スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Loading...

栃木県南旅行に行ってきました。

▼旅日記
私の記憶が確かならばこのブログは「小説・マンガなどの感想系ブログ」のはずですが、このところ購入記録以外の記事をまったく更新できていないので、すでに看板に偽りあり!な状況になっております。 そんななか、今日更新するのは旅の日記だよ! もう「小説とマンガ」とか全然関係ないよ!!という感じでまったりとお送りしようと思います。 

いえ、今ちょっと原因不明なのですが喉が大きく腫れていまして、首曲げると痛いしご飯食べても痛いし熱が少しあるから体も痛いし、でもそれ以外は元気っていう面倒くさい状況なのです。 会社はちょうど有給休暇中なのですが、そんな訳で楽しいことを思いだしながら記事を書こうかなって。 旅行そのものは先月なのですが、栃木って知名度低いので、ちょっとでも検索に引っかかって興味を持ってもらえると良いなと思います。





▼1日目
今回の旅行の目的は「まったり」です。 行先は栃木市と佐野市。 私の住む栃木県北からだと佐野まで車で二時間以上かかるので、いっそのこと他県に遊びに行った方が目新しいし楽しいじゃん?ってなりがちなので逆にあまり遊びに行かないのです。 そこを敢えて楽しみに行ってきました。

お昼は栃木市名物の「いも焼きそば」と「いもフライ」を『大豆生田商店』さんで食べてきました。 ちなみに『おおまみゅうだ商店』と読みます。 
DSC_0251.jpg
ここで言う「いも」とは「じゃがいも」のこと。 写真でごろっとしてるのがそれです。 栃木県南の方ではメジャーな食べ物らしいのですが、北の住人である私たちには未知の食べ物。 炭水化物に炭水化物をプラスして美味いんかい??と疑問でしたが、食べたらめっちゃ美味でした! 麺は、焼きそば麺というより中華麺に近くて、つるっとした味わい。 じゃがいもも案外邪魔をせず、ホクッと甘い素材の味が全体になじんでいました。 ただ、炭水化物2乗なのでお腹には溜まります。 

このほかにいもフライ(写真忘れた)も食べようという女性の方は、いもフライが1皿に4つ1串で乗ってくるので、お友達さんと半分に分けて食べると良いかも。 少なくとも私はそれでちょうど良かったです。 いもフライもね…まさかこんなに美味いとは!!って感じでしたよ。 ソースが2種類から選べるよ(甘いのと、酸味のあるもの)。 私ちょっと正直なめてたので、いもフライを愛する県南民に謝りたいくらいです。 これは何とかして家でも再現したい味でした。 ホックホクだよ!


昼食後は、『蔵の街遊覧船』に乗ってきました。 栃木市には古い蔵がたくさん残っているので「蔵の街」として町おこしをしています。 その蔵街を巴波川(うずまがわ)から眺めよう!というのが『蔵の街遊覧船』です。 公式サイトはこちら
DSC_0165.jpg DSC_0138.jpg

写真の通りお天気はイマイチ。 栃木市民はこの光景をそれはそれは愛しているらしいのすが、たしかに晴れたらさぞ綺麗だったろうと思う町並みでした。 あと、鯉ね! 巴波川には500~600匹の鯉がいるらしいのですが、その子たちが「エサくれ、エサくれ!!」と船を追いかけてきます(笑)。 鯉のエサは船でも買えるのですが、私たちはエサあげてないのにいつまでも追いかけてきました。 時には鯉の上に鯉が乗っかってでもやってくるのでちょっと怖い…(笑)。 遊覧船に乗る時間は20分くらいで、傘は無料で貸してくれます。 お子さんはライフジャケット必須。 駐車場は3台しか停めれれないので注意が必要です。 


その後は街をぶらっとしてお買いものをしていたのですが、ここで残念ながら雨。 でも大丈夫! 栃木市には一風変わった博物館があるって調べておいたもんっ。 その名も『岩下の新生姜ミュージアム』。 公式サイトはこちら。 関東圏の方ならもしかすると御存知かもしれませんが、岩下食品という会社が発売している「岩下の新生姜」というお漬物があるのですが、そこにフューチャーした博物館です。 コンセプトがすでに攻めてる!(笑)。 入場無料で、館内には岩下の新生姜をつかった攻めてる食べ物を提供してくれるカフェがあったり(ソフトクリームとかあるんだぜ・・・)、何故か神社があったりします。 え、ジンジャーだから・・・??(怖々)
DSC_0065.jpg DSC_0053.jpg

岩下の新生姜がピンクの食べ物なので(たぶん梅酢で漬けてるから)、館内は全部ピンクです。 なのに、何故かファンシーな雰囲気じゃないんですよ。 むしろ、何か怪しい雰囲気・・・。 だってなんか怪しげなモニュメントとかあるんですよ・・・新生姜をかたどった妖しいグッズとかあるんですよ・・・これ絶対にペンラじゃなくて(自主規制)。
DSC_0041.jpg DSC_0063.jpg
・・・とはいえ、ジンジャーティーは普通においしかったし、お土産にしたジンジャービールも刺激的で良かったです。 食べる勇気はなかったけど「ピンクニュージンジャーカリー」とかもありましたよ。 あとは有名人の方もたくさん訪れているらしく、落語マンガをお描きになってる某先生のサイン色紙もあったりして、個人的にはそこが一番見応えありました(笑)。


▼宿
泊まったのは、佐野市にある『公園荘』さん。 
DSC_0100.jpg
佐野市には「出流原弁天池」という湧水で有名(らしい)な池があるのですが、その真ん前にある旅館です。 こちらの何が素晴らしいって、全室が「離れ」なのですよ。 壁一枚向こうが横の部屋ってわけではないのです。 小さなお子さんとかいても気にしないで泊まれると思いますよ。 

