『LaLaDX1月号(2009年)』の感想(前編)

laladx1.jpg


『LaLaDX1月号』
白泉社/2008.12.10/¥657



<感想>
表紙とふろくカレンダーは『遥なる時空の中で』、巻頭カラーは『よろしくマスター』でした。 『夏目友人帳』アニメ第2期の告知もありました。 あ、柱で展開された「D-1(ダジャレ)選手権」は、書かなきゃいけない先生方は大変だったろうと思います(笑)。 

以下、感想は雑誌の後半部分からです。 いつも最初からかけなくてすみません。
『LaLaDX1月号(2009年)』の感想(後編)に続く、予定…。



●槻宮杏 『てっぺん!』
尊とのデート(もどき)以来、彼を意識して仕方ない小鳩。 デビューのチャンスに励む二人だけど、女性アイドルと親しげな尊の姿をみた小鳩は動揺してしまい・・・。

実は、今回いちばんドキドキさせられたのが『てっぺん!』でした。 いや、何ていうか、触れられただけで無防備なまでに「尊が好き!!」って顔をする小鳩ちゃんがもう・・・めっちゃ可愛くて!! で、そんな小鳩ちゃんのバレバレな表情にさえ自信を持てずにいる尊が、これまためっさ可愛いっ。 小鳩との関係を失敗したくないんだろうなって伝わってくるし、それでも『やっぱ違わねぇかなぁ』と踏み出したくなる気持ちの抑えきれなさに、やられました。 お互い余裕のないくらい意識してる感じがね、もうホント初々しいくて愛しいですw まぁ、初々しいわりには、尊の手が早いけどね!!(笑。もっとやれー←?)  正直、数ヶ所「ん?ちょっと粗いかな?」という作画部分があったけど(ステージはもっとちゃんと見たかった)、この抑制できない感情の流れがストレートに響いてきて、とても良かったです。  そして社長!! もう大好きですw(笑)。


●羽山エム 『極彩ラビリンス』
ちょっと本気で、お餅に絵を描いてみたくなりました(笑)。

●橘裕 『かな、かも。』
最終回、お疲れ様でした。 それにしても橘さん、「恋」の部分で最近こういう終わり方多い気が・・・。 長年ファンだったので、それが好きなのは知ってるのでいいんだけど(志保ちゃんの想いとかね)、脳天がシビれるくらい甘々なのも読んでみたいですw 次のDXに新作が載るみたいなので、楽しみー。

●高木しげよし 『百獣キングダム』
扉絵の百子ちゃんとか、セーラー服の百子ちゃんとかに思わず見惚れてたってのは内緒の方向で…(笑)。 いや、だって、絶対領域が・・・!!(←視点がオヤジ過ぎますりるさん!!・笑) 「もっとオレ達のこと信用していいんだよ」っていうのは、もちろん男子3人の間の絆のこともあるけど、自分だけが除け者だと感じていた百子に「そんなことないんだよ」って伝える意味の方が大きいような気がする。 


●可歌まと 『ひみつの姫君 うわさの王子』
イジー王子と婚約中のアルディーナに、何とリカルド王子が求婚。 断るものの、父王も了承済みだと知り、ショックを受ける。 その上イジー王子の身に危険が迫り…。

え、次回で最終回なの!??( ̄□ ̄;) うぅぅ、残念。 そうなると、ロベルトが一気に切り札的存在にグレードアップですね(笑)。 それにしてもリカルド王子の悪役っぷりがえらいカッコイイ!! 気になったのは『取られた分を取り返すんだよ』って台詞。 やっぱり、アルの最初の見合い相手はリカルドだったんじゃないかっていう先月号時の考えが当たりな気がする…(⇒感想)。 アルに固執する理由を述べてはいるけど、建前っぽいもんなー。 ベアトリスがアルを気にかけてくれてるみたいだし(多分、リカルドを好きなゆえの反発心)、さて、どなるかな?

