「本」に感謝。


珍しく、感想やバトン以外のことを記事として書いてみます。

っていうのも、私が2/10の夜中から2/11にかけて読んでいた『LaLaDX』が面白かったが為に、改めて感じたことがあるからなんですけど。
夜中に書いたラブレターのように恥ずかしいので、閉じます。







思ったこと。 それは、「私は本当にマンガが、特に白泉社のマンガが大好きなんだなぁ!!」と思い知らされただけのことなんですけどね。 もう今回は、本当に心の底からそう思いました。

私はダメダメな人間なので、それなりにいろいろやらかして(笑)、それなりにいろいろ落ち込みます。 カーッとなっちゃった自分に凹んだり、理不尽な人を前にしたときに上手く対応できない自分の小ささが嫌になったりするわけです。

先週からずっとそんな感情を引きずって不安定になってたんだけど、でもね、910ページもある『LaLaDX』が面白くて惹きこまれちゃって、どんどん読みいってたら……そんなものも、どこかに吹っ飛んでいきました。 「私、何か悩んでたっけ? 何だか今、DXが面白くて最高に幸せなんですけど!!」って。 …いや、だから成長しないんじゃ? ってツッコミの声が聞こえてきそうだけど、それはそれ(笑)。 私が救われたのは、確かなんです。


今までもずっと、落ち込んで泣いたり、忙しくて殺伐としたりする日もあった中で、「本」には何回も救われてきました。 もちろん、楽しい1日の気分を、さらに盛り上げてくれる時もありました。 それは、小説だったりアニメだったりマンガだったり…そういう「物語」の持つ力強さに、何度も勇気づけられてきました。 感謝感謝、いつもありがとうって言いたいくらい、大切なものたちばかりです。

ただ、もうホントに長い間、私のすぐそばにいて支えてくれてるのは、やっぱり白泉社さんの少女マンガなんですね。 一緒になって笑って泣いてここまで育ってきた、っていうくらいの想い入れがあります。 今回も、DXを読んでる間に、前日まで不貞腐れてた「嫌な自分」が、どこかに消えていきました。 いや、消えてはいないのか。 そんな自分は今もいるけれど、でも、その時より顔を上げて前を見ている私がいるよ。 何だか本当に救われました。 ありがとう。 大好きです。 お礼言うくらいしか出来ないけど。 面白かったよってブログに書くくらいしか出来ないけど。 でもずっと大好きですので。 

・・・ホントは、「白泉社マンガの感想といえば『空夢ノート』だよねーw」とでも思っていただけるくらい大きなブログになって恩返し出来れば良いんですけどね、無理だし(笑)。 でも、これからも、よろしくお願いします。  


と、勢いで書いてみましたが、読み返してみると本当にオトモダチのいない可哀想な子みたいですね、私(笑)。 あの、もしかしたらご心配くださる方がいらっしゃるかもしれないので、蛇足的に書いてみますが、大丈夫、一応お友達でいてくださる方もいますので!!(笑) 







Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


☆オススメ