あと、ご飯がおいしい! 夕飯のメインは、湧水で育てた鯉のあらいなのですが、私、こちらで食べるまで鯉って土臭いからあまり好きではなかったのです。 でも女将さんが「うちの鯉はぜったいに土臭くありませんよ~」とお話してくれたので、えいっと食べてみたら、ホントに臭くない!! え、今まで食べてた鯉はなんだったの??というくらい。 前提として水の美味しさがあるわけで、当然普通に飲んでも美味しいです。 露天風呂に行く途中の回廊に、自由に飲めるようにお水が置いてあるのですが、体にすーっと沁みこんでいくような飲み心地なのです。 お水ってお腹にたぷたぷ溜まると思ってたんだけど、そんなこと全然ないの。 私、人生でいちばんここのお水が美味しいと思った・・・お水って偉大。 写真は夕ご飯の一部。 まだまだあって、1時間半以上かけて食べました。 どれも美味だったぜ。
DSC_0073.jpg DSC_0077.jpg 
DSC_0082.jpg DSC_0084.jpg


▼二日目
宿でのんびりまったりした翌日の二日目とはいえ、昼には解散するのであっさりした感じです。 弁天池で水の美しさを実感した後、本当はブドウ狩りに行く予定だったのですが、前の日の大雨で足元が悪そうだったので断念。 代わりに、『太平山神社(おおひらさんじんじゃ)』にお参りに行ってきました。
DSC_0102.jpg DSC_0103.jpg

真面目に登ろうとするとめっちゃ階段があるらしいのですが、私たちはだいぶ無茶をして一番上の駐車場まで車で乗り付けてしまいました。 おかげで?か分からないけど、頼りにしていたグーグルマップのナビが、まるで私たちの不信心を責めるようかのようにちょっと運転が難しい山道のルートばかりを教えてくれるのです(笑)。 「グーグル先生、また山道ですか!?勘弁してくださいっ」と叫びながらのドライブでした(笑)。 まぁお陰さまで無事にお参りも出来たのですが、私、こちらで厄年の早見表を見るまで知らなかったんです。 どうしよう、うちの旦那さんが今年厄年だった・・・(笑)。


ラストの昼食。 何か食べてばっかりじゃん?って思いません? 思いますよね? おかげで2キロ太ったんですよどーしてくれるんですか・・・。 でも佐野ラーメン美味でした…悔いはない(笑)。 食べたのは栃木市にある『永華』さん。
DSC_0106.jpg
佐野ラーメンは麺を青竹で打つのが特徴なのです。 ちょっと縮れた平太麺に、あっさりすっきりのしょうゆ味スープで食べるのが特徴なのですが、こちらは塩スープっぽい感じ? でもすごくコクがあって良かった。 チャーシューもプリップリでとても濃厚なお味。 ただそれ以上にびっくりしたのが、餃子の大きさ!!

DSC_0105.jpg DSC_0107.jpg
お値段は普通の餃子のお値段なのに、大きさがほぼ倍です。 女性だとうっかりラーメンと餃子とか頼んじゃうと食べきれないくらいお腹いっぱいになります。 でも美味しいから食べちゃう! もう一つは「さのまる水餃子」。 佐野市の公式ゆるキャラ・さのまる君の白くてプリッとした感じをイメージしたであろう水餃子も、杓子と比べて分かるように大き目です。 一口では入らないし、あと餃子が浸かっているスープが絶品!! 穴あきの杓子なので掬えないから、お行儀悪いけど口つけて飲んじゃいました。 ここはまた行きたいですね。


▼総括
気心しれた仲間と行った旅なので、とても面白かったです。 が、栃木市ってあんまり泊まるところがないんですよね・・・ビジネスホテルはたくさんあるのですが、そうすると部屋が分かれちゃうじゃないですか。 6人くらいが泊まれる和室のある旅館がもっとあれば良いのに、と思いました。 実は宿が見つからなかったので佐野市まで足を延ばしたのです。 佐野まで行けば、歴史の古い足利市もすぐなので、そうすると見どころは栃木市よりももっとたくさんある。 県南の観光が佐野足利メインになってしまうのは、その辺にも理由があるのでは?と思いました。 ただ、栃木市はゆるきゃら「とち介」くんのグッズがとても充実しているので、ゆるキャラ好きには堪らないかも。 私の市にも公式ゆるキャラいるんだけど、グッズはほとんどないので、ぜひ見習って欲しいなと思いました。 ではでは、そんな感じで長文失礼しました。 全部読んでくれた人とか果たしているんだろうか・・・(笑)。 ちょっとでも栃木に行ってみよう!と思って貰えたら嬉しいです。





Loading...

optiさんへ

>optiさん

コメントありがとうございます。早くてびっくりしました(笑)。

>旅行記は初めて・・・でしょうか。

今も一応存在はしているはずの『空夢モード』という日常ブログを以前やっていたので
旅行記などはそちらで書いていました。
今はこっちだってロクに更新できないので当然あちらは放置になってます。
いろいろ難しいですね・・・(-_-;)

>たぶん当たってるんじゃないでしょうかねw

やっぱり(笑)。何か全体的に攻めてるミュージアムでした。楽しかったです。

>見ごたえあって面白かったです。

そう言っていただけて嬉しいです!ありがとうございました!!

No title

旅行記は初めて・・・でしょうか。
見ごたえあって面白かったです。
料理がおいしそうでした!
あと、
>え、ジンジャーだから・・・??(怖々)
たぶん当たってるんじゃないでしょうかねw

Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。