天乃忍 『ラストゲーム・8』 の感想

ラストゲーム・8(ドラマCD付特装版)
『ラストゲーム・8 (ドラマCD付特装版)』



天乃忍


白泉社 花とゆめコミックス
2015年6月10日 第1刷発行/¥1490+税





『 私 柳のことが 好きなんだ 』


<感想>
10年越しの柳くんの片恋に遂に変化が・・・!?な8巻でした。 発売おめでとうございます。 そしてドラマCD付特装版の発売もおめでとうございます! 通常版と特装版で表紙が異なるのでずっと迷ってたんですけど、結局、

ラストゲーム8巻

両 方 買 っ ち ゃ っ た (笑)。 画像暗くてすみません。 いやもうホント、並べたかっただけなんです・・・・・・! 柳の片恋がやっと実った (けどまだ絶賛すれ違っている♪) 記念すべき8巻で、九条さんとハートマーク作っちゃう柳を見たかっただけなんです・・・っ! け、けっして白泉社さんの思惑に乗せられたわけではっ!! (←めっちゃ思惑通りですよ・笑) 





さて、繰り返しますが柳の片恋に変化が訪れた8巻です。 もっとも、柳自身はその変化に気付いていないという素敵なすれ違いも健在です。 でも10年です・・・長いですよね。 ふだん柳をちゃかしてばかりいるりるさんですが、彼の一途な恋心については本当に尊敬してます。 片恋なんて楽しいこと以上に辛いことも多くて、柳くんに至ってはその「辛いこと」をすべて私たちにさらけ出してくれているわけですが(笑)、脈ありそう!とか脈なさそう・・・とかの天国と地獄を繰り返しつつ、それでも「想うこと」をやめない柳はやっぱりすごいです。 8巻の中だけでも何度も過去の自分の行いを反省したりトラウマを掘り返したりしつつ九条さんの近くにいるので、その努力というか・・・努力だと自覚すらしてないレベルで九条さんを好きな柳のことが、私も好きです。 実らない恋なんて、捨てたくなりませんか? つらい努力なんて、やめたくなりませんか? ・・・もしそう訊いたとしても、たぶん柳なら笑って「捨てないよ」って答えるんだろうなぁ。


そんな感じなので、36話はとにかく嬉しかったです。 恋って何だろう?って真剣に悩む九条さんもホント可愛いし、彼女が自分の気持ちに気付いたきっかけが素朴なのも良い。 何より恋に気付いたきっかけが、柳ががんばって与え続けた「安心感」だっていうのがホントにもう・・・っ!! 10年間、めげずにずーーっと傍に居続けた柳の努力が、こういう形で報われたのが私も嬉しかった。 ワインの好みを訊かれて「ううん・・・好き」と答えた九条さんの笑顔が本当やわらかくて可愛らしいので、柳がつられて笑顔になるのも分かります。 九条さんが「好き」に込めた気持ちまでは伝わっていないけど、彼女が何だか嬉しそうなのは気付いて、連鎖で柳も嬉しくなって微笑んだんだろうなって。 ひとの気持は伝えなければ伝わらないし、伝えたって伝わらないときもあるけれど、伝えようとしなくても伝わってしまうこともある。 知らずにこぼれ落ちた九条さんの恋心が、二人を笑顔にした手つなぎシーン、とても素敵で見惚れてしまいましたよ。


37話はあれです、プレゼントに対する両者の金銭感覚が違いすぎて、思わず「結婚しても柳が『安物だから』って九条さんに貢いで、その言葉を鵜呑みにした九条さんの身の回りが高級品で埋め尽くされていく」未来図を妄想して身悶えました(そこですか!・笑)。 外堀から固めるの意味を柳が敢えて間違えそうで怖いです(笑)。 あとは橘さんとのガールズバトルに萌えました。 だって、九条さんに意地悪言ってる橘さんもやっぱり可愛いんですもの。 橘さんの態度はむしろ誠実で、泣きたいのはこっちだよ、っていう気持ちを押し隠しての強気なのがどうやっても可愛いです。 応援なんかしてやらない、っていうのは、九条さんのことを対等に意識しているからだと思うし、女子同士のこういう関係ってなかなか貴重だと思います。


あとはやっぱり39話が・・・相馬・・・相馬が・・・・・・(涙)。 「好きです。・・・返事、もらえますか」でもう号泣でした。 このセリフを言うために、相馬はどれだけの覚悟をしてきたんだろうって思ったらもう・・・っ。 断られて、でも微笑んで、分かってましたって言えるのってどれだけ強いんだろう・・・。 でも強くたって悲しくないわけじゃなくて、苦手なお父さんからのたった一言で泣けちゃうよな、そんな不安定な中でずっと九条さんに笑顔を見せていた彼のことを思うともう涙しか出ません。 好き、だったんだろうなって。 いや知ってましたけど、私が知ってるつもりになっていた以上に、相馬は九条さんのことを好きだったんだなってすごく伝わってきた。 昨日まで好きだった人のことを翌日からストンと格下げできるほど心って簡単じゃないので、たぶん彼の葛藤はこれからしばらくは続くと思うのです。 でもその度に彼がカッコ良くなっていくんだなぁと思うと・・・思うと・・・ホント柳がんばれっていうね・・・(笑)。


