スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Loading...

2012年1月に読んでる本

読んでる本・読んだ本のメモ的記事です。 随時更新します。 読書メーターに近いかな? ここに載ったものが読んでる本の全てではないです。 また、ここに載ったものをあとから感想記事で挙げることもあるかもしれません。 とりあえず、メモメモ。

1/21追記:そろそろ日記なり感想記事なり更新したいです…停滞しててすみません!

●LOVE SO LIFE・9
9巻も面白かったんですが、正直それ以上に巻末の10巻予告が気になって仕方ないんですけど…!! 来い、ラブコメ!!(笑)
LOVE SO LIFE 9 (花とゆめCOMICS)
こうち楓
白泉社 (2012-01-20)


●にがくてあまい・4
相変わらず面白いーw この作品は私の中の「次の巻が待ち遠しい」作品ナンバー1です。 物語の本質的にお下品な話題も多いけど、正直その辺ひっくるめて恋愛なんだよねーと思わされたり。
 ⇒『にがくてあまい』感想一覧 
にがくてあまい 4 (BLADE COMICS EDEN)
小林 ユミヲ
マッグガーデン (2012-01-14)






●地獄堂霊界通信・4
泣く・・・泣けるんだ! でも、マンガはいつも和室で一人で読むんですけど、この作品読むときだけは居間で読みます。 だって怖いんだもん!(笑) でも読みたいんだもん…。
『地獄堂霊界通信・3』の感想 


●トッペンカムデンへようこそ(全7巻)
去年「オズと最後の魔女」の感想を書いたときに(いつの話だよ!)、「いやいや征矢友花ならトッペンカムデンでしょ!」と教えて頂いて購入したもの。 オススメどおりすっごく楽しかったし、何より私の好みでした!(笑) 教えてくれた方々(複数いらっしゃいました)、ありがとうございましたーw
『オズと最後の魔女』の感想 


●CAPTAINアリス・6
当ブログ的にはとってもオススメなシリーズですが、6巻は過去の回想話に徹していたんどえ、個人的にはちょっと残念。 とはいえ、過去があっての現在。 大事に読みたいです。
CAPTAINアリス(6) (イブニングKC)
高田 裕三
講談社 (2011-12-22)


●それでも世界は美しい・1
太陽王リヴィウス1世に嫁ぐことになった「雨を呼ぶことが出来る王女」ニケの物語。 冷酷との悪評高い大要負うが実は…という出落ちのシチュエーションの中で、だからこそ二人だけの関係を自然や天候の美しさと並べて描くラブコメディ。 個人的には1・2話の頃の絵柄が好きだったんですよねー。


●青みゆく雪・1
中国人留学生の青くんと日本人の雪子ちゃん。 言葉の壁がある二人の恋物語。 これは好き、大好き。 二人には、言葉の壁はあっても気持ちの壁がないのが良いです。 二人の気持ちがだんだん混ざり合うことを表現しきったタイトルに感服。 これも感想書きたいですねー。
青みゆく雪 1 (ビッグ コミックス)
宇仁田 ゆみ
小学館 (2011-09-30)


●三丁目の魔法使い・1 
雪枝がよく行くお店の店長・東海林さんは、実は魔法使いなのです・・・! 魔法使いというと最近では『恋の呪文ラブラブカタブラ』がそうでしたが、あちらが人間関係を描いた作品なら、こちらは「不思議」を描いた作品。 背景が少ないとか人物相関が分かりづらいなどの難点はあるものの、楽しくってオススメ。 後で感想書きたい!


