『LaLa2月号(2010年)』の感想

lala1002.jpg
『LaLa2月号(2010年)』

白泉社
2009年12月24日/¥381





<感想>
表紙は 『桜蘭高校ホスト部』 より、環先輩と鏡夜先輩。 いつもと雰囲気違う?と思ったら、カラーが手塗りだ!! 個人的に、葉鳥さんのカラーは手塗りの方が好きなので嬉しいですw 巻頭カラーは 『夏目友人帳』 。 ふろくは 「ニャンコ先生つるふかポーチ」 でした。 今号特に気に入りったのは、 『狼陛下の花嫁』 『百年恋慕』 『夏目友人帳』 『図書館戦争』 。 ずっとドキドキしてましたよ♪


●緑川ゆき 『夏目友人帳』
<偽りの友人の章・後編> 3回読んで、3回とも泣いてしまった。 前号の感想で書いた、 「何故柴田を誑かすの?」 の答えは、楽しくてずっと一緒にいたかっただけという、私が予想していた中でも一番 「優しい」 ものでした。 村崎の正体を信じたくなかった柴田だけど、夜の公園で腕だけ見せる不自然さには、さすがに気づいたはず。 その時の彼の表情の切なさに胸が痛くなったけど、でも、そこに嘘があっても、 『会いたがってる』 気持ちは本当だって思えた柴田はすごく素敵だった。 最期、まるで宝石のように輝いて消えた村崎は、きっと綺麗な存在のまま散りたかったんだろうな。 その女心あっぱれ!!ってまた泣けました。

夏目が柴田に向けた 『信じてくれ』 って言葉……きっと、本当に信じて欲しかったんだと思う。 それなのに、自分はいいから村崎を信じてやってくれって言えちゃうところが、夏目の不器用な優しさなんだよね…!! その優しさが柴田に届いたラストシーンは、だから本当に嬉しかった。 夏目が妖怪たちと築いた絆や、妖怪が見える田沼くん達と培った信頼が、夏目の中で少しずつ自信になっていったから、妖怪が見えない柴田にも積極的になれたんだろうな。 読んでいるだけでいろんな想いがよぎる、素敵なお話でしたw


●藤原ヒロ 『会長はメイド様!』
とりあえず、アニメ版キャストがドラマCD版と変更になったことがショック…。  『LaLa』 の場合、 『夏目』 みたいにドラマ版が繰り上がる場合と、 『ホスト部』 みたいに全変更になる場合があるけど、今回は後者でした。 まぁ両作品ともアニメ良作だったからOKだけど。 ちなみに、美咲=藤村歩さん、碓氷=岡本信彦さん、です。

さて本編。 最近カッコイイ系の美咲ちゃんが多かったので、碓氷と絡む可愛い系の美咲ちゃんに、私がメロメロでした(笑)。 やっぱり彼女は碓氷といる時が一番可愛いんだよ、悔しいけど!!  『ここで本当に一発くる』 ところが、めっちゃ可愛いポイントです。  だって、 「殴る」 のも 「大嫌い」 も彼女が碓氷に向ける感情の全てが、碓氷への 「大好き」 が根源にあるからなんだもん、可愛いすぎますw  何度も書いてる通り、私は碓氷のバックボーンには全く興味がない (笑) のだけど、美咲ちゃんが自分の気持ちとどう折り合いをつけるのかが見たいです。


●樋野まつり 『ヴァンパイア騎士』
『僕にはミソッカスに見えるが枢様の妹君だぞ!』 を読んで、 「……ミソッカスって数年ぶりに聞いた…」 と思いました。 藍堂センパイのボキャブラリーは、いつも結構魅力的です(笑)。


●葉鳥ビスコ 『桜蘭高校ホスト部』
雑誌の表紙も扉絵も鏡夜先輩尽くしで、とても幸せw あと、どんな状況でも萌え要素を探せるレンゲちゃんがエライ。  「そっち系」 って…(笑)。 あとモリ先輩、 「ハルヒの手料理」 と聞いて、山盛りの白いご飯を想像するのって… (爆笑)。

というボケパートはともかく、物語の展開としてはずいぶん急でしたね。 せめて、理事長と鳳社長の関係は事前に匂わせておいて欲しかった。 理事長の狙いは、私が前号感想で書いたとおり 「家族が一堂に会する」 ことで正解。 でも、そこに会長は含まれていないところが環先輩と志を異にする部分……とハルヒ達は解釈したけど、ホントにそうなのかな? 会長が失脚したからといって、それがマイナスの意味だけだとは思えないんだけど…。 例えば、今は会社にしか向いていない会長の目に、もっと 「家族」 が映るようになる…とか。 私は理事長の狙いはソコだと予想してるんだけど、果たしてどうなのかな。 そして環先輩がどう動くのかも、楽しみですw


●時計野はり 『学園ベビーシッターズ』
カラーの扉絵は、見ているだけで心が温かくなる素敵な仕上がりです。 この作品らしくて大好き!! そして、着ぐるみを縫ってくれた兎田さんが素晴らしく、犀川さんが虎太郎にかぶせる 「もじゃもじゃ」 を持ち歩いてるところも素敵ですっ。 この前の 「お可愛らしい」 妄想は本気だったのか犀川さん!!(笑) 兎田さんが、 「どれだけ待っったってあいつらにはママのお迎えなんか来ない」 って、きちんと竜一くんのことも含んでいるところが優しいと思うんです。 竜くんは弟のことばかり心配してるけど、おばあさんも含めて大人達は、彼のそんな不器用さをきちんと見てくれてるんだね。  「頭なでなで」 、嬉しかっただろうなw


