『スレイヤーズREVOLUTION』の感想(1~7話)

こちらは、『スレイヤーズREVOLUTION』の感想記事です。 普段は別の場所のオマケとして各話の感想を更新してるのですが、いっぱいになっちゃって。 消すのも勿体ないから記事にまとめたのが、このスペースというわけです(エコだから・笑)。 今後、某所での感想が貯まったら、ここにアップしていく予定 ⇒完了しましたw


・10/5・・・第8話~最終話までを文字数制限のため別記事(⇒こちら)に移動
・9/14・・・第7~10話感想 転載 *キャラの名前の表記についてご意見をいただいたので、訂正致しました。 ありがとうございました!!
・8/21・・・第4~6話感想 転載
・7/31・・・第1~3話感想 転載



●第7話 『Gorgeous 狙われた豪華客船!?』 20.8.14 (2:20)


『邪魔をするな!!』(ズーマ)
『そーもいかないんだなぁ。 一応こいつの保護者なもんで』(ガウリイ)
…いや、そろそろ違う関係になろうよ…(笑)。


セレブ気分を出す為か、いつもと衣装が違っていて新鮮w リナちゃんの三つ編みにサマードレス姿は超可愛かったけど、でも、あの、えーと…思わず、「お嬢ちゃん、おいくつ?」って訊きたくなるお姿だった気が(笑)。

でもって、普通に可愛いアメリアはともかく、ガウリイ・ゼルの男性陣が、無性にオヤジっぽかったのは何の陰謀なんでしょう?(笑) あんなにパーカーが似合わない人は久しぶりに見ましたよ、ゼル…。 マッサージとかね、もう気持ちよいくらいのオヤジっぷりでした。 もういっそ、アメリアをお嫁にもらっちゃえばいーのにー☆(話違う)。


誰がリナたちを狙っているのか、という部分に関しては、まぁ最初っから予想できた通りでした。 ホント、包み隠さない展開だなぁ!!(笑) でも、新キャラが登場したのは良かったです。 何しろ、前回がまったくお話が進まなかった回だったので、今回は少し進まないとねー。


暗殺者のなかの暗殺者、ズーマ。 彼はひと言もジョコンダに雇われたとは言ってないし、リナだけを本気で狙う手口を考えても、ジョコンダとは別口っぽいですよね。 う~ん、ゼロスがそんな適当に汚いことするわけ無いし…。
ゼロスだったら、もっと本格的に汚いことするだろうし…(笑)。 そもそも、リナを狙うってことは・・・恨みとかかなぁ? さて、真犯人は誰かなっ?


ガウリイを人質?にとって闇の魔法を使うシーンで、リナちゃんが怒りに拳を強く握るシーンが好きでしたw あともちろん、ガウリイが救出されたあとの、本気で安堵した表情も!! 何だかんだで想い合ってるんじゃーんwっていう程度の描き方が、『スレイヤーズ』ではハマりますよね。 恋愛には鈍いけれども、欲望には素直。 そしていつだって直球勝負!! そんなところが、好きだなぁw 


いつの間にか頑なだったポコタも、リナちゃんのペースに巻き込まれてるところもイイですね。 光の剣を貸してくれる仲になる日がくるなんて…!!とちょっとホロリときました。 あ。 あそこまで光の剣が有効なんだから、ズーマが使ったのは相当な闇魔法ってことだよね。 またもや魔王さまの出番…だったりするのでしょうか? 次回は、ワイザーさんも久々に復活するみたいなので、楽しみですw  



⇒第8話以降の感想は、『スレイヤーズREVOLUTION』の感想(8~13話)をご覧下さいw






●第6話『Fall on 奇祭! 珍祭? あの玉を押しあげろ!』 20.8.7 (2:10)


『くだらなさも、ここに極まったな』(ゼルガディス)

・・・至言です(笑)。


というわけで、前回の予告から想像はしていましたが、今回は、全く!! ひとっつも!! お話は進みませんでした(笑)。 しかも、オチまで予想通りだった・・・玉を押しあげて重ねたら、あぁなるって誰か気づけ。 ホント、期待を裏切らない作品だなぁとしみじみw そんなところも、好きなんですよね。

「あー面白かった。 ばかばかしかった!!」

とすっきり言えることの嬉しさったら、他には感じられないくらいです♪ ゼルの他人事っぽいひと言と、サザエさんなリナちゃんの終わり方がまたおかしさに拍車をかけてました。 う~ん、シュールだ。 シュール過ぎだ(笑)。


