アニメ 『花咲ける青少年』の感想/第2話 『廻り愛』


第2話『廻り愛』  拍手お礼加筆修正版


『 成長していく花鹿を、いつしか自分だけの眠り姫だと思っていた…。
  そんな私に、花鹿がほかの男を選ぶのを見ていろ、と言うのか… 』 (倣 立人)


ひとり鉄面皮のまま悩んだりヤキモチを妬いたり、拗ねてエレベータの扉を閉めたりする立人が可愛くって仕方ないっ!!(笑) 何て可愛い生き物なんだ…うっとりですw(ぇー)。

本当は自分が一番彼女のそばにいたいと思ってるのに、『夫なんてピンと来ない』という花鹿に、『愛の形は様々だよ』とか説いてるのとか、ホント不器用で愛しいな。 さしずめ今の立人の「愛の形」は、「見守る愛」という形になんだろうけれども、早くも破綻しそうな勢いで愛が迸っちゃってるので、見てて楽しいですw(鬼か!!・笑)。

でもやっぱりアレですよ。
『生も死もどうでもいい……ましてや、愛なんて。  分かったんだ、だって同じだったんだもの。――初めて会った頃の、立人と』 っていう花鹿ちゃんの台詞ですよ!! 

だってそれって、立人とユージィンがよく似てるから、だから放っておけないんだ、っていう最大級の愛情表現じゃん!! きっとまだ、「男性として」だとは気づいてないだろうけど、それでもとても深い想いだよ。 花鹿ちゃんがユージィンの中にムスターファの魂を感じているのは、絶対に本当だと思う。 だから無条件で愛しいのも、本当だと分かってる。 でも、それでも。 花鹿ちゃんがユージィンと深く関わっていこうと決めたのは、確実に立人のせいだよね。 立人はユージィンに対してヒジョーに怒ってるけど、はっきり言って自業自得なんだと思います(笑)。 勝手にやってて!!(笑)


さて、ユージィン初登場でした。 彼の声っていまいちイメージが湧かなかったんだけど、小野さん、バッチリでした!! すごー!! カッコイイw カフェで初めて出会うシーンが美しくて、うっとりしながら見てました。 『誰一人、愛したことなどないのだから』とか、普通ハマんないよ。 でも何となく。 この作品で一番美しいのって、元祖ムスターファなんじゃ…(笑)。 白銀の毛並みに金色の瞳。  堂々と歩く姿には生命力が溢れてて、その美しさは並みじゃないですよ!!

ユージィンは今のままではただのユージィンだけど、「ムスターファ」の名を受け入れた時に、その生命力も含めてさらに美しさが増すんじゃないかなって、実は今から期待してたりします。 彼が得ることになる、彼だけの「愛の形」を、早く見たいですねw


次回は早くもカールが登場!? やった、福山さん!! 『ラインバレル』終了後、福山ヴォイスに飢えてたので(笑)、このサプライズは嬉しいですね。
いろんな意味で次回も楽しみ!!

・次回感想 ⇒第3話『眠れぬ夜』
・前回感想 ⇒第1話 『イノセントガール』




img20090430.gif  img20090430_1.gif  img20090430_2.gif

  原作に加筆修正し、「デジタル・リマスター版」としてB6版で再発売された豪華版。 アニメ化に際して、キャスト・スタッフさんのインタビューなども収録されてるそうなw 上記表紙は左から2巻/1巻/3巻の順で、全6巻です。





Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


☆オススメ