『龍の花わずらい・6』の感想

img20090308.gif
『龍の花わずらい・6』

草川為
白泉社花とゆめコミックス
2009.3.10第1刷発行/¥400+税






『 怒れ シャクヤ 』


<ご紹介>
『LaLa』に掲載された第27~32話と、描き下ろし『ルシンの青い春』を収録。 オアシスを護る龍の末裔・シャクヤを巡る三角関係は二転三転!! 怒涛のドラゴンファンタジーです。
大好きだったクワンの裏切りにショックを受けたシャクヤ。 アマランス達の企みは潰えたものの、自らに宿る龍の力が様々な事件を招いたという嫌悪感から、力を使うことが出来なくなってしまう。 けれど「本当の敵」がこの好機を逃すはずがなく、シャクヤの知らないうちに確実に魔の手が近づいてきていた。 危機を察知したルシンは、シャクヤの力を取り戻すべく、彼女への恋心を犠牲にして大博打を打つが…!? 


<感想>
この上↑に掲げる一台詞を選ぶために、毎回わりと悩みます。 紹介する1冊の中で一番想いが強いと感じたものを(勝手に)選んでるのですが、今回は何も迷いませんでした。 頑張ったね、ルシン。 「優しくしたい」という想いとは裏腹に、感情を押し殺してシャクヤに触れた彼の行動からは、どこまでも純粋なシャクヤへの想いだけが伝わってくる。 ルシンにとってシャクヤへの恋情というのは、長い間ずっと、生きる支えそのものだったわけで。 秘め続けた情熱もやっと培った信頼も、全てを擲ってシャクヤを救った彼の想いが、シャクヤに届いた32話のラストは、本当に泣かされました。 うぅぅ、良かったねぇ!!


そんな訳で、裏切ったクワンが何故かカッコ良さを更に増し、シャクヤを支え続けるルシンが何故か不憫さをどんどん増していった第6巻(笑)。 またもや表紙が美しくって大好きです!! しかし、どんなシチュエーションなんだろうこれ…。 ルシンがシャクヤに直接触れていないのに比べ、ちゃっかり素肌に触れてるクワンがさすが過ぎます(笑)。 私は本編でもシャクヤのこの髪型がとてもお気に入りだったので、カラーで見れて幸せw うん、やっぱり可愛いです!!


今まで一見協力体制をとってきた西方領主が遂に正体を現したわけだけど、どうやらシャクヤ達のオアシスからも裏切り者がいるみたいでさあ大変。 状況はどんどんシリアスになっていく中でも、裏切ったクワンとルシンの間で揺れるシャクヤの女心をしっかり描いてあって、何だかいろいろドラマチックです。 クワンへ残る幼い恋心。 ルシンに新しく抱く優しい感情。 シャクヤが何を選び、何に選ばれ、どう生きていくのか。 クワンとアマランス、ルピナとキコクの関係にもいちいちドキドキしてしまうし、これはホントに続きも楽しみ!! とりあえず、侍女ブログにまでキングオブ不憫のように書かれてしまったルシンが、少しでも幸せになれますよーに!!(笑)


以下、各話語りです。 『LaLa』感想に相当マジメに書いてるのでご参照くださいw
・第27話 ⇒雑誌時感想
クワンについて思うところは雑誌の方で。 ルシンの『骨抜きにしてやれたらいいのに』は本当に優しすぎて、何度読んでも心に響いてきます。 こういう不憫な台詞ほど響くから可哀想なんだよな…(酷い・笑)。 でも、そんな所が安心できますw シャクヤを励ますルピナだけど、逮捕されるキコクをじっと見つめるシーンを見ると、彼女のショックも大きいのが分かります。 毒舌ツッコミが得意だけど(笑)、彼女も一途でイイ子だよねw

・第28話 ⇒雑誌時感想 
領主の館にいるので、背景の描きこみが素晴らしいんですよね!! アーチ状の廊下にある六角形の窓枠にトキメキました(笑。建築好きなんですw)。 領主からシャクヤを庇うルシンが珍しくカッコ良かったけど、決まらないところがルシンらしいです(笑)。

