『LaLa DX 3月号(2012年)』 の感想(前編)

LaLaDX201203.jpg

『LaLa DX 3月号(2012年)』

白泉社

2012年2月10日/¥657+税






<感想>
表紙は、2012年に劇場アニメ化が告知された『図書館戦争』の白泉社版『図書館戦争LOVE&WAR』。 背中合わせの郁ちゃんと堂上教官の関係が素敵ですw 巻頭カラーは『帝の至宝』。 初巻頭カラーおめでとうございます! ふろくは『夏目友人帳』のニャンコ先生ふぇいすぶっくメモ。 コピーライト的に大丈夫なネーミングなのかドキドキします(笑)。 

さて、こちらは『LaLaDX3月号』感想の前編記事です。 こちらにないものは 『LaLaDX3月号』の感想後編記事 にあります。 基本的に4コマ以外の全作品を対象にしており、さらに2つに分けて感想を書いてますが、1作品だけ書いていないのは好みの問題としてもうご勘弁ください(涙)。 

えーと、前編に掲載した作品の中では、相変わらず『サクラの秘事』がとにかく大好きでした。 世の中には「生理的に受け付けない」という言葉がありますが(この作品のことではなく)、それの正反対で、私にとっては「生理的に大歓迎」的なお話です(笑)。 「好き」で言えば他に『綺羅々と白い狼』『冬空に響く』が好きだったし、『図書館~』の堂上教官には身悶えました(笑)。 

では、以下各話感想です。 宜しかったらどうぞ!





●弓きいろ/有川浩『図書館戦争LOVE&WAR 特別編』
叫びます! せーの!! 「堂上教官うきゃーーーーー!!」(笑) ちょ、やばい、これホントやばいです。 『今年の俺の花見もなかなかだぞ?』って、キザすぎるーーっ!でもそこが素敵ーーーっ!!(爆笑) どうしよう、その後の『期待通りの解釈で助かる』まで含めて素敵です。 もうときめいて大変です!! 相手にバレないように告白するとか上級技すぎて郁ちゃんに伝わらないの分かってても抑えきれないとかホントもうどうしたら!!(←まず落ち着け・笑) オリジナルにも拘らず原作の胸キュンぶりをいつも見事に再現される弓さんが素晴らしすぎます。 ナイスな短編ありがとうございました!


●あきづき空太『赤髪の白雪姫 特別編』 
まさかのラジ王子主役編。 短編とはいえ快挙過ぎます(笑)。 こうやって振り返ると、サカキさんがラジ王子の傍にいたのは「お仕事」だったんだなぁということはよく分かる。 気が進もうと進むまいと、御せる部分でラジ王子を御す…まったくもって、とても誠実なお仕事。 ラジの成長具合が引立つけれど、こうなってくるとサカキさんの成長具合もなかなかのものですよね、主にラジ王子への愛着という意味で。 「気の合うものがいるといいですね」と口先だけで言ってたときと、白雪を妃にと望む今では、多分いろんなものが違うんだと思うのです。 そうやって愛されるだけの人物にラジがなったわけで…私まで感慨深くなった短編でしたw


●水野十子『遥かなる時空の中で5』
幕末と戦国の時代物がいちばん苦手です・・・世の中はこんなにそれらで溢れてるのに、私にはさっぱり分からなくていつも困ります。 無知って悲しい! 個人的には幕末の志士たちや戦国武将たちってAKB48みたいなイメージです。 センターを務めるのは坂本竜馬と織田信長でしょうか(笑)。 そんな地に足の着かない認識しか出来てないのでこのお話も難しいんですが、とりあえず傷つけたいのが人側で、傷つけたくないのが龍だという対比が深いなぁと。 いつだって残酷なのは人間の方なのかもしれません。 それが願望や信念に基づく行動なら、なおさら。 ゆきちゃんのお陰で玄武の苦しみが少しずつでも和らげば良いなぁ…そしてそれが人間たちにも波及すれば良いなぁ。


●辻田りり子『恋だの愛だの』
雨の中で動物と遊んでる人がいたら、個人的には不良だろうが普通の人だろうが「超イイ人!」です。 マイナスからの出発、という意味ではかのこと椿くんの関係も同じ。 お互い友情と恋情という違いはあるものの、確実にプラスになってるわけで(特にかのこは、椿の成長を感じ取ってるし)、そう考えると最初にかのこが「ギャップ」に否定的だったのはちょっと変なんですよね。 

