スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Loading...

『LaLa DX 5月号(2012年)』 の感想(前編)

LaLaDX5月号の画像
『LaLa DX 5月号(2012年)』


白泉社

2012年4月10日/¥657+税






<感想>
表紙と巻頭カラーは『恋だの愛だの』。 ふろくは、『恋だの愛だの』『帝の至宝』『桃山キョーダイ』のトリプルグックカバー。 可愛くって豪華です。 それぞれのコミックスに付け替えてつかえますよw

さて、こちらは『LaLaDX5月号』感想の前編記事となります。 ここにないものは、今後更新される(であろう・笑)後編記事に続きます。 掲載順に、だいたい1作品飛ばしな感じで順番に書いてますが、1作品だけ感想対象外となりますので予めお詫びしておきますね。
追記:4/17『LaLa DX 5月号(2012年)』 の感想(後編)を更新しましたw

前編記事に書いた作品はわりとどれも面白くて満足してたんだけど、最後に読んだ『八潮と三雲』の破壊力が凄まじかったです。 凄まじく、面白かった!ヽ(≧▽≦)/  ときめき度では『帝の至宝』が最高頂! ストーリーの面白さでは『晴天に剣を翳せ』、ラブコメ度では『ウサギちゃんとメガネくんの2泊3日物語』でした。

今号では、森生まさみさんの『もちもちの神様』と月崗ヤスコさんの『うちで、お茶でも。』が最終回を迎えています。 両先生とも、お疲れ様でした! 幸せな作品を届けてくださってありがとうございました☆

以下感想です。 興味のある方は覗いて頂けると嬉しいですー。






●仲野えみこ『帝の至宝』
読んでてきゅーんと胸が鳴って大変でした! 香蘭も志季も切ない・・・っ!!(>Д< ;)  香蘭の涙ながらの(しかも服をダボっと着た可愛い姿で!!・笑)告白に赤面が止められない志季を見て、「うわぁぁぁぁぁ!!」と叫んじゃいましたもの。 香蘭に対する志季の気持ちって、今まで敢えて描かれてこなかったから、志季鈍いな!とか、友情への憧れがまだ強いのかな?とか思わされてきたけれど、全然そんなことなかったんだなーって分かって、泣くほど嬉しかったです。 私が願ってきたとおり、志季の中にもちゃんと香蘭への想いがあるんだろうなーって。 

でもその反面、彼が帝という立場があるからこそ、香蘭の気持ちを受け取れないんだっていうのも伝わってきて・・・多分、香蘭はそんなこと考えてもいないもんね。 彼女の世界には、好きか嫌いかしかないもの。 志季と一緒にいられたらそれだけで良いんだもの。 でも、身分の壁を乗り越えて学校に通い続ける香蘭なら・・・そして志季のことを大好きな香蘭ならば、予想もしない事態に巻き込まれても絶対に頑張れるよ! お願いだから立場だけで香蘭の気持ちを否定しないでね・・・。 と思いつつ、最近どーしても気になって仕方ない、しょーもないことを呟いて良いですか? 何度見ても春玉さんの頭上の飾りが、カッパのお皿みたいに見えて気になるんだ・・・!!(笑) ・・・というわけで(?)、念願どおりお話も動いてきたので、次号の展開がまたまた楽しみです!


●水野十子『遥かなる時空の中で5』
毎号書いてますが、りるは日本史がこの上なく苦手なので読んでていつも難しいです。 が! 今回何か面白かったー。 人間関係や思想がどこまで史実どおりでどこまでフィクションなのか分からないけれど、だからこそ「このお話どう流れるんだろう? こんなに主張が噛み合わなくてどこで落とすんだろう?」と思ってた訳ですが、ちゃんと理由付けができる打開策が出てきて「なるほど!」と! しかも龍馬の言動で「そっくりさん」の謎が深まったのも面白いです。 そっくりさんなんて本当はいなくて、ゆきちゃんがタイムスリップしたときに10年前に迷い出ちゃったって考える方が辻褄合いそうだけど。 そうなると瞬兄は本物の瞬兄だよね。 知らない振りしてる理由は何だろ? とか、いろいろ考えちゃいました。 はてさて。


●藤原ヒロ『会長はメイド様! 特別編』
読んで楽しい人がいるからDXでこのシリーズ続いてるんだろうなぁ。 りるさんは3バカに興味がないのでわりとどーでも良いのですが、どんどん仲睦まじさレベルを上げ続けている幸村と叶のカップル(笑)の行く末は気になります! わりとガチでいけると思うんだ・・・(何が・笑)。


●草川為『八潮と三雲』
ややや八潮さーーーーーーんっ!! ど、どうしよう!? 今回いろいろありすぎてとにかく楽しくて、興奮がおさまりません!! とりあえず叫びましょうっ。 せーの! 八潮さぁぁぁん!!(叫んでどうする・笑)

ちょっと落ち着こう。 とにかく、今回は扉絵からして素敵でした。 まず三雲ちゃんの妖艶っぷりがイイ。 そして八潮さんのスーツにメガネとワインがイイ!(笑)。 冒頭から三雲ちゃんを意識しまくりで、距離感が全然分からなくなってる八潮さんが可愛い。 ハーレム課のひきつぎ資料がグッジョブすぎるw 命令で原稿読んじゃう八潮さんのギャップが楽しい。 そして、三雲ちゃんの能力を信頼してるのに心配が止まらない八潮さんが、もうどっからどーみても「それ惚れてるだろ!」って感じで・・・本気の殺気を醸し出すシリアスさにドキドキし、その後めっちゃときめいたんですが、まさかのあのオチ! これぞ草川テイストです。 でも、あのオチのおかげで、ラストの八潮さんの視線の熱っぽさが際立つという。 これぞ草川クウォリティですよ! 