で、アル。 『王子様らしくない王子様』と愛しげにイジーを思い出すアルの可愛らしさにKOされました!! 頬染めるのは反則です(笑)。 アルは自分を嫌って欲しくて嘘をつくけど、イジーが信じているのはアルの「言葉」ではなくて「心」だから、嘘には惑わされないっていうラストは、定番ながら熱い展開で良かったです。 最終回、最高にラブラブでハッピーな結末を期待してます!! (そして実はこの作品、非常に遠近の使い方に凝ったコマ割だと思う!!)
⇒『ひみつの姫君 うわさの王子・1』の感想


●八屋百 『三万日の勇者の伝説』
ラストシーンが綺麗だなぁ…!! ただ、先の読める展開になっちゃったのが惜しいところでしょうか。


●天乃忍 『片恋トライアングル』
関谷さん・結城くん・葛西くんの出口のない片恋に、思わぬライバルが出現!? 孤高のお嬢様・姫宮さんは、どうやら関谷さんと葛西くんの仲を誤解していて…。

祝・初カラー扉絵ーっ!! 1月発売のコミックス1巻も絶対買いますので!! 併録の『シークレットガーデン』にも泣かされたっけ…。 とにかく楽しみ!!
で、本編。 葛西くんを想う姫宮さんが登場されました。 この、友達がいないことを自覚してる厄介なお嬢様、めっちゃ好みです(笑)。 そして『誰?』と彼女を華麗にスルーした結城くんも大好きだ!!(笑)。でも・・・この流れだとやっぱり、関谷さん×結城くん、葛西くん×姫宮さん、という風に落ち着いちゃうのかな…私は葛西くんプッシュ派なので(何それ)、ここは彼に踏ん張って欲しいところですよ!! なかなか昼食に来ない関谷さんを心配して自ら迎えに来ちゃう不器用な彼が、姫宮さんにはそつなく優しくカッコよくできるのに関谷さんには全然通じない彼が、でもって恋心を姫宮さんに指摘されちゃう(笑)ヘタレな彼が、私は大好きですっ!!(ヒドイ…)  …まぁでもやっぱり一番は関谷さんですw 『どうもありがとう』には私までメロメロになりましたよ(可愛い!)。 次回も楽しみですー。


●亜笠弓月 『すぐそばの彼方』
「好き」じゃなくて、「大好き」っていう、気持ち溢れる告白シーンが良かったです!! ただ私、個人的にシリアスな三角関係モノは苦手なの…っ(切なすぎ!!)。

●桐島のい 『となりのライオン君』
声でからかわれることは私もよくあるので(今でもある)、小鳥さんの隠したい気持ちは分かるなぁ。 『やっと目が合ったな』の前後の流れが、ものすごく好みw  あと、草をむしる傷心のライオン君が可愛くて、もっと凹ませてやりたくなりましたw(えぇぇ!?)。

●芳川由美 『オオカミ少年×オオカミ少女』
乱暴少年の一目惚れは可愛いなぁw(好き) ケンカをするなら付き合えません!!を真剣に悩んで了承したシーンがイチバン好きです。 勢いで返事したんじゃない分、その決意は重いし大切なんだと伝わってきました。


●月崗ヤスコ 『サンタだった神谷君』
諦めたくない元サンタさんと、諦めないアリサちゃんの生き方が良かったなぁw ただ正直、タイトルで「神谷君」って言われてもピンと来ませんでした(呼ばれてないもん・笑)。

●広永優 『Rainy Day』
雨女かぁ…大変なんだろな、私は晴れ女だけど(笑)。 雨女に限らず、コンプレックスから救ってくれたひと言って、とても大切だよねw

●高田るた 『王子様のうら側』
ギャップに惹かれることってありますよねー。 お人よしな女の子は大好きなので、もっとその魅力が描かれてると良かったかなーと思います。

●真辺クロ 『この空を忘れない』
獄内でのティアナとヴィートの関係がしっかり描かれたことで、「監獄が壊れる」ということが、今までの自分からの変化と、新しい時代への移行っていう部分と両方にかかってて、上手い構成だなぁと思いました。 背景も綺麗だし、次も読んでみたいですw

●沖ちまき 『先生 それは失敗です』
タイトルがイイ。 キャラの絵柄もとてもイイ!! 元々、年下少年×年上少女の設定は大好きなんだけど(笑)、そういうことだけじゃなくって、天才少年も恋心の前ではただの男の子っていう当たり前のことが、「大人になる薬」「子供に戻る薬」を通して楽しく描かれていたところが、とても好みでしたw

⇒『LaLa1月号(2009年)』の感想(後編) へ続く!! 
次号 ⇒『LaLaDX3月号』の感想・前編  ⇒『LaLaDX3月号』の感想・後編

<感想拝読しましたw>
『雲職人の休息』



Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