・第29話 ⇒雑誌時感想
『シャクヤは見ての通り 好きなんですよ俺のことが』とカッコつけてみたけど、『す、好きなんですよ』と噛んじゃうところがルシンだよねー(笑)。 池のシーンは、やっぱり大好きで何度も読んじゃいましたw

・第30話 雑誌感想なし
表紙の感想でも書いたけど、今回の扉絵でもクワンはちゃっかりシャクヤの素肌に触れてますね!!(笑) たとえ牢の中でも、ルピナが生きているキコクと再会出来て本当に良かったです!! 気落ちするルピナに『…大丈夫?』と気遣うキコク。 反対に、彼の故郷への想いを『お察しします』と受け入れるルピナ。 大事なものは確かに違うけど、何かを大事に出来るふたりだからこそ、やっぱり幸せになって欲しいと強く思いました。 虎大活躍!!(笑)

・第31話 ⇒雑誌時感想
雑誌感想が全てです。 あぁぁぁぁぁぁぁ!!(絶叫っ)

・第32話 ⇒雑誌時感想
ルピナのピンチに「あっ」となるキコクさん。 地味ながらも好きなシーンですw ルシンの行動を誤解してショックを受けるシャクヤに、『…強引に?』と問うた時のクワンのブラック度が素敵でした!!(笑) 独占欲はまだ健在ですねw でも、シャクヤがルシンの真意にあんなに早く気づけたのって、やっぱり彼女が彼をずっと信頼してきたから、なんだよね。 ラストの彼女の恥らう表情を引き出したのは、紛れもなくルシンの愛情なんだ!!

・『現代版 龍の花わずらい~ルシンの青い春~』 描き下ろし
制服でも超カワイイー!!(笑) 警察署に「この顔に110番」と書かれてしまったキコクさんが不憫です!! ルシン以上に不憫な目にあう人がこのマンガにいたなんて!!と思いました(その感想もどうなの・笑)。 あと…やっぱりクワンの存在感って素晴らしいですね。 私もてっきり「警察」で登場するかと思ったのに、より黒い登場の仕方でしたもの!!(笑) 嘆くルシンを励ますでも、友を追いかけるでもなく、ただルシンの背中を写メするルピナも、ある意味最強ですが(笑)。 面白かったですーw  


・前巻 ⇒『龍の花わずらい・5』の感想
・関連 ⇒『十二秘色のパレット・6(完結)』の感想



<関連サイト様>
●感想拝読しました・・・『fire sign』様 『46』
オンライン書店【ビーケーワン】・・・『龍の花わずらい・6』をbk1でチェック!!
●Amazon
龍の花わずらい 5 (5) (花とゆめCOMICS) 龍の花わずらい 4 (4) (花とゆめCOMICS) 龍の花わずらい 3 (3) (花とゆめCOMICS) 龍の花わずらい 2 (2) (花とゆめCOMICS) 龍の花わずらい 1 (1) (花とゆめCOMICS)

十二秘色のパレット 5 (5) (花とゆめCOMICS) 十二秘色のパレット 4 (4) (花とゆめCOMICS) 十二秘色のパレット 3 (3) (花とゆめCOMICS) 十二秘色のパレット 2 (2) (花とゆめCOMICS)




Loading...

>遠子さん

コメントありがとうございましたw

>ちなみに私はルシン派♪

はい、私もルシン派でした。 そりゃもう、シャクヤにはルシンみたいに一途な人が似合うでしょう!!

・・・と思うんですけど、クワンがめちゃくちゃカッコイイんですよ!!(笑)
愛されてみたいですね、クワンみたいな人に。 ややこしいんだろうなぁ。

>だけどルピナとキコクの恋愛のかたちが、私としては妙に惹かれます

私もです。 ルピナとキコクにはぜひ結婚してつり目な子供をもうけて欲しかったです。

>切ない恋って、大好きです。

切なくどうしよもうないからこそ、愛しいんですよね。
大事にしたい気持ちです。


またまた遠子です

草川さん、イイですよね^^

ちなみに私はルシン派♪

がんばれ、ルシン!

だけどルピナとキコクの恋愛のかたちが、私としては妙に惹かれます。


切ない恋って、大好きです。

なんか胸が苦しいのに、甘くて・・・


私もそんな恋、してみたい。

りるさんはいい恋してますか?

Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