●カポーん。・2(完)
想像以上にいろんなものが重い2巻。 でもコメディ。 そこがすごい。 はかなぎくんが意外と頑張ってくれて、ラブコメ的にも大満足!・・・なんだけど、この作品に限っては、大好きなラブコメよりも、百ちゃんと紅くんのブラコンシスコンコメディのほうが楽しくって仕方ないです! 「お兄ちゃんに嫌われることしたくない、妹なんで」とテレる百ちゃんの台詞に、紅くんが影で赤面してるシーンが一番好き! 自分のなかに新しい萌え属性を発見させられた貴重な1冊です(笑)。
カポーん。(2) (アヴァルスコミックス)
神田はるか
マッグガーデン (2011-05-14)


●カポーん。・1
表紙買い。 可愛い兄妹モノ。 百ちゃんの笑顔と泣き顔があれば幸せに生きていけそう(私が・笑)。 身なりを整えた「お兄ちゃん」は本当にかっこよくて、彼女がブラコンになるのも良く分かるんだけど、それ以上に百ちゃんが可愛くて紅くんがシスコンになる理由のほうが良く分かるという(笑)。 百ちゃんの周りには厄介な人ばかり集まってくるけど、それを受け止める度量が彼女にあるのは確かだよねw
カポーん。(1) (アヴァルスコミックス)
神田はるか
マッグガーデン (2010-12-15)


●夢見る古都・1
断片的な物語がピタリとハマる瞬間がくるのが楽しみ。 正直絵は苦手。 でも読みたい。 でもでも、続刊出てないんですよね…( ̄□ ̄;)
夢見る古都 1 (Fx COMICS)

夢見る古都 1 (Fx COMICS)
posted with amazlet at 12.01.09
星野 リリィ
太田出版


●LaLa2月号
ラストゲームが再・新連載! 表紙がお気に入り。 感想・・・今、書いてます!(笑)
 ⇒『LaLa2月号』の感想 


●オオカミさんと!・1
『カポーん。』に続いて読了。 本来こっちの方が先に購入してたみたいなんだけど、全然気づかなかった…。 床の上に500冊くらい詰まれた本タワーの中に入ってたことに昨日気づき、発掘して読んだという。 当たり前だけど、本を積んでも何も良いことないです(笑)。 神田はるかさんの女の子は壮絶に可愛いです。 犯罪者になる気持ちも分かるな(←イヤそれは駄目だろ!
 ⇒神田はるか『オオカミさんと!・1』の感想 
オオカミさんと! 第1巻 (あすかコミックスDX)
神田 はるか
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-09-18)


●祓魔師な嫁ですが。・3
変態少女マンガの金字塔になれる気がします(笑)。
 ⇒風都ノリ『祓魔師な嫁ですが。・3(完)』の感想 
祓魔師な嫁ですが。 第3巻 (あすかコミックスDX)
風都 ノリ
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-08-24)






Loading...

optiさんへ

>optiさん

コメントありがとうございますw

>興味を引かれて「青みゆく雪」読んでみました。

ありがとうございます!
正直、なかなかブログを更新できない中で、「でもこんな良い本あったからお勧めだけはしておきたい!」という気持ちでこの記事始めたので、汲み取っていただけて嬉しかったです。

>うれしくなるようなそんな感じです。

そうそう。 青くんと雪子ちゃんの様子を見てると、こちらまで嬉しくなってきますよね。
暖かくなる、春のイメージです。 そしてわりとリア充な空気に近いんじゃないかと。

>ずいぶん展開早いなぁ

そうそう(2回目)。
ここについては簡単な持論があって、それを感想に書きたいなぁと思ってるんですが・・・果たして辿り着けるかなぁ(私がw

>つまりは、こういう二人の恋する様子はもっと見ていたくなる、とそういうことですね(?)。
>いい作品に誘導していただいてありがとうございます。

もっと見ていたいですよね! 2巻も絶対買います。
こちらこそ、いつもありがとうございます!でした☆

No title

興味を引かれて「青みゆく雪」読んでみました。
1巻の最後の話で雪子も言っていたとおり、言葉の壁は確かにあっても気持ちは通じ合っているのがよく見えて微笑ましくて、うれしくなるようなそんな感じです。
ふだん私が接しているのが青年誌のマンガとはだいぶベクトルが違うもののせいか、ずいぶん展開早いなぁ、とかある種見当違いの感想もちょっと思い浮かびましたがw
つまりは、こういう二人の恋する様子はもっと見ていたくなる、とそういうことですね(?)。
いい作品に誘導していただいてありがとうございます。
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。