『LaLa5月号(2009年)』の感想

lala5.jpg

『LaLa5月号(2009年)』
白泉社
2009.3.24/¥381(税別)






<感想>
表紙は 『夏目友人帳』の夏目とレイコさんが、時空を超えて共演です!!(笑)。 あ、でももしかしたら、アニメ版でニャンコ先生がよくレイコさんに化けてるので、もしかしたらこれも…!?(えぇぇぇ!?)  ふろくは、『夏目』と『ヴァンパイア騎士』のドラマCDでした。 何となく、全体的におとなしめの印象で、次号に期待という感じです。 だって次号は可歌まとさんが再掲載っ!! 俄然燃えるというものですw  あ、新しい占いコーナーの挿絵担当が、真柴なおさんなのが嬉しいです!! 真柴さんのカワイイ女の子目当てで、占いに興味ないのに毎号チェックしそうな予感…(笑)。

ところで、藤方先生が体調不良のため『あぁ愛しの番長さま』が休載っ!! お体を大事にして頂きたいのも本心ですが、シュンシュン成分が不足してて寂しいのも本心です(笑)。 一日でも早いご快復をお祈り申し上げます。


●津田雅美 『ちょっと江戸まで』
え、あの手、食べたのかな…(ドキドキ!!)。


●藤原ヒロ 『会長はメイド様!』
次期生徒会選挙が行われることになり、美咲や幸村も立候補。 が、対立者がおらず盛り上がらない。 そんな二人の前に現れた候補者は、「幸村の主人」の叶くんで…。

選挙戦です。 男子ばかりの学校で美咲ちゃんが生徒会長に当選した根拠とか、1年からの支持のなさとか、ちょっとよく分からないよねこの学校(笑)・・・っていう、日頃目をつぶっている疑問を再燃させてる気がする話題ですが(笑)、それでも選挙戦です。 そういえば、私の中学時代はとある校則を撤廃するかしないかで、大盛り上がりだったことを思い出しました。 そう、大切なのは「やる気」だと思う。 美咲ちゃんが言ってた「優秀な人材で繋いでいく」っていうのは、分かる。 分かるけど、この頃の生徒会は、やる気>優秀、だと思うんですよねー。 本当は、美咲ちゃん自身がその辺のことに気づいたら、学校のまとまりももっと良くなるのかなって、今回読んでて思いました。
まぁそれよりも、碓氷と美咲ちゃんの手繋ぎシーン(?)にドキドキですw
 ⇒『会長はメイド様!・6』の感想


●葉鳥ビスコ 『桜蘭高校ホスト部』
植物園を訪れたホスト部一向。 やる気のないメンバーに怒るハルヒだけれど、鏡夜先輩はとある疑念を抱いているようで…。

もう爆笑でしたw 高枝切りバサミを何に使う気なのかっ!?とか、何気にキャラかぶってる光と環先輩とか、「ニュー環」の新設定はホントいらんわ!!とかも良かったけど、何よりも「しいたけ栽培キット」に大笑いでしたw(笑)。 やっぱり好きだ、ハルヒw 靴下の値段が常に3足980円だということで皆に失望されてたハルヒだけど、私たまに、5足で1050円の時とかあります…(ぇー)。 環先輩は環先輩で、ハルヒへのラブが加速しっぱなしなところとか、見ててにウザ…じゃなかった、微笑ましいですw(ニッコリ)。 もう本気で光が不憫でしたよ(笑)。 須王本家からのプレッシャーがハルヒの身にも伸びて来たみたいなので、環ものんびりしていられなくなりそう…。 そして、鏡夜先輩も活躍してくれそうっ!!(重要) 次回も楽しみですw
 ⇒『桜蘭高校ホスト部・13』の感想


