『LaLa DX 11月号(2012年)』 の感想(前編)

LaLaDX11月号(2012年)
『LaLa DX 11月号(2012年)』


白泉社


2012年10月10日/¥657+税





<感想>
表紙は『八潮と三雲』、巻頭カラーは『恋だの愛だの』、ふろくはニャンコ先生・三雲の『ハロウィンコースター』、でした。 遂に三雲ちゃんがふろくの分野で大先輩・ニャンコ先生の座を狙い始めた模様です(笑)。 

それにしても、表紙があま~い! クッキーだけでも八潮さん的には甘いのに、何この距離感。 近すぎるwヽ(≧▽≦)/ 何気にハロウィン衣装って可愛くて好きなので(魔法っぽいですよね~)、三雲ちゃん可愛いな、と。 八潮さんがほとんど見えないのが残念です。 っていうか、八潮さん的は三雲ちゃんにお菓子をあげないでイタズラして貰っちゃえばいいんじゃないですかねっ♪(笑) ・・・という妄想トークでした(笑)。 落ち着こうw

さて、こちらは 『LaLaDX11月号』 感想の前編記事です。 こちらにない作品の感想は 後編記事 に続きます。 あと、今回は変則的に 『LaLaDX9月号』 の一部感想 も平行して行ってますので、良かったらご覧くださいませ☆

では以下感想です。 興味のある方だけどーぞ!





●萩尾彬『サクラの秘事』
あーーーーもうっ、めっちゃときめくよーーーっ!!(ジタバタ!) 私本当にこの作品が好きすぎて大変です! マジでDX抱えながら畳の上を転がりまわってバタつきましたからねっ。 甘い~、ホントに甘すぎてニヤニヤが止まらなくて幸せでした。 特に今回は葛城に余裕がなかったので、見ててホント楽しかったですw(鬼か・笑) 彼は一見ポーカーフェイスで感情が見えにくそうだけど、実はとても表情豊か。 冒頭の図書室のシーンも、葵ちゃんに見せていないけど、西園寺が撮った写メでは葵を優しく見つめる様子がはっきり写ってる。 日常の何気ないシーンで、あんな風に葵ちゃんを見つめることが出来るくせに、彼女に悟られたくない(=余裕ぶりたい)気持ちが透けて見えて、りるさんこういう人大好きです!(笑) だってそういう強がりって大切だもの。 たとえば女の子なら彼に少しでも可愛く見られたいっていうのと同じで、相手を意識してる証拠だと思うから。 

でもでも、そういう強がりを取っ払ってしまうような衝動も素敵で、今回で言うならまさかの「口移し」にときめきが止まりませんっ! 自分で仕掛けたクセに、葵ちゃんが実際にすれば、それがきっかけで余裕なんて吹き飛んでしまうような葛城の衝動もいいし、「猫だよ?」と言いつつ大胆な行動をとる葵ちゃんもめっちゃ可愛いです。 何だこの可愛い生き物2匹!(笑) 流されるように生きてきた、という意味では似た者同士だった二人が、お互いの存在に抗えない衝動を抱え始める様子が、本当に好きです。 葵ちゃんが「好きな人を選びたい」からと自発的に断ったこととか、成長だなーって思うし。 ただ問題なのは、彼女が「好きな人」として葛城を想定しているのか?ということですよね。 二人の関係は本当に飼い主と飼猫だと思ってる不安が…(笑)。 そんな風に鈍いところも可愛いんですけどねw しかし今号は眼福でしたー、ごちそうさま♪


●水野十子『遥かなる時空の中で5 特別編』
・・・今、上の作品タイトルを打ったときに、PCが「特別編」を「特別変」と変換したのですが、まさに「特別変」にふさわしい福地桜智くんメインの特別編でした。 ストーカーにも程がある!(笑) グッジョブなマイPCを思わず褒めちゃったじゃないですかw いえ、可愛らしいんですけどね。 見目麗しい男性が年下の可愛い雰囲気の女の子にハマって長州から京まで花を一輪送り続けた挙句に目に映すのも罪だと思うくらいに信仰めいた気持ちを抱いてしかも周囲にバレバレとか!(一気に…笑) 9月号読みましたがちょっと難しくて流れが追えてないんだけど、間もなく福地は神子と出会うってことで良いのかな? よく分かんないけど、楽しかったです☆


