スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Loading...

『お嬢様と妖怪執事 藤原ここあ短編集』 の感想

img20090516.jpg

『お嬢様と妖怪執事 藤原ここあ短編集』

藤原ここあ
スクエア・エニックス ガンガンコミックスJOKER
2009年5月22日 初版発行/¥400+税






『私は貴女を知っています 貴女はとても強がりで 頑張りすぎてしまうひと…』


<感想>
また執事モノですかりるさん…って誤解されそうだけど(ホントに・笑)、違いますからね。 執事だから買うんじゃなくって、藤原ここあさんだから問答無用で「買い」なのですw
 
大好きだった『dear』が完結して最初のコミックス。 短編集、大好きなので本当に嬉しいっ。 コミックスの帯を見ると新連載も始まったようなので、そちらにも期待中ですw 藤原作品は、絵柄やテンポのよいボケ・ツッコミがとにかく好みなんだけど、何よりも、ほんのりと心を温かくしてくれる前向きさがイイのです。 その全てが凝縮された短編集に仕上がってましたw 4作品がそれぞれ系統が違うので(特に、『私 は』が!!)、とても楽しめた1冊。 個人的にはですね、表紙イラストだけで至福です!! あぁ、めちゃめちゃ可愛くてカッコ良くって幸せです☆(メロメロ) 


『お嬢様と妖怪執事』
虚弱体質に負けないお嬢様と、そんな彼女を見守り続けてきた座敷童=妖怪執事が織りなす、コメディ風味の人情話です。 まず疑問。 なぜ執事ルックなんだっ!!(笑)。 いや、ツボですけど!! めっちゃツボなので全然OKなんですけど、次に疑問。 なぜ 「座敷童」…(笑)。 どー見ても青年なのに恥ずかしげもなく座敷童を名乗り、お嬢様のために手毬(?)で戦うアホさ加減が堪りませんっ。 そしてピカイチなのは、お嬢様の可愛らしさ!! どのファッションも良かったけど、「みつあみにネグリジェ」 に撃沈です(笑)。
お嬢様にむなぐらを掴まれて、『あぁお嬢様とスキンシップw』 と身悶えるような変態執事だけど(ツボだ)、『誰も「私らしい」と言えるほど 私の事を知らないもの』 というお嬢様の寂しさに、最大の尊敬をもって応えて。 そして、その敬意を晴れやかな笑顔で受け止めたお嬢様…。 温かいラストシーンが、愛しくて堪らない一編でしたw


『山田』
いやーもう……アハハ!! って感じ(笑)。 アホっぷりがマジ気持ちいいですw  最初こそ、藤原さんで学園モノなんだ!?って違和感あったけど、それは間違いだったとすぐ気づきました。 学園モノとかそーゆーカテゴリじゃないです、これはもう、「山田」っていうカテゴリだ!!(笑) そのくらい強烈だったわぁ…。 めちゃめちゃカッコイイのに変人、っていうのはよく見かける設定だけど、山田はその中でも出色のキモさですよね!! そしてそこが魅力ですよねッ!!(中毒かも・笑) 
山田が『そんなことで諦めるんですか』と先生に詰め寄るシーンとか、実はコイツ熱いヤツなんだなぁ…って見直し始めたところで、あのオチ。 『ゲットだぜ☆』も良かったけど、それ以上に、無情なまでの『完。』に大笑いでした(笑)。 でも実は、山田はかなり先生に本気なんじゃないかな。 だからこそ逃がしたくないんだろうし。 もう何て言うか…先生、頑張ってねw(←ヒドイわぁw)


『ストレイドール』
『わたしの狼さん。 THE OTHER SIDE OF LYCANTHROPE』にも収録されてるお話の、派生版。 あの時も麗王ちゃん可愛いっって思ったけど、相変わらず麗しいですw そして、健在なのはフィズへ向けるの愛情のヒドさ(笑)。 鬼畜で偏執で理不尽な愛情が、お話を回していくという不思議な構成が大好きですw フィズはあれですね、きっと一生あのままでしょうね…(笑)。


『私 は』
藤原作品の中で唯一、得意のギャグを一切使っていない作品です。 その分、思春期の少年少女が感じる「寂しさ」と真っ直ぐ向き合ってて、気づいたら泣いてました。 中学を卒業する時、私が感じたのは「安堵」だったことを思い出しちゃった。 私も結局、みんなとの別れを「寂しい」とは思えなかった。 私はみんなを分かってあげられなかったし、逆も然りだったので。 そしてそのことが、とてつもなく哀しかったんですよね。 でも私、今も本を読んで生きてます。 あの頃、同級生と遊ぶことより読書に夢中になってしまった私とあまり変わってないけど、変われないほど大事なものなんだと実感できたし、そんな中でも昔よりはひとを大事に出来てると思う。 そして、大事にしてもらえてると思う。 不器用でも手探りでもいいから、自分が求めたものを求め続けながら生きることへの勇気を、この作品は語ってくれてる。 そんな気がしました。 


  ▼藤原ここあ作品感想▼
⇒『dear・9』の感想  ⇒『dear・10』の感想  ⇒『dear・11・12(完結)』の感想


<関連サイト様>
●感想拝読しました・・・『ある休日のティータイム』様 『翠の匣』様 『ぐだぐだまんがにっき』様 『らのべ日和』様 『清風匝地』

オンライン書店【ビーケーワン】・・・『お嬢様と妖怪執事 藤原ここあ短編集』をbk1でチェック!!

●Amazon
dear 12 (ガンガンWINGコミックス) ・・・温かくい幸せが詰まった最終回でしたw





Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。