アニメ 『花咲ける青少年』の感想/第5話『出会い〜再会』


第5話『出会い〜再会』


『ほー、ルマティかぁ。 良い名だw』 (花鹿・バーンズワース)
『・・・ふんっ!!』 (ルマティ・イヴァン)


浪川さんのルマティが想像以上に可愛くってカッコ良くって、正直どうしようかと思うくらい魅力的でした (どうする気なんだ・笑)。 怒ったり途惑ったり照れたり・・・そして、優しかったり。 ルマティの持つ新しい感情を、花鹿ちゃんがひとつずつ引き出していくのが良かったです。 あと、二人が初めて出会う、温室のシーン。 お気に入りの場面だったので、アニメでも美しく描写してくれて嬉しかったなw


さて。 これで「夫候補」3人の顔見せが、一応終わったことに。カールの本格的登場はまだまだ先だけど、前回一言だけ喋った時の絵が今回もリフレインされてたので、視聴者も気づくでしょう。 ・・・いや、まさか、クインザが3人目だと思った人もいるか?(笑)。 彼、登場シーンのインパクトでは寅之助以上でしたからね…っていうか、寅之助不憫。 
(本編終了後の遠藤綾さんと柿原徹也さんのインタビューで、『自信あるところ(場面)は…寅之助はないですよ!! 常に美味しいところを全部持って行かれる立場だと僕は自分で思ってるので』っていうのが、もう図星過ぎて笑えました・笑。 役者さんってさすがですよねw)


そして視聴者的には疑問も生まれるころですよね、「何で立人は候補に選ばれなかったんだろう」って。 ハリーが選んだ「3人」に匹敵する存在であり、『立人は我々一族の誇りなのですよ』と倣家のみんなから絶大な尊敬と支持を集める立人が、何故候補ではないのか。 レオンなんかに見向きもしなかった花鹿ちゃんが、あそこまで立人に懐いてるってことは、ハリーが選んだ3人と同様、もしくはそれ以上の存在のはずなのに・・・って。 


『ただの温室だ…。 嫌だな、ここに何があると思ってたんだろう。 私、立人のこと、あんまり知らなかったんだ』
子ども扱いされて怒ったり、ルマティからクインザの話を聞いて立人を思い出したり、立人のことを知りたいと思ったり…。 彼女の中でも、立人の存在が少しずつ輪郭を鮮明にしてきてるように思えます。 それなのに、何故選ばれなかったのかな。


それから、サブタイトルの『再会』って何?とか。 ルマティが登場したことで、花鹿ちゃんの身の回りも随分派手に動くことになるだろうし、立人の立場、『再会』の意味が、今後の展開の大きな鍵なんだっていうことが明確になったお話でした。 私は結末を知ってるわけだけど、やっぱりキャラクターに声がつくことの説得力ったらスゴイです。 悩む立人、激動のドラマっていうのを、早く見たくて仕方ないですw 楽しみだなー。


ところで。 恒例(?)の立人名言集をやろうと思います(笑)。
・笑える。
『ほー。 立人はやっぱり、中国服がイチバンだなw』 (花鹿)
『あっはっは!!』 (立人)

・・・・・・嬉しいのか!?(笑) っていうか、レディーの服を誉めなさい。

・森川ヴォイスで言われると。
『ブリジット。 私はただ、「女」というものの本質が知りたかったのです。
あなたは女の毒の部分を、分かりやすい形で多く持っていたから選んだに過ぎない』

・・・・・・その声でその台詞…。 太刀打ちできないせくしーさですよ!!

・マジで!?。
『ばーか!! 必要とあらば、風呂の中まで一緒にいろっ!!』
・・・・・・大事なんだなぁw っていうか、『ばーか』が可愛いすぎです(笑)。

(この記事は、Web拍手のお礼感想を修正したものです)


・次回感想 ⇒第7話『誰が為の想い』 (*第6話『純心』は感想書けず…)
・前回感想 ⇒第4話『長き夜の明ける日』







Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