小田原みづえ 『大正ロマンチカ・1』 『大正ロマンチカ・2』 の感想

大正ロマンチカ・1大正ロマンチカ・2
『大正ロマンチカ・1』
『大正ロマンチカ・2』


小田原みづえ

宙出版NextcomicsF
¥619+税

 


『 それでもいいと思ったものの良さを 擦り切れるまで信じなさい 』


<ご紹介>
無料webマガジン 『Nextcomicsファースト』 にて連載中作品の第1巻と2巻 (第1話~6話)。 贋作家の娘と、贋作を収集する異国の公爵とのアンティーク・ロマンスです。 第1話は こちら で無料で読めますよ!
時は大正83年、和と洋の文化が混在する時代。 大好きだった父の形見をどうしても返して欲しくて公爵家を訪れた滝川 明(めい)。 何とか対面を果たした公爵様は、綺麗な女性を何人もはべらせる、金髪碧眼の異国人だった! 形見を返してもらう条件は、公爵がアンティーク貿易で日本に滞在する間、彼の「ぱーとなー」になること。 公爵が望んだ本来の役割は晩餐会の相手役という意味だったのに、異国語が分からない明は「ぱーとなー」を「花嫁役」と解釈。 いろいろと頑張る彼女を公爵は微笑ましく見守るが、明が初めての晩餐会でアンティークを騙った椅子を贋作だと見抜いたことから、二人の関係は少しずつ近付きはじめていく。 けれど公爵には、純真な明にはうちあけられない秘密があって・・・!?





<感想>
告白すると、1巻表紙の明ちゃんに一目惚れでした! めっちゃ可愛いです、付き合ってください!!(コラ・笑) もっと正確に言うと、背表紙に一目惚れなんですけどね。 このレーベルは背表紙に表紙絵の一部を使ってあるので、本屋さんで何気なく背表紙を眺めていたときに、後光が差す勢いで目に飛び込んできたのがこの可愛い明ちゃんだったのです。 私は日ごろ白泉社さんの背表紙を眺める機会が多くて、あの統一感のある背表紙をそれはそれは愛しているのですが、初めてのレーベルの初めての作家さんを手に取る機会が生まれるという点では、こういう仕掛けも大事なんだなぁと実感いたしました。 そんな訳で、1巻発売から半年経っての出会いとなったわけです。 ちなみに2巻表紙のイケメンが公爵様。 表紙絵のメイキングが作者さんのブログにアップされているので、気になる方は見てみるのも楽しいと思います。 びっくりしました、切り貼り!(笑)


さてお話。 大正83年という架空の時代なのは作者さんの時代考証放棄ゆえらしいのですが(笑)、それでも大正風の雰囲気は時代背景や服装などに漂っています。 黒髪ロングな明ちゃんのファッションが和装+ブーツなのも本当に本当にツボでして・・・(*≧д≦)カッ(*≧Д≦)ワッ(*≧∀≦)bイイ♪  それに公爵家の佇まいとか、物語の軸となるアンティークのデザインも目で観て楽しいので、可愛い明ちゃん(と恰好良い公爵)(←私の中でイケメンの扱いは美少女以下です・笑)も含めて画面の角から角まで眼福至福の状態でした。 そもそも私、「大正」とか「お嬢様」とか「公爵」とか「お嫁さん」とかの設定に弱すぎるんですけどね・・・たぶん当ブログでもそんなキーワードでたくさん紹介してきた気がします(笑)。 でもイイんです! 好きなものは好きなんです! だって可愛いんだもん!!(開き直った!・笑)


・・・話が逸れました。 内容は、父親の形見を返して欲しい純真な明ちゃんと、彼女をパートナーとして屋敷に留めることになった異国の公爵様とのラブコメディです。 わりといろんな経緯がご都合主義的に進むので、「何でこうなったんだっけ?」と後で疑問に思うこともあるのですが、その分的が絞ってあって読みやすくなってます。 そのスピーディーさはある意味、明ちゃん自身の単純明快さの表れなんだろうなって思います。 見知らぬ家に木の上から堂々と入ろうとしちゃったり、公爵の出したパートナーの条件もあっさり前向きに「お嫁さん」に変換しちゃったり。 それらは大切な父の形見に比べれば瑣末なことなので、彼女はあっさり実行しちゃうだけのこと。 彼女はとにかく明るくて前向きで純真で、でもオトボケ(笑)なのだけど、でもでも実は最高の「目利き」だっていうギャップが素敵。 この落差はとんとん拍子な展開だからこそ引立つものでもあるので、単純明快な彼女の魅力がより伝わってくる上手い構成だと思います。 


で、公爵様。 プレイボーイ(死語w)を自認してる彼は、アンティーク貿易で日本に滞在中。 飛び込んできた明に対しても余裕綽々で対応するようなキザな青年です。 はっきり言いましょう。 公爵様も大好きです!(笑) りるさんは、笑顔でキザな言動をサラっとこなしちゃうような人に弱いのです。 もっと言うと、余裕でキザな言動をしてた男性が、可愛い女の子の純朴さにメロメロになってデレデレになっていくのを見るのが大好きなのです!(鬼かー!・笑) そんな訳で、最初は余裕綽々で明ちゃんにパートナーの条件を出して置きながら、色恋に疎い彼女がその辺りの機微を理解せず、ざっくりと「お嫁さん(仮)頑張る!」みたいな感じなのを見るうちにウッカリ惹かれていってしまう公爵様は、本当に私の好みでしたw(鬼・笑)