●緑川ゆき 『夏目友人帳 (帰る場所の章・後編)』
藤原夫妻との出会いを描いた過去編の後編でした。 夏目が自分で望んで藤原夫妻の家に行ったという事実がとても嬉しく、同時に、「あの人達のところへ いきたい」という夏目の決意に、泣きそうになりました。 ずっと理解者がいなかった夏目にとって、塔子さんの優しさを実感したあの瞬間こそ、自分はずっと寂しかったんだという事実を受け入れた瞬間なんじゃないかと思いました。 だから、一歩踏み出せたんじゃないかな。 
夏目が日頃、頑ななほど「あやかしが見える自分」を塔子さんたちに気取られないようにしてるのも、今回の話を読むともの凄く納得できる。 絶対に守りたい場所なんだよね…。 そんな夏目と、夏目が大事にしてる家族を、ニャンコ先生が守ってくれたっというのが、もうホント良かったです!! 「今のこいつは…」っていうのも深い。 先生は、夏目の変化に気づいてるんだね。 二人が出会った頃の、まだ寂しさの方が強かった夏目との違いを、分かってるんだよね。 どこまでも温かいお話でした。
 ⇒ 『夏目友人帳・5』の感想


●にざかな 『4ジゲン』
「ふ○り」が多すぎる!!(笑) っていうか、スズメ売りって何だ…。


●田中メカ 『キスよりも早く』
おじいさんと和解できた文乃と先生。 だけど、海外から文乃の叔父が帰ってきたことで、二人の関係にも変化が…?

扉絵の、春めくブンちゃんが可愛くって可愛くってw 指輪のネックレスも輝いてて、きっと彼女の視線の先にはまーくんがいるんだろうな。 そのくらい特別な可愛さがある。 …なのに、そんな二人をどーして他の人は引き離そうとするのかなっ。 叔父さんは「そんなカンタンじゃねーだろ、結婚つーのは…」と、どうも過去に何かあったっぽいけど、それが分かってるなら、ブンちゃんとまーくんの結婚生活だってカンタンじゃなかったことくらい想像つくんじゃないのかー!! …と、りるさんは多少お怒りモードでございます。 同居は駄目、度を越したスキンシップも駄目…って、じゃぁ結婚して家族でいる意味は何? そもそも大してスキンシップしてない夫婦なのに(←言っちゃいけない!!・笑)。 ちょっと、ここはブンちゃんとまーくんに頑張ってもらわないと!!
でも。 叔父さんに抱きつく鉄兵くんは、めっちゃ可愛かったなー。 そうか、こんなに私がお怒りなのは、叔父さんの顔が鉄兵くんに似てるからかもしれない。 その顔で、そんな哀しい事言わないで!!
 ⇒『キスよりも早く・2』の感想


●呉由姫 『金色のコルダ』
呉先生の絵柄は本当にキレイだなぁ…と毎回惚れ惚れしてしまいます。 扉絵の土浦っちも色気があって良いですねw 今回、香穂ちゃんに呼ばれて振り返るシーンの表情が、実は一番お気に入りだったりします。 何て無防備な!!(笑) 香穂ちゃんと土浦くんの会話は、何だかお互いに「自然」なところが凄く好きw あぁもう、ここで決まれば良いのにっ!!(笑)
で、「日野のことを考えている場合ではない」と言いつつ気になりっぱなしの月森(笑)が、やっと留学のことを香穂ちゃんに告げたことで、彼女の気持ちに変化が訪れたりするのでしょか!! 正装で跪いて足をとられて、真っ赤になる香穂ちゃんが可愛くって仕方ないんだけど、全く意に介さない月森の天然タラシっぷりも可愛かったですw(ぇー。 


●弓きいろ/有川浩 『図書館戦争 LOVE&WAR』
稲嶺指令と共に、不審者に連れ去られた郁。 彼らの救出に向う図書隊。 その中で堂上は、5年前に郁と出会ったときのことを思い返していた…。

