『コードギアス 反逆のルルーシュR2』の感想/TURN22 『皇帝 ルルーシュ』

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume05
バンダイビジュアル
発売日:2008-12-19


谷口悟朗(監督)/大河内一楼(脚本)
福山潤/ゆかな/櫻井孝宏/水島大宙


●TURN22『皇帝 ルルーシュ』
神聖ブリタニア帝国第99代皇帝として即位してからというもの、ルルーシュはブリタニアが築いてきたものを破壊するために、ギアスを使って偽りの支配を固めていく。 全ては<ゼロレイクイエム>を成就させるために。 神楽耶が率いる超合州国への参加を審議するために訪れたアッシュフォード学園で、懐かしい旧友達に出会ったルルーシュ。 そして、ルルーシュの前に立ちはだかるシュナイゼルの目的とは…!?


『だって、だって…友達なんだよ!! あいつは、ルルーシュは…っ!!』(リヴァル)



くぅぅ、分かっていたけど、やっぱりリヴァルは良い奴です。 そして、リヴァルの熱い呼びかけを、カレンの切ない告白を、ただただ黙って受け流すルルーシュの秘めた熱さに哀しくなります。 つまり、第1期STAGE14で語られたルルーシュとC.C