こう書くとただ単にコメディっぽい雰囲気ですが、実はわりとそうでもなくて。 シリアス方向な展開を担当しているのが「アンティーク」というモチーフ。 この部分は、アンティークなんて馴染みないよーっていう読者にも読めるように基本的な講釈がついているので、豆知識として読んでも面白いと思うんだけど、明の父親は稀代のアンティーク贋作家と呼ばれた人で、公爵様は明の父親がらみで何らかの「秘密」を抱いているみたいなんですよね。 その秘密が少しずつ仄めかされていくことで、近付きつつあった明ちゃんと公爵様の関係にもひずみが生まれてしまったりしていきます。 明ちゃんはいつでも100%全力投球だけど、公爵はそれを本気で打ち返すことの出来ない・・・そんな二人のじれったい関係は私のツボだけど、でもやっぱり大好きな二人には幸せになって欲しいのです!


で。 そんな時でも大活躍してくれるのが、明ちゃんの「目利き」なんですね。 彼女が父から授かったのは、美術品に対する圧倒的な知識と、それを見分ける目、そして、その結果良いと思ったものを擦り切れるまで信じる気持ち。 ・・・それは、アンティークに限らず、彼女が「人」に対する時にも発揮される、とても貴重で強い愛情みたいなもの。 アンティークを愛するからこそ、「人」を愛するからこそ、感じ取ったものを全力で信じようとする明ちゃんの姿は、本当に凛々しいです。 彼女が「目利き」でいられるのは、そうやって受け取った技術や想いを自分の中で大切にはぐくんでいるからなんだろうなって思わされる。 2巻ラストで、うつむいていた彼女が顔を上げるシーンはその象徴で、公爵といちゃこら(笑)してるどのロマンティックなシーンよりも私のお気に入りだったりします(いやロマンティックなシーンも大好きなんですけど!!)。 公爵様も、コレで落ちなきゃオトコじゃないぜ! というわけで、明ちゃんを庇ってウギャーなシーンで2巻が終わっちゃったので、ひたすら続きが気になります・・・!! 


あとアレです。 私はずっと「公爵様」と書いてきたけど、本当に名前が出てきてないんですよね(笑)。 公爵様の名前に関しては明ちゃんがとっても微笑ましい約束を2巻でしてるんだけど、その辺のやり取りも含めて基本あまあまです。 あまあま で じれじれ が好きで、表紙絵が気に入った方は読んでみて損はないと思うので、一緒に 「明ちゃんにどんどんデレていく公爵様を生温かく見守る会」 を発足させましょう(笑)。 なお、第3巻は6月1日に発売予定です!





Loading...

akiさんへ

>akiさん

コメントありがとうございます! 嬉しいです!!

>大正風作品は見ていて可愛いので心が潤いますね~。
潤いますよね~。 明治よりもうちょっと西洋色が強くなった街並みや小物のデザインに、本当に心がときめきます。 目で見て楽しいって少女マンガにはやっぱり必要だと思うのですよ。

>背表紙デザイン重要ですよね!
重要ですね! 今回ホント実感しました。 絵柄入りの背表紙は、どちらかというと今までは背表紙の統一感をなくしてしまう気がしてたんですけど、こうもガッツリ一目惚れしちゃうと、その効果に驚かされます。

>あと花とゆめコミックスの背表紙は統一されてて私も好きです(花ゆめいと・笑)
ですよね(笑)。 一目惚れの重要度を理解したものの、本棚に花とゆめコミックスが並んでいる統一感を見ることでものすごい満足感を得られるんですよ!(力説) 分かっていただけて嬉しいですー。

>宙出版のこのレーベルはちょっと白泉社みたいな雰囲気を感じて好きなのですが、りるさんはいかがでしょうか?
これも同感です。 実は他にも気になった作品があって、「あれこのレーベル好きかも…ww」と思ってたところです。 白泉社っぽいのと、あとコバルトとかの正統派少女小説をマンガにするとこんな感じ、みたいな雰囲気がある気がします。 ちょっと注目していこうかと!

私も読んでます

大正風作品は見ていて可愛いので心が潤いますね~。気付けは最近大正時代漫画を数タイトル買っています。アンティークも影の主役な感じで美しいですね。

背表紙デザイン重要ですよね!棚指しコーナーを眺めてると、たまに自分のセンサーに引っ掛かるデザインがありますし。逆に自分の趣味じゃない作品も見分けやすい気がします。あと花とゆめコミックスの背表紙は統一されてて私も好きです(花ゆめいと・笑)

宙出版のこのレーベルはちょっと白泉社みたいな雰囲気を感じて好きなのですが、りるさんはいかがでしょうか?
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


☆オススメ