スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Loading...

種村有菜 『猫と私の金曜日・1』 の感想

猫と私の金曜日・1

『猫と私の金曜日・1』

種村有菜


集英社マーガレットコミックス
2013年6月30日 第1刷発行/¥400+税





『金曜日には魔法をかけて 私はお姫様に 猫は王子様になるの』


<ご紹介>
『マーガレット』に掲載された1~5話と、ふろくに収録された読みきり1編を収録した第1巻。 
学校一人気のある芹沢先輩のことを大好きな愛ちゃん。 全方向の美女からモテモテの先輩だけど、図書室に本を借りに来てくれる金曜日だけは、愛が先輩を独り占めできる夢のようなひとときなのだ。 愛の金曜日のもう一つのイベント、それはいとこの猫太くん(小学5年生!)の家庭教師をすること。 のみ込みも良くて天使のようにカワイイ猫太に癒される想いだったけれど、愛が失くしたと思い込んでいた芹沢先輩宛てのラブレターを猫太が隠し持っていたことで事態は一変。 悪魔のような意地悪な所業に涙する愛に対して、『天使でも悪魔でもないよ、愛ちゃんが好きなんだ』――小学生からまさかのマジ告白!? 先輩が大好きなのに、なぜか高鳴る胸の音。 愛の乙女回路が全力で廻りはじめた、運命の金曜日――!





<感想>
有菜さんの感想を書くのはいつ以来だ? あれですね、『絶対覚醒天使ミストレス☆フォーチュン』の感想 以来でした。 全然どうでもイイ宣伝ですけど、『ミストレス☆フォーチュン』についてはVOMICの感想も書いてるのでそちらもご覧いただけると嬉しいです(笑)。 →『VOMICで「絶対覚醒天使ミストレス☆フォーチュン」を聴きました』 

さて。 『猫と私の金曜日』というタイトルの語呂というか響きが好きです。 そしたらタイトルロゴデザインも可愛く仕上がっててより好きになりました。 「猫」っていう字のけものへんが、猫のシッポみたいにデザインされてるの、すごくかわいーのだ! 一方表紙デザインは至ってシンプル。 有菜作品で表紙背景が真っ白って今までありましたっけ?? わりといつも華美な感じだったと思うんですけど。 作品そのものはいつもの有菜さんのテンションなので今まで(りぼんレーベル)と違和感ないんですけど、表紙デザインそのものの方にマーガレット色を感じました。 ちょっと面白いですね、こういうの。 


雑誌連載は追っていないのですが、有菜さんが年下の小学生男子が高校生女子にガンガン攻めまくるお話を描くと発表されたときから、コミックスで読むのを楽しみにしてました。 だって私、その設定に弱いんだもん(笑。ご存知の方も多いかと…)。 だって、意地もプライドも捨てないと出来ないですよそれ。 だからすっごく応援したくなるんです。 恋愛においては、どう頑張ったって女の子の方が早熟。 年齢だけでなく、恋愛的な熟成度においても負けてる男の子が、「それでも欲しい!」って直向きな姿が好きなんです。 表紙の猫太の不敵な表情を見たときに「コイツならできる!」って思ったので(笑)、ぜひ頑張って愛ちゃんを落として欲しいものですw


ただ、予想していたよりもお話が三角関係展開で驚きました。 作中の芹沢先輩は恰好良くて人気者で、でもちゃんと愛ちゃんのこと好きで、少女マンガには申し分のないヒーロー役。 愛ちゃんとお付き合い始めちゃったり、初キッスを奪っちゃったりするくらいの仲になって、猫太の存在を脅かすんです。 正直私も、愛ちゃんもう芹沢先輩で決めちゃえば?って思うくらいなのに、でも彼、表紙にはいないんですよね。 いや、表紙どころか各話の扉絵にすらいないんですよ!!(笑) 何この猫太推し、素晴らしいっ!ヽ(≧▽≦)/ 何ていうか、芹沢先輩が将来的に愛ちゃんを裏切るんじゃないの?って勘繰りたくなるくらいの扱いの悪さで、ちょっと不憫ではあるんですけど…いやあの違いますよね?(ドキドキ) ただ、私的には猫太推し展開は大歓迎です。 っていうか、これで猫太とラブラブにならなかったらりるさんちょっと怒りますよ?ってレベルで大歓迎です(笑)。 


・・・というわけで、三角関係でありつつ分の悪い年下少年が、なぜか作者さん(とりるさんw)から猛プッシュされているお話です。 三角関係って切なくなるからちょっと苦手だったりするんですけど、ここまで猫太推しだと逆に安心して読める気もします。 でも今のところは猫太が猛烈に頑張ってる分、やっぱり猛烈に切ないです・・・。 でもそれも、「愛ちゃんの初キスは俺がもらう!」と宣言したくなるくらいに愛ちゃんが可愛いからなんだよなーって思います。 「デートって二人でつくるものなんですね」と弾けるように笑う彼女も、初めてのお給料で猫太にご馳走しようと決めちゃう彼女も、本当に可愛い。 愛ちゃんは、自分の乙女回路を廻しているのは芹沢先輩や猫太くんだと思ってるみたいだけど、私は逆なんじゃないかって思います。 そんな他力な恋じゃなくって、愛ちゃんの持ち前の恋愛求心力こそが回路を廻しているんだと思う。 猫太や芹沢先輩は、彼女の磁力に引き寄せられて巻き込まれてる方なんじゃないかなって、愛ちゃんの笑顔を見る度に思ってました。 かわえぇw  


それにしても有菜さん・・・小学生男子に、初恋の女の子のキスシーン見せ付けるとか「鬼ですか!?」と読んでてツッコミいれちゃいましたよ(笑)。 物語にファンタジーとか謎めいた設定を詰め込んでくるいつもの作風を封じて、恋愛直球勝負で出来ている作品なので、ある意味新しい・・・? 前よりちょっとコマ割が読みづらく感じる部分もありましたが、いずれにしろ私は第4話の扉絵の猫耳タキシードな猫太くんがめちゃめちゃお気に入りなので(笑)、最後まで応援し続けます! がんばれ猫太ー! 頑張ってもっともっと愛ちゃんを困らせるんだーーー!(←違うだろ・笑) 





Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。