手術を受けてきました

8月の日記にも書いたけど、顔に出来たイボの切除手術を受けてきました。 私、詳しいことは全然分からないんだけど、イボも腫瘍の一つだったんですねー。 看護士さんに「じゃぁ今日は腫瘍の切除手術ですねー」って言われて初めて気付きました。 それにしても・・・手術、怖かったです(笑)。 

えーと、このイボ。 写真を撮っておかなかったことを今すっごく後悔してるんだけど、最終的には直径1センチくらいにまで成長しました。 高さは5ミリくらいあるので、正直目立つ。 別に痛くはないんだけど、急に大きくなったのと、眼鏡をかけようとするとぶつかる位置に出来てしまったので、本当に邪魔。 皮膚科に行ったら形成外科を紹介されたのは前述済みなんだけど、「これ何なんですか?」という質問にはどちらも「除去して調べてみないと分からない」という返答だったんです。 なので、今回の手術となりました。 (ただ、ネットで調べたら今はダーモスコピーなる器具で皮膚疾患の診断は出やすくなってるらしいんですよね。 あの病院にはなかったのかなー)


ところで私、お医者さんからちゃんと手術だって聞いてたけど、どこかで軽く考えてたんですよ。 こう、診察台とかでちょちょっと切除できちゃうくらいの施術だと思ってたんです。 だってイボだし!(笑) ところが! ・・・ドラマで見るみたいな円形のライトが天井に広がってる手術室で行われる、ちゃんとした(?)手術でした。 軽く考えてたので、手術服に着替える間とかベッドに上がった時とかは、心臓がバクバクして大変!  血圧とか心電図とか脈拍とかを量る器具をつけられて、自分の脈がドラマみたいに「ピッ、ピッ」って音がしてるのがすっごく不思議でした。

っていうかね!(突然どうした!)  ・・・顔に射す麻酔注射が、めっちゃ痛いんですよ・・・っ!!(大泣) 贅肉が少ない部分に打つ注射って痛いんだなぁと実感しました。 おんなじ理由で、手首に射された点滴も痛かったです。 始まる前も「痛いの嫌なんです」とへたれる私に対して看護士さんが「注射がいちばん痛いと思いますよ・・・」と目をそらしたんですけど(そらすなよ・笑)、そらす気持ちがよく分かるわぁ。 しかも、たぶんフォローだったんだと思うんですけど、「神経ブロック注射に比べれば全然大丈夫ですからねっ」とか「筋肉注射っていうのは筋繊維のなかを針が通っていく感覚がすごく辛くて・・・」と、痛い話を並べてくれるんですよ(笑)。 痛いときにそのフォローはいらん!と思いつつ、「世の中には本当に大変な治療をされてる方がいっぱいいらっしゃるんだなぁ」と、自分の小ささを実感したのも事実。 ありがとう看護士さん。
 

でもまぁ、大変なのは私だけであって、所詮イボの切除なので雰囲気は明るかったですねー。 どうもこの手術は若い女の先生の研修材料になったみたいで、男の先生が麻酔の打ち方とか、メスを入れる場所を線で下書きするやり方とかを、事細かに指示してるんですよ。 「メスは80度で入れてね・・・いやそれじゃぁ70度だからダメ」とか。 70度でダメなことされてる私はいろいろ気になって仕方ないわ!!(笑) 終始こんな感じで、緊張してる私が馬鹿みたいなくらいに先生は陽気でした。  

結果的に手術台にいたのは30~40分かな? これまた時間を確認しておかなかったのが悔やまれますが、もともと1時間かからないと聞いていたのであってるはず。 女性医師の説明だと、イボを取ったあとに周囲の皮膚を使ってつなぎ合わせるので、縫合痕は2センチくらいとのこと。 絆創膏が貼られてるので私は明日にならないとその痕を確認できないんだけど、顔に2センチって女性としては嫌ですよねー。 そのうち消えるらしいし、イボがある状態でも嫌だけど、ちょっと凹みました・・・。

