スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Loading...

『LaLaDX 1月号(2012年)』 の感想(後編)

LaLaDX01_2012.jpg

『LaLaDX 1月号(2012年)』

白泉社

2011年12月10日/¥657+税






<感想>
こちらは『LaLaDX1月号』の感想、後編記事です。 ここにないもののほとんどは、『LaLaDX1月号』の感想(前編) にありますのでご覧いただけると嬉しいですw 

さて、やっと全部読めました! 今号も楽しかったーw 後編記事なので総括などをしてみますが、個人的にいちばん「好き」だったのは、『サクラの秘事』でした。 元々萩尾さんの作風が私のツボをついてやまないんですが、ヒロイン葵ちゃんの可愛さ、相手役の葛城の面倒くささ、そこに漂う背徳的な雰囲気がとにかく好みです!  あとは無事最終回を迎えた『お嬢様の運転手』。 恋することで強くなれる女の子の姿を見るのが好きなんですが、さやかお嬢様はまさにそんなヒロインでしたw 

一方、いちばん「面白かった」のは、『熊谷君の交換ノート』。 すべてのページで笑ったんじゃ!?ってくらい楽しかったです。 物語の面白さでは『八潮と三雲』と『英雄は匿名希望』。 どちらもストーリーにドキドキとハラハラが絶妙に組み込まれててすごく良かった。 「巧いな!」と思ったのは、『ウチで、お茶でも。』。 月崗さんの伏線の使い方に毎度ひれ伏したくなる感じでした。

以上総括でしたw  では、残りの感想は以下よりスタート。 結構長くなりました(笑)。 それだけ楽しかったってことで☆






●水野十子『遥かなる時空の中で5』
竜馬の声が鈴村さんらしいので台詞を鈴村ボイスで脳内再生して楽しんでました(笑)。 あと何気に勝海舟のビジュアルが好みで「私ってやっぱり初老好き…」と核心を持ったお話でもあります(笑)。 相変わらず歴史が苦手なので難しいんだけど(私そもそも坂本竜馬が何をした人なのか知らないです)、そんな中でも玄武の辛そうな声はきちんと届いてきて、切ないなぁと。 ゆきちゃんは人の命を大事に思ってるけれど、思想や思考を越えてそれを為すのは難しそう。 幕府派、攘夷派などの史実を基にすることで、今までのファンタジー設定より命の尊さを描くのが大変そうだけど、ちゃんとマンガにしてあってすごいです。 玄武を救うことで誰かの命や気持ちを救えると良いなって思いますw 


●時計野はり『学園ベビーシッターズ 特別編・みんなの日曜日』
みんなの休日の様子を描いた特別編。 何度も言ってますがりるは狸塚さん大好きなので(笑)あの一家の様子が可愛くてお気に入りですw 竜くんと虎太郎くんはいつも通り、それを見守る素直じゃない二人もいつも通り。 そんな「いつも通り」が充分温かくって癒されました。 あ、一番癒されたのは、何だかんだ言いつつも面倒見のよい狼谷かな。 お兄ちゃん、ですねw 


●草川為『八潮と三雲』
個人的に、最強のツンデレキャラって八潮さんなんじゃないかと思ってるんですが皆様いかがです!?(笑) オジイサン扮装に気付いてもらえなかったシーン、「あぁ…気付いて欲しかったのねw」と微笑ましくなっちゃうくらい真顔でしたよね(笑)。 ポーカーフェイスだからアレですけど、地味にショックだったのバレバレで、とっても可愛い八潮さんなのでしたw それに、「あいつなら気づくものと思ってた」っていうの、あれってノロケですよね!?(笑) ものすっごくナチュラルに惚気られた!と嬉しくなっちゃいましたw 自分が惚れられてることを疑わない八潮さんは、何気に三雲ちゃんのピンチに必ずやってくる王子様キャラでもあります。 それこそ、出会いから。 最初は命を粗末にして欲しくないっていう衝動だったかもしれないけど、今は何なの? そこまで三雲ちゃんを守ってあげたい気持ちの底にあるものを、早く見せて欲しいです。 そうじゃないと、いろいろ我慢したしーくんが報われない…(笑)。 自分の気持ちを押し付けるより、三雲ちゃんの「好き」を優先させてあげたしーくんが、恰好良かったですw