っていうか、このお話にはその手の矛盾が実は多くて、そのほとんどが、かのこが自分を傍観者の立ち位置だと認定してることが原因。 矢吹駆(by笠井潔)的に言えば傍観者は存在そのものが難しく、実際かのこも己が傍観者ではないことを自覚し始めてるんだけど、何故か自分のこととなると途端に鈍くなるのが彼女の面白いところです。 だって椿くんがピンチだと思ってあたふたしちゃうかのちゃん、超カワイイじゃないですか♪ 恋だの愛だのはロクなことがないって言ってるけど、かのちゃんは恋の舞台の中心にいるといっても過言ではないわけで。 それに気づいた時、かのちゃんの中でどんな変化があるのかを楽しみにこの作品を読んでます。 楽しいですw ・・・まぁある意味一番楽しかったのはやっぱり椿くんでしたけどね。 イチャイチャ夏休みを勝手に脳内妄想 → 選挙に負けた男として断念 → かのこからお誘いに喜ぶ!もしや妄想が現実に!? → 結局お友達としての夏休みらしい ←今ここ(笑)。 さぁ夏は恋の季節ですよ! ガンバレ椿くん!!(笑)


●小椋アカネ『綺羅々と白い狼』
神と崇められる白い狼と、狼を兄の仇として狙う少女・綺羅々のお話。 綺羅々と篝が可愛くってウキウキ読み進めていたので、犯人のこととか全然考えてなかったんですけど、再読すると巧く伏線張ってあって短編として上手なお話に仕上がってます。 でもそんなこと以上に、綺羅々と篝が可愛いんだ!(笑) 何ていうか、小椋作品のヒロインとかヒーローって、心を開いてくれたときの可愛さがもうハンパないですよね!! 綺羅々ちゃんが「いや、篝様」とそれまで隠していた綺麗な髪の毛をさらけだして礼をするシーンもそうだし、篝が耳飾を指摘されたときの赤面とかもそう。 そんなことをされた瞬間にこちらの心までもが強制的に開かれてしまうじゃないですか! 篝はたぶん、お供えをもらった時から密かに綺羅々のことを見守ってきたんだろうなぁ。 名前や行動をちゃんと把握してる辺り、何気にストーカーちっくですよね(笑)。 …おそらく生きる長さが違うのでずっと続く時間ではないんだろうけど、あんな風にお互いの心を預けあって眠れる相手が見つかったことは、間違いなく幸せなはず。 甘くて忘れられないような時間になると良いなw 


●萩尾彬『サクラの秘事』
あぁもう、私この作品が好きすぎてどうしたら…!!( ̄□ ̄;)ってくらい大好きです!! ご主人様とペット(黒猫)という関係にある高校生男女っていう設定がどーにも犯罪ちっくなんですが、それすら大好きです!(笑) 何でしょうね、このお互いしかいらないって関係…自立を望めない関係は本当はダメなんですけど、ダメだと分かっているからこその甘い蜜。 いつまでも続かないけれど続かせたい、絶対的な独占欲に、クラクラします。 猫として何か役立ちたい、という葵ちゃんの気持ちは尊重したいけど、いやでも、裸のご主人様の下半身を隠すのはやらなくてもイイと思うんだ…(笑)。 葛城に半泣きで抱きつく姿が可愛らしく、でもちょっといやらしくて、りるさんときめきました!!(危険人物だー!・笑) かと思うと、薫先生を威嚇する気満々で葵ちゃんを抱き寄せる葛城にもときめきます。 本当は葵ちゃんを利用するはずだったのに、今だって利用できるのに、利用されることすら望みなんだとペットに言われちゃったら、ご主人様としては放置できないでしょう・・・? もう、どうやっても愛しいでしょう・・・? 初めての出会いのときから髪を掴まれ、視線を捕らわれ、心まで鷲掴みにされまくっている二人が、私は本当に大好きです。 続きも気になるぜ!


●大宮あかね『青春勉強会』
くぅぅ可愛いな!! 大宮さんの絵柄や作風って少女マンガど真ん中!って感じで好きなんですw その上今回は大好きな年下少年モノだったのでツボるツボる(笑)。 ヒロインもおばかだけど一生懸命でさらっと明るい感じが好感持てるし、勉強ばかりの京くんも自転車頑張っちゃうとか、ベタな展開だけどそこが可愛かったです。 ヒロインに対する京くんの想いが強まったことが、ショウガ飴→ロリポップへの変化で表現されてたのも良かったな。 そうすることで恋する気持ちの甘さも強調されるし、何より二人の初々しい初恋にはぴったりの雰囲気。 もっと言うと、フォンダンショコラからあふれでるチョコレートも、気持ちがあふれでる比喩みたいに思えてよかったです。 うん、可愛くて満足なのでしたーw


●月崗ヤスコ『うちで、お茶でも。』
ラスト1コマについては「そう来るだろうなー」って思って1話目から思ってたのであれなんですけど、梅久さんの「愛してる」にはとにかくクラクラしました。 先月号の菊長のときもそうだったけど、愛情が溢れ出る瞬間の破壊力がすさまじすぎる兄弟ですよね…!!(笑) 個人的にはもとか先生同様「こいつホントずるいわ!」って感じなんですけど(笑)、それでも絆されちゃうのが愛情の厄介なところで、そんな厄介さが梅久→竹弘にも波及してるところが良かったです。 大人になればなるほど相手に気持ちを伝えるのが難しくなるもので、それを乗り越えようとしてる梅久の頑張りを見てると、彼らの父も「乗り越えるべきもの」があるはずだと思います。 子の想いに答えられず何が父親か。 将来、いちえちゃんが経営するカフェに内くんの絵本が並ぶギャラリーが併設される・・・そんな未来に繋がると素敵ですよね♪