そんなこんなで、人生初手術を終えました。 麻酔が切れたら縫ったところが痛いよなーって覚悟してるんですけど、今のところまだ大丈夫。 先ほどからピリピリした感じが出てきたので、寝る前に一度痛み止めだけ飲んでおこうかなって思ってます。 一晩寝たら、明日また病院で傷跡を見てもらって会社へ行く予定。 ・・・今日はお風呂禁止なんで髪も洗えないけど、会社に行く予定(笑)。 いろいろ頑張りますw


・・・ところで。 手術に至るまでの緊張の待ち時間に、私を支えてくれたのはこの本でした。

シアター!〈2〉 (メディアワークス文庫)
有川 浩
アスキーメディアワークス (2011-01-25)

半年振りの再読でした。 有川さんの軽妙な台詞回し、人間関係に傷つきつつも再生していこうとする彼らの姿、そして「お金」を軸にしたぶれない司さんの在り方は、不安定な私をすごく勇気付けてくれました。 こういうとき、私は本を読む人で良かったな、って思います。 心細さを紛らわせてくれる、私には至上のアイテムでしたw




Loading...

NKさんへ

>NKさん

コメントありがとうございますw
NKさんも首にイボがあるんですか。 私はイボが出来たのは今回が初めてなんですけど、周囲の人に聞くとわりと皆さん身体のどこかしかにイボが出来た経験をお持ちなんですよね。

顔も怖かったですけど、首も怖いですよね・・・たしかに入院の必要はないと思いますけど、怖いものは怖い(笑)。 
ずっと形が変わっていないとか、引っ掻いて悪化しちゃうとかの不便がないなら、無理に取らなくてもいいんじゃないかな?っていうのが私の個人的な意見です。 でも、万一のことを考えると・・・とらないと分からないですもんねぇ。

>その麻酔ってどれぐらい痛いんですかね・・、ちょっと想像がつかないですね。

確かに痛いですけど、我慢出来ないくらいじゃないですよ。 ただ、肉の少ないところに打つので、インフルエンザなどの注射よりは痛く感じると思います。 あとは単純に、顔に鋭利なものが突き刺さるっていう恐怖感ですね・・・。
ちなみに私は虫歯の麻酔注射も痛かった人間なので、単純に痛がりなのかもしれません(笑)。

>「シアター」も初耳ですね。シアター(勿論、英語)とは劇場、映画館を示す言葉ですが、やはり内容と関係あるのでしょうか。

貧乏な小劇団が、黒字を出せる劇団になるために奮闘するお話です。 小気味よく話が進むので、有川作品が嫌いじゃなければお勧めですよw

かすみ草さんへ

>かすみ草さん

こんにちは! コメントありがとうございますw
いやーって思わせちゃって申し訳なかったです・・・が、書かずにはいられませんでした。 転んでもただでは起きないっていう(笑)。

>術後経過が順調で回復することをお祈りしています!

ありがとうございますw ちょっと痒みや湿疹が出始めてるので、今度の通院で先生に申告しようと思います。

>有川さんの『シアター』、私も大好きです。

『シアター』は良いですよねーw(嬉) 群像劇だけど焦点がぶれない作りが巧いなぁっていつも思ってるんですけど、主軸に「お金」っていうのを設定してあるからなんですよね、たぶん。 目標は定まってるけど、そこに対するアプローチは十人十色で、みんなが悩み足掻きながら成長する姿に勇気付けられます。
司さん、ポイント高いですよね! 何気に有川作品の中でもトップクラスでお付き合いしたいです(笑)。

>あの・・私、全く優しくないですよ!ただただ本の情報を集めるのが好きなだけで!

いえいえ、こうやって来てくださって、コメントいただけるだけでも充分お優しいですよ。 プラスして情報まで教えてもらえるなんて、私は幸せ者ですw

>ご報告が!(笑)『ダンタリアンの書架』の小説を買いました!

