DVD 『図書館戦争 第3巻』の感想/初回特典小説 『マイ・レイディ』


図書館戦争 第三巻 [DVD]
角川エンタテインメント
発売日:2008-10-01


プリンスビールをプリンスが飲む!!(笑)
 

アニメ版『図書館戦争』のDVD最終巻発売記念っ!! という訳で第3巻の感想ですw 
この第3巻には、テレビで未放映だった『恋ノ障害』が映像特典として入ってるんですよねーw 見た見た、めっちゃ見た、3回は見た!!(見すぎ・笑)。 番外編扱いだから「状況〇一」などの話数表記に数字が使えないため、「状況」だというスタッフさんのセレクトにも乾杯したい気分です!!
(っていうか私、絵文字使ったのなんてまだ3回目くらいなんじゃ…ハートマークが意外とデカくて驚きました(笑))

そんな訳で、以下ではDVDスペシャルストーリー『マイ・レイディ』と映像特典『恋ノ障害』をメインにして、感想を書いてみます。 特典分なので、小説あらすじの後は『続きを読む』に収納しますねー。


●『マイ・レイディ』(DVDスペシャルストーリー3)
図書館内の巡回中に見かけたのは、恋人・毬江が若い男性と立ち話をしている姿。 何でもないと分かっているのに、不意に湧いてしまった<嫉妬>という感情を抑えきれない小牧は…。




表紙が絶大なネタばれでしたが、だから何だ!!という勢いでものすごく良かったですw ついについに、小牧教官と毬江ちゃんのそんな場面を見ることができたんだもの、文句ないですよっ。 しかも、シリーズを通じて一番の「大人なキス」だった気がする。 さすが小牧教官、無駄にえろいんですけど(笑)。 弓先生の巻末おまけ4コマでも、指先にキスをする小牧教官がめちゃめちゃ色っぽく描かれてて、妙にどきどきしましたもん。 『定期的に釘を刺されたくなる』っていうラストの一文に、さらにKO。 いやー、『勉強が手につかなくなる』っていう毬江ちゃんの気持ちがよく分かりました(笑)。 せくしー過ぎっ!! 


さてそんなわけで、小牧さんメインのお話でした。 DVD3巻は「状況〇六」といい「状況」といい、小牧さん無しでは語れませんねw  普段クールで物分かりが良くってオトナな対応ができる小牧教官が、郁に八当たりしたり堂上教官に慰められ(笑)たりするくらい、毬江ちゃんのことになるとまったく余裕がなくなる。 ちょっと待てないくらい抱きしめたくなっちゃう。 …何だかものすごく初々しい「恋」を見せてもらったような、温かい気持ちでいっぱいになりましたw 小牧さんと毬江ちゃんは、「対等」になってやっと新しい「恋」が始まったんでしょうね。 それまでは、「恋」になるように、二人で二人の感情を温めていたような感じなんだと思う。 きっとこれからも素敵に育っていくんだろうな。


毬江ちゃんが小牧教官を好きなことは良く分かっていたつもりだけど、彼のことを『尊い』と表現していたことが、何よりも素敵だと思いました。 一人の男性に憧れて追いかけて、ちゃんと追いついた彼女はとてもカッコいい女性だと思う。 私は、相手を尊敬できる「好き」という感情が、好き。 だから当然、小牧の皮肉をきちんと咎められる、堂上の郁への気持ちも好ましく思うし、無類の信頼をうかがわせる堂上と小牧の会話も大好き。 彼ら同士がお互いを好きなことがちゃんと伝わってきて、いろんな場面でほろりとさせられましたw おまけ漫画まで苦労症な堂上教官にもホロリと来ましたけどねー(笑)。



●『恋ノ障害』(TV未放映エピソード)

『――君。 死ねばいいよ』 (小牧)


……怖っ!!(笑) 原作を読んだときも台詞から憎しみが滲み出て見えたけど、アニメだと石田ヴォイスがその怨念を見事に表現しきっていて、めちゃめちゃ怖かったです。 いや分かる。 分かるし、毬江ちゃんのこと大事すぎる小牧さんのこと大好きだけど、でも怖かったー(笑)。 まぁでも、同感ですけどね。 相手の弱点に気づいたうえで実行したのなら、それはただの暴力だもの。 

お話としては、原作『図書館内乱』収録の『恋ノ障害』に、『図書館危機』収録の「王子様、卒業」をうまくアレンジした仕上がりになってました。 郁と柴崎の囮捜査シーンでは、二人のせっかくのオシャレがあまり見えなくて「うわ、見たい、正面から見たいっ!! 可愛い郁ちゃんに見蕩れる堂上も見たいっ!!(←そんなのはない・笑)」というジレンマを生んでくれましたが(笑)、構成的にはホント巧いの一言。 敢えてホイッスルを先に渡すことで(原作では後)、いっそうドラマチックになったと思います。 毬江ちゃんは小牧に、地獄のようだった査問の終了の「声」を届けることができた。 『いつでも君を守る』と小牧がくれたそのホイッスルが、小牧の心も救ってくれた。 小牧さんの「正論」も、毬江ちゃんの「声」も、すべてがお互いのためにある。 お互いの心がお互いを守ったとても素敵なシーンで、私にとっても大切な場面となりました。 ありがとう、お二人さんw


それにしても、小牧さんの査問にショックを受けた郁を、間違いなく探し出して迷いなく隣に座る堂上教官には、やっぱりメロメロになりました(笑)。 絶対に堂上には「郁センサー」が搭載されてるとみた!!(笑) ラストの笑顔が最高に激甘でホント素敵w いや、いろんな意味で良い1話でした。 ごちそうさまでしたーっ!!


●収録特典
設定画ギャラリーその1。 この作品は背景や美術まで綺麗なので、このギャラリーも見応えあります。 特に私、街並みの風景画が好きだったんですよ。 明るい街頭の煌きが綺麗で。 あとはやっぱり武蔵野第一図書館は好きなデザインですw


●外箱・内箱
初回特典のみの外箱は、堂上・小牧・手塚が仲良くプリンスビールを飲みながら(強調・笑)寛ぐ感じが良いですねw 内箱はにっこり笑顔の小牧さんでしたー。




●関連記事 
<『図書館戦争』シリーズ感想一覧>
『図書館戦争』 ⇒『図書館内乱』 ⇒『図書館危機』 ⇒『図書館革命』 
『別冊図書館戦争1』 ⇒『別冊図書館戦争2』 
⇒『アニメ版DVD初回特典小説』1巻 ⇒2巻 ⇒3巻 ⇒4巻 ⇒5巻 
⇒白泉社コミック版『図書館戦争LOVE&WAR』1巻 ⇒2巻 ⇒3巻 ⇒4巻
<他作品感想>  
有川浩作品感想一覧  
「その他アニメ」カテゴリにアニメ版の1話ごと感想もあります




Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


☆オススメ