そして何より、やっぱり三雲ちゃんが可愛いという…!! 八潮さんはツンしてたけど、三雲ちゃんはオジイサン=八潮さんなのに気づいてたんだよね。 ただ、己の八潮さんへの愛が強すぎて分からなくなってただけで(笑)。 いちいち「八潮さんかも!?」とときめく彼女が本当に可愛く、ほっぺた抓られても可愛く、そんな彼女にだんだん甘くなっていく八潮さんも可愛くて仕方ない! まさかウェディングドレス姿を他人に譲ったりしないでしょーね? ここは王子キャラの出番ですよ!! 信じてますよ~八潮さんっ!


●仲野えみこ『帝の至宝』
遂にお話が動いた!・・・んだよね? 春玉にあそこまで言われても気づかないほど志季が鈍いって可能性が捨てきれないんですが(笑)、さすがに気づかされたってことで良いんですよねぇ? ただ志季の場合、気づけば良いってものでもないのが厄介。 彼にとって、友情が至上のものであることはずいぶん前に語られてるからなぁ…。 「香蘭との」友情が至上なものなのであって、であれば、香蘭となら恋愛を育めるってことだとも思うので、志季の意識改革が出来るかどうかが鍵です。 志季が気づくにしろ気づかないにしろ、香蘭が大事に育ててきた彼女の恋心を、そして香蘭が志季のために告げるのを諦めた恋心を、他人からバラされるっていう流れがもう切ない…っ!! そーこーはー黙っときなさい!と思わず本に向かって愚痴っちゃいましたもん(笑)。 香蘭の涙が報われますように。 次号はなんと、初・巻頭カラーです! 仲野さん、応援してます~w


●ふじつか雪『桃山キョーダイ』
千尋ちゃん、頑張ったーーー!!(大泣) うぅ、お姉さん嬉しいですよ (ぐすぐす)。 恋に打算的になれるという安西さんとは違って、どこまでも直球勝負なところが千尋ちゃんらしい可愛らしさ。 それに、梅ケンが言うように冗談で済ませることもなく、ちゃんと自分の言葉を届けようとするいじらしさ。 このダブルパンチに6年間有馬がひとり耐え続けて来たのかと思うと、一体何度くらい抱きしめたくなるのを我慢したんだろって心配になっちゃいます(笑)。 うんうん、有馬も充分頑張ってきたんだよね。 ポーカーフェイスだからツッコミづらいけど、砂糖と塩間違えるとかベタすぎる!(笑) でも、だからこそ、立ち向かうのが世間体っていうのがなぁ…辛いよなぁ…。 若くして子を為した両親のツケを子供が背負わなきゃいけないって時点でオカシイので、その辺はハル兄が、千尋ちゃんを本当に可愛いと思ってるなら、頑張ってあげないといけないと思うのですよ。 男除けに精を出してる場合ではなーい! 頑張ってね、パパw 一方、頑張りすぎなのが梅ケンですよ。 この人、回を追うごとに好感度が上がりまくりです(笑)。 何気に苦労人なので、ラスト、立ち聞きしてた安西さんの出方と共にいろいろ気になる…!! 次号楽しみです!


●萩尾彬『サクラの秘事』
葵ちゃんが可愛すぎて、ニヤニヤと身悶えが止まりませんw まず扉絵が好き。 人目を忍んだ影のところで、手を握るでもなく目を合わせるでもなく、ただ指先が触れ合う……うにゃー、すごく「秘事」っぽくてドキドキするっ! マニキュアのシーン、葵ちゃんの恥ずかしがる顔を葛城が見たくてやってるとしか思えないあざとさがまた素敵。 期待通り、恥じ入る表情が艶っぽくて可愛いですw(←何かりるさんが変態ぽい!・笑) 猫をクツシ太先生と敬い猫になりきろうとするところも、犬になりたい(=大事にされたい)っていう欲求とかも、何をどうやっても可愛くって、個人的にはDXの中でも最強ヒロインだったりしますよw この可愛さ、ペットという肩書きを与えないと、葛城も辛いだろうなと思います。 物陰とはいえ、思わず校庭で押し倒しちゃうくらいには耐えてると思います(笑)。 

