『LaLaDX3月号(2009年)』の感想・前編

laladx3.jpg

『LaLaDX3月号(2009年)』

白泉社/2009.2.10/¥657(本体価格)






<感想>
表紙はアニメも絶賛放映中(観れてないけど・泣)の『夏目友人帳』。 不敵な笑みの斑先生がカッコイイ!! とてもふろくのマグネットと同じ生き物とは思えません(笑)。 
何度か書いたけど、今月号は本っ当ーに面白くって、心が癒されましたw 感想は順不同です。 ここにない作品の感想は、『LaLaDX3月号』の感想・後編 をご覧くださいw


●橘裕 『うちのポチの言うことには』 
高月花織には、ひと時も離れず守ってくれるお庭番・ポチ(本名・戌井遥)がいる。 それは花織も知らない彼女の能力によるのだけど、冷たくて優しいポチとの距離感が掴めない花織は戸惑ってばかりで…。

カラー扉付きの新連載、になるのでしょうか。 はい、こーゆーのが読みたかったです!! 『かな、かも。』がちょーっと物足りなかったので、めちゃめちゃ満足。 何ていうか、橘さんにはメロメロに甘くて、でも意地を張っちゃうような関係がやっぱりよく似合うのです。 『俺のお嬢様』とか『はるか、すきぃ』とか名前を呼ばせたいポチとかに、いちいち萌え萌えでした(笑)。 あんたらラブラブ過ぎるっ!!(笑)
それでいて、得意の「少女性」と「女」の対比とか、女性ゆえの強さとかもちゃんとある。 すぐ泣いて喚いて…っていう未熟さと、それでも好きな人を信じる女らしい強さ、そして、その人のために命をかける母性…。 花織ちゃんの中に眠る女性の象徴のような高月家の「血」が、今後の恋にどう影響するのかっていう物語は、『もしかしてヴァンプ』から続くとても「橘さんらしい」作品なんじゃないかなーという感じ。 うん、好き好きw
⇒橘裕 『人形師の夜(全3巻)』の感想


●林みかせ 『誘惑の魔法』
突然「許婚」だと紹介されたのは、さっきフラれた相手で、しかも双子!?・・・という新作読みきり。 何となく続きそうだけど…どうなのかな。 わりと無理のある設定だけど、蓮と一緒にいたいから楓とも仲良くなろうとする花梨ちゃんと、どう見ても最初から花梨ちゃんを好きなのに変な方向に頑張ってる蓮くんが、妙に不憫で(笑)可愛かったです。 最初っから楓が手紙を渡してくれればよかっただけなんだもん、これで楓が花梨ちゃんを気にするようになっても、自業自得です(笑)。


●小椋アカネ 『絶対平和大作戦』
やっと自分の気持ちに気付いたのに、引き裂かれたしまったユーダとヨハネ。 国の平和を望んでいるのにヨハネと一緒にいたい気持ちが止まらないユーダに、なんと別の縁談が持ち込まれ…!?

ユーダのことが大好きだから、ユーダが愛している国を守るヨハネ王子。 偽善なんて一切なくて、本当に潔くってカッコイイなぁ!! っていうか、彼女を好きになって、「カッコ良くなった」んだと思う。 ユーダによく思われたくてカッコつけて頑張って、それを自分の物にしたヨハネは本当に偉い。 女装してまで会いたいほど(笑)好きで好きで仕方ないんだっていう真摯な想いが、ユーダの涙と決意によって報われた今回は、本当にステキでした!!  まるで「今度は自分がヨハネ様を守るんだっ」っていう気持ちが聞こえてきそうなラストの抱擁に、思わず私も涙っ!!  でもって、血を浴びてきた両手でユーダを抱きしめることの意味を実感したヨハネの表情にも涙っ!!  そうなんだよ、平和も祈っているだけでは実現しないように、二人の恋も、一緒にいたいと思ってるだけでは叶わないんだよね。 一歩、踏み出さないと。 そして、踏み出す勇気をお互いに出し合った二人には、幸せになって欲しいっ!! シリアス展開な分、次回がめっちゃ気になります!! 