『光の剣を奪う』と聞いて思わず、
「え、チャックから? ポコタのチャック開けるの!? それは奪うべき!!」
とか思ってしまった私はダメですか…?(笑)いやだって、気になるんですもんあのチャック…。


でも、光の剣をデュクリスが本気で欲しがっている(…んだよね?刺客はアレだったけどさ)のを見る限り、やっぱりポコタの光の剣は本物なんだよね?
何故ポコタが光の剣を持っているのかが謎です。 


それにしても、本当にポコタとリナちゃんは似てるんですねぇ。 何で干し肉であそこまで熱くなれる!? 美的センスより実用性を採るところとかもね、よく似てます。 そして、何故そこで泣けるのアメリアっ!?(笑) 生まれたての子鹿って…(笑)。 いずれにしろ、アメリアパパがこんなところで登場するとは思わなかったです。 今後登場するための布石ってことで良いのかな?

いずれにしろ、マッチョはもう暫らく結構です(笑)






●第5話『Etarnal悠久に眠りし森』 20.7.31 (2:10)


『まぁ、あたしの便利アイテム、4号よw』(リナ)
『よ、4号…?』(ゼロス)

リナさーん!! ゼロスは4号じゃ不満だって。 1号が良いって!!(←言ってない・笑)


出た。 ゼロス出た。 結構いきなり出た!!(笑)
という訳で、やっと『スレイヤーズ』主要メンバー勢ぞろいですね。
何となく、これで落ち着いた感じがします。 そのためか、お話も動きましたねーw


でも正直、ポコタの正体とか、魔道戦車・眠りにつく国の謎とかよりも、ポコタの体のチャックが気になって仕方ないんですけどっ!!(笑) 何あれ、どこのメソなの!?(メソって…w) せっかくの光の剣も、あそこから出てきたと思うと、すっかり不思議アイテムです。
でも、最強の鎧にかすっただけで傷を付けられるのならば、やっぱり本物の光の剣なんだよね? きっとあれがガウリイの手に渡る…んだと思うけど、どうかな?


ポコタの国を封印したのが、赤法師レゾだそうで。 レゾか…とことん引っ張りますね。 詳細はすっかり忘れてたので、今回の復習は役立ちましたw …って、これじゃぁガウリイと同じレベルじゃん…戦ったのに!!(笑)。

レゾが本当に死んだのならば、国にかけられた封印も解けるみたいだけど、封印は健在。 つまり、レゾが健在、ってこと…?

いやでも、封印した時にレゾが使った魔法が冥王のものに似てるのならば、必ずしも「レゾ」である必要はないわけですよね? ゼロスが動いていることからも、問題なのは「冥王」の方、なんだろうなぁ。 ゼロスはどうせ、デュクリスたちを利用してるだけだろうし。

もっと言うと、ジョコンダもデュクリスを利用してるんだろうし。 メイド姿のオゼルさんが妙に可愛くって好みでドキドキしましたが(笑)、この人も一癖ありそうだなぁ。 でもまぁそれは別の話ってことでw


ポコタの国を巡る表面的な思惑ははっきりしたけれど、やっぱり鍵を握るのはいつものとおり、ゼロスでしょう。 リナちゃんを狙わなかったこととか、
光の剣を持つポコタをリナの方に返したこととかを鑑みると、狙いは別なところにありそうだもんなぁ。 やっぱ冥王か?


いずれにしろ、せっかく話が動いたのに、また訳の分からない内容の予告でびっくり(笑)。 リナちゃん…ゴンゴロゴンゴロ言ってるだけだった…酷い(笑)。 でもまぁ、やっぱり来週も楽しみですw


オマケ!! 
・その?
『セイルーンにケンカを売るつもりか』(ゼルガディス)
怒ったようなゼルさんがカッコイイです。 もー。 アメリアが絡むと結構すぐ本気になるんだからー☆(←言いがかり・笑)

・その?
アイキャッチのリナちゃんが妙に麗しい♪と思ったら、後藤圭二さんでした!! さっすがーw アイキャッチ音も懐かしくって、う~ん、サービスの芸が細かいです。





●第4話『Drifter どっちが追うか 追われるか!』 20.7.24 (2:10)