40・41話は、待望のデート話でした! まさか「相馬とも出かけたんだから俺とも・・・」みたいな必死さでデートにこぎつけるとは思ってもみなかったのですが(だからがんばってよヒーロー!・笑)、二人らしい初デートなのかな?と微笑ましさが勝ちます。 奇妙な恋愛指南書がよいスパイスになっていますが、こういうの見てると本当に「恋」ってふたりで作っていくものなんだなぁって思います。 女の子は少食な方が女の子らしいと思ってるみたいだけど、私の周りの男の人は柳と同じで、美味しそうに食べる女の子が好きって言ってます。 デートって、こういう一つ一つを理解したり勘違いしたりしながら二人だけの形を作っていく作業なんだろうな・・・っていうと夢がなさ過ぎるけど、たぶんそういうこと。 ふたりとも顔が赤い理由を夕日のせいにしてるんだから、もしかして気持ちも同じなのかもって想像ましょうよ(笑)。 公園での二人の笑顔、本当に可愛くて見ているこちらまで幸せになれたので、これからもそんな二人を見ていたい気持ちでいっぱいです。 それにしても何よりも、九条さんが絶対にひとりでは選ばないであろうワンピースを着ているのがマジ眼福でした。 可愛い女の子が好きなのですが、可愛い女の子を愛しそうに見つめるヒーロー役も好きなのです。 天乃さんのほんわかとした絵柄だと幸せ感が倍増されて、しみじみ見惚れてしまいました。 私が味わったこの幸せを、きっと柳も味わったんだろうなぁ・・・(笑)。


●ドラマCD付特装版について

ラストゲーム8巻ドラマCD・届いた時に「薄っ!」と思いました。 同じ白泉社で『暁のヨナ』『それでも世界は美しい』のドラマCD特装版を持っているのですが、そちらは一回り大きめの箱にコミックスとCDケースごと収録できるタイプなので、正直かさばります。 見栄えはそちらの方が良いのですが、個人的には『ラストゲーム』方式の特装版の方が本棚に収納しやすくて好みでした。 

・裏表紙も並べてみましたが、特装版と通常版で違いますね。

・収録内容は、コミックス6巻のたこ焼きパーティー(追加シナオリ有) + オリジナルの「天文サークルミスターコンテスト」の2本立て。 個人的にはキャストトークがあれば完ぺきでした。 ただドラマの内容はとても面白かったうえに、酔った柳が九条さんの額にキスをする名場面もちゃんと再現されていて身悶えました・・・「チュ」の擬音付きで!!(悶える!・笑)。 聞く前までは正直「柳が木村さんか・・・イメージちょっと違う?」と思ってたんですけど(ごめんなさいっ)、CD聞いてからは8巻の内容も全部木村ボイスで脳内再生しちゃうくらいにハマってました。 吉田先輩の鈴村さんが豪華すぎてどうしようって思ってたんですけど、その動揺を覆す「理想のデートナレーション」が爆笑もので大変でした(笑)。 これは聞いてほしい・・・ぜひ聞いて欲しいです。 他のキャストの方々もハマってたし、個人的に大好きな古川さんが宮部役なのを購入するまで知らなかったのでサプライズで幸せでした☆ 本当にキャストトークがあれば完璧でした・・・そこだけです。

<キャスト> *敬称略
柳尚人=木村良平 九条美琴=日笠陽子 相馬蛍=立花慎之介 藤本しおり=佐倉綾音 吉田先輩=鈴村健一 宮部=古川慎




●通常版はこちら

ラストゲーム 8 (花とゆめCOMICS)
天乃忍
白泉社 (2015-06-05)
売り上げランキング: 250




Loading...

にくさんへ

>にくさん

コメントありがとうございます!

>著作権というか、作者への出来高だと思っているので
あぁぁぁぁぁもう、さすがにくさんっ! 最高のお言葉いただきました!!
私、にくさんのこういう姿勢が大好きです。

>「邪馬台国はどこですか」一冊分の満足度を返し切っていないのでまだ買い続けています
結局まだ読めていないままです。読みたい!

>ラストゲーム8巻って、連載を追い続けていたラブコメ好きには、2冊買ってもまだ安い作品ですよね。
ですね。ずっとこの流れを待っていた・・・と感慨深い感じです。ドラマCD付で表紙が2パターンあるのも、この巻だから買ったっていうのはあるかもです。

>というか、天乃忍は読み切り時代には悲恋ばっかりで
せつない系多かったですよね。
というか天乃さんは読み切り時代が長かったので、今本当に「良かったねぇ!」と思います。
明るくほんわか、という持ち味を堪能できるので、大好きです。

>じっくり楽しんでください。
そうします! ありがとうございましたっ!!

No title

書物の値段というものはもう、物体の対価ではなく、著作権というか、作者への出来高だと思っているので、本当に満足しちゃったら、何冊買っても仕方ないと思うのですよ。
私にとって鯨統一郎は粗製乱造作家ですが、乱造している本を何十冊買ってもまだ、「邪馬台国はどこですか」一冊分の満足度を返し切っていないのでまだ買い続けています。
ラストゲーム8巻って、連載を追い続けていたラブコメ好きには、2冊買ってもまだ安い作品ですよね。
というか、天乃忍は読み切り時代には悲恋ばっかりで、こういう両想いのカタルシス自体が溜めに溜めた価値があるじゃあないですか。
じっくり楽しんでください。
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


☆オススメ