スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Loading...

芝村裕吏 『キュビズム・ラブ 悩める博士と恋する小箱』 の感想

キュビズム・ラブ・小説版
『キュビズム・ラブ 悩める博士と恋する小箱』


芝村裕吏
松本テマリ(イラスト)

エンターブレイン ビーズログ文庫
2012年7月26日 初版発行/¥560+税




「大丈夫、いいことありますよ」
典子は元気に言った。黒い箱だけの姿になっても。
誠志郎は黒い箱を見た。黒い箱をなでたい気持ちになるが、がまんする。だいたい箱をなでたいってなんだと思う。
「まあ、がんばって成長する。今日は帰る」
「はい。あの」
席を立つ誠志郎に、典子は声をかけた。
すこしもじもじする。考える。誠志郎はじっと待っている。
「なんだ?」
「お大事に」
誠志郎は何かを言おうと思ったが、とりあえず微笑んだ。筋肉が萎えてないといいと思いつつ。
「……ありがとう」


<感想>
コミックス『キュビズム・ラブ』を原作者がノベライズするという、逆輸入的な(笑)小説だったりします。 ちなみに読んだのは文庫版。 発売当時に買おうか買わないか迷ったんだけど、マンガ版だけでも充分楽しめてるし、読む時間を確保しづらい時期だったので買わなかったんですけど、こんなに面白いなら最初から読んでおけば良かった!!ってくらい楽しめました。 マンガでも、小説でも、典子ちゃんと篠田先生の関係はとても優しくて温かみがあって、思わず心がほっこりしちゃいますね。 
なお、コミックス版の感想は↓こちら↓です。
 ⇒松本テマリ/芝村裕吏『キュビズム・ラブ・1』の感想
 ⇒松本テマリ/芝村裕吏『キュビズム・ラブ・3』の感想





さて。 コミックス版3巻の感想でも書きましたが、『キュビズム・ラブ』の背後にある世界観は同じ原作者さんの他作品と繋がっているようなので、今何がおきているのか?という全容をコミックスだけで知ることは難しいのです。 むしろ難点はそこだけと言っても良いくらいに私は楽しませてもらってて本当に大好きなんですけど、でも難しいには違いがなくて。 なので、小説版を読めばもっと世界観に触れることが出来るかな?と思い至ったという次第です。


そんな決意の上で小説を読んで、私がいちばん驚いたこと。 それは、篠田のかつての結婚生活がたったの4日間だったってことでしょうっ∑(゚∀゚」)―――!! つまり篠田ってバツイチなんですよ……中学生相手のラブコメの相手役がバツイチなんですよ……(笑)。 まぁ篠田さんがバツイチなんじゃないか?という部分はコミックス版からも察することは出来るんですけど(篠田が養子であること、義兄たちが貴沙さんが彼をつれてきたといっていること、貴沙さんが亡くなっているらしいことが描かれているから)、明言されていなかったので、正直私はゆくゆくは結婚する予定で先に養子に入ったのかな?くらいに思ってたんですが。 でも、貴沙さんのコトちゃんと好きで結婚した(しかもかなり悲しい状況下で…)ことが分かって、ちょっとすっきりしました。 そして彼が今でも前妻のことを引きずっている様子に、ちょっと驚きました。 いや、彼の優しい性格的には納得なんですけどね、よくまぁコミックス版にはそんな気配を漂わせないでいるなぁと驚いたのです。 


それにしても、外見が人と箱の恋愛(中身はちゃんと、人と人です!)っていうだけでもかなりチャレンジな作品ですが、その他でもいろいろとチャレンジャーです。 一歩間違えるといろんな意味で犯罪ぽくなりがちなのに、でも不思議とそうならないのは、一重に篠田の「良い意味での残念さ」ゆえですね。 原作者さんが篠田のことを「一番大事な心の部分を中学生に簡単に許してしまいそうなうっかりさん」と言ってますが、まさにそのうっかり残念なところが魅力なんだから不思議です。 そして、マンガ版でも充分に伝わってきますが、典子ちゃんがその「うっかり残念」なところにどのように惹きつけられていくのかが、小説版だともっと詳しく表現されているのが嬉しかったです。