ちょっと思ったんですけど、八潮さんにとって三雲ちゃんって最初から規格外なんですよね。 自分の命を削らせたという意味でも、そもそも好みでなかったという意味でも。 そうやって八潮さんのすべてを覆してそこに「いる」のが三雲ちゃんなんです。 八潮さんが自分の気持ちを認めるのに時間がかかるのは、三雲ちゃんが調子に乗るから…と言うよりは、そうやって生きてきた自分自身への否定と肯定に繋がるからなんだろうなって思います。 それってすごく大変な労力で、言い換えると八潮さんってもの凄い大変な恋をしているわけです。 それこそ、自分という存在全部を使うような。 三雲ちゃんの体当たりっぷりの方が分かりやすく「全身全霊」っぽいけれど、実はそれって八潮さんも同じわけで・・・つまり何が言いたいかというと、三雲ちゃんも覚悟しないと!ってことです。 たぶん、本気になった八潮さんは超手強いと思うんですよ! そりゃーもう目線だけで三雲ちゃんをクラクラさせちゃう程度には手強いと思うんですよ!!(笑) 頑張らなきゃいけないのは三雲ちゃんの天然に泣かされてる八潮さんの方なのか、それとも彼の魅力を受け止めなければいけない三雲ちゃんなのか・・・そんな攻防戦に、期待大なのです! 次回も楽しみーw


●川瀬夏菜『僕らのワンダーハウス』
約1年半ぶりの川瀬さん。 作風はいつもの川瀬さんらしく可愛さで押し切る感じが好みなのですが、絵柄はちょーっと変わっちゃってますね。 川瀬作品のヒロインはいつも素直で一生懸命で真面目でドジっ子(笑)という私の好みなんですが、今回の「友くん」もそうでした。 かーわーいーいー! これはいろいろバレるレベルの可愛さですよ。 でもまぁ今回いちばん感じたのは、「悠くんてかなりモテるんだろうな!」ってことですよね!(笑) 面倒見のよさから感じたわけではなく、一目で女の子と気づいてそうな登場シーンとか、面倒な女には優しくしないスタンスとか、女の子と気づいててわざとスキンシップ図るところとか、経験値高いだろって感じです。 でもこういう人が「友くん」みたいな人にメロメロにされていくんだろうなーって想像すると楽しくて仕方ない!!(笑) 絶対甘々なカレシになると思うのですよw  翻弄されてるのは、実は彼の方なんだろうな。


●森生まさみ『もちもちの神様』
ちっちゃいもちこが可愛くってお家に連れて帰りたいーーーーーっ!(笑) 流歌ちゃんに姿を見せられないもちこが、人間の姿を借りて頑張りまくるあたりで、りるさん泣いてました(笑)。 うん、友達ってそういうものだよね! 別に見てくれてるから頑張るんじゃなくて、勝手にその人のために頑張りたいから頑張るんだよ。 もしかしたらウザく思われるかもしれないけど、仕方ないじゃん体が動いちゃうんだから。 仕方ないじゃん、大好きなんだから! ・・・もちこのそんな勢いが伝わってきて、すごく嬉しくなっちゃったのです。 だからこそ、流歌ちゃんがもちこに一目で気づくのも嬉しいし、もちこがまるでヤキモチのように「ヘーキっていった!」と怒るところも可愛い。 流歌ちゃんとおっくんが痴話げんかしてる以上に痴話げんかっぽくて(笑)、何ていうか、流歌ちゃんの対人関係ってもちこが原点なんだよなーって改めて思わされた感じです。 カラー扉絵も流歌ちゃんともちこだったしねw そこからの「友達100人計画」がこういう形で実現するとは・・・!というお話の構成的な嬉しさもあって、満足な最終回でした。 森生さん、お疲れ様でした。 次号はこれまた大好きな『きゃらめるBOY』の続きらしいので今から楽しみです! 


●月崗ヤスコ『うちで、お茶でも。』
最終回でした! 作家さんの初連載の最終回に立ちあえるというのは、読者としても嬉しいものです。 月崗さん、お疲れ様でした! そして楽しい連載をありがとうございますw わりと全方向的にあっさりしてて、もぉぉぉっと内くんがおとんをメロメロにたらしこんでくれても良かったんですが(そこかよ・笑)、初対決でそうなっちゃうと内くん最強説が確定しちゃうのでこのくらいで良いのかな?(笑) っていうかむしろ、そんな内くんをたらしこんだ(たらしこんだ言うな)いちえちゃんが一番スゴイのか!? いずれにしろ、幸せな結末で良かったです。 うん、このほのぼの感こそ「だんらん」ですよね!!


