スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Loading...

麻生ミカリ 『Love me do!』 の感想

麻生ミカリ love me do!
『Love me do!』

麻生ミカリ

アルファポリス エタニティ文庫(赤)
2012年6月20日 初版発行/¥690+税





私の暴言に眼を丸くした後、長嶺純希は私を見つめた。 なっ、何よ、文句があるならはっきり言いなさいよねっ。 ところが彼は私に向かって、軽く首をかしげて微笑んだ。
「じゃあ、君と結婚しようかな」
はい? あなた今、なんておっしゃったんですかっ……? 口を開けたまま、何も言えないでいる私に、長嶺純希は手を差し出した。
「恋愛を前提に結婚することにしました。 よろしく」
それが、私の災難の始まりだった……



<感想>
完全に表紙買いだった作品です。 が、感想を書くかどうかですっごい悩みました。 何故って? ――それは、この本が 「大人の女性の為の恋愛小説レーベル」 から出版された、性描写のある作品だからです。 

エタニティ文庫は大人の女性の為の恋愛小説レーベルです。 ロマンティックでちょっとエッチな作品を中心に、今後も続々刊行を予定しています。 表紙と背表紙のロゴマークの色で、性描写の有無を判断することが出来ます。(文庫帯より)

一応 『空夢ノート+』 は全年齢向けの健全路線で突っ走ってきたつもりでいるので、そっち系路線を取り扱って良いのかなぁと悩んだんですよね。 でもよく考えたら 『空夢ノート+』 は 「幼女がカワイイ」 とか言っちゃうようなキワモノ路線で突っ走ってきたし(言ってること違う・笑)、男性向けマンガや生首が飛ぶような小説の感想も書いてるわけだし、本当に 「全」 年齢向けなら大人女性向けがあっても良いよね! ・・・という結論で載せることにしました。 なので再度注意いたしますが、そーゆーの苦手なひとは回り右!してくださいね。





お話は、実家の都合で強引にお見合いをさせられた美晴ちゃんが、極悪イケメンな見合い相手に何故か気に入られたことから愛情ゼロの新婚生活を送る羽目になるドタバタ劇を描いたものです。 わりと育ち良いお嬢様であるにも関わらず、夫の陰謀により女のプライドのたまり場みたいな職場に配属されたり、夫の過去の過ちのせいでセクハラされたりしちゃうお話です。 ・・・あれ? こう書くと重苦しい昼ドラ風ですが(笑)、読んでみるとさらーっとした一人称の文体と、斜めに傾いたヒロインの性格のおかげで、コメディ寄りの昼ドラ…かな?(笑) そして何より、ラブ満載です。 つまり、りるさんが大好きなラブコメなのですよ、万歳ー!!ヽ(≧▽≦)/


政略的なゲームみたいな結婚生活なので、美晴ちゃんは自分をそんな状態に押しやった純希を良く思ってないし、純希は過去に呪縛されてるので恋愛を信じられずにいる。 当然、夫婦でありながら清らかな関係(…?)を続けることになる二人ですが、小さなケンカをしたり、その裏に潜む相手の優しさに気付いたりするうちに、次第に距離を縮めていく様子がとにかくじれったくてツボでした! ツボといえば、一緒にお風呂に入るのにぎっちりバスタオルを巻いて防御する美晴ちゃんが可愛くて仕方ないです(笑)。 それは剥がしたくなりますね!というわけで、つい悪戯したくなる夫に共感しまくりながら読んでました(笑)。 


中盤まで繰り広げられる、美晴と純希のじれったい愛情攻防戦を微笑ましく思いながら読んでいたので、それ以降のシリアスな展開は辛かったです。 っていうかそもそも純希の犯した過ちには1ミリも共感出来ずにいたので、巻き込まれるだけの美晴ちゃんが可哀想で・・・。 そして美晴を巻き込んでおきながら中途半端な四条の態度にもイラっとしました。 イイ男が二人そろって恋愛的に不甲斐ないので、被害者のはずの美晴ちゃんがしっかりするしかなく、最後に男たちの目を覚ますという芸当までやってのけるあたりではもう脱帽でした。 偉すぎる! そしてすっぴんにメガネにおさげが可愛すぎる!(笑) 


美晴ちゃんにいろいろ教えられたのは不甲斐ない男性陣だけではなくて、私も同じでした。 彼女は「公」と「私」をきちんと区別つけられる人で、嫌がらせしか受けないような職場での毅然とした立ち居振る舞いや受け答えは、なんちゃって社会人である私からすると尊敬に値するものでした。 そっかー、セクハラされたらあぁやって受け流せば良いんだ! セクハラしてくるオヤジと一緒になって楽しんで返答してたら駄目なんだ!(当たり前・笑) 社会人1年目の美晴ちゃんに比べて劣りまくりな自分を反省するという意味でも、楽しむことが出来ましたw


正直、小説、というには風景描写が足りないなぁと感じる部分はあります。 今どんな場所にいるんだろう?という想像がしづらいんですよね。 それに、キャラクターの気持ちの変遷が若干唐突な気もします。 悩んでた割にはあっさり解決したな!とツッコミ入れた箇所も幾つかあったし。 でも、テンポ良くかけあう会話と、じれったい関係性と、夫から妻へのいっそ朗らかなまでのセクハラ(笑)が楽しかったですねー。 特に想いを打ち明け合うシーンは胸がキュンキュン鳴って大変でした。 


二人は最後の最後でやっと結ばれるんですが、その辺りの描写がリアルで恥ずかしくてちゃんと読めないというね・・・(笑)。 何でセクハラが楽しめて真剣な愛情の交感は恥ずかしいんだ? 普通は逆じゃないのか!? りるさんの乙女回路はやっぱりオカシイのかっ!?? ・・・などと自分を不審に思いつつも(笑)恥ずかしいものは恥ずかしい。 いろんな部分を考慮してオススメはしませんが、個人的には幸せいっぱいで良かったです! 




●続編はこちら(文庫版ではありません)
Love me more! (エタニティブックスRouge)
麻生 ミカリ
アルファポリス




Loading...

べにすずめさんへ

>べにすずめさん

コメントありがとうございました。
そして長いことお返事しなくて申し訳なかったです!

> 聞いたことのある名前だったんですが、レーベルあったんですね。
長いことネット小説としてサイトに掲載されていた作品なので、
タイトル聴いたことある!って感じですよね。
私も同じで、表紙絵に惹かれてしまいましたw

> そして、交際0日で同居or結婚! という、私の大好物だけど、あまりない設定が嬉しいです。
> 終盤の展開はちょっとひるむけど、買ってみようかな、と思ってます。

私も好物な設定です~。
終盤は!!!!!と思いますが(笑)最後が幸せになると分かっている創作物なら受け入れられました。
ある意味白泉社系の安心感です。

聞いたことのある名前だったんですが、レーベルあったんですね。
そして、交際0日で同居or結婚! という、私の大好物だけど、あまりない設定が嬉しいです。
終盤の展開はちょっとひるむけど、買ってみようかな、と思ってます。
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。