●辻田りり子 『笑うかのこ様』
いや、でもそろそろ本気で椿くんの本心が知りたいんですけど…(笑)。 友達か? それホントに友達なのか!? 傘とかごく自然に差してますけど!? 高校の心配とかしてましたけど!? 何気にカラー扉飾ってますけど!?(笑) …と、主にラブコメ部分に猛烈に興味があります(笑)。 あとはまぁ、いつも通りかな。


●萩尾彬 『シュガー☆ファミリー』
家族旅行以来、どうにも気まずい夕夏と帝一。 訳がわからないまま必死で謝る帝一を総無視して、夕夏は自分が「妹」だから愛されていることを悩みつづけていて…。

ごめんなさい。 ひつじ姿の夕夏ちゃんに、私もメロメロなんですけど…っ!!(笑) ちょっと困った感じで小首を傾げてるところとか、もうホントに可愛いっ!!
それはともかく。 やっと!! やっと夕夏ちゃんが、帝一を兄だと思い込むことで安寧を得てきた自分に気付いてくれました。 言葉を交わすだけでも緊張して、手を触れるだけでもドキドキする「自分の心」に気付いてくれてましたw 自分が「妹」だから帝一は無条件に許してくれるんだ…という思い込んでるけど、そのくらい盲目に帝一を好きな夕夏ちゃんがめっちゃ可愛い!! 帝一は、「妹」だから夕夏ちゃんを好きだけど、「妹」じゃなくても夕夏ちゃんを好きだと思うんだけどなー。 でもその事実に夕夏ちゃんが気付いてないから「苦労するタイプ」って話になるんだよね。 しかも、本物の「妹」が登場? うわ、でも今まで築いてきた気持ちをしっかり持って欲しいです。 っていうか、新が不憫…(笑)。 大好きなので、しっかりフラれて欲しいものですw(酷い・笑)。
⇒『シュガー☆ファミリー・4』の感想


●ふじつか雪 『フライングバニィ』
陸上部顧問の真鍋先生に片想い中のみなみ。 でも高校時代に教師だったみなみの母に熱烈アタックし、悲しい結果を迎えた過去を持つ真鍋先生に、この想いを打ち明けられずにいて…。

生徒と教師のラブコメ直前な物語、でした。 若いってイイなぁ(えぇぇぇぇ!?・笑)。 『先生がすきで 幸せです』っていうみなみちゃんの台詞と笑顔がめっちゃめちゃ可愛いっ!!  真っ直ぐ前に向かって走る陸上というモチーフが、誰かを真っ直ぐに想う熱い気持ちと自然にリンクしていくので、その都度あがる体温の上昇まで感じさせてくれました。 それにしても、あんな一途な瞳で向き合われたら、そりゃー真鍋先生も赤くなるよねーとちょっと同情(笑)。 そして、分厚そうなメガネのレンズが妙に可愛かったです(笑)。 ふじつか作品は、いつも直球勝負なところが好きですw
⇒ふじつか雪 『金魚奏・1』の感想


●高木しげよし 『百獣キングダム』
いきなりのクライマックスで驚きました。 お話的に急展開を詰め込んだ印象があるけれども、ちょっと憂いのある百子ちゃんが当社比(どこ)200%の勢いで可愛かったので問題ないですっ!!(笑) 獅子王が百子ちゃんの涙を拭うシーンがお気に入りなのですが、常に意識しあうライバルのようで…それだけではないっていう二人の関係そのものが気に入ってます。


●唐沢千晶 『幻想香人』
ファントマと伯爵の間で揺れる偲ちゃんと、そんな彼女を気にする伯爵…という構図は大好きです。 いまいちハマれないのは、ちょっと感情の流れが急すぎる印象だからなのだけど、絵柄は綺麗だなーと見惚れてしまいます。


●一ノ瀬かおる 『梅若捕物帳』
捕る者と捕られる者…っていうのは、私のツボの一つなので(ツボ多いなー・笑)、オチがわかっていても楽しく読めましたw 知らず知らずお互いの存在に捕らわれている…ということが分かるラストの1頁、めっちゃ上手い!! そうそう、捕物ラブコメ(何それ!?)のツボはそういう部分なのよっ!!と悶えました(笑)。 それにしても、芸者に扮したハルちゃんがとても美しくて思わずため息ものですw


●桐島のい 『ミニドラゴンに甘い詩』
タイトルが好きですw 『あなたを見ていると詩いたくなる』っていう素晴らしい殺し文句なロボ子さん、まさに伝説のドラゴンスレイヤーの如し!!(笑) その一方で直球勝負な竜丸くんとだと、ホント良いカップルですわ。 っていうか、私も浅井くんのように竜丸くんを愛でたい!!(笑)


●柏屋キクゾー 『嫁姑教室』
何度目かの叫びになるけど・・・及川くんがいないなんて淋しすぎますっ!!(笑) ひなまつり2がお気に入りです。


●羽山エム 『極彩ラビリンス』
「もはや別モノ」がお気に入り。 欲しいか、それでも!!(笑) そーいえば、私も実際にチョコをあげてる現場を見たことないですね。 貰ったことならありますが…(ぇ)。


⇒『LaLaDX3月号(2009年)』の感想・後編 に続く
⇒『LaLaDX1月号』の感想・前編  ⇒『LaLaDX1月号』の感想・後編






Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