おぉ、おめでとうございます!(笑) アニメ版の表紙のやつ、私も書店で見かけて、せめてダリアンとヒューイのところだけでも買おうかな・・・と思いつつ、実行に移せてません。 お時間のあるときにでも、どんな感じだったか教えていただけると嬉しいですw

>そちらは今夜放送日ですね♪

そうなんですよ! でも実は一週前のをまだ見てなくて(二本立てだった回)、さっき見てきました。 もう、ダリアンめっちゃ可愛くて満足です!(笑)
明日くらいには前週の感想を更新しますねっ。 そして今週分も見なきゃ♪

ありがとうございました!

a-chan♪さんへ

>a-chan♪さん

こんにちはー。

>顔に注射ですか、痛そ~(涙) がんばりましたねぇ。

ありがとうございますっ! 痛かったですよ注射・・・。 まぁでも、叫ぶほど痛いわけじゃなくて、我慢出来る範囲です。 ・・・範囲ですけど、痛いものは痛いですよねっ(>_<;)

>私は、帝王切開2回してたんで、慣れたもんでしたけど

マジですかっ!? すごい、尊敬します。 私が子供を産む日は来るのか・・・(笑

>でも、最近は病院側もリラックスできるように工夫してるみたいですね。

そうなんですよねー。 さすがに白いフワフワのはなかったけど(笑)、私が今回行った病院って、この地域ではすごく大きな病院なんですよ。 で、昔は「大きいこと」にあぐらをかいてたからか、お医者さんや看護師さんの態度が悪いって評判だったんです。

でも、少なくとも私はそんな風に思わなかったし(多少思うところはあったけど、完璧なんてないでしょ)、それはきっと病院側がすごく頑張ってるんだろうなぁと思いましたよ。

なのでたぶん、陽気な先生がミソなんだと私も思います(笑)。

>硬膜外麻酔の注射のための麻酔注射が激痛だったときも、看護師さんが手を握りしめてくださったおかげでなんとか叫ばずに済みました。

先輩・・・マジですごいですよっ! もういろいろお疲れ様でした。

すみれさんへ

>すみれさん

コメントありがとうございますー。

>ちょっとの手術でも怖いですよね~手術室。

怖いですよね! しばらく行きたくない・・・(笑)。
すみれさんも、二の腕のイボを取ったんですね? わりと真剣に怖いので、首とかだと余計にけっしん付かないですよね・・・分かります。 人目につく所だと気になりますけど、実害がなければ私も思い切れないです・・・。

>縫合糸は問題ないですか?

実は、ガーゼをはがすときに糸がちょっと解れちゃってて、コレ大丈夫なのか?とは思ってます(えー)。 糸自体は問題ないです。 溶けるやつじゃなくて抜糸するやつだからかな? 確かに糸が溶けるとか怖いかもしれない・・・っ。

>落ち着くまで試練ですが、頑張ってください!

手術の先輩からのお言葉だと心強いです。 ありがとうございました!

optiさんへ

>optiさん

コメントありがとうございましたw
簡単な手術とはいえ、初めてなので緊張しました。 無事に済んで本当に良かったです。

>失礼ながら、「研修材料」ってところでは笑ってしまいました。

笑ってください(笑)。 そのつもりで書きました。 せっかくなんで、あの美人の女医さんにはこれからも頑張って欲しいなぁ~。

>本を読んで勇気づけられるってのは私にもよくわかります。

本当に緊張してたので、ちょっとの待ち時間も本を開いてました。 手術室直前まで本を読んでる私のことを関係者さまたちはどう思ったことか・・・。
でも、本があって良かったです。 そして、その気持ちを分かっていただけて、本当に良かったですw ありがとうございました。

No title

お疲れ様でした。
腕や足ならまだしも、顔は怖いですよね。私も首のところにイボみたいなものがあります。なのでこの話、他人事ではないんですよ。
いつだったか、火傷して皮膚科に行ったとき、ついでに診てもらったのですが、それを取るためには手術する必要があります(とはいっても入院の必要はない)。私の場合イボの形は全く変わってないので悪いものではないと思うのですが・・・、ちょっと心配ですね。
その麻酔ってどれぐらい痛いんですかね・・、ちょっと想像がつかないですね。
私は虫歯の治療の時に麻酔を打ちましたが、そんなに痛くはなかったですよ。まぁ、はじめて打つ時はかなりビクビクしましたが。すみません、私とはちょっと(いや、かなり?)事情が違いますよね。

「シアター」も初耳ですね。シアター(勿論、英語)とは劇場、映画館を示す言葉ですが、やはり内容と関係あるのでしょうか。

頑張られましたね!

