『LaLaスペシャル (LaLa10月号増刊)』の感想

lalas.jpg
『LaLaスペシャル (LaLa10月号増刊)』
白泉社/2008.9.10/¥680




<感想>
年に1回発行だった『LaLaスペシャル』、今年は何故か2冊目の発行です。 『LaLaDX』と同じように隔月ペースで刊行されちゃうと、お財布が大変なんですけど…!!(笑)。 でも、買っちゃうんだろうなぁ…w

表紙は『夏目友人帳』より、「飼い主とペットの関係」な二人(笑)。 夏目の髪の色は、アニメバージョンですねw ふろくも『夏目』のブックマーカーでした。
さすがにDXのように全部の感想は書けないんですけど、特に気に入ったものを掲載順に。 あのでも、どれも面白かったですw



●田中メカ 『10月の女王と僕』
新体操の女王」頼子は、本物の下僕を持つ女王様。 昔、幼馴染・隼人を庇って負った足の傷だけを頼りにして、二人は育ってきたのだけど…。

好みでしたー、さすがメカさん。 ドキドキしてちょっと切なくて…でも、お約束(笑)なハッピーエンド。 メガネがスイッチなところとかが特にお気に入りです(笑)。
左足の傷だけを絆として生きてきた二人の、女王と下僕という関係に秘めてきた想いっていうのが、もうスゴク良い!! 切なさとか誇らしさとか愛しさとかいろいろ含んでて、何だかとても好き。 頼子の傷へ触れる隼人からも、「頼子ロデオ」(笑)からも、そんな二人の想いが伝わってくる。 くぅぅ、周囲に甘い空気を撒き散らしながら、これからも擬似SM関係を続けてくださいっ。
っていうか、何気に『7月の魔法使い』以来、すっかりオムニバスになってますねw この調子で1年作って欲しいです!!


●緑川ゆき 『夏目友人帳 特別編・夏目遊戯帳』
妖怪たちが催す「夏目組・犬の会」に強引に連れ出された夏目。 何故か「影踏み」をして遊ぶことになって…?

いきなりニャンコ先生@斑バージョンに夏目が襲われててビビリました。 こんな場合でも「先生」って呼ぶ夏目の律儀さに癒され、挙句の果てに悩みを「しょうもない」呼ばわりされてしまった夏目の不憫さにも癒されました(笑)。 そして、想像以上に、妖怪たちと夏目の交流に泣かされてしまった自分にもびっくりです。 これだから『夏目』は油断ならない…いつでも優しいです(感涙!!)。 
今まで、「妖怪と夏目」という構図はあったけど、「妖怪同士」という触れあいは、そう言えばあまりなく。 ニャンコ先生の『だめだ、楽しい!!』っていうのが皆の総意だって分かる雰囲気が、何だか妙に嬉しかったです。
『しょうがない』っていうのは、ホントにもうしょうがないんです。 どう抗っても惹かれてしまうのは、仕方ない。 なら、好きになった方が絶対に良くて、そんな風に夏目を受け入れた妖怪たちの粋な絆がホント素敵で…くぅ、泣いたぜ!! 大好きです!!


●藤原ヒロ 『会長はメイド様! 特別編・AOIとユカイな仲間たち』
何気に幸村の好感度アップ? 当然のように「同じ学校だから覚えてる」と言えるなんて、凄いなぁ!! 碓氷の出番がなかったので、安心して読めました(笑。ヒドイ)。


●和泉明日香 『束縛マイスター★』
魔女っ娘モノ。 しまった、と地団駄を踏みたくなるくらい、好みでした(笑)。 いやだって、ヒロイン・千寛ちゃんの持つ前向きな明るさが、彼女の笑顔と「お花」っていう魔法によく表れてるし、それが「力」になって周囲に波及していく様子がめっちゃ幸せなんだもん!! それこそが、千寛ちゃんの本当の「魔法」なんだろうなw 
どーでもいいけど、生徒会長の「高羽昴」という名前を見るたびに、某森生さんの某昴くんを思い出しました(笑)。


●一ノ瀬かおる 『イパーシャ』
受賞後第1作目とのことだけど、相変わらず絵が綺麗!! イパーシャの可愛らしさにもーびっくりですよ。 そりゃ王様も惚れる(笑)。 中東の建築などが大好きなので、あと少し背景が見られると個人的に嬉しかったです。


●街田シカク 『逢魔が時』
何か好き。 雰囲気で作られたお話なんだと思うんだけど、それがとても表れてて良いです。 寂しさから生まれた恋の話で、痛々しいことこの上ないんだけど、二人の幼い純粋さに救われました。 障子越しに触れ合うシーンでほろりときました。


●香椎美船 『近くて遠くて』
本当によくありそうな、何か気になるクラスメイトとの小さな恋のお話を、捻らず丁寧に描いてあって、『LaLa』系では逆に意外と珍しい?とか思っちゃいました。 いやでも良いのだ。 可愛いのだw 


●ユキシロキョウ 『フレイム イン レイン』
横顔を綺麗に描く人だなぁという間の抜けた第一印象でスミマセン(笑)。 いやでも綺麗ですよね!! 雨と傘というモチーフがとても効果的で、いつも通り素のままで雨に濡れるイチちゃんと、対照的にやっと素の気持ちをイチちゃんに伝えるオギリの姿にグッときました。 多分この二人は、どこかズレた想いをずっと大切にしながら恋を育てていくんだろうな。 雨の日にも、怯まずに。


●石原ケイコ 『クドリャフカ』
過去に同じ怖さを経験したことがある、心を持ったロボットと、心を封じた人間が、想いを重ねていく物語。 絵柄の可愛らしさにとても惹かれました。 何て可愛いんだクドリャフカ!! ちょっと右に小首を傾げる仕草にメロメロでした(笑)。 人間よりも「心」の強さを信じ、人間よりも「人間」を信じてくれたクドリャフカの姿を見てると、ホント人間って意外と弱いんだよね、と思います。 でも、だからこそ、弱さを克服してシャトルに乗り込むセルゲイがカッコイイんだよ、うん。


⇒前号感想 『LaLaスペシャル(LaLa6月号増刊)』の感想





<関連サイト様>
●感想拝読しました・・・『土星のわっか』





Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