを拝見して。有川さんのほっと文庫。私も買いました。よかったです。
この文庫、もうご存知かも知れませんが、本扱いじゃなく、なかなか入手が難しいようです。有川さん自身がブログで、「ほっと文庫難民」という言葉を書かれていたぐらいです。特に有川さんの作品は人気が高いようでして。9月中旬に重版が決まったらしいです。
私は偶然バンダイのネット販売で買うことができました。
ほっと文庫のサイト(大まかな販売店)と、ツイッター、有川さん公認サイトの掲示板で皆さん地元の情報を流してくれています。参考にしてみてくださいね。

こちらでは、ダンタリアンの書架、今夜、放送です。
こちらの感想はまだ拝見していないので、アニメ見てからの楽しみにしています。
私も本屋さんで文庫探してみますね。

毎回、長文で本当にすみません。
ほっと文庫のこと、お伝えしたかったので・・・では。

かすみ草さんへ

>かすみ草さん

こんばんは! いつもコメントありがとうございます。

>今日、地震がありましたが、そちらは大丈夫でしたでしょうか?

ご心配、ありがとうございます。 震度4だったので、大丈夫でした。

ただ、会社にいるときに揺れたので、ちょっと精神的にショックを受けてしまいました。 あの震災の日も、会社で被災したんですよ。 
地震があった時間帯と揺れ方も似ていて、1分以上揺れる中でちょっと泣きそうになってしまいました。 
ここ数ヶ月の間にも震度5や4は何度もあったんですけど、会社にいるときに揺れたのは5月以降なかったんですよ。 普段は忘れてるのに、不思議ですね。

>ダリアンかわいいですし、ヒューイも決めるところは決めてかっこいいですし、私自身はまってます。ラブコメ度高いなあと思います。

ラブコメ度高いですよね(笑)。 書店で原作を見かけたんですけど、原作の挿絵とアニメの絵柄って、結構違うみたいです。 何となく、アニメの方がラブコメっぽい・・・というか、私の好みでした(←そこか・笑)。

>オープニングで、日傘をヒューイが差して、できる陰でダリアンがスコーンを食べてるシーンがなんともいえません。

そうそうそうそうっ!!(←ものすっごい共感・笑) ダリアンって思いっきりお姫様なんですけど、ヒューイも思いっきり紳士なんですよね。 案外ヒューイもダリアンの我侭を心地よく思ってそうなところが好きです。

>あの鍵を出すシーン、オープニングやDVDのCMで見かけていましたが、今回初めて観ることができました。

流れで見ると、また雰囲気違いますよね。 あのシーン好きなんですw

>やはり初回を見逃しているので、話が読めない部分があります。

だいじょうぶ、初回見ててもその辺はよく分かりません(笑)。 たぶん原作が終わってないから余計、その辺りの設定には踏み込めないんだろうなぁ。 私の感想で、復習になりますか? 偏ってますけど大丈夫ですか?(笑)

>話は変わりますが・・・宮部みゆきさんの「サボテンの花」、所収されている『我らが隣人の殺人』、家にあったので、もう一度読んでみようと思います。

ありがとうございますw 私はこの短編が好きで好きで何度も読んでしまいます。 かすみ草さんもお気に召していただけると良いのですが・・・w

コメントありがとうございました!

No title

こんばんは。

今日、地震がありましたが、そちらは大丈夫でしたでしょうか?
マグニチュードもちょっと大きかったので、心配になりました。

録画していた『ダンタリアンの書架』の魔術師の娘、観ました。
ダリアンかわいいですし、ヒューイも決めるところは決めてかっこいいですし、私自身はまってます。ラブコメ度高いなあと思います。

オープニングで、日傘をヒューイが差して、できる陰でダリアンがスコーンを食べてるシーンがなんともいえません。

竹取物語は言いえて妙だと思ってしまいました(笑)
最後のダリアンも私もかわいいなと思ってしまいました。
あの鍵を出すシーン、オープニングやDVDのCMで見かけていましたが、今回初めて観ることができました。
たんに幻書に関するトラブルを解決しているだけじゃないんだなと実感しました。

やはり初回を見逃しているので、話が読めない部分があります。
白い姫とダリアンは同一なのかとずっと思ってましたし・・・。観終わった後、りるさんの感想で復習するのが最近の日課なのですが、そうなのか~と勉強になりました(笑)

当分はアニメを見る予定です。原作も読み始めたいなと思いますが、二人がばらばらになるなら、読みたくないなと思ってます。

話は変わりますが・・・宮部みゆきさんの「サボテンの花」、所収されている『我らが隣人の殺人』、家にあったので、もう一度読んでみようと思います。私も最近の作品はほとんど読んでいないことに気がつきました。

『六百頁のミステリー』、タイトルもお話の設定もちょっと気になってます。感想、楽しみにしています(笑)

ではでは。
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダンタリアンの書架   ~ 第5話 魔術師の娘

ダンタリアンの書架   ~ 第5話 魔術師の娘 蒐書狂(ビブリオマニア)である祖父から、古ぼけた屋敷とその蔵書を引き継いだヒューイは屋敷の地下で静かに本を読む少女、ダリアンと出会う。彼女は禁断の「幻書」を納める「ダンタリアンの書架」への入り口、悪魔の叡?...