でも、そんな我慢をしてでも、彼は葵ちゃんが欲しかったんだなーって思うと、本気でドキドが止まりません! 血統書つきの黒猫、という意味でも。 「成乃宮葵」という意味でも。 猛禽類の目には、アレルギーも住む世界も飛び越えてただ彼女だけが欲しいんだっていう欲求が見て取れて、その想いの強さがとても好ましい。 そんな熱が葵ちゃんに伝わらないわけがなく、犬になってでも彼の傍にいたいのは何で?と聞いてあげたいくらい。 今はこのジレジレが心地良いので、もう少し葵ちゃんには自分の気持ちに気付かずいて欲しいですw


●石原ケイコ『お嬢様の運転手』
最終回でした! 大団円だったのですごく良かった! さやかお嬢様と鳴滝の恋路のこともそうだけど、和子さまとの友情に涙が…っ(うるっ)。 さやかさんの笑顔に隠れた涙の後に、和子さまだけが気付く。 理由も見透かした上で頬にビンタを贈るくらいにさやかさんのことを大好きな和子さまを、私も大好きです! 本当に相手のためを想うって、難しいこと。 厳しいを言ったりやったりする和子さまもそうだし、主人の言うことをまったく聞かない鳴滝の不良ぶりだって、何より誰よりさやかお嬢様を想ってるから。 …上辺だけの付き合いではない彼らの在り方が、私は本当に好きだったんです。 表面だけの仲の良さは、その場は良くても相手のためになることではないんだってことを、改めて感じさせられました。 

さて、妻が主になることをさやか様は気にしてたけど、大丈夫、鳴滝がドMだから絶対大丈夫!(笑) あ、でも、恋愛面では鳴滝がSですよね…それはそれでドキドキするから良し!(笑) どんどん命令して、ふたりでどんどん幸せになってくださいw (それにしても、お屋敷の人たちもみんな良い人たちでしたよね! さやか様と鳴滝は彼らからもずっと見守られてきたんだなー。 みんなで幸せになってくださいね☆)


●河口けい『熊谷君の交換ノート』
毎度独特のセンスで私を大笑いさせてくれる河口さんですが、今回も3コマ目から笑わせてくれました(笑)。 何だあのマジックハンド!!(爆笑) 運命的な告白を演出しようとしたのに間違って、不良の熊谷くんに告白しちゃった小倉さん。 付き合うことになったものの、不良な外見にも関わらず熊谷くんは可愛いものと感動モノに弱い超ピュアな少年で…というギャップモノなんだけど、このギャップが本当に素晴らしくてくふくふ笑っちゃいます。  今横に父がいるんだけど、さっきから吹きだしっ放しの私を気持ち悪そうに見てくるくらいに笑っちゃってます(笑)。 でもね、この「笑い」が結構大事で、「ばっかだなー」とかそういうマイナスな笑いではないんです。 読んでるとただただ面白く、気持ちが温かくなるような感じなの。 特にあんみつお婆ちゃんのシーンは、気持ちがほっこりしましたよw 八百長はお互い様でしたっていうラストも良くて、すごく楽しかったです。 この人たちはずっとこんな感じでチグハグしながらベストな関係を築いていくんだろうなw 河口さん、今回も笑いをありがとうございました!


●山田サルエル『わたしの子分』
元暴走族の家族に囲まれて普通の女の子から逸脱しつつあるヒロインと、そんな彼女の子分を勝手に名乗る男の子とのお話。 ちょっと猫っぽいヒロインと子分っぽい少年が、それぞれ構い構われつつ関係を深めていくのが微笑ましかったです。 私は基本的に年下少年×年上少女の設定に弱いので、子分くんが押せ押せなだけで楽しかった(笑)。 ただ彼はヒロインのことを知ってたみたいなので、そうすると子分になったきっかけのときに「覚えてなくて」と言ったのも計算? あれ、意外と腹黒? …いや、そんな設定も大好物ですが!(笑) 「好きなものを当てるのが得意」というのは相手のことをよく見ているから出来ることで、そんな子分くんに惹かれるヒロインの気持ちもよく分かる。 そして、「美味しいってことはあんたも好きなんでしょ」と言えるヒロインも同じ。 そばにいればいるだけ可愛いと思っちゃった子分くんの気持ちも温かくて、何だかんだでお似合いでしたw