・・・・・・。
郁ちゃんがカワイすぎるーーーー!!
堂上教官がステキすぎるーーーーーーーー!!(笑)
あぁ、もうダメ、本当に大好きです弓先生っ!! この緊迫した内容でこんなに素敵なラブコメに仕上げてくださってありがとうございますっ!! 堂上が思い出す郁ちゃんの姿は、5年前も再会した時もハートを抱えてるときも、どれもホントに可愛いの!! それって、彼の中の郁ちゃんが可愛い存在だからなんだよね。 そういう気持ちが画面からビシバシ伝わってきます。 抱き合うシーンもとても良かったけど、個人的に一番お気に入りだったのは、堂上が男を殴った後、息切れ状態の彼と郁ちゃんの視線がやっと合った場面。 やっと会えたとか無事で良かったとか、言葉にならないいろんな感情が凝縮されてて素敵なの!! 一人で身悶えてしまいましたw そして、いつもグッジョブ!!な小牧教官も大好きです!!(笑) あぁ、良いものを読んだ…w
 ⇒『図書館戦争 LOVE&WAR ・3』の感想


●草川為 『龍の花わずらい』
シャクヤの気持ちもルシンの気持ちも届いてきたけど、今回はもうルピナとキコクさんに全てを持っていかれました。 思わず泣いちゃったよ~!!(泣) キコクがルピナの弟の危機に居合わせたことも、バナナの皮の妨害もなく(笑)無事に助けられたことも、やっぱり運命なんじゃないの? ルピナが彼に向けた可愛い笑顔には、オアシス同士の争い何か関係なく、ただ純粋にお礼を言えることの嬉しさが詰まってるんだもの。 ルピナはきっと、ずっとこんな風に何の境界もないキコクと話がしたかったんだと思う…。 ただ微笑み合える、そんな日常がちょっと欲しかったんだと思う。 それはキコクも同じだったんだ。 あんな台詞が彼の口から聞けるなんて、思ってなかった。 あぁ、すっごく切ない!! もうホントに、シャクヤは幸せになって!! 自分のことよりシャクヤの幸せを願ったルピナのためにも、難しいことは全部取っ払って、ただシャクヤが想う人と幸せになって欲しいです…!!
 ⇒『龍の花わずらい・5』の感想


●時計野はり 『お兄ちゃんと一緒』
最終回でした!! カラー扉絵が多分オールキャストな上にウェディングだったので、桜ちゃんが可愛いこと!! 正兄ちゃんも幸せそうで、よいイラストでしたw 内容的には最後の締めという感じだったので、前号のようなトキメキはなかったけど、なんていうかもうホントお幸せに!!です。 先生、ありがとうございました!!


●高木しげよし 『フィルムガール』
超地味な元・子役モデルのヒロインと、彼女に憧れて芸能界に入った現・カリスマモデルな少年とのお話。 雰囲気ある絵を描かれる方ですよね。 自分を平凡だと思い込みたい女の子の心の扉を、強引な男性がこじ開けていくというパターンは、既刊『花にアラシ』で読んだので、違うテーマのものを見てみたいかなーと思いました。 


●野切耀子 『君が光』
ゴールドデビュー賞受賞作。 扉絵とタイトルがとても魅力的。 ヒロインが自転車で走るシーンとか、絵も上手で見惚れてしまう。 これが受賞作かぁと感心してしまいました。 ただ、お話自体は『LaLaDX』などで何度も見かけたパターンだったので、白泉社さん向きといえば向きなんだけど、この人だけの何か輝くものをもっと見たかったなぁという印象でした。 


●柏屋キクゾー 『嫁姑教室』
久々の!! 及川くん登場です!! 彼が登場しないと寂しくてダメです(笑)。 毎回1本でもいいから載せてくれると嬉しいなぁw 








・前号 ⇒『LaLa4月号(2009年)』の感想

<関連サイト様>
●感想拝読しました・・・4/2『fire sign』様 『のんびりまったり雑記帳』様 『ぐだぐだまんがにっき』

    LINK
    




Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