DVD 『ソウルイーター第6巻』の感想

ソウルイーター SOUL.6
メディアファクトリー
発売日:2009-01-23
五十嵐卓哉(監督)/大和屋暁(シリーズ構成)
伊藤嘉之(キャラクターデザイン)/ボンズ(製作)
小見川千明/内山昂輝/小林由美子/宮野真守



『…だからさ。 「友達になってください、お願いします!!」 』 (マカ・アルバーン)


『ソウルイーター』DVD第6巻。 第20話・21話の出来があまりにも素晴らしくって大感動です!! マカたちが鬼神復活を阻止するという本筋の戦いは続いてるけど、そして22話・23話はちょっと停滞気味だったけど(笑)、マカにとって宿命の相手とも言えるクロナとの関係に決着がついたこの2話は、ホント良かったです。 シリアスな時も緩いギャグを忘れない『ソウルイーター』だけど、たまにこういう神懸り的なお話があるから止められません!! もーホント、五十嵐監督、大好きです!!(←りるは原作未読。 五十嵐ファンの為、アニメ版だけ細々と見てますw)



20話は、マカとソウルの絆がメイン。 特に、今までソウルと小鬼だけでやり取りされてきた「狂気」との向き合い方にマカが加わった 「脳内会議」 のシーンが、とにかく好きです。 私はずっと、この脳内会議の時だけ黒スーツを着用するソウルがカッコ良くてときめきっ放しなんですけど(笑)、でもそれって、普段とは違う衣裳を纏うことで自分を保つための「鎧」なんじゃないかと感じてました。 ソウルはいつもギリギリのところで「狂気」を退けてるからね。 そしたらマカも黒いワンピースドレスで現れてくれて、しかもめっちゃめちゃ可愛くってこれまたときめきっ放しだったんですけど(もういい・笑)、やっぱりある種の決意を表明するための正装だったと思うんですよね。 実際、二人が「狂気」の中で戦う場面では、いつもの服装だったじゃないですか。 なので、そんな二人が手に手をとってダンスを踊り、本心を分かり合う・・・というシーンに、並々ならぬ絆を感じてしまって大変でした。 

『…分かった、イイよ。 マカの好きなようにやりな。 お前がどれだけブッ飛んじまっても、武器として必ず引き戻してやるっ!!』
『・・リード、してね?』


あぁもう、ホントこの二人が大好きですよっ!!  ある意味、二人の絆を加速させてくれた小鬼には感謝ですね。 そして、大塚芳忠さんがめっちゃノリノリで演技されてますね!!(笑) 小鬼はまだまだ暗躍する…というよりは、ソウルが小鬼をいかに吸収するかっていう部分が大切になっていくと思うんだけど、「二人でいれば大丈夫」っていう絆を再確認させてくれたので、今後も楽しみですw 



22話は、ガチで戦いあい、理解しあうマカとクロナの関係に大泣きでした。 っていうか、メデューサ酷いよ…!!って、そこでも泣いてしまった。 だってクロナは、「おチビちゃん」を殺したくなかったのに…!! 私は無駄にドラゴン贔屓なので(何故・笑)、その時点でメデューサの敵認定度が一気に上昇しました。 もうやっちぇシュタイン博士!! と、応援にも熱が入るってもんです。 そーいえば、博士も良かったな。 マカ父のことを、呆れたように、でも大切なもののように「ふっ」って笑うシーンが好きでした。 


で、クロナ。 魂の空間の小さい姿がホントのクロナだったんですね。 クロナは、「おチビちゃん」を殺めたときから全然成長できてなかったんだ。 口癖の『○○との接し方が分からないよ』 っていう言葉、「本当は○○と接したいのに分からない」から言うんだよね。 誰かを分かりたい、誰かに分かって欲しい。 でもそれが出来ない「寂しさ」「孤独感」を、41回も否定した挙句にその感情さえ失ってしまったクロナが、どこまでも痛々しかった。 

『そっち、行って良い?』
『ちょっと、ダメだよ!! 線の中に入らないでよ、ここはボクの場所なんだ!!』
『線か…。 こんな線、カンタンに消せるじゃん!! …よし、消えたw』


スカートをぽふぽふする小さいマカちゃんが、マジ可愛かった…!!(力説!!・笑) そして、クロナ役の坂本真綾さんが神懸りな演技力を披露してくれてて、ホント素晴らしいっ!! 
もとい、本当はマカがやったみたいに、ほんのちょっと誰かが関わってあげるだけで消せる線だったのに、誰も気付いてあげなかったってことが、悲しかったです。 そう考えると、ずっと一緒にいるマカとソウルの関係ってやっぱりとても貴重だと思うし、ようやくマカとの出会いを果たせたクロナも良かったなぁってしみじみ思う。 乾いた心にマカという「海」が満ちるシーンは、本当に綺麗で良かったですw きらめく貝殻は「マカとの思い出」かな。 クロナの心にいつまでも残って欲しい風景です。


…って、「うんうん良かったね!!」って見てたら、あのED!! ふぇぇぇん、いつもと違って今回だけのちびマカ+ちびクロナ特別バージョンじゃないですかっ!!  この粋な計らいにまた一気にテンションが上がってしまい、再び大泣き(笑)。 俯くクロナの顔を覗き込みながら、掌をぴーんと伸ばして大きく腕を振って歩くマカが、とにかく可愛くって大変でした!!  いつもの、マカとソウルのラブコメチックな(笑)EDも大好きだけど、これもイイなぁ!!と、一人感心してしまいましたよ。 どこまで私の心臓を鷲掴みにするんだろう、五十嵐さん…!!


『何でも来いっ!! 私は、弱くたって怖くたって、ぶつかってやる!! クロナァァァァ!!』

それもこれも全て、第20話のマカの覚悟が導いたのだと思うと、いろいろ感慨深いですw この絶叫、小見川さんの演技力がすっごく良かったですわ。 マカは普通の女の子なのに、こんなにもスペシャルにカッコ良くって可愛くって。 大好きだなぁ!! あぁ、幸せ。 良いものを見ました…w  『ソウルイーター』は、敢えてくだらなく作るときとこういうときとのギャップが凄まじいですね。  DVD7巻、早くレンタルが旧作扱いにならないかなーw(←貧乏人の発想・笑)




ソウルイーター SOUL.7 [DVD]ソウルイーター・7  ソウルイーター SOUL.8 [DVD]ソウルイーター・8





Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


☆オススメ