●弓きいろ/有川浩 『図書館戦争LOVE&WAR』
だーかーら!! どれだけ私の心臓を鷲摑みにすれば気が済むんですか堂上教官……っ!! 郁ちゃんの手からチョコを噛み奪うシーンで、私は悶え死ぬかと思いました (本気・笑) 。 強情なまでにチョコ返さないのも、ゴーインなやり方も、ちょっと怒った表情も、彼が抱えるもどかしさから来ているのかと思うともうダメです。 あぁ、ホントにめろめろ… (←重症・笑) 。 郁ちゃんも、教官にチョコをあげたいような、でも見劣りして嫌だとか、随分感情が育ってるみたいで何とも可愛いw お話としては単なる 「次」 への繋ぎなんだけど、それを感じさせない素敵なラブコメに仕上がってて、ホント弓先生はすごいなぁ。 もう、大好きですっ!! あ、雪を見たときの郁ちゃんは、うちの犬と同じ反応でした。 さすが犬…(笑)。


●呉由姫 『金色のコルダ 特別編』
志水くんがコンクールメンバーをどんな風に紹介してるのか、手紙の全文が読みたかったなーw 眉を顰めて 『離れて…』 って、凛々しい志水くんがすごく新鮮。  『香穂先輩 かわいいわね』 という言葉が志水くんの中に浸透していったのが良かったです。 


●一ノ瀬かおる 『未少年プロデュース』
巴先輩が登場してからこの作品面白いんですよねw 何ていうか、カーコちゃんあってのコウセイだって全部見抜いた上で、勝負を仕掛けるところとか好きですねー。 コウセイから受けた挨拶を、敢えてカーコちゃんに返して彼を嗾けたかと思えば、 『"本番"が上手くいかなかったんだろ…』 って理解してるのがイイです。 カーコちゃんとコウセイは勝負を挑んだつもりが、実は巴先輩の掌の上だということに、いつ気づくのかな? その辺が楽しみです。


●なかじ有紀 『純愛ラビリンス』
ヒロイン・羽美ちゃんの親友、澪ちゃんが今回のメイン。 澪ちゃんから見ると、ウミちゃんは十分 「兄に恋」 してる状況なんですね。 本編を読んでてその辺がイマイチ伝わってこなかったので (そうだと思ってたけど確証が…) 、親友目線で確定したことが、物語展開として良かったのか悪かったのか…。 あ、樺島さんとの恋模様はすごく可愛くて良かったですw 私も樺島さん派(笑)。


●可歌まと 『狼陛下の花嫁』
今月号もやっぱり面白い!! 実は好きなものは最後に食べる主義なので、この作品も一番最後に読むことにしてます(笑)。
前号までの事件が一段落しても、夕鈴は執務室で頑張ってるんですね。 おかげで陛下の視線ひとつにドキドキする 「病」 が悪化してると悩むわけですが、そんなところも可愛いな!!(笑) 可愛いといえば、 「ゆー りん?」 と上目遣いな陛下が妙に可愛い…。 そうやって硬軟使い分けるから夕鈴がときめいちゃうんだって、分かっててやってるなら凄いです(笑)。 掃除婦に化けた(?) 夕鈴に一目で気づくシーンには、私、無駄に身悶えました。 陛下の夕鈴センサーは絶品なんだぜ(笑)。 

李順さんは今回もさり気なくキツイこと仰ってたけど、実際彼が危惧していたように、陛下は 「妃らしい妃」 より 『君がいいよ』 と夕鈴を選んじゃった訳です。 夕鈴も、自分らしい生き方よりも陛下のためになる存在になりたいと願った訳です。 随分止められないところまで育ってきている二人の関係に、私はドキドキしっぱなし!! 夕鈴を抱き上げる場面はドキドキしすぎて泣きそうでした(笑)。 次号も楽しみですw 


●真柴なお 『百年恋慕』
まさかの続編、そしてまさかの第3弾決定、すごく嬉しいです!! 真柴さん好きー。 今回も、エヴァのドレスとか髪飾りとかのデザインがすごく可愛くて、見ているだけで幸せw 眼福ー。
百年変わらなかったエヴァが、ルイスに恋をしてどんどん変わろうとしているのが本当に好きです。 彼女の止まっていた時間は決して無駄ではなかったんだな。 ルイスと会うために、 「変わる」 原動力となるために、あの時間は必要だったんだと思います。 エヴァの自慢がルイスなら、ルイスの自慢もエヴァなんだっていうのが表情から伝わってきて、ホント、可愛いくて強いカップルだよねw 綺麗事だけでは政治は出来ないだろうけど、そういうのを信じる王様でいてください。 次回も楽しみ☆


●響ワタル 『おいらんガール』
高尾の正体はそれしかないという感じで、先の展開は読めてしまうお話だったけど、楽しく読めました。 響さんの作品ではこれが一番好きかも。 こういう、お約束展開が個人的にはツボなのですw でも、続かなくていいかな(笑)。


●次号予告
1/23発売の3月号は、草川為 『八潮と三雲』 の第2弾と、石原ケイコ 『氷結キスメット』 が読みきりで登場。 予告カットの三雲がすでに可愛いです(笑)。 石原さんも安定して面白いので楽しみー。 『ヴァンパイア騎士』 『純愛ラビリンス』がお休みで、『キスよりも早く』 『ちょっと江戸まで』が再開。 







Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


☆オススメ