●森生まさみ『らびっとアリス』
そんな訳で、りるさん大興奮の(笑)『らびっとアリス』第2話です。 何が大興奮なのかというのは、つい先ほど書き上げた『LaLaDX9月号の感想』をご覧くださいw(宣伝)。 とにかくアリスが可愛いーの!! 幼女キャラにうさぎ耳とか、ツボすぎて大変ですw あとは、森生さんが楽しそうに描いてらっしゃるなーっていうね。 伝わってきますよね、「少女漫画前代未聞」のヒロインの行動とか(笑)。 そんなん描いて大丈夫なの!?とちょっと心配ですが、やっちゃうところが大好きです! だって、その後の羞恥心いっぱいのアリスの赤面が際立って可愛いじゃないですかーww(鬼!) 思わずからかいたくなるシリウスの気持ち、よく分かります! 本性黒い人間ほど、アリスみたいなピュアさに惹かれるのは事実だと思います。 憧れに近い衝動を、シリウスがアリスに抱き始めているのが、見ていて楽しいですねw キースはキースでお約束の役回り。 シリウスのような力はないはずなのに「うめさま」テレパシーを受信出来ちゃうあたり、やっぱり繋がっているものがあるんだなぁと嬉しくなりました。 あと、「ときめきは宝物」というジェペットさんのセリフは素敵です。 私もいつもそう思うのですよ! 少女マンガって素敵ですよね☆
 

●ふじつか雪『桃山キョーダイ』
最終回でした。 大好きだったので終わっちゃうの寂しいです。 でも、最後の最後まで「らしい」お話だったなー。 そういう意味では大満足。 最後までハル兄はラスボス(ただしヘタレw)でしたね(笑)。 9月号予想「創作内容は多分千尋ちゃんに捧げる内容になるんじゃないかと予想」した訳ですが、半分ハズレちゃいました。 ハル兄があれほどまでの覚悟をもって反対し続けるとは思ってなかったので、私は「親」という生き物の気持ちを読み間違えたようです。 本当に「親」って凄い。 でも半分は当たってるとも思うんだ。 ハル兄の覚悟を上回る人になら、千尋ちゃんを預けられるってことでしょう? 有馬の優秀さ・誠実さ・・・そういうのを全部知った上でハードル上げてるんだから、何気に彼への期待もハンパないってことだと思いたい。 まぁ正直、もう許してやれよって思いますけど(笑)有馬自身に負ける気なさそうなので良いと思う! 

っていうか、大学でのイチャラブが幸せでした~♪ ジュース交換しちゃえばいいのに~。 有馬は元々千尋ちゃんのことを臆面もなく自慢できる人だったけど(以前のカラオケの場面とか)、炸裂するとホント気持ちいいですね! そういう愛情を受けて、千尋ちゃんが「お母さん」に「認めてくれなくてもいい」と伝える強さが生まれていくんだから、やっぱりこのキョーダイは最強です。 兄妹であり、いとこであり、恋人であり ―― これから本当の意味で「家族」になる。 こんな贅沢な関係、他にはないですよね! 贅沢な分ややこしいけど、そのややこしさを愛しながら過ごしていくんだろうなw どうぞお幸せに。 大好きでしたー!!


●仲野えみこ『帝の至宝』
まさかの雨帖さん回! いや雨帖さん好きですけど、10p語るとは思わなかったです(笑)。 前回とは変わってまた香蘭視点に戻ったけど、お泊りを強く勧める円夏さまも、湯浴みを勧める女官さんも、分かってて志季を追い詰めてるようにしか見えない…(笑)。 そして案の定、最終兵器は入浴後の香蘭自身だという素敵な流れに満足ですw 志季はもっとドキドキした方がいいです。 だって、雨帖の話からも想像できるとおり年齢相応の楽しみを知らずに生きてきた志季にとって、こういうときめきって大切だと思うから。 香蘭の町が襲われて初めて気付いたことがあるように、香蘭を好きになって、いろんな感情を抱いて、初めて分かることはもっとたくさんあるはずだから。 志季のために、香蘭のために、そんな人になって欲しいなって思いました。 ・・・それにしても、寝所での香蘭が可愛すぎて、恋愛初心者の志季にはいきなりハードル高いのは確かですよね(笑)。 髪は下ろした方が断然可愛い! こんなに可愛くてまっすぐな子に、題して「志季をひきょうに調教する作戦」が実行できるのかなぁ?(いろいろ違う) 問題はそこじゃないと思うので、どうすればいいのかを二人でじっくり考える良い機会になればいいなぁと思います。 


