榎木りか 『シュガーガール,シュガードール・1』 の感想

シュガーガール,シュガードール・1
『シュガーガール,シュガードール・1』


榎木りか

アスキー・メディアワークス シルフコミックス
2013年3月22日 初版発行/¥580+税





お砂糖でできた愛玩生物<シュガードール>は 感情を持たずに生まれてくる


<ご紹介>
『シルフ』に掲載された1~4話と描き下ろしを収録した第1巻。 
砂糖を吸収するふしぎな物質で作られた動く生物――その中でも、人型をしているものを「シュガードール」と呼ぶ。 ドールには感情はなく、与える砂糖の種類で仕事を覚えるため、人間の生活に使われるようになっていた。 可愛川(えのがわ)研究所の所長・嵐に作られた「六菓」も、そんなドールのうちの一人。 けれども六菓に与えられるのは、主人(マスター)に恋愛感情を抱かせる恋するお砂糖。 そう、六菓は禁忌の「感情を持ったドール」なのだ。 嵐が大好き、だから嵐が好きなお金儲けのために自分が売られる(しかも3億円で!)のも仕方ない・・・そう思っていたはずなのに。 「うれしい」も「好き」も与えられた感情なのに。 いざ売られるとなったときに六菓を襲ったのは、持ち得ないはずの「くるしい」という感情で・・・!?






<感想>
以前は私のホームタウン(笑)でもある白泉社の『LaLaスペシャル』などで読みきりを描いてらっしゃった榎木りかさん。 こうやって他社さんで活躍されてるのを拝見できて嬉しかったです。 発売日に買っておいて、やっと読めましたよ。 お人形的な絵柄の可愛さには格別の魅力があると常々思ってたので、シュガードールの設定は強みを生かしてるな、という印象でした。 可愛い・・・六菓カワイイよ! ちなみに表紙では嵐さん素顔ですけど、色メガネ(笑)かけてるのがデフォルトです。 見るからにアヤシイ感じが個人的には好みなんですけど、どうにも過去に一癖ありそうな人なんで、色メガネにも理由があるのかもしれないですね。 「文字通り、他人のことを色眼鏡でみてやるぜ」的な曲がった根性もってそうです(註・褒めてます!・笑)。


ドールである六菓の体の核となっているのは、シュガーイーターという砂糖を吸収するふしぎな物質。 その研究者の一人である嵐所長は、恋をするシュガードールなんて一見ロマンチックなものを作っているわりには、自分(=マスター)に恋してるドールを特殊な性癖の金持ちに愛玩人形として売り払っちゃうような守銭奴なんですね。 六菓ちゃんは彼にとっては3体目のドールで、優秀だった先輩方とは違ってちょっとドジな、でもとても素直な子。 嵐大好きの気持ちが過ぎてしまい、出るはずのない涙が流れたり、痛むはずのない胸が苦しくなったりしちゃう、感情豊かなドールです。 そう、違えるはずのない命令を、自分の意志で無視できてしまうほどに。 その異端さに気付いた嵐が売るのを思い留まったことで、二人のドタバタな同居生活が続いていく・・・というお話。 


六菓は「恋する砂糖」を与えられるから、マスターに恋をする。 感情のある違法ドールとはいえ、所詮与えられた偽りの感情。 の、はずなのに、六菓ちゃんからはそんな負の要素はまったく伝わってきません。 自分が貰った感情を大切に大切に育てる様子は微笑ましくて、可愛いなぁ良い子だなぁと思わせる反面、感情があることを必ずしも良いと思わない嵐とはボタンを掛け違えたままなんですね。 嵐の守銭奴っぷりも、恋を恋とも思わないような感情の抑制も、おそらく何か理由があるんだと思うんですけど、私はヒーロー役のバックボーンにあまり興味がないもので・・・(笑)。 どうでもいい、というか、その辺の自分の事情は自分で片付けろ男の子でしょ!と思っちゃいますw(鬼・笑)。


ニセモノの感情をもつ六菓の恋がニセモノだと言うならば、じゃあ人間の恋心と一体何が違うんだろう? 愛情なんてものは脳が生み出す自己陶酔に過ぎない、なんて有名な意見もあるけれど、そうだとしたら人間とドールの違いなんて、自分の脳を「自分で」偽っているか「相手から」偽られているかの違いしかない。 お砂糖でできている分、ドールの方が甘いくらいかもしれない。 ってことは嵐は自分でも意識しないうちに、何よりも甘い成分で出来上がった六菓ちゃんの恋心を一身に浴び続けているってこと。 だからかな、頑なだった彼の心が、少しずつ溶けていってるように感じます。 六菓ちゃんの笑顔の違いに気付くシーンとか、癒されましたー! 本物と偽りの境界線も、このまま溶けてなくなっちゃえばいいのに。 


ラストではチビ嵐のドールが登場して、何だか一気に雲いきが怪しくなりそう。 とはいえこの雰囲気ならさほど重くならず、ふわふわの甘いお話として楽しめそうです。 あと全然関係ないけどカバー下のおまけマンガがツボでした! 恋心のホルマリン漬けって発想が斬新すぎてときめきましたよ(笑)。 六菓ちゃんの砂糖漬けな思考回路はいつもとても可愛くって癒されます。 あまりにも甘くて可愛くてつい食べちゃいたくなるけど、うっかり食べ過ぎると虫歯になっちゃうかもしれない。 嵐さんは自分でも気付かないうちに六菓ちゃんを愛ですぎて、知らない間に心が虫歯になっちゃえばいい(笑)。 そのくらい、溺愛する姿を、いつの日か見てみたいな☆





Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