その典子ちゃん。 コミックス版では悩みつつも割りとあっさり描かれていた彼女の、悩みや葛藤や辛さといった、本来感じているべき負の感情というものが、小説ではもっと描かれていたのも良かった点です。 良かったって言うと変だけど・・・そしてもっと変な言い方だけど、何か安心したっていうか。 だって、それが当たり前なんだもの。 箱になるという前代未聞の出来事を、うら若き乙女が全身で受け止めなきゃいけないんだもの、もっと我侭でもいいんだよってずっと思ってたので、ちゃんと感じていたことに安心したんです。 コミックスでも悩んではいるものの、篠田目線になることが多いからか、「明るく朗らか」な典子ちゃんの性格の方が前面に出ている気がします。 恋する男の目線って怖いですねぇ(ニヤニヤw)。 でも、苦しさを知れば知るほど、やっぱり典子ちゃんは良い子なので、無理しないでいいんだよってずっと言ってあげたくてうずうずしちゃいました。 このうずうず感は、「だからもっとしっかりしてよ篠田先生!」っていう所に帰結します(笑)。 中学生に支えられてる場合じゃないのですよ。 まぁそんな関係が楽しいんですけどねw


あと驚いたのは、小説1冊でコミックス1巻の半分くらいまでだっていうことでしょうか。 そして小説の半分は、篠田の義兄である義智先生が占めていたっていうことでしょう! そしてこの義智先生と嘉手納看護師長とのラブコメが、これまたとっても面白いんだよぉぉぉ!! コミックスでもちらほらと登場していた義智先生が、まさか○○だったとは・・・!!(o゚Д゚o)ンマッ!!って感じですが、それでも好きっていう嘉手納さんの気持ちが健気で素敵です。 この作品、女性陣は典子ちゃんと嘉手納さん(そして貴沙さん)くらいしかいないけど、みんな健気で応援したくなるんですよね。 これでは、放っておく(そして気付かないでいる)男性陣が罪深いとしか言いようがないw  篠田は女性が強いとか言ってる場合じゃないですよ、まったくぅ。  典子+誠志郎パートと、義智+嘉手納パートは、温度と進行速度が違うもののどちらも心地良い関係性を築いていて、その「絆」みたいなものがとっても素敵でした。 ・・・しかし篠田に関しては・・・何ていうか・・・3巻でロイ・ケイマン(男)にも「タイプだ」と言われてたよなーって妙な納得感が・・・(笑)。 


だがしかし(突然どーした)。 そもそもの目的であった「作品の背後にある世界観を知る」という目的は、小説版では果たせませんでした・・・っていうかむしろ、謎が増えたw(笑)。 よく分かったのは、篠田が無駄にハイスペックだとか(飛び級を重ねて2回大学に行ってその時15歳・笑)、典子ちゃんは長いこと苦労してきたのに素直に育った素敵な子なんだな、とかの部分ばかりです。 そんなん知っちゃったら、もっとこの作品好きになるじゃないですか! もぅ、上手なんだから(笑)。 いやだから設定的な部分では、あまり謎が解けなかったのですよ。 私は個人的に、ヲタポンは篠田のことを好きだと思ってるのですが(ぇ)、その割には「目標」と呼んだりして完全に裏がある。 あとは、「昔と同じように黒い箱の中に入っている」ってどういうこと? 典子ちゃんのこと? それとも別のこと・・・??? 「F」って何だろう、という疑問も残ったままでした。 ほぇぇ、何読めば全部分かるんだろう? 俄然知りたくて堪りません。 もぅ、上手なんだから!(2回目・笑)


それにしても、56ページ目では「だいたい箱をなでたいってなんだ」とか思ってた篠田が、ラストではとってもイイ笑顔で箱をナデナデしているのが可愛くて堪りません☆ 江戸の敵を長崎で討つ話もそうだけど、前述した設定を後できちんと回収して終わるっていうのは、作品の構成として素晴らしいと私は思っているので、謎は残ったけど大満足でした。 あと、今作で一番感動したのは実は中身の部分ではなく、表紙折り返しにある松本テマリさんの一言欄の言葉でした。 「いつも箱にどれだけおめかしさせようか考えてます」という心遣いがステキすぎて!! そうだよね、典子ちゃんだって好きな人の前だもん、おめかししたいよねぇぇ!!って、こちらまで嬉しくなってしまいました。 『キュビズム・ラブ』の表紙では、いつも篠田が大事そうに黒い箱を抱いているのが好きなんですけど、毎回の可愛らしい「おめかし」もずっと好きだったので、テマリさんの心遣いを知れてより好きになりました。 小説を読んで、典子ちゃんのことも篠田のこともますます好きになったけど、テマリさん大好き度もメーター振り切れる勢いです(笑)。 あれ?なんだろ、感想書いたはずがラブレターみたくなっちゃった・・・w まぁつまり、全方向的に大好きってことです! 楽しかったー☆



キュビズム・ラブ 1 (B's-LOG COMICS) キュビズム・ラブ 2 (B's-LOG COMICS) キュビズム・ラブ 3 (B's-LOG COMICS) キュビズム・ラブ ~悩める博士と恋する小箱~ (ビーズログ文庫)



Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年03月 | 10月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。