こんにちは。

手術、大変でしたね。お疲れさまでした。
ヘタレなので、読んでるだけで、イヤ~と思ってしまいました(苦笑)。
我慢されたりるさん、すごいです。
術後経過が順調で回復することをお祈りしています!
どうぞ、お大事にしてください。

有川さんの『シアター』、私も大好きです。
この本では本当にいろいろと考えさせられて、励まされています。自分に当てはまる気がしてしまいます。司さん、私の中でポイント、高いです(笑)。『県庁おもてなし課』の吉門さんもお薦めです。

『S理論』ですが、買われるなら、『ストーリーセラー3』の方がお薦めです。微妙な設定の違いなんですが、作品の雰囲気と話が作られる過程が面白いです。

あの・・私、全く優しくないですよ!ただただ本の情報を集めるのが好きなだけで!

ご報告が!(笑)『ダンタリアンの書架』の小説を買いました!
アニメ化記念で文庫サイズの巨大帯が7巻までについていて、イラストが、アニメ版のダリアンたちなんです。最寄の書店では、1巻のダリアンのイラストは入手できたんですが、2巻のヒューイがなくて・・・。7冊全部といかないまでもヒューイは欲しい気がしています。

ただ、9巻の発売が中止になり、そもそもシリーズ自体は、とりあえず完結しているそうですよ。なんとなく出鼻をくじかれたようで、原作は挫折しそうです。アニメは見ます!!そちらは今夜放送日ですね♪

りるさんのあげていた気になるコミックの『路地恋花』、お薦めです!

長くなりましたが、この辺りで。
お大事にしてくださいね!

No title

顔に注射ですか、痛そ~(涙) がんばりましたねぇ。

私は、帝王切開2回してたんで、慣れたもんでしたけど、注射や点滴にはまったく慣れません。痛いものは痛いんだぁぁぁぁあ!!!!

でも、最近は病院側もリラックスできるように工夫してるみたいですね。手術台にふわふわの白い毛皮のようなシートが敷いてあったのには驚きです。クラシックの曲も流れてましたよ。硬膜外麻酔の注射のための麻酔注射が激痛だったときも、看護師さんが手を握りしめてくださったおかげでなんとか叫ばずに済みました。

りるさんの病院でも、陽気な先生がミソなのかもしれません…・ってことにしておきましょう (なんで!?? 笑)

bonoさんへ

>bonoさん

ありがとうbono首相! 私も感動したっ!!(≧∀≦)ヽ

(・・・何歳くらいまでこのネタ通じるんですかね・・・)

No title

お疲れさまでした。
ちょっとの手術でも怖いですよね~手術室。

私も左二の腕にあった皮膚内のイボみたいなのをとったことあります。
首にあるのもちょっととりたいんだけど、覚悟決められません(涙)

縫合糸は問題ないですか?
私溶ける糸があまりあっていないらしく、腕の時も出産(帝王切開)の時も縫い終わりが微妙に変にチクチクしてつらかった記憶があります。

落ち着くまで試練ですが、頑張ってください!

No title

手術無事に終わってよかったですね。
おつかれさまでした。
失礼ながら、「研修材料」ってところでは笑ってしまいました。
それぐらい比較的簡単な手術ではあったんでしょうけどw

待ち時間にこそ本を読む!
いかにもりるさんらしいですね。
本を読んで勇気づけられるってのは私にもよくわかります。

よく頑張った!感動した!!
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


☆オススメ