●縞あさと『キラ星を歩いて』
とある事情で血を見るのが苦手な平凡な少年と、地球侵略の下見に訪れた少女との物語。 縞さんの絵柄はどこか儚いので、理由があって地球に来た宇宙人というヒロインの存在の不確定さや、地球侵略の情報が欲しいけど少年に惹かれてしまう揺れる気持ちを、絵柄が引き立てていたと思います。 見慣れた生活のひとつひとつに目を輝かせるヒロインを前に、自分の世界さえもが色付いていくように感じる少年の感性が初々しいし、好きだな、守りたいなって思う気持ちも素直でよいです。 ただちょっと、ラストが重いような気が…。 少年は血をめぐる事情が、ヒロインは星に還れないという事情が、「好き」の気持ち以外にもお互いを縛ってしまいそうで、ちょっと心配です。 最初のキラキラした気持ちが、そういう事情に負けないでいてくれると良いなw


●樫八重子『逆転ヒーロー』
女装が趣味な少年と、男勝りな女の子とのお話。 そういう性差だけの設定はよくあるけれど、「言葉」まで対比に使っている作品は少ないので楽しかったです。 小さい頃、ヒロインに贈ることが出来なかった言葉を思い悩む少年。 逆に、小さい頃から少年に可愛いを連発したことで彼が女装から抜け出せないのでは…と危惧するヒロイン。 胸に溜めてもダメだし、口に出してもダメだし、じゃぁどうすれば…と悩んだところで「伝え合う」ことが正解っていう青春っぷりにきゃーwってなります(笑)。 ちょっと違う自分になれるっていう意味で、コスプレってすごいなと。 何でもプラスの力に変換出来るのなら、素晴らしい趣味だと思います。 それに、女装して可愛いんだから、少年の顔って整ってるってわけですよね。 最後のコマ、嬉しそうに笑う彼と恥ずかしそうにうつむく彼女が、とっても幸せそう! まさにヒーローとヒロインって感じで良かったですよ~





Loading...

にくさんへ

>にくさん

コメントありがとうございますw

>実はワタクシ、前からこのハル兄がもう、大嫌いでして。

分かる気はします。 嫌える要素は満載ですよね。
ふじつかさんが敢えてその辺触れないように描いてるんだろうなぁと思ってたので私もその辺触れないようにしてきたんですが、今回さすがに「いやそれヒドイでしょ!」と思って書いちゃいました(笑)。

>「娘を溺愛しすぎちゃう微笑ましいお父さん」する資格ないですよね?

うん、ないと思います。 そりゃもー、ホントは皆無ではないかと!

ただ一応、「親の責任十何年も放棄しておいて」については、それこそがおじいちゃんおばあはんがハル兄に科せた罰なんだろうなぁと。 
可愛がりたくても可愛がれない状況を16年続けさせた二人は、にくさんが仰るとおり本当にクールでカッコイイです。
で、一応とはいえその罰をクリアしたハル兄が、つい張り切って可愛がりたくなる気持ちも、分からんでもないのです。

ただ、その「親の目」が他の人に向くならともかく、一番近くでわが子(千尋)を支えてきた有馬に向くのが・・・個人的にムカっとくるポイントだったり。
本当に可愛いなら、ちゃんと目を見開け!と思います。

>俺は、最後の収拾をこの両親が締めてくれるといいなあと期待しています

何年経っても娘息子と孫たちに翻弄されることなく、クールなスタンスのお二人に、ぜひ期待したいですよね! ちょっとハル兄を締めてください。

>若くして子を為した両親のツケを子供が背負わなきゃいけないって時点でオカシイので、

実はワタクシ、前からこのハル兄がもう、大嫌いでして。
だってさ、好き勝手しておいて、親の責任十何年も放棄しておいて、今更、偉そうに父親面しまくるという。
「娘を溺愛しすぎちゃう微笑ましいお父さん」する資格ないですよね?
それだけに、お父さんとお母さん(ホントはおじいちゃん、おばあちゃんか)のカッコいいことったら。特にお母さんのクールで厳格なのに愛情深いところは惚れますね。
本人たちも気づかないくらい、子供と孫たちを平等にまっとうに育ててきたんだな……と想像すると、一話目のころからマジ感涙してました。
俺は、最後の収拾をこの両親が締めてくれるといいなあと期待しています。
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。