『おーい、いいから降りて来ーい!!』(ゼルガディス)
『ごっきげーん♪ ハラーショー♪』(アメリア)

・・・無駄に可愛い(笑)。


というわけで、アメリアの魅力爆発っ!!というお話でしたw
ゼルの首を絞めたり右ストレートを繰り出したりっていうツッコミ部分と、天然ボケな正義マニアっぷりのギャップが可愛いです。 ボケもツッコミも一人で自由自在。 素晴らしいです(笑)。


それに、何だかんだと付き合いの良いゼルの姿に、リナちゃんにしばかれながらも一緒にいるガウリイの姿が重なりました。 ゼルを利用しようと白々しく嘘をつくリナちゃんの可愛いことw
ことごとく、女の子が強い作品ですね。 でもって、そういう女の子を結果として受け入れてる男の子の度量の広さって、素敵だと思いますw

あと、村娘AちゃんBちゃんが無駄に可愛かったのが気に入りました(笑)。
何故井戸に隠れる…(謎)。


お話としては、ポコタの狙いが、「魔道戦車を盗む奴が悪用するよりも早く戦車を壊す」ことだと判明したくらいで、誰が戦車を盗むのかなどの核心部分は不明なまま。

あとはずっとドタバタだけでした…。 凄い、勢いだけで1話使いましたよ!!(笑) すべては次回に持ち越し。 遂にというかやっぱりというか、ゼロスも登場するみたいなので、またいろいろ楽しみです。 今度は何を企んでいるのやら~。


本当に、勢いだけの回だったので、今回特に書くこと無いけども(笑)、でもその勢いが素晴らしい。 次回も楽しみですw




●第3話『Chase 終わりなき追走!』 2008.7.17 (2:30) 更新


えーと、つまりリナが巻き込まれた事件というのは一つじゃなくて、前回はポコタによる冤罪、今回はワイザーさんによる冤罪だったという、むちゃくちゃ不憫なお話だったんですね。 それでも全然不憫感が漂わない辺りが、リナちゃんの魅力ですね。 大好きw


・・・それにしても・・・大好きな動物がいなくなったら、寂しいで・・・。
動物はやっぱり、家族、だし。 しかも、キメラだぁ!? そんなの許せないっ!!

以前、『鋼の錬金術師』で自分の娘や飼い犬をキメラにした男の話を読んだ時も、哀しくて痛くて、大泣きしたっけなぁ・・・。

という訳で、キメラにした魔道士は、実はKYではなかったワイザーさんに、しっかりと罰してもらいましょうっ!! いやでも、ワイザーさんのKYも、絶対天然だと思うんだ…(笑)。


ちなみに、今回イチバンのお気に入りは、アメリアとゼルが決めてくれましたw

『油断するな、アメリア』(ゼル)
『ふぇぇぇん(泣)』(アメリア)

これです、これ!! このラブコメ展開です!!(笑) 基本、油断女王であるアメリアと、そんな彼女を反射で守っちゃうゼルの二人は、何て良いコンビなのかしらw 王道過ぎて、もうホント愛しい二人。 大好きですw 例えクラゲの唾液に塗れててもね(笑)。 


さて、お約束にはツッコミを。 ということで、ツッコミしておきますw 
何故なら『スレイヤーズ』だからだ!!(ワイザー風)


『ワイザーさん違うんですっ。 こう見えてもリナさん、一応ちゃんとした人間なんです!!』
・・・アメリアさん、それ、フォロー??(笑) ちなみに、相方のゼルガディスさんは、ちゃんとツッコミが出来ます。


『ありがとうガウリイ。 あなたの犠牲は無駄にはしないわ』(リナ)
『犠牲にした本人が言うか?』(ゼル)
こんな感じに。 さすがツッコミ担当。 けれど、話題のガウリイさんは、本家本元の本当のボケ担当さんなので、


『いやー、湖でコイツとすっかり意気投合しちゃってさー。 なぁんか分かり合えるって言うかぁ♪』
ってあたりがさすがです(笑)。 でも、さり気無くここでリナちゃんが、『さすがクラゲ頭・・・』と恥ずかしそうに顔を赤らめてたのが、何とも言えずツボでしたw そんなガウリイでも好きなくせにー(笑)とか思って一人ご満悦でした(笑)。


しかし、今回最大のツボは、魔道士=白鳥哲氏だったってことでしょうか!!
ロ、ロイドさん(by『コードギアス』)こんなところで何をっ!!(笑) しかもやっぱりマッドなんだよね…(笑)。