●池ジュン子『冬空に響く』
うおー、やっぱり池さん好きです!(告白?・笑) ちょっと切ない出来事がある中で、それでも健全さを忘れない作風が好み。 今回も長谷川くんのキャラが本当に良くて、コンビニ前でうっかり「可愛い」って本音が漏れちゃうところも、どこか人懐こい性格も、私とは全然違うのに何故か共感度高いから不思議。 中でも大宮さんに「丁寧な接客」と言われるシーンがわりと重要だと思うんだけど、人って何気ない言葉遣いや仕草にひととなりが表れると思うんです。 で、彼の場合は接客態度にもそれが滲み出てるからこその好感度なんだろうなって。 それは、大宮さんがレジで必ずお礼を言うのも同じ。 お互いにそういう「何気なく表れる素の部分」に惹かれていることが分かって、すごく良かったです。 告白シーンもすごく好きでした! 長谷川くんが満面の笑みで「好き」を連発するので、「好き」って気持ちを伝えることそのものが幸せ!みたいな気持ちが届いてくるんだもの!  想いを乗せた言葉って、相手にきっと届く。 長谷川が「大宮さん」って呼ぶ声には、たくさんの「好き」が詰まってるから彼女に響いた。 たぶんそれは、冬が明けても、これからもずっと続くんだろうな…☆


●八島時『水龍は謳う』
わざわざ「謳う」という漢字を使うことに意味のあるお話になるんだろうなーって思わせるタイトルが好きです。 水龍の印を額にもつ少年と、彼のピンチを救う女の子のお話で、水龍がいる町といない町との攻防というコンパクトな世界設定で語られる感じ。 雰囲気作りは相変わらず巧いなーって思うし、ラストでシンがキアの耳元で囁くシーンにキュンとなりました。 対象外だと思ってた人からの突然のアプローチに戸惑うキアが可愛いんだ…!(笑) ただ、水龍がいない町は希望のことだ、というシンの言葉はちょっと受け入れがたく(水龍が来てくれたからこそ言える言葉ですよね。来なかったらと思うと…)、そこだけ残念だったかな。 八島さんは徹底してファンタジックな作風なので、次回も楽しみです。


●蟹えにか『夢追い人』
金持ちトランペッター君と貧乏画家さん(それぞれ卵)のお話。 全体的にすごく好きなお話で、コンテを折られても傷つけられてても、夏虫のようにペターの光に焦がれてしまうコンちゃんがとても良かったです。 羨ましさや憧れという気持ちは結構難しくて、紙一重で憎しみに変換されるものだけど、コンちゃんの場合は紙一重で変換したくても出来ないくらい焦がれているんですよね。 ケンカした後の彼女の泣き顔は可愛いなんてものじゃなくて、子供のようにくしゃくしゃになってる。 昔も今も変わらない想いでペターを「好き」なんだなーって伝わってきて、切なかったです。 ただ、彼女が想うほどには私はペターを好きになれなかったな…(笑)。 





Loading...

DOSさんへ

>DOSさん

初めまして! コメントありがとうございます。
あとあと、2年間もご来訪いただいてたなんて・・・何と感慨深い! こんな辺境の地までお越しくださって、本当にありがとう☆

>黒髪ロングとサクラの秘め事がりるさんと同じ理由で大好きなんです!!

あら、なんて素敵なご趣味なんでしょうっ(笑)。
いいですよねー、さらっさらの黒髪も、『サクラの秘事』の背徳感も、私も大好きです!

>慧くんは萩尾キャラの中で一番好きかもです。

私もです。 歴代全部思い浮かべてもトップクラスですね。
まぁそれは葵ちゃんも同じなのですがw
カップリングとしてもかなり上位で大好きです。

>萩尾さんのブログよかったらみてください~!

見てみました!
うわぁぁぁぁ、教えてくれてありがとうございますっ。
このためにわざわざコメントくださるなんて優しい方ですね♪
楽しみです。 今から楽しみにしてます!
私は出来ればペットとご主人様が逆転した図が見てみたいです(笑)。

りるさん!はじめまして!
遊びにきてもう2年以上は経つのですが
コメントははじめてです!
黒髪ロングとサクラの秘め事がりるさんと同じ理由で大好きなんです!!
いい大人なんですけど、もう好きでたまりません。
慧くんは萩尾キャラの中で一番好きかもです。

今回コメントしたのは。。
萩尾さんのブログよかったらみてください~!
サクラの秘め事好きにはうれしいお知らせが載ってましたよ!
ではまた遊びに参ります☆
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


☆オススメ