『LaLaDX5月号(2009年)』の感想・前編

laladx5.jpg
『LaLaDX5月号(2009年)』

白泉社
2009.4.10/¥657(本体)






<感想>
表紙は、『桜蘭高校ホスト部』より、ハルヒとハニー先輩が出張出演。 今回、ハニー主演?の番外編読みきりも掲載されてますw ふろくも『ホスト部』ゴージャスシール。 せめてマグネットになっていれば冷蔵庫のチラシ貼りに使えるのになぁ(笑)。 
全体的には、ちょっと大人し目だったかな?という印象でした。 が、ところどころめっちゃ面白かった…w 特に新人さんにお気に入り作品が多かったのが嬉しかったです。
⇒『LaLaDX5月号(2009年)』の感想・後編 もあるよw


●天乃忍 『片恋トライアングル』
自分の気持ちにやっと気づいた葛西くんのキスは、関谷さんにショックを与えてしまう。 崩れてしまった三角関係に悩む葛西くんは、姫宮さんに相談をして…?

っていうか、姫宮さーーーんっ!!(大泣) 告白をスルーされるって相当なショックだと思うんだけど、それでも落ち込む葛西くんの隙につけいらない凛とした強さに、一緒になって泣いてしまいました。 良い子だよぉ!! 『悲しいカオしてるのはイヤじゃない』に、結城くんが『うん』って肯いたのは、多分彼も姫宮さんにそう思ったってことだよね。 笑顔になって欲しいって。 冒頭で関谷さんの泣き顔を見ても結城君はそんな反応を示してないんから、これはちょっと進展しそうな予感です。 どうなる、トライアングル!

それにしても…『明らかに踏む手順を間違ってます』とモノローグにまでツッコミされる葛西くんは、ホント不憫です(笑)。 関谷さんと修羅場って勢いで告白するシーンとか、ホント痛々しい…。 でもそんな彼が、「いっぱいいっぱいな自分」を「友達」に解ってもらうことで勇気を得て、『好きなんだ』ってリベンジするシーンは、天乃さんらしい真っ直ぐさがあってとても良かったですw うわぁ、今までで一番カッコイイ葛西くんを見たって感じ(酷い・笑)。 天岩戸から出てきた関谷さんも、素直で可愛かった。 
あ、今回の一番の癒しは、三角関係修復(って言うの?)後の、『関谷さんだーー』 『結城くんだーー!』っていう二人のやり取りでしたw 仔犬みたいで可愛いかったー。
⇒『片恋トライアングル・1』の感想


●田中慧 『ナイン・テン!!』
08年11月の『応援ファミリア』が心に残るお話だったので、今回の新作掲載がとても嬉しいですw しかも、野球ネタ!! ユニフォームな女の子っ!! 燃える!!(笑) …という訳で、野球部の監督に任命されちゃった内気な高校生女子がヒロインなお話デシタ。 私も野球大好きなので、天坂さんが一宮くんのフォームに惚れる気持ちとか、よく分かるなぁw そこから目が離せなくなってドキドキが募って…いう流れが、ちょっと唐突な感じはあったけど、好みですw  天坂さんの采配に応えるナインの信頼が嬉しく、一宮くんの渾身の投球がカッコよく、うれし泣きの天坂さんが女神のように可愛く(マジで!!)、どんどん良いチームになっていくんじゃないかなぁって思います。 もちろん、無自覚に、しかも臆面なくスキンシップ過多な(笑)一宮くんとの恋愛が一番気になるところですw 次回作も楽しみ!!
⇒『LaLaDX11月号(2008年)』の感想・前編


●槻宮杏 『てっぺん!』
尊の体にアザが兄の特徴と同じ事から、小鳩は尊と向き合えなずに倒れてしまう。 介抱した伊織にそのことを相談した小鳩は、彼の口から尊との過去を聞いて…。

楽しそうに尊をからかいまくる伊織さんにドキドキしました(笑)。 それにしても、甘いw 小鳩ちゃんと尊のすれ違いもそうだけど、伊織の小鳩ちゃんへの想いも、充分甘い。 ちゃんと大事にして、尊との仲も取り持って…彼女を見守る目の優しさが、何だかとっても良かったですw
でもやっぱり、今回は小鳩と尊でしょう~。 っていうか、小鳩ちゃんがまだ尊を「好き」だと自覚してなかったことにびっくりです。 今回かよ!!(笑) いや、そんな鈍い小鳩ちゃんに振り回されちゃう尊も可愛いので全然OKなんですけどねw お互いに真っ赤になりながらギューってするシーンに、幸せが詰まってて、何かもう、めちゃ甘でした。 ごちそーさま!!


●和泉明日香 『百鬼夜行ジュリエット』
穢れに侵された妖(あやかし)を祓うヒロインと、彼女に従う妖のお話。 ヒロインは可愛いしお話も良いんですけど、個人的に、長髪男子が苦手なんです…!!(笑) 2人もいたら無理です、ごめんなさいぃぃぃ!!


