スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Loading...

北夏輝 『恋都の狐さん』 の感想

恋都の狐さん
『恋都の狐さん』


北夏輝

講談社
第一刷発行 2012年2月15日/¥1400+税





<ご紹介>
“掟破り?”の第46回メフィスト賞受賞作。 「で、なぜ“掟破り?”のメフィスト賞受賞作かというと、第45回受賞作よりも先に刊行されること。そして、もう一つの理由は、ぜひとも読んで確かめていただけたらと思います。(講談社BOOK倶楽部より)」
20年という人生の長さと同じ分だけ彼氏のいない「私」は、恋愛成就にご利益があるという奈良・東大寺二月堂の節分の豆まきに参加することに。 無事に戦利品である豆や鈴を拾ったものの、可愛らしい鈴が掌から落ちて転がってしまう。 慌てて追いかけるが、鈴はすでに拾われたあと、しかも拾ったのは、濃紺の着流しに白くて立派な狐の仮面を被った、奇妙な青年だったのだ。 それが「狐さん」と「私」との、生涯忘れられない出会いだった……。


<感想>
そもそも私は講談社ノベルスとメフィスト賞が大好物なので、以前はメフィスト賞受賞作といえば無条件で手に取っていました。 何時の頃からか選ぶようになっちゃったけど、それでも第●●回メフィスト賞受賞作!と聞けば「へぇぇ!」と手に取ってしまう程度には真面目な講談社ミステリファンなのです。 なので今作も無条件で「へぇぇ!」と思ってたところに、可愛らしいタイトルと表紙が講談社のメールマガジンで送られてきて(笑)、私のラブコメ脳をくすぐるんですよ。 あっさりと誘惑に負けてました(笑)。 まぁ、発売日に買っていたのに、結局読めたのは先日だったんですけどね。

で。
読了した今の気持ちを率直に表現すると、「…………え?」 って感じだったりします。
何だろう。 何だろうこれ。 もの凄くもやもやする! 

あのですね、面白くなかったわけじゃないんです。 二月の節分、三月のお水取り・・・など、奈良の伝統文化の魅力がたっぷり描かれてるし、祭礼行事に目を輝かせながら参加するヒロインにも好感持てます。 豆まきに対する熱気ある描写が楽しくて、私もヒロインと一緒に参加しるみたいな気持ちになりました。 何より、「狐さん」との恋の行方にはドキドキさせられたし、私、本当にずっと楽しく読んでいたんですよ。 ただ同時に、ずっと「??」という気持ちもありました。 そして最後に、「…………え?」ってなっちゃったんですね。 ――その理由は、この作品が“掟破り”のメフィスト賞受賞作だからでした。 読み終えて分かる、この破壊力。 以下、激しくネタバレします。 





まず。 この物語は、青春恋愛小説です。 ヒロインと、狐さんと、狐さんと行動を共にする姉御肌の揚羽さん。 登場人物はほぼこの3人に絞られており、早春の奈良の伝統施設で知り合い、祭礼行事への参加を重ねることで結びつき――別れてしまう、わずか1ヵ月半の間の物語なのです。 繰り返しますが、最初から最後まで恋愛小説でした。 そしてこのことが、最大の衝撃だったのです。 何故なら本作品は、今まで様々な趣向のミステリ小説を輩出してきたメフィスト賞受賞作、であるはずだからです。 


もっとも、本来のメフィスト賞の規定に、ミステリでなくてはならないという縛りはないのです。 それでも過去の傾向から、私は(そして多分「私たち」と表現しても良いミステリファンは)、メフィスト賞受賞作にはミステリ要素を期待してしまうし、出版側も“掟破り”だと認定するわけです。 だから、本作の癒し系な雰囲気を楽しみながらも、いつか謎が出てくるだろう、どこかで事件が起きるんだろう、と思いながら読んでた訳ですが……一向に謎めく展開にならないんだもん、これ焦りますよね(笑)。 そして、この健全な恋愛小説を最後まで読み終え、何これ!?と脱力して初めて、「メフィスト賞受賞作」という肩書きそのものがトリックだったのか!と気付かされるわけです。 いや、ある意味とても画期的で、そういった意味では立派なミステリ小説だと言えなくもない…。 でも、モヤモヤするのは仕方ない!(笑)