次回も楽しみですw




●第2話『Because それはリナ=インバースだから!』


『だれが小動物だ!!』
『だれがチビよ!?』

・・・え、似たもの同士? 何て傍迷惑なっ!!(笑)


魔導戦車破壊の疑惑をかけられたリナと、どうやら真犯人らしい小動物との、
魔術のやり合いがカッコイイというか、サルだったガウリイが面白いというか(笑)。 国家間の問題とか企みとか、ついでに「光の剣」のこともちゃんと描いてあったけど、あまり気にして無いです。 もう、勢いが素敵だ!!(笑)


っていうか、今回何気にラブコメ度が高くて、個人的に大満足です!! ガウリイに手を取られて赤くなるリナちゃんがもう…何てラブリー!! その後に蹴りが来ることが分かっていても(笑)、ときめきましたw

あと、小動物への自己紹介のときに、
『あたしはリナ。 こっちはガウリイ。 まぁ今んとこ、ただの旅の魔導士と剣士よ』
っていう台詞にくぎづけでした。 だって、「今んとこ」が「ただの」関係なら、未来は!? 何気に視線合わせてるのとか、ちょっと見ない間に何が…と思わず勘繰りました(笑)。 幸せw


今回、リナちゃんのドラグスレイヴの呪文を聴けたのも嬉しかったです。 
個人的には、初期の低めの声でエコーがかかったバージョンがカッコよくて好きだけど、今回はめっちゃ感情入ってて、それも良い。 あとは、小動物のちっちゃいシッポが可愛かったですw


大塚明夫さん、大好きです(笑)。
しまった、KYで変な自信家のワイザーさんがハマりすぎて困ります。 どうしても「インスペクター」って言いたいとか、焦げてるところとか、やっぱり気絶するところとか、もう全部ウザ可愛い(笑)。 リナとの掛け合いが素晴らしいですねっ!! 

っていうか、ガウリイもアメリアもゼルも、妙に楽しそうなのが伝わってくるので、見ていてやっぱり面白いw この勢いがやっぱり持ち味。 次回も気負わず見るぞー。




●第1話『Amazing 驚愕のドラグスレイブ!?』


『完璧最強天才美少女魔道士、リナ・インバースとはあたしのことよ!!』

この高らかな宣言が、目にも耳にも超まぶしいっ!!
待ぁてましたっ!! 11年ぶりの再アニメ化、おめでとうございますw このシリーズはね、ホント大好きだったの。 私のアニメ歴は林原さんとともにあると言っても過言ではないんだけど、その中でも『スレイヤーズ』は別格。
頭を使わず力をいれず、ただ素直に笑って泣いて、作品のパワーを真っ直ぐに感じることができる作品なんだもん。


今作も、全体的にとにかくハイテンション・ハイスピードで進む、懐かしい『スレイヤーズ』テイスト満載でした。 もうね、大満足!! 大好き!!


OPの絵も前シリーズを彷彿とさせつつ、デジタル画像でキレイだし。 林原さんのリナテンションは相変わらず絶妙に素敵だしっ!! ガウリイのボケっぷりも懐かしさを上回るヒドさだったし(笑)。
監督も脚本も、そして演者さんも、全てが懐かしいのに、全てが前シリーズまでより進化しているのがスゴイ。 1クールで終わるのかな?と思ったけど、
サブタイトル見る限り、「Z」までやるんだよね? ってことは2クールだw
 こーれーはー、楽しみですw


さて、お話らしいお話といよりも、物語の導入部なのが全開だった第1話。 リナ=インバースが何者なのか、とか。 ガウリイと旅している目的とか。 アメリアが何者で、ゼルの体の丈夫さ(で片付けていいのか?)とか。 見ながら私も復習してました。 そうか、ガウリイの剣を探してるんだっけって(笑)。


何で逮捕されるのか、ラストのドラグスレイブの呪文を唱えた奴は誰だとか、とりあえず謎ばかり。 でもまぁ、深く考えずにこのまま楽しめばいーんです(笑)。 それがこの作品のいいところなんですよねw

とりあえず、半魚人が加藤夏希ちゃんだったことにびっくりでした。 そうか、林原ファンを公言してるとこんな特典がっ!! キモさがよく出てたと思います(笑) 次回も楽しみw





Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