『アネットと秘密の指輪 お嬢様と花のワルツ』の感想

img20090302.jpg

『アネットと秘密の指輪 お嬢様と花のワルツ』


雨川恵・著/風都ノリ・画
角川ビーンズ文庫/2009.3.1/¥476(税別)





「あたしはまともじゃないから、そんなことどうだっていいわ。 でも、貴婦人っていうのは、よっぽど見る目がないもんなのね。 使用人だろうが何だろうが、それがどうだって言うの? ――あたしのリチャードは、すっごく恰好いいんだからね!」
力一杯言ってやった。 目の前のシャーロットが唖然とする表情を見て、アネットは少し溜飲を下げる。 使用人だろうが執事だろうが、それが彼を好きなことと何の関係があると言うのだろう。 好きになったのは使用人でも執事でもない。 名前も知らないまま出会った、彼女が貧民でも女伯爵でも変わりなく優しくしてくれる――リチャードのことが好きなのだ。



<ご紹介>
『アネットと秘密の指輪』シリーズの第2弾。 何とかお嬢様らしくなろうと奮闘するアネットにふりかかる騒動と、恋とお嬢様修行(笑)を描いた物語です。 
伯爵家の継承を世間に知らしめる王宮での接見会も無事終わり、アネットもいよいよ社交界デビュー!! 執事のリチャードに厳しいダンスの特訓のおかげで、ユージンの実家で催された夜会で王太子殿下とのワルツも(何とか)こなしたアネットは、優美な庭園で美しい「妖精」と出逢う。 『彼の側にはいないで』と敵意をみせる「妖精」さんは、けれど何者かに誘拐されてしまう。 当然のように追いかけるアネットだけど、どうやら先の王位継承に関わる遺恨が原因のようで…。


<感想>いやもう、相変わらず表紙からして麗しいw 風都ノリさんのイラスト、大好きです!! アネットの髪が少し伸びて、いろんな髪型が見られるのもツボ。 そして、あの髪型もこの髪型もリチャードが作ってるのかと思うと、更にツボですっ(笑)。 ビーンズ文庫はコバルトよりも挿絵が多いのがありがたいですねw


さて、いよいよ社交界デビュー。 華やかな舞台のはずなのに、水面下のアヒルのバタ足みたいにアネットが頑張ってる姿だけが描かれています(笑)。  リチャードまでもが無自覚にスパルタだったし(笑)。 アネット、王宮に赴くのも夜会に参加するのも、相当気力体力が必要だったと思うんですよ。 いつもいっぱいいっぱいなのに、それでも「リチャードと一緒にいたい」「ユージンの期待に応えたい」という純粋な気持ちで頑張れちゃうのが、アネットの良いところ。 読むたびに微笑ましくなるんですよねw 優しくしてくれた王宮の侍従にお礼を言うシーンや、楽団員と「戯歌」を歌うところ、どれもアネットが持つ朗らかな魅力がいっぱいでした。 周りに人が集まってくるのも、すごくよく分かる。 うん、良い子だなw


で、今回は表紙の通り、ユージンが大活躍。 彼が当たり前のように話すキザな褒め言葉(笑)が大好きな身としては、この活躍が楽しくて仕方ありませんw アネットの初めての夜会に自宅を選ぶ優しさとかは、何だか私も嬉しかったです。 絶対コイツ女性にもてるよねと思ってたら、妹にまでモテモテでした(笑)。 アネットとの結婚を周囲に画策されてるみたいだけど、ユージン的にもアネットのことは、恋愛じゃなくても可愛いはず。 リチャードがいなかったらその流れもあったかもしれないけど、結局この人、二人のことが大好きなんだろうな。 イイ奴ですw  


そしてリチャード。 ユージンの気遣いに応えたいというアネットの頑張りを、何だかちょっと曲解しちゃったのは、彼の中でもアネットへの気持ちが育ちつつあるから…だよねっ!? いちいちイヤミったらしくユージンの名を持ち出してはスパルタクスになるリチャードを想像して、かなり笑ってしまいましたw ラストでアネットとリチャードが手を繋ぐシーン。 やっぱりイマイチ噛み合ってないけど、お互いが出来る精一杯で相手を思いやっていて、微笑ましかった。 ちょっとでもアネットから目を離せなくなってきているリチャードが、目一杯可愛かったですw


物語的には、リチャードにも関係のある先王派と現王派との争いが明確になってきて、それがアネットの身にも本格的に降りかかってきた感じ。 王太子殿下なんて大仰な人が登場したなぁと思ってたらそこに着地するのか!!と、雨川さんのストーリーテリングに脱帽です。 う~ん、リチャードを匿うアネットと親しくしてるユージンも、現王派の急先鋒である実家との板ばさみになりそうな予感。 リチャードも、アネットがローズウォール公爵家に招待されたこと=結婚話、としか読めていないので(恋は盲目?・笑)、疑われてる現状にちょっと不安があります。 でも、ドキドキしますこーゆーの!! この作品は、お嬢様修行という可愛い部分と、王位継承を巡る骨太な部分が、アネットのリチャードへの恋心で結びついているところが上手なんですよね。 次回も楽しみですw

・次巻 ⇒『アネットと秘密の指輪 お嬢様とロンドン塔の王子』の感想
⇒2作目 『アネットと秘密の指輪 お嬢様と謎の貴婦人』の感想
⇒1作目 『アネットと秘密の指輪 お嬢様のおおせのままに』の感想



<関連サイト様>
●感想拝読しました・・・
オンライン書店【ビーケーワン】・・・『アネットと秘密の指輪 お嬢様と花のワルツ』をbk1でチェック!!

●Amazon
アネットと秘密の指輪  お嬢様のおおせのままに (角川ビーンズ文庫) アネットと秘密の指輪  お嬢様と謎の貴婦人 (角川ビーンズ文庫) アダルシャンの花嫁 (角川ビーンズ文庫)





Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