●八島時『いざや、せん』
かつて神楽の舞手だった主人公・航平くんと、神社の宮司の娘さん・千津ちゃんのお話。 神楽という、今となっては古めかしくなってしまった文化と、遠ざかってしまっていた二人の距離というものを、きちんとお話の中に落とし込んでいてとても上手な作品だなーと感心(というと上から目線に聞こえちゃうけど他に表現を思いつかない!)してしまいました。 高校生活と神楽というミスマッチがこんなにも楽しい。 神楽の躍動感と、互いの心と向き合う時に跳ね上がる鼓動・・・いろんな意味でドキドキさせられました。 あと単純に、真面目でメガネな生徒会長が実は運動神経も抜群っていう設定が美味しすぎて楽しいですよね(笑)。 これ千津ちゃん頑張らないと競争率高いよーw 八島さんの作品の中でもかなり好きな作品でした。 すごく良かったです!


●恩多志弦『晴天に剣を翳せ』
毎回恩多さんの作品を楽しみにしてるのですが、今回のも面白かったよバンザーイ!ヽ(≧▽≦)/ ヒロインの鍛冶師という職業がまったく無駄にならず、生き方を照らし合わせるような物語と台詞回しになっていることに惚れ惚れします。 元々きれいな絵柄なのに最近は可愛さも深まってきてるので、読んで楽しい目で見て楽しい、そんな魅力にドキドキしっぱなしでした! 特に最初の頃の、ルシードをお風呂(註:樽です・笑)に突っこむシーンがテンポ良くて好きw 都会的で天然のキザっぽさを垂れ流す(褒め言葉・笑)ルシードに、そんな男なんて見たことも無い辺境のコニーがときめくのは、すごくよく分かる。 でもコニーが本当に惹かれているのは、彼の醸し出す雰囲気よりも、彼がくれた言葉だっていうのが本当に素敵! 武器を服に仕込んでルシードを助け出すコニー嬢の強さは、自分が出来ることをしようっていう等身大の強さにすぎない。 でも、それがこんなにも得がたい輝きを放つ。 それは、彼女自身が輝いているから、なんだろうなw そんなの愛しく思わないほうが無理だよねw 何気にルシード以上の女版天然ジゴロだったし(笑)。 んー、これ続き描いて欲しいな! そしてコミックスを! 恩多さんでコミックスをお願いします!!(切望!)


●九『ウサギちゃんとメガネくんの2泊3日物語』
これは良い少女マンガ! ドキドキなお留守番ラブコメディでした。 絵柄とタイトルにクセがあるので正直読み始める前は楽しめるかどうか不安だったのですが、とても楽しかったです☆ 思ってた以上にマジ怖で、夜中にこれ読んでたりるさんはビビりまくりでしたね(笑)。 でもそのおかげで非日常感が出て、お化け屋敷→幽霊→お泊り→ラブコメへのコンボがテンポよく展開していったし、マニアっぽくみられがちなクラスメイトが実は意外と積極的なドSだった(笑)というのもツッコミ甲斐のある楽しさw 何より、ヒロインの真っ直ぐな可愛らしさがすごくイイ! その真っ直ぐさも臆病さゆえ・・・と綺麗事だけじゃないリアルな部分も良かったし、だからこそ愛あるイジリでヒロインを「おちおち臆病でもいられない」ようにしてくれる恋愛も響いてくる。 幽霊の部分もネタ以上のインパクトがあったし、う~ん本当に楽しかったです。 次回作、ぜひ!


●朝鳥サラダ『彼の不幸は誰がために』
主人公の秋元くんは、誰かのちょっとした不幸をちょっとした幸せに変換してしまう体質(?)。 おかげでいつもツイてない彼のことを、第三者視点のナレーションで語りあげる、一風変わったお話でした。 馬鹿がつくほどのお人好しである秋元くんの毒のなさに癒される! こんな風に優しくポジティブな人間でありたいなーと、思わず自分を省みました(反省!)。 失恋直後の泣きながらの笑顔も応援したくなっちゃうし、そんなところに惚れる女の子となら仲良くやっていけるんじゃないかな?っていう読後感も良かったです。 ただ、ちょっと読みづらかったのが残念。 ナレーションを入れるなら背景や文字の書きこみ・トーンなどをもうちょっと減らした方が読みやすかった気がします。 





Loading...
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【『LaLa DX 5月号(2012年)』 の感想(前編)】

『LaLaDX5月号(2012年)』白泉社2012年4月10日/¥657+税<感想>表紙と巻頭カラーは『恋だの愛だの』。ふろくは、『恋だの愛だの』『帝の至宝』『桃山キョーダイ』のトリす。それぞれのコミックスに付け替えてつかえますよwさて、こちらは『LaLaDX5月号』感想の前編記?...

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。