『機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン』の感想/♯06『傷痕』

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 (Blu-ray Disc)

企画:サンライズ/原作:矢立肇・富野由悠季/監督:水島精二/シリーズ構成:黒田洋介

ガンダムを全く知らない、雑誌での予習もしてない管理人の、素人目線感想です。 台詞から全体の流れを見てみよう、という感じで書き連ねてます。

⇒『機動戦士ガンダム00』 感想一覧はこちら


♯06『傷痕』


『いき着く先にあるものは、命の終焉。 それこそが神の導き』


「傷痕」というには、過去はあまりにも生々しく心を抉り続け、更なる現実がその傷を深めていくだなぁと私も実感を新たにした第6話。 カタロンの惨劇もスメラギさんの涙も沙慈の絶叫も、戦争という状況下で自分が蒔いてしまった出来事だからこそ本当に痛々しくて、第1期でロックオンが言ってた『こんな世界、オレは嫌だね』という言葉をもの凄く近く感じました。 どこまで抉れば、人の罪は赦しに届くのでしょうか…?
 
でも、カタロンは再生に向けていくだろうし、スメラギさんは眼を覚ましたし、沙慈は『何かしなきゃ』と気づいたわけで、そうやって一歩ずつ進んでいくしかないんだろうな。 命の終焉が神の仕事なら、人は生きる為に生きることを使命として生きて欲しいと思いました。


それにしても、この「傷」があるからこそ戦う理由が生まれるわけで、つまり♯04『戦う理由』と対になっている構成がお見事。 ♯04で理由を得ていなかった沙慈が『あの人たちを守りたいんです!!』と言い切ったことは、そういう意味では案外ポジティブ要素で、逆に『死んでも良かった』と泣くマリナ様は引き続きフラットな感じでしょうか。 シーリンさんが『彼(刹那)に感謝ね』と言ってくれて良かったな。 やっぱり、ただ死んじゃうのは、ただ悲しいだけですもの・・・。


そんな感じでかなりシリアスだったところに、今週も挿入された癒しポイント。

『……………乙女だ』 (アンドレイ・スミルノフ)

思わず爆笑でした。 やりすぎです黒田脚本、素敵すぎます黒田脚本!! 惚れ惚れしましたよ(笑)。 戦線を離れてしまったルイスを追っていくあたりに、恋心と同時に父の面倒見の良さをもうかがえるので、アンドレイさんは父親を忌んでいるようだけど、立派に遺伝子を引き継いでるんだなぁとしみじみw


・『僕は戦いから離れたかっただけで、こんなことに…そんな、僕は…』 (沙慈・クロスロード)
 『彼らの命を奪ったのは君だ』 (ティエリア・アーデ)


沙慈が刹那に向けて言い放っていた言葉が、今度はティエリアから還されてしまうあたりが皮肉な結果というか何というか…。 沙慈が刹那に言いたい放題だったのは、戦場という非日常の舞台で知人に出逢えた甘えから来ているんだと思う。 実際沙慈は、刹那以外にくってかかることはほどなかったし。 それをティエリアというただの他人から敢えて突きつけられたことで、自分の行いと同時にその甘えまで否定されたわけで、これは結構痛そうです…。 沙慈は第1期でも徹底して「普通」な世界に生きる人という設定で描かれ続けてて、私もそんな彼が好きだったので、「普通」な彼がどんな風に自分の罪と向き合い、償う道を見つけるのかを描いて欲しいと思います。 少なくとも、銃の引き金を引くことでは無いような気がするんだけどな…。


・『来るな、来ないでくれ・・・僕は、僕はぁぁぁ!!』 (沙慈・クロスロード)

そんな訳で、もの凄いところで次週へ続かれちゃって気になって仕方ないんですけど(笑)、沙慈が狙いを定める相手がルイスだという運命と、その運命を追いかけてきたアンドレイ君の行為によって、何とか回避できる状況だと信じてますから!! それより気になったのは、


・『僕はどうしたら・・・姉さん…ルイス…』 (沙慈・クロスロード)
・『遂にこの時が来たよ。 パパ、ママ…』 (ルイス・ハレヴィ)


の違い。 ルイスは沙慈を、戦う言い訳にしていないんですよね。 そこがカッコイイなと。 でもソーマさんが言うルイスの想ってる「誰か」は沙慈のことだと思うんだけど、だからこそ戦っていることを知られたくない気持ちは大きそう…。 沙慈がCB側につきそうな展開だし、二人の運命は交わらないのかなぁ…? 一方で、


・『止めてくれ、マリー!! 僕だ、アレルヤだっ!!』 (アレルヤ・ハプティズム)
 『私は、超兵だっ!!』 (ソーマ・ピーリス)


この二人の運命は、予告を見ると交差しそう。 でも「ソーマ」さんじゃなくて、「マリー」っぽいのが気になる…っ!! ここで『私はソーマ・ピーリスだ!!』じゃなくて『超兵だ』なのも気になる。 自分の存在を兵器だと確信するときって、逆に名前みたいに愛着のあるもので呼ばれたくないし、呼びたくない。 だからこその『超兵』宣言だと思うんだけど、それって悲しすぎる…。 悲しすぎて、ソーマ<マリーという力関係になって、ソーマがアロウズから離脱する流れになったりしたら…セルゲイさんとの仲睦まじい父娘を期待する私的には、非常につらいっ!! どうか彼女が幸せになりたいともう一度望んでくれますように…!!



●今週の、あの人
もう皆さんが気持ち良いくらいに「ミスター・ブシドー」と呼んでいらっしゃるので、私も仕方なくそう呼ぶことにします(笑)。 嫌々だよ!!(笑)

・『肩に動力のあるニコ付きのガンダムは、私が相見える。 干渉、手助け、一切無用』

そんな自由なっ!! そしてその自由を許可する連邦はホント懐デカイな!!(笑) それにしても、バラックさんはミスター・ブシドーの言動を聞いてピンと来ないのかな。 それとも、知ってて助けに来たのかな。 後者だと、良いな。


・『射撃も上手くなった・・・それでこそは、少年っ!!』

この『射撃も上手くなった・・・』の感慨深そうな喋り方がツボでした(笑)。 本気で彼女の上達を喜んでいるようにしか聞こえないんだもんーw 思わず自分にそう言って貰えたかのように反芻してしまいました(笑)。




・次回感想 ⇒♯07 『再会と離別と』 
・前回感想 ⇒♯05 『故国燃ゆ』

・感想一覧 ⇒『機動戦士ガンダム00』の感想
・公式サイト⇒『サンライズ 機動戦士ガンダム00』





Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