「ダンタリアンの書架」#5

魔術師、登場 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201108130001/ TVアニメ「ダンタリアンの書架」主題歌「yes, prisoner」/「Cras numquam scire」 posted with amazlet at 11.08.11 maRIONnetTe Yucca ...

神様のメモ帳第6話感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/08/post-18d8.html

ダンタリアンの書架第5話感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/08/post-52a9.html

ダンタリアンの書架 #5 第6話 「魔術師の娘」

「女心は幻書よりも奇なり なのです」 幻書を求める理由―― 求婚者に幻書を求めるヴィオラの所へ向かったヒューイとダリアン!    【第6話 あらすじ】 ヒューイを元上官と慕う財閥の御曹司・アルマン...

ダンタリアンの書架#5「魔術師の娘」感想

5冊の幻書を求めよ。そのうちの一人と結婚する・・・高級娼婦の目的とは!?「魔術師の娘」あらすじは公式からです。ヒューイを元上官と慕う財閥の御曹司・アルマンが幻書を譲って...

ダンタリアンの書架 第5話 「魔術師の娘」

今回の話って 15分くらいに圧縮しても十分じゃないの? 下敷きになってるお話は かぐや姫のムチャ振りで秘法をさがしに行かされるってアレね。 ヴィオラという高級娼婦が望んだの原書。 頼まれた男たち...

ダンタリアンの書架#05

第6話 『魔術師の娘』 ――チョイ拾い!!

ダンタリアンの書架 第05話 『魔術師の娘』

色気ムンムンの美女。ちっちゃい子に元気な娘、貴婦人っぽい人は居ましたけど、お色気キャラは珍しい。それもその筈、彼女はヴィオラという名の高級娼婦だったからです。こういうヒロインも居るということで、ちょっと楽しみになってきました。 そして求婚者であるヒュー?...

ダンタリアンの書架 第5話 「魔術師の娘」 感想

今回は演出の所為もあって、ギャグ回になってますね。 報われない幻書戦隊・紳士レンジャーが可哀想ですよ。 公式で、放送話数表記変更のお知らせが出ていました。 前回の感想でも書きましたが、他に...

ダンタリアンの書架 第5話 感想「魔術師の娘」

原書を譲って欲しい--------------!! アルマンというヒューイの友人(?)いや、元部下が突然家を訪ねてくる。 わはは!!<emoji code="a002" /> またこんなちょっと変わった芝居がかった人の役やってるよ、櫻井さん(^^;) ...

【ダンタリアンの書架】5話 いつもと違うテイストのギャグ回だったな

ダンタリアンの書架 #05 魔術師の娘 491 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/08/13(土) 01:48:46.92 ID:2xlwmivS0 イケメン5人の読書攻撃でお茶噴いたわw やた...

ダンタリアンの書架 【6話】 「魔術師の娘」

ダンタリアンの書架、6話。 ・・・全体を通して・・・ いつも思うのですが、絵はちょっと古い感じはしますよね。 90年代っぽい絵と感じます。 ・・・視聴を終えて・・・ 90万wwwなんかインなんとかさんを思い出させますね。 数は違いますが...

ダンタリアンの書架  第5話 「魔術師の娘」

  ダンタリアンの書架  第5話 「魔術師の娘」         『お願いです、少尉殿!私に本を譲って下さい!幻書です!幻書が必要なのです』 元部下のアルマンは娼婦のヴィオラに求婚した所、幻書を持って来た?...

ダンタリアンの書架 第5話 「魔術師の娘」 感想 ここまで酷いオチ見たことない

ダンタリアンの書架の感想に参りましょう、 いきなり幻書くれとか展開早すぎだろ、 と思いきや途中ですごく必要ないシーンが・・・ 変身シーンに時間使いすぎだろ・・・とか思いつつ、 あらすじとか...

ダンタリアンの書架 第5話 感想「魔術師の娘」

ダンタリアンの書架ですが、大勢の求婚者から原書を集めているかぐや姫がいます。ダリアンとヒューイも巻き込まれますが、ダリアンは求婚者のデレデレぶりにキックを炸裂させます。かぐや姫の元には翼もつ某や伯爵なども襲ってきます。(以下に続きます)

ダンタリアンの書架 第5話 【魔術師の娘】 感想

ロウきゅーぶが休みなので、かわりにこちらの感想を書きたいと思います。 1話から見ていましたが、ダンタリアンのツンデレっぷりには心うたれるものがあります。 個人的には、露出の少ない分、原書などの本...

ダンタリアンの書架 第5話 『魔術師の娘』

アニメ ダンタリアンの書架 第5話 『魔術師の娘』 【 幻書は人間を選ぶ ~愛は純粋~ 】 主人の命令は絶対。 とある魔術師は一体のホムンクルスに人間として どこまで生きられるかどうか実験を行う。 ...

ダンタリアンの書架 第5話 「魔術師の娘」 感想

ダンタリアンの書架  第5話 「魔術師の娘」 の感想記事です。   今週は、なんと書架の使い手が・・・   そして、宿敵現る?

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年03月 | 10月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。