2015年5月28日の日記


ぎっくり腰ならぬ「ぎっくり背中」を体験中のりるです、こんばんは! ちなみにめっちゃ痛かったです!!(>_<;)

ぎっくり背中って何?という方も多いと思いますが、言葉のとおり、ぎっくり腰の背中版のこと。 もちろん専門用語ではないです。 私は医療には詳しくないのでちゃんとした説明は出来ないけど、肩甲骨の間あたりから腰より上の部分の筋?筋肉?が痛いんです。 検索すると肋間神経痛っていう言葉もあったりするのでそれに近いのでしょうか。 

たまにドラマやマンガなどでぎっくり腰の瞬間を「グキッ!」と痛そうな擬音で描いてたりしますけど、そんなたいそうなことがなくてもぎっくり背中を患います。 今回の私がまさにそれで、今思い返しても何でこうなったのか全然分からないんですYO! それなのにこの痛さ、納得できません!(笑) ちなみに、息を吸っても痛いくらいです。 くしゃみをした、電話を取るために手を伸ばした・・・そんな程度のことで発症することもあるらしいので人生気が抜けませんっ。 

もうだいぶ小康状態になりましたが、ホント皆様もお気を付けください・・・ちょっと恥ずかしいけど、動くときに「よいしょ」って言うのは良いらしいですよ(言うことで脳と体の神経が繋がって動く準備ができるらしいです)。


ところで私はあまり(いわゆる)医療マンガを読んだことがないんですよね~、と今唐突に思いました。 名作といわれる『ブラックジャック』だって「知ってる」だけで読んではいないです。 『ブラックジャックによろしく』の方は2巻くらいまで読んだのかな?  そんな中、なぜかずーっと覚えているのが、この作品。

Help!! (花とゆめCOMICS)

Help!! (花とゆめCOMICS)
posted with amazlet at 15.05.28
藤原 規代
白泉社

結構古い作品です。 医療マンガといえるほど専門的なものではないけれど、医者を目指す女の子と医者でいることを諦めた先生のお話。 腕は確かな先生に「医者に向いてない」とばっさり言われちゃうヒロインだけど、向いているかいないかではなく「なりたい」気持ちと戦いながら進んでいく姿が好きでした。 どれだけ「なりたい」と思っていても、命を扱うお仕事上、どうしてもその気持ちが揺らいでしまうことがある。 その時にどうするのか、ということを問いかけてくる作品なので、お医者さんに限らずいろんな職業に当てはまるのかな?と思います。 

他にも何か「医療マンガとまではいかないけれど名作ですよ!」的な作品があったら教えてくださいませ。




Loading...

もとさんへ

>もとさん

初めまして! ご覧いただいて、コメントまでくださって、ありがとうございます。

>4コマの「ラディカル・ホスピタル」(ひらのあゆ)をオススメいたします

おすすめもありがとうございます!
4コマまんがにご縁がないのですごく新鮮でした。
ちょっと調べたところ、たしかに巻数は多いですね。でもそれだけ人気ということでしょうか。
探してみます。ありがとうでしたー!

No title

はじめまして。楽しくブログを読んでいます。

>医療マンガとまではいかないけれど名作
4コマの「ラディカル・ホスピタル」(ひらのあゆ)をオススメいたします。
外科病棟の日々のあれこれを、わかりやすく面白く描かれています。
登場人物達のやりとりも楽しくて和みます。
巻数は多いですが、途中から読んでも楽しめると思います。
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


☆オススメ