●斎藤けん『プレゼントは真珠』
何ていうか、いろんな意味で気持ちのイイ最終回ですっごく良かったです。 だってエドワードが真珠の嘘に騙されないんだものーーー!!(感涙っ) 最初の頃は真珠の強烈さに慄いてばかりだったのに、今はもう、滔々と嘘をつく真珠の姿に見惚れつつも、その嘘を簡単に見抜いてしまう。 彼のまっすぐな恋の視線は、嘘を幾重にも塗り固めた真珠の鎧を貫通して、張りつめていた彼女の心をまっすぐに刺激する。 彼女の瞳から零れ落ちた涙は、やっぱり真珠みたいに美しくて、私まで見惚れてしまいました。 年齢とか身分とか性格とかそんなの全然関係なくて、女の子は恋をすればそれだけでこんなに可愛くなるんですよね。 っていうか、一世一代の告白に究極の天然武器・必殺「上目遣い」を用いるなんてエド最強すぎる!とツッコミ入れたのは私だけではないはず(笑)。 二人の「「大好き!」」、すごく良かったです。

あと私思うんだけど、ニコラスにとっての運命の人はレイだとしても、レイにとっての運命の人はやっぱりエドワードなんじゃないかなって。 だって、レイにとって頑なに「自分」を守るための鍵だった男装という鎧を解いたのは、やっぱりエドなんだもの。 レイが未だにエドの笑顔ひとつでぽわんと幸せになれるのも、きっと彼がレイにとっての運命だから。 ただ、ニコラスがレイの「特別」であることも、やっぱり間違いないと思うのです。 エド相手に頬染めるレイに、自分が「特別」であることを見せ付けるように手を伸ばすニコラスが珍しく恰好良くて素敵でした。 まぁ仕掛けたニコラスまで赤くなっちゃう辺りが ヘタレの証拠 可愛いんですけどね(笑)。 同じ赤い顔でも、対エドと対ニコラスでは、レイの表情の甘さが全然違っていて、その「違い」こそが気持ちの答えなんだと思う。 最後の最後にきちんと気を利かせた使用人ズも楽しかったし、読者とエドを欺き続けたエド母にも脱帽です。 ホント楽しかった。 ありがとうでした~!


●八島時『白黒(モノクロ)×ナイト』
15歳の王女の婚約者は2人の優秀な騎士・・・堅物メガネか長髪オネエか!?というお話。 八島作品は私にとって好みとイマイチが交互のタイミングに来ることが多くて、前回の『赤LaLa』掲載作品良かったから今回イマイチかと思っていたら、やっぱりそうでした(コラ・笑)。 ただ、ヒロインをがっつり殴るシーンをきちんと描いてあったのには「おぉっ」と思いました。 ビンタ程度で済ませる作品多いですけど、そういう意味ではリアル。 痛みで目が覚めるっていうのは、実は幸せなことです。 気付かないままなのがいちばん愚かなのだから。 騎士たちが彼女を守るばかりではなく、そういう方に導くことを頑張ってくれたら、きっともっとこの作品を好きだったと思います。


●恩田志弦『やおろずの嘘』
半年振りの恩田さん、やっぱり好きですー(告白・笑)。 外国風の作品が多いから和物は珍しいなって思ったけど、綺麗な絵柄にはあってました。 貧乏神に取り付かれたヒロインが己の欠点と向き合いながら成長するお話で、私の好みでした。 金銭的に豊かなことが人として豊かである証ではない、ということに気付ける人はなかなかいません。 自省というのはとても難しいことで、それに気付いたヒロインは偉いなーって。 あと「出流」という名前には水が湧き出でるような豊かなイメージがあったので(実際われらが栃木県には「出流原」という湧水池があります)、貧乏神って変だなーって思ってたから、正体を明かす展開には納得でした。 もし名前がトリック的な役割だったら、気付いた私は偉いですよね(自画自賛?・笑)。 「福」は自分で見つけるものだっていうヒロインの気風のよさのおかげで、むしろ報われない福の神になってしまったヘタレっぷりが微笑ましくて良かったですw


●晴海ひつじ『心の色』
念動力を使える主人公と、人の嘘を色で見抜くヒロインのお話。 守りたいものが平穏な生活っていうのは、全然悪いことではないと思うんです。 私はつい余計な本音が一言多くて日常的に空回りしがちなんですが(笑)、やっぱりそういう自分ってちょっと寂しくて、出来れば上手な人間関係を築きたいって思うもの。 でも、自分を我慢するのも嫌なんだ。 天秤にかけるわけじゃないけれど、どちらをより守りたいか?と自問して初めて明確な回答を得るんだと思います。 慎平くんは「今まで守ってきたもの」を失ったというよりは、「新たに守りたいもの」が出来ただけなんだと思う。 それは偽らない自分だったり、偽ることを知らない麻倉さんの「心」だったり、理解しようと頑張ってくれる友達だったり。 そうやってどんとん新しい大切なものが増えるって素敵なこと、ですよね。


