2015年6月17日の日記+Web拍手お返事


▼Web拍手お返事
いつも拍手をありがとうございます! 身に余る光栄ですー。 今日は先に拍手お返事ですよ。

>6/15 23:35:こちらでもお祝いありがとうございます! 大丈夫ですよ・・・の方
6/10の日記にメッセージをありがとうございました! うわぁい、見ていただけたのなら本当に良かったです!! 改めまして800万ヒットおめでとうございました。 もちろんいつも更新見てますよ!こないだちょっと数日見逃していただけです(実話!)。 ガンプラではないけれど、我が家には未だに組み立てられていないイングラムがあるのですが、私が組み立ててもあんなに恰好良くならないだろうなっていつも思ってます。 写真も楽しみなので、もはや二次創作でもOK(笑)。 こちらこそ、一緒に続けていけたら幸いです。 今後もよろしくお願いいたしますー。


▼日記
めっちゃどーでもいいコメディ話なので閉じます(笑)。 お時間のある方はどーぞー。





小学校に通っている会社の先輩のお子さんがいらっしゃるのですが、その子の担任の先生が、私が小学生の頃の担任の先生だったことが最近判明しました。 当時、大学を卒業したばかりで私たちのクラスが初担任!というフレッシュかつ可愛らしい先生だったので、私はよく覚えています。 軽い気持ちで先輩に、「その先生って私も小学生の時に担任していただいたことあるんですよ」と伝えたら、「えぇぇぇっ!?今度家庭訪問があるから聞いてみるよ!」って言ってくれました。 私の旧姓も名前もありきたりなので、正直私も先輩も、先生は覚えていないだろうと思っていました。
でも、学校の先生ってすごいですね! どうやら私のことを覚えていてくれたようです。

先輩 「りるちゃん! ●●先生にりるちゃんの話をしたら、『うわぁ懐かしい!覚えてますよ!』って言ってたよ」
私 「えー本当ですかぁ? 私をがっかりさせないために話を作ってません?(←失礼・笑)
先輩 「君は相変わらず失礼だね!(←プン!と怒るのが可愛いのです・笑) 違うよ、ちゃんと先生の方から『りるちゃんは東京に転校しちゃって寂しかったの』って言い始めたもん」
私 「・・・・・・そういえばそうです、私、先生が担任の頃に転校したんです・・・忘れてました」
先輩 「でしょ?私その話知らないもん。 他にもいろいろ言ってたよ、作文が得意だったとか。 でも一番印象に残ってるのは、栃木訛りが全然なかったことだって」

*註* りるさんは両親の仕事の都合で東京から栃木に転校⇒栃木から東京に転校⇒また東京から栃木に転校、を繰返してたので、当時は標準語を喋ってたのです。ちなみに今は栃木訛りも上手です!(笑)

私 「えぇぇ、なんか嬉しいです!学校の先生ってすごいですね」
先輩 「初めての担任だから記憶に残ってるみたいだよ。で、私ね、当時のりるちゃんはどんな子でしたか?って聞いてみたの!」
私 「・・・・・・(←自分の子の学校の話を聞けばいいのに、と思っている・笑)
先輩 「そしたらね、何て言ったと思う!!??」
私 「何でしょうね、小さい子だったとか、そういうことですか?」
先輩 「(すっごいイイ笑顔で) ううん違うよ! あのね、オタマジャクシみたいな子だったって!!」
私 「・・・・・・・・・・・・・・はい?」
先輩 「だから、オタマジャクシみたいな子だって! なんかすっごく分かる~(嬉しそう)」
私 「ちょ、待って、分かるんですか!?」
先輩 「うん、すっごいオタマジャクシって感じだよね!」

・・・・・・・・・・・分からないから! それ絶対分からないから!!(笑)


・・・という会話をしてきたりるです、こんばんは(笑)。
人を形容するときに、オタジャマクシみたいってどういう意味で使うんでしょう・・・? 私には一生の謎として心に残りそうです(笑)。 いやだってオタマジャクシって黒くて小っちゃくてうじゃうじゃ!って感じじゃないですか。 そんなの人間に当てはま・・・いや待てよ、確かに私はよく日に焼けて黒くかったし、今でも小っちゃいし、落ち着きなくいつもうじゃうじゃ動き回っていたような気がしてきた・・・・・・(笑)。 いやでも、きっと気のせいです。 それにしたってオタマジャクシは人間への形容ではない。 ないはずです!

ちなみにこの話のあと、うちの旦那に「ねぇ私って例えるとしたら何?」と訊いてみたのですが、返ってきた答えは真顔で「ん~、コロボックル?」でした。 即答でした(笑)。 存在率がこの上なく低そうなものに例えられました。 そう思えば、オタマジャクシは存在率高そうでイイですよね・・・?



Loading...

にくさんへ

>にくさん

コメントありがとうございます!

オタマジャクシに思いの外ものすっっっっっごいポジティブ効果を付加してもらいました・・・驚きです(笑)。
み、見抜かれてはいない・・・と思う・・・でも何かすごい!

>可能性と慈愛が、りるさんの近しい方からの評価なんでしょうね。
にくさんのこの結論がウルトラすぎて感動でした。
マジで!あのアホ話でこの結論ってマジで天才ですからっ!
嬉しい・・・にくさんの才能が嬉しい・・・。

構ってくれてありがとうでしたっ(ペコリ

やがて手が出る

オタマジャクシは超越的な成長の可能性を秘めた生物の象徴です。
こども時代からは想像を絶する劇的な変化を経たおとなになると、先生には見抜かれていたのでしょう。

ころぼっくるは見守るだけの神です。虐げられた民族を癒すために、自らはさらに小さく弱い立場から、ただ見守ることしかできない逆説的な自己犠牲の神です。

可能性と慈愛が、りるさんの近しい方からの評価なんでしょうね。
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