●萩尾彬 『シュガー☆ファミリー』
帝一の元に現れた母親が違うだけの「本物の妹」。 夕夏は動揺するけれど、先生は一見普通な様子。 けれど本心は複雑なようで…!?

前号でやっと自分の気持ちに気づいてくれた夕夏ちゃんだけど、今回も可愛かったなぁ…w(←盲目です・笑) 『今は私の兄(もの)よ』って啖呵をきるところなんて、以前からは考えられないっ!! だって全部、帝一のためなんだもん!! …それで自分が傷ついても、後悔よりも「妹」でいられなくなる方を恐れる夕夏ちゃんが、私は愛しくて仕方ないのです。 っていうか、もうただただ可愛いよ!!(笑)
でも夕夏ちゃん、何で気づかないかな…。 帝一にとって確かに「妹」は大切なものだったけど、『夕夏ちゃんがいるから』っていうのは、「本物の妹」よりも大切なものが夕夏ちゃんだっていうことなんじゃないのかなぁ…? 帝一はずっと前から、無意識のうちに「妹」より「夕夏」ちゃんを選んでると思うんだけどなぁ。
⇒『シュガー☆ファミリー・4』の感想


●辻田りり子 『笑うかのこ様』
次号最終回!って書いてあってびっくりしました。 雑誌的に、このお話を載せなくなるとは予想してなかったので。 そしたら最終ページの次号予告で「中学生編クライマックス」ってあったので、「あぁやっぱり」という感じ。 お話としては、ここ数号毎回書いてるけど、どーしても椿くんがかのこをどー思っているのかが知りたいです(笑)。 あと、父の会社のゴタゴタは、何かの(たとえば爽木さんの)陰謀とかなの?とか。  


●唐沢千晶 『幻想香人』
扉絵、殿下の金色の瞳がとても印象的です。 1枚絵は本当にキレイなんですよね(マンガだとちょっと苦手です)。 次回、最終回だそうですよ。


●高丸 恒 『赤ずきんと、恋する狼』
赤ずきんの子孫・レネ(男)と、昔赤ずきんに恋の呪いをかけられたウルフの子孫・アメリ(女)。 仲違いする家同士を尻目に仲良くしてきたけれど、恋をしたら狼に変身してしまうという呪いが二人を引き裂いて…?

フレッシュデビュー賞受賞作。 『LaLa4月号』で選評を目にしたときから、読んでみたくて仕方なかった作品です。 読めてよかった、面白かったよっ!! っていうか、想像以上に絵が好みだったのが嬉しいですw アメリの素朴な可愛さ、レネの野生的なカッコ良さが目を引く扉絵から、どんどん惹きこまれていきました。 「呪い」のせいで自分の恋を隠してきたレネと、そんなの関係なく「好き」を実感していくアメリが、強い想いで「呪い」を打ち砕くシーンとか、めっちゃ燃えました!! アメリにあんな表情をされたらレネも溜まらんよねー(笑)。 伝承が嘘(というか本心ではなかった)っていうのがちょっと伝わりづらかったけど、絵の力と構図の良さで押し切る勢いがある。 そしてとにかく、レネがカッコイイです!!(力説!!) 次の作品も楽しみだなw


●恩多志弦 『迷宮破りの花盗人』
フレッシュデビュー賞受賞作。 良縁を結び悪縁を絶つ、「縁」をテーマにしたお話でした。 すっきりした絵柄がとても上手で、なんとも読みやすかったです。 トシエちゃん(笑)の物語のベタさ加減が主人公たちよりむしろ好みでしたけど(笑)、面白かったです。


●十音 颯 『RED GIRL』
ベストルーキー賞受賞作。 か弱い外見に反して正義感溢れる女の子と、彼女を守って傷を負った過去を持つ幼馴染とのお話。 「強くなりたい」っていうヒロインの頑張りが、余計に彼の気を惹いてしまうっていうのがよく分かる「脚にキス」シーンにときめき!! その後の顔を近づけるところとか、ちょっと色っぽいくらいに良かったですw もちょっと読みやすくなると尚良しっ!!


●柏屋キクゾー 『嫁姑教室』
「絶対領域」が面白かったです。 とても他人事ではないもの…!!(切実)  ちなみに友達の旦那さんは、友達の「絶対領域」のことを「もったりさん」と呼んで愛でているそうです(笑。仲良しなんですよw)。

●羽山エム 『極彩ラビリンス』
微生物しりとりって…!!(笑) まず、その発想は私の中に一生生まれてこなかっただろうなw

  ⇒『LaLaDX5月号(2009年)』の感想・後編 へ続く!!


<感想拝読しました>
『土星のわっか』様 『雲職人の休息』





Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


☆オススメ