スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Loading...

アニメ 『花咲ける青少年』の感想/第3話『眠れぬ夜』


第3話『眠れぬ夜』  拍手お礼加筆修正版


『 心強いお言葉、感謝します 』 (カール・ローゼンタール)


福山さん・・・・・・一言だったよっ!!(笑)  わざわざこの台詞のために、お疲れ様でしたw 一言しかなかったのは残念で残念で残念すぎますが(しつこい・笑)、想像してたよりも大人っぽい感じのカールくんに、個人的には大満足!!  東旋オジさんと立人との対立を描いた場面で登場したので、彼が後々立人と対峙することが明確になってましたねー。 今後の登場まで、しばし待て、って感じなのかな。 楽しみですw


楽しいと言えば。 もー、立人さんが面白くって仕方ないんですけどっ!!
『横暴だよ!! ここは私の家だぞっ!!』
『違うね、ハリーの家だっ。 ハリーの出張中は、私が全権任されているっ!!』

という冒頭のやり取りから、笑が止まらなくって大変でした。 この作品ってこんなに笑える話だったっけ…。 立人のキャラが素敵にグレードアップしてる気がしてなりません。 スタッフさんから愛されてるんだね、立人w(←ぇー

ちなみに、名言集。
・『買収の件、こちらに不利益な状況が出てきたようです』 
 『こんな時に・・・!!』

いや、アナタむしろそっちが本業だからっ!!(笑) 「こんな時に」とか言ってる場合じゃありませんw ・・・まぁ、そんな所がハリーに試されちゃう所以なんだけどねー。

・『ユージィン・・・あの毒花野郎!!』
本当に憎々しげにつぶやきましたね、ナイス悪口っ!!(笑) ユージィンの美しさを「毒花」と表現したセンスが、実は気に入ってたりします。

・『市警本部を呼び出せ!!』 
 『はぁ!?』
 『NY全域に非常線を張ってやる。 仕える組織は全部使え!!』 

一見カッコイイこと言ってるっぽいですが、しょせんは寅之助を『はぁ!?』と脱力させてしまう程度の言動だったりします(笑)。 この後、パトカーだのヘリだのがどんどん出動するシーンの悪ノリ感は、意外と好き。 っていうか、立人なら結構どんなにヘタレてても、好きみたいです(笑)。


と、立人がひとりヤキモキしてる間に、ユージィンと理解を深め合っていく花鹿ちゃんがとても良かったです。 月灯りだけの柔らかで清廉な光が降り注ぐ中で、ユージィンと花鹿ちゃんが二人だけで語り合うシーンの美しさったらないです!!

『僕はね、ひどく気味が悪いんだ。 「愛」という言葉を免罪符のように振りかざす彼女たちがね』
・・・孤独の中に死を求め、自らの美貌によって傷つけられながら生きてきたユージィンと。
『そこでは、お金なんて関係ないんだ。 誰であろうと、風は平等に吹く。 私たちは天と地と、海の間で、運命を見つめているしかないんだよ』
・・・孤独の中でも生を忘れず、死をも忘れず、理をみつめて生きてきた花鹿と。 二つの魂が震えるように惹かれあっていく光景が、何とも幻想的で、どこまでも綺麗でした。 ユージィンも言ってたけど、花鹿ちゃんの不思議な響きの声も、孤独を噛みしめるような話し方も、とても素敵。 遠藤綾さんの素晴らしい演技に、脱帽でした!!


で、そんな花鹿ちゃんの無垢な強さが、立人の心を動かすバルコニーの場面も良かった。
『・・・ユージィンが好きか』
『好き。 この「好き」がどんな好きか分からないけど』
『・・・・・・(星を見上げる)』


立人が夜空を見上げたのは、そこに星が瞬いていたからだと思う。 遠くて手の届かない、美しい星。 立人のすぐ横にいるのに、手を伸ばすことすら叶わない花鹿という存在は、彼にとっては「星」と同じような存在なのかもしれない。 夜空を仰いだのは、たぶんそういうこと。 手は届かなくても、自分はずっと花鹿ちゃんを見届けるのだから。
『…では、パリに行け。 とことんその「好き」を突き詰めてみるのも、解決策だ』
ただで送り出すつもりはないんだろうけど。 まずは花鹿ちゃんの意思を認めた立人さんが、今話の中で初めて「大人」に見えたよ(笑)。


でもですね!! 一番はアレです、アノ一言ですっ!!
『立人!! ごめん、さっき酷いこと言った…!!』
『・・・・・・もういい・・・・・・』

萌えた!!(笑) この『もういい』に、目一杯萌えました!! やっばい、何百回でも聞けます!!(←りるさん、変態では・・・?) 私、「萌える」って表現はめったに使わないんですけど、これはマジでそれ以外に表現しようがないくらい、それでした。 あぁ、幸せ(うっとりw)。 次回はたぶん、結構なシリアスだと思うんだけど、もはやそれすらも楽しみです。 はやく続きが見たいなw


・次回感想 ⇒第4話『長き夜の明ける日』
・前回感想 ⇒第2話『廻り愛』




img20090430.gif  img20090430_1.gif  img20090430_2.gif

  原作に加筆修正し、「デジタル・リマスター版」としてB6版で再発売された豪華版。 アニメ化に際して、キャスト・スタッフさんのインタビューなども収録されてるそうなw 上記表紙は左から、2巻/4巻/5巻、です。





Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。