●千葉美希『積乱光線』
爽やかでしたねー。 個人的には「光さん」「行正くん」というちょっと距離感のある名前呼びがめっちゃ好みです! 自分のコンプレックスや他人に見せたくない醜い気持ちを扱っているので、爽やかじゃない方に話を運ぶのは簡単だけど、ペンキを光に見立てたり異質な空間を浄化しようとする行正くんの性質が、作品と人間関係を爽やかなものにしているんだと思います。 行正くん本人も自分の発言がさぶいことは理解してるみたいだけど、恋をすると人は詩人になっちゃうんだよねー(ニヤニヤw)。 相手を理解したいと思うと、人は本音で喋るんだと思う。 彼の「さぶさ」はきっと、持ち前の魅力そのものなんじゃないかな。 そして彼のそんな正しさが、光さんにとってはまさに「光」だったんだと思う。 それは丁度、光さんが描いたペンキが行正くんにとって「光」と感じたのと同じように。 ・・・あとは、行正くんとワンちゃんの関係は私にとっても憧れでした!(笑) 


●中田真由『ヒーローのつくりかた』
第248回LMSベストルーキー賞受賞作。 ヒーロー恰好いいですな。 恰好いいけど、出会いの「正義の味方じゃないですか!?」は痛いです小野さん…。 設定は中学生の方が良かったのかな?という印象はあるものの、お話で伝えたいテーマが明確なので私の好みでした。 最終的に小野さんにとっての英雄くんポジションが、テレビで憧れたヒーロー像から「小野さんにとってのヒーロー」に変化しつつあることが可愛くって仕方ないww っていうか、あのタイミングで助けられたら惚れるって(笑)。 私は常々「ヒーローの条件はタイミングの良さだ」と力説してるんですけど、そういう意味で英雄くんは小野さんのタイミングに激烈にハマってたんだろうなぁって思います。 



サクラの秘事 1 (花とゆめCOMICS) 遙かなる時空(とき)の中で5 1 (花とゆめCOMICS) 桃山キョーダイ 3 (花とゆめCOMICS) 帝の至宝 第1巻 (花とゆめCOMICS) プレゼントは真珠 第1巻 (花とゆめCOMICS)


Loading...

DOSさんへ

>DOSさん

DーOーSーさーん!
コメントいただいてたのにお返事遅くなって(というレベルではない)
本当に申し訳ありませんでした。
ちゃんと読ませていただいてました。お気持ち嬉しかったです!!

> 早売り地域だけに数日早く悶え苦しんでましたよ!
> 早くりるさんに報告したくて我慢してました(笑。
> 特にサクラの秘め事!!

悶え苦しんだ気持ちを伝えてくれたのに、
リアルタイムで反応できなくて本当に申し訳なかったです。
実はコメント読んだときに凄く羨ましくて大変でした(笑)。
早売りいいなー、いいなーーー!!

> 口移しのところ、慧の右手が空を掴んでいる所に
> 彼の理性が垣間見えますねw

そうそう、それ!
本文長くなりそうだったので書かなかったんですけど、あの一瞬の「間」に
葛藤とか理性とかうかがえて胸キュンでしたw
際どい発言するわりに、意外と押し切れないタイプですよね(笑)。

> 葵ちゃんが命令だとしても、好きと言う感情じゃなくちゃ
> 口移しと言う行為はし難い行為だと早くわかって欲しいです。

そう言う意味では、際どい発言に振り回されているようで意外と押せ押せタイプな葵ちゃん・・・(笑)。
そんなところも可愛いです!

> しかし慧が無防備になってちょっと萌えてしまった。
> 葵ちゃんの髪の毛の乱れがエロい。。

えろいです。息遣いにも萌えます。萩尾さん、絶対狙って描いてる!(笑)

> また遊びに参ります!

不義理をしてしまったので申し訳ないのですが、
もしまたきていただけるのなら本当に嬉しいです。
ではでは☆

りーるーさーん!!

こんばんはー。

早売り地域だけに数日早く悶え苦しんでましたよ!
早くりるさんに報告したくて我慢してました(笑。
特にサクラの秘め事!!

口移しのところ、慧の右手が空を掴んでいる所に
彼の理性が垣間見えますねw

葵ちゃんが命令だとしても、好きと言う感情じゃなくちゃ
口移しと言う行為はし難い行為だと早くわかって欲しいです。

しかし慧が無防備になってちょっと萌えてしまった。
葵ちゃんの髪の毛の乱れがエロい。。

スミマセン、まだ壊れていますー☆
また遊びに参ります!
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


☆オススメ