『桜蘭高校ホスト部・12』の感想

img20080907.gif
『桜蘭高校ホスト部・12』
葉鳥ビスコ
白泉社花とゆめコミックス/2008.4.10/¥390






『 きっと僕らには 普通の何倍分も面白い未来が待ってる!! 』




<ご紹介>
白泉社『LaLa』で好評連載中の作品で、本編第52話~56話+番外編+描き下ろしを収録。 春発売分ですが、ずっと感想書き漏れてました(笑)。
ハルヒへの気持ちを自覚した常陸院ブラザーズ・光と馨。 双子史上初の大ゲンカを繰り広げ、馨はハルヒへの告白を決断!! けれどそれは、光への決別の意味も秘めていて…。 一方、パリで環の母親を捜し求める鏡夜は、遂に手がかりを掴んで!?


<感想>
12巻・・・感想を書いてなかったことに気づいてました。 13巻発売されたし、もう書かなくていーや!!と思ってました。 でも、読み返したら面白かったよ!! 光と馨の常陸院ブラザーズに、泣かされました!!(泣っ)

そんな感動は、ひとまず置いといて。
表紙。 妙に微笑ましくて癒されます。 鏡夜先輩が心底怪訝そうにハニー先輩を見遣ってる表情に、さらに癒されました(笑)。 普段、対外的には鉄壁の笑顔を保てる鏡夜先輩も、ホスト部内では、そしてやっぱりハニー先輩には、意外と無防備な表情をさらすんだなって思ったら、妙に愛しくて。 何度か繰り返してますが、りるは鏡夜先輩ファンですので(笑)。 あと、表紙の折り返しイラストがどうして猫澤兄妹なのかが妙に気になる…何の呪いなんだろうこの可愛らしさはっ!!(笑)。 そして、大好きな萩尾彬先生の双子が見れて幸せでしたw

描き下ろし部分。 今回は、10年越しの担当様が異動されたという描き下ろしがあちこちに散りばめられているんだけど、特に巻末の描き下ろしからは葉鳥先生の感謝の深さが伺えて、実はここでも泣かされました(笑)。 だって、良い話なんだもん…!! 白泉社コミックスの柱とかでは昔から担当さん話が多いので、妙に知った気持ちになってたのも大きいかもしません。 いずれにしろ、「何かを生み出す」という行為そのものに、尊敬の念を抱きます。 作家さんの才能を引き出す担当さんとのやり取りが、作品に深みを増してるんですねw それが大好きなマンガなら、尚更嬉しく思います。 だから、妙に感動してしまいました。 


さて本編。 人間関係が大きく動いた節目の巻。 発売時の帯のアオリは「双子、決断!!」というシンプルなものなんだけど、短い中に様々な想いが込められてて好きです。 ハルヒを好きとかそういうことではなく、お互いの中の自分の在り方っていう、今までとは微妙に違うアイデンティティを「決断」した光と馨の大ゲンカの結末の熱さったらないよ!! 相手を想うがゆえに動けなくなる、という自縄自縛な状態を、彼ららしい「兄弟の絆」で克服していくやり取りは、何だかとっても素敵でした。
要するに、「相手がいるから、自分がいる」。 相手と自分の間だけにある距離感を得ることって、難しいからこそ貴重なんですよね。 今後、光と馨が、ハルヒや環とそれぞれの関係を築いていくのが、ホント楽しみですw

ハルヒと環の関係がようやく動いた?55話も好きですw でもとりあえず、巻末のちび環先輩がどうしてもハニー先輩に見えて仕方ありません(笑)。 つまりハニー先輩はちびレベル…(笑)。


●関連記事
・次巻 ⇒『桜蘭高校ホスト部・13』の感想 ・・・まもなく(笑)
・前巻 ⇒『桜蘭高校ホスト部・11』の感想




<関連サイト様>
●TB送信先サイト・・・『或る書店員の戯言@とらば~ゆモード』
オンライン書店【ビーケーワン】・・・『桜蘭高校ホスト部・12』をbk1でチェック!!


    



Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