神田はるか 『オオカミさんと!・1』 の感想

オオカミさんと!・1
『オオカミさんと!・1』

神田はるか

角川書店あすかコミックスDX
2011年9月26日 初版発行/¥560+税




『 何だお前 男ダメ? 残念ながら男は女が大好きだぞ 』


<ご紹介>
『ASUKA』 に掲載された5話と描き下ろしを収録した第1巻。 カラーピンナップ付。
母ひとり子ひとりという家庭、さらに学校も女子ばかり・・・という環境で育った赤井陽菜子 (註:中学生!)。 誕生日に赤い頭巾 (ポンチョ) を贈ってくれた祖母の容態が悪いと知り、母の反対を押し切って一人で祖母のいる孤島にやってきた・・・のは良いんだけど、何故か到着するなり 「魔女の孫だ!」 と多数の男たちに追われる羽目に! パニックになり逃げ惑う陽菜子を助けてくれたのは、外見だけはとても綺麗な大神さん。 でも異常にエロい、そしてドS! そこに妙に陽菜子を気に入ってるクセ者大学生・狐塚も加わり、陽菜子争奪戦は激しさを増すことに…。 慣れない男ばかりの島の中で、陽菜子は無事におばあちゃんに会うことが出来るの――!?


<感想>
よく 「りるさんは幼女好きだよねー」 と身に覚えのない誹謗中傷を浴びせられるので、そのたびに 「そんなことはない!可愛いくて小さい女の子が好きなだけです!」 と否定してるんですが (←してるのか?)、 神田はるかさんのマンガを読むとそんな反論はもう何の意味もない気がしてきます……可愛いんだ……幼女が絶品に可愛いんだ!!(笑)  開き直って生きていきたくなるからスゴイです (←何が?)。

というわけで、タイトルと登場人物名から察せられるように 「赤ずきんちゃん」 がモチーフのお話。 男ギライな陽菜子が男ばかりの孤島で無事におばあちゃんに会えるのか――というシチュエーションコメディで、かつ、大神さんの分かりやすいドSさと、分かりにくい優しさに、陽菜子ちゃんの心臓がドキドキしちゃうラブコメディでもあります。 


――って言うとちょっと可愛く思えるけど、とにかく全体的に犯罪臭が凄まじいです(笑)。 冒頭から大勢の男子に追いかけられるのもそうだし、狐塚くんとかマジで陽菜子ちゃんのちゅー狙いで押し倒してるし、一見優しげな保健の先生も裏がありそうだし、助けてくれたはずの大神さんだってオオカミ的なセクハラ発言満載だし、何ていうか、中学生女子が一身に受けるにはかなりキツイ状況です。 まぁそんな中だからこそ、陽菜子ちゃんがおばあちゃんとの再会を目指して健気で無謀な戦いに出る様子がめっちゃめちゃ可愛いんですけどねw そして、そんなピントのズレた男たちに容赦のないツッコミを入れまくる会話のテンポがめっちゃ楽しいんですけどね♪ 


誤解を恐れずに言えば、このマンガの魅力って、陽菜子ちゃんの可愛さが全てなんですよ! あかずきんにちょっとえろを加えたシチュエーションを使っている以上、オオカミさんたちが思わず食べたくなっちゃうヒロインがいないと、このお話成立しないんです。 その点、陽菜子ちゃんならパーフェクト。 周囲が変態ばかりなんで(笑)あまり笑顔は見せてくれないのですが、その分困り顔や泣き顔が満載で、この表情が本当にマジで身悶えるくらいに可愛いんです!! つい構ってツッコミ待ちになる周囲の気持ちがよく分かるってもんですw (←りるさんが変態街道をまっしぐらに進んでいる…) 

でもやっぱり一番可愛いのは、大神さんにときめいてるときの陽菜子ちゃんですよね! 大神さんがわりと無自覚にキザな発言を連発してくれるので、男性に免疫のない陽菜子ちゃんはドキドキしっぱなしなんです。  「何で助けてくれたの?」 に対するオオカミさんの答えは 「何でって、お前が欲しかったから」 だし、 「男は信用できない!」 と強がる陽菜子ちゃんには 「かわいそうだな子供は 男を知らない」 と至近距離で囁くし (犯罪だろ・笑)、 野犬を狼だと勘違いして恐れる彼女には 「本物のオオカミは俺だろうが」 と言いつつ野犬から守ってあげてるし…… 何ていうか大神さんって、言ってることとやってることがいちいちアンバランスで、そのギャップに陽菜子ちゃんもまたいちいちときめいちゃって、 「でも信用しないんだから!」 と強がってるあたりが本当に――萌えるんだこれが(笑)。


そんなこんなでテンポの良いセクハラマンガですが (褒めてます!)、 一応 「おばあちゃんに会いたい!」 という陽菜子ちゃんの願いは1巻後半で叶う (しかし、もの凄く残念な形で…笑) ので、今後は陽菜子の家族や、大神や狐塚といった島の住人たちの個性がクローズアップされていくのかなぁという印象です。 神田はるかさんは 『カポーん。』 も読みましたが、からっとテンポのよい兄妹コメディと思わせておいて、2巻でとんでもなく重い石を投げ込んできた前科があるから油断できません。 

実際、島の人たちはどうやら何かしかの事情を抱えそうなことが仄めかされてるんですよね。 特にキツネさんこと狐塚っちは暗い背景ありそうですよね……女の子をみて 「動く人形」 とか普通思わないし! でも助けてあげちゃてるし! どうやら先月の雑誌掲載話では 「狐塚ー!!!」 という阿鼻叫喚(笑)の出来事があったらしいですし (よく分かんないけど叫びだけ聞こえてきました)、 そんな彼らを陽菜子ちゃんが癒してあげられるのか、そして大神さんと陽菜子ちゃんの仲はどうなるのか…。 どうやら2月25日発売の2巻で完結みたいなので、どんなオチになるのかすっごく楽しみですw




オオカミさんと! 第2巻
神田 はるか
角川書店発行/角川グループパブリッシング発売 (2012-02-25)


カポーん。(1) (アヴァルスコミックス)カポーん。(2) (アヴァルスコミックス) 

一方こちらは超ブラコン・超シスコンな鶴久兄妹のドタバタコメディ。 女の子の赤面顔に弱い方にとくにオススメします(ぇ)。



Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


☆オススメ