もちろん、メフィスト賞だなんてことをまったく知らずに読む人もいるわけで、そう言う人には普通の青春恋愛小説だったな、という印象になると思います。 じゃぁ恋愛小説として秀逸なのかといえば、個人的には「残念」という結果になるんですよね。 デビュー作なので瑕疵はあるんだけど、そんなのどうでも良いレベルで、一重にラストのせいだと断言します。 池に落ちてから加速したヒロインと狐さんの関係、第4章で明らかになる狐面の真実、そしてその真実をおしてでもお照松を見にいった狐さんの想い――そういったものにドキドキしながら読んでいたわけですから、せめてヒロインの一人相撲で終わるという選択だけはして欲しくなかった、というのが理由です。 


私はこの作品を(気持ち的に)ミステリ小説だと捉えているので、ラストの一人相撲も、初恋だっていうのが伏線なんだろうな、と今なら思えます。 初恋は実らないものですし。 でも、ミステリでいうならこの作品の最大の謎は「狐さんと揚羽さんの関係」であるはず。 それなのに、その関係に明確な答えのないまま、ヒロインが一人相撲をしたまま終わってしまったことが、もうモヤモヤして仕方ないんです。 二人の間に少しでも恋心があるのかを本人達は明言していないし、もしかしたら分かっていないのかもしれない。 しかも狐さんに至っては、ヒロインに対する気持ちも、揚羽さんに対する気持ちも、何一つ語っていないんです。 彼がお照松を見に行った理由も手術を受けた動機も、語るのは全て揚羽さんでした。 


私はたぶん、揚羽さんが語ったことは真実だったと考えてます。 久々に自分に向かって笑いかけてくれたヒロインと、向き合いたかったんだろうなって。 それが恋かはやっぱり分からないけれど、でも、辛い想いをしてきた彼が久々に自発的にした決意を、せめて遂行させてあげたかった。 本当に彼のことを考えたのなら、恋の成否よりもまず、前向きになろうとする彼の想いを酌んであげて欲しかった。 恋愛レベル0の彼女にその判断が出来なかったのも、狐さんが彼女を追いかけられなかったのも、経験値不足だから仕方ないと思うんです。 だからこの批判は、登場人物へのものではなく作者さんと出版社さんへのものです。 だって、一方的に逃げられて終わりだなんて、どう考えても狐さんには傷しか残らないじゃないですか。 下手したら、また人間不信になるかもしれない選択を、どうしてヒロインにさせてしまったのか・・・もう、そのことが本当に残念でなりません。 


というわけで、個人的には続編希望です(笑)。 ちょっとこの謎に答えをください! ラスト以外は本当に楽しかった訳だし、奈良の魅力が伝わりすぎて旅行に行きたくなるくらいだったので、あとはこのモヤモヤがどうにかなれば!!(笑) 読了後に評価をみたら、森見作品や万城目作品に雰囲気が似すぎてる、という指摘があったけど、りるさんは未読なので分かりませんでした。 雰囲気は好きです。 だからこそ、どうにかして欲しい…!!





Loading...

かすみ草さんへ

>かすみ草さん

こんばんは! 本当にこちらではお久しぶりです。
私が更新してなかったからですが、お返事まで遅くなって住みませんでした…(反省)。

> さて、この本、私もとっても気になってます。
> 以前、本屋さんで見かけたときに、タイトルと表紙絵に引かれて、思わず手にとってしまいました。
> りるさんと好みが一緒で嬉しいです(笑)
私も嬉しい!(笑)。
でもこの本の雰囲気は本当に気になりますよね。 思わず惹かれるデザインってあるんだなぁと思いました。

> なので、ネタバレを避けて、頭と終わりだけ(すみません)、記事を拝見しましたが、やはり好みっぽいです。
よくネタバレ部分を避けられましたね(笑)。もうちょっと考慮して記事書けば良かったなーって思ってます。
でも、好みっぽいなら良かった。
楽しめると良いですね!

こちらこそ、また宜しくお願いしますね。
(あ、いつも某所でもお世話になってます~・笑)

お久しぶりです

りるさん、こんばんは。

こちらではお久しぶりですね。

さて、この本、私もとっても気になってます。
以前、本屋さんで見かけたときに、タイトルと表紙絵に引かれて、思わず手にとってしまいました。
りるさんと好みが一緒で嬉しいです(笑)

ただ...内容もちょっと好みっぽいと思いながら、実はそのままになっています。
その時似たような本(宝島社)の物を読んでちょっとがっくりしたので、予防線を張ってしまいました。
職場でも見かけて、おおーっと思ったんですが、あまりのタバコのにおいに断念しました。

なので、ネタバレを避けて、頭と終わりだけ(すみません)、記事を拝見しましたが、やはり好みっぽいです。

そのうち手に取ってみようかなと思ってます。
ではではまた♪
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年03月 | 10月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。