スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Loading...

松本テマリ ・ 芝村裕吏 『キュビズム・ラブ・3』 の感想

キュビズム・ラブ・3
『キュビズム・ラブ・3』

松本テマリ
芝村裕吏(原作)


エンターブレイン ビーズログコミック
2013年6月13日 初版発行/¥620+税





『 もしも あの部屋で居眠りしたら 彼女は許してくれるだろうか 』


<ご紹介>
『コミックビーズログ キュン!』『B's-LOG COMIC』 に掲載されたCHAPTER.15~19と外伝小説を収録した第3巻。 「箱」になった少女と青年医師との純愛ストーリーです。 カラーピンナップ付。
交通事故で脳だけの存在になり、黒い箱の姿で生きる中学生の典子。 手術をしてくれた医師・篠田の子供っぽくも優しい性格に惹かれ、恋心を募らせていくものの、自分が「箱」だという現実が彼女を苦しめる。 それでも典子は篠田と過ごす優しい時間が大好きで、篠田もまた、権謀術数がうずまく病院のなかで唯一素直な典子の心に癒されていった。 そんなある日、篠田が怪我をしたという報せに舞い込んだ! 心配した典子はいてもたってもいられず、弟分のHAYATEの助力を得て篠田を探しに行くことに。 けれど、とある行き違いから酸素ボンベが外れてしまい――生存時間は30分。 篠田は典子を見つけることが出来るのか・・・!?






<感想>
6月といえば 『キュビズム・ラブ』! というわけで、年に一度しか発売されない(笑) 『キュビズム・ラブ』 も3巻目です。 おめでとうございます!  心待ちにしていて良かったよ、だって内容的にも典子ちゃんと篠田の恋愛が動いてきてて幸せなんだものっ!ヽ(≧▽≦)/  ・・・いや、実際は祝えるほど動いたわけじゃないんですけど、典子ちゃんと篠田のカップリングって、外見的には 「箱」 と人だし、内面的にも中学生女子と青年医師なわけで、二重苦の現状の中では恋心が「動いた」だけでも素晴らしいと思うのです。 だから恋の進展が遅いのは、けっして篠田がヘタレって訳じゃ・・・訳じゃ・・・・・・なくはない、か?(笑)


3巻のイメージカラーは爽やかな黄緑、そして表紙を飾ったのは篠田三兄弟でした。 私はテマリさんの絵ならずっと眺めていられるくらい大好きなので、今回も眼福至福の表紙イラストだったのですが、いやでも3巻は篠田の長男次男は出番ないだろ、と内心ツッコミは入れました(笑)。 まぁ表向きな出番がないだけで、きっと影ではゴニョゴニョと暗躍してるんでしょうけどw(←爽やかな黄緑が台無しなコメント!・笑)。 そして3巻にもカラーピンナップが付いてまして、これがまた篠田と典子ちゃんとヲタポンのスリーショットなわけですよ、美麗なわけですよ!! でもそれ以上に、裏面の4コマが素晴らしくて!!! カラーの4コマってだけでも貴重なのに、その貴重っぷりをすべて台無しにする勢いで、篠田がアホです(笑)。 そりゃーもうヲタポンに呆れられちゃうくらいには世間知らずなわけですが、篠田はそういう子供っぽいピュアさが魅力だし、呆れつつも篠田を見守るヲタポンは恰好良いし、っていうか篠田が典子ちゃんをめっさ大事にしてるのが伝わってくるしで、キャラクター性がよく表現された秀逸な4コマだと思います。 隅々まで大好きです!


お話としては、事故後はずっと「密室」の中ですごしてきた典子ちゃんが、篠田会いたさでその密室から「出る」ことが鍵となるものでした。 この場合の「密室」は二重の意味を持っていて、「病室」と、それから「箱」そのものを指すと考えてます。 

一つ目の病室について。 ここは、篠田が典子ちゃんのために作った安全な場所です。 彼女を守るためのシステム機能があり、彼女に害をなさない人しか訪れない、ある意味要塞のような場所。 そんな場所から、篠田に会いたいっていう気持ち一つで抜け出すことを決意した典子ちゃんは、「箱」になってから初めて能動的に何かを為したわけで、なかなかに感慨深いです! いきなり「箱」になった女の子が、「箱」ではなくふつうの「人」として何かをしたいと思うようになれたことが、我がことのように嬉しくて…。 やっぱり乙女の原動力が恋心だっていうのはすごく素敵だと思うのです! 典子ちゃんがそんな風に素直だから、他の黒い「箱」を見たときのHAYATEも「これはイヤじゃない」って感じたんだろうな。 私は、いろいろ不安になった典子ちゃんに「一人みたいだけど」と言うときのHAYATEくんの目が好きです。 とっても温かいものを見ている目、だよね。 少なくとも典子の周りにいる人にとって彼女は「箱」ではなく「典子」なんだなーって伝わってくる。 テマリさんのこういう表現力、本当に好きです!


もう一つの密室の「箱」。 病室に囚われているのは「箱」だけど、「箱」に囚われていたのは「典子」です。 だって私は箱だから、という悲しい台詞があるとおり、周囲の人が「箱」と「典子」を区別しているのに対して、彼女は「箱」の呪縛から逃れられていなかった。 でも、病室を出て、誰もいなくて、本当に自分しかいない状況に陥って初めて――自分自身と向き合うことが出来たんだろうな。 ch.17で事故以来初めて「体」を感じることが出来たのも、その結果なんだと思う。 2巻でも典子は篠田に会いに行きたいと思っていたけれど、それはあくまで「箱」として会いに行く(つまり、運んでもらう)ことでだった。 でもch.17の「会いにいこう」「前に進んでみよう」「声もあげてみよう」っていうのは「典子」として動き出すって意味なので、これでやっと彼女は「箱」っていう呪縛から解かれたことになる。 ch.19では外出デートの話なんかもあって、いろんな意味で視点が外に向き始めているのがとても素敵でした。 っていうかch.19ってどこからどー聞いても初々しい恋人同士の会話だよねっ!(笑) 


そんな訳で、いちばん大事なのはch.18だったんだろうなぁと。 典子ちゃんは自分自身と、篠田は白衣の女性の幻覚と、それぞれ向き合い立ち向かう中で自分だけの答えを見つけられたみたいなので。 典子ちゃんは前述したとおりだけど、篠田にとっても「俺は医者だ!」っていう宣言は、1巻のときに「どちらかといえば技術者」だと自己評価していた頃とは大違いで、思わず「おぉ恰好良い!」と思っちゃった(笑)。 そして何よりも、一瞬は息絶えた(画面上でブラックアウトした)典子ちゃんが、篠田の呼びかけで目を覚ますシーンが印象的で…!! 典子とって、篠田は「光」。 「箱」ではなく、「典子」という人間を照らしてくれる「光」なんだなーって伝わってきて、心が震えて大変でした。 っていうか、このシーンの典子ちゃんがめっちゃ可愛くて! もう本当に幸せになって欲しいです。 それしかない。 それ以外ない。 篠田頑張れ(笑)。 えーと、篠田さんも典子ちゃん大事だって自覚できたってことで良いんですよね?? それ踏まえてのch.19でのラブラブっぷり(笑)ってことで良いんですよね!? りるさんのラブコメ脳が反応してるから、たぶんあってると思うけどw(えー・笑)。


ただ、この作品は原作者の他作品が絡んできているので、分からない部分が多いのがちょっと残念です。 ch.18でヲタポンたちに何が起きてたの? あんな必死な状況の中でも篠田から「個人の思いもある」という言葉を引き出してニンマリと満足そうなヲタポンはマジ恰好良い!って感じなんですけど(笑)、病院の裏手で何やってんだろうと…。 あと、篠田が対峙した幻覚の女性と、巻末の小劇場『ある日常』でヲタポンが「篠田」と呼んでる人物は、同一ってことで良いのかな? えーと、2巻で名前が出てたきささんってこと・・・? 篠田が死というものを憎むきっかけとなった人がこの人なのかな?と解釈してます。 違うのかな・・・答えが知りたいです(笑)。 いずれにしろ、『キュビズム・ラブ』も次巻で終わりらしいので、もう本当に典子ちゃんが幸せになる未来をお願いします!! ではまた来年の(たぶん)6月にお会いできるのを楽しみにしてます(笑)。 




キュビズム・ラブ 1 (B's-LOG COMICS) キュビズム・ラブ 2 (B's-LOG COMICS) キュビズム・ラブ 3 (B's-LOG COMICS) キュビズム・ラブ ~悩める博士と恋する小箱~ (ビーズログ文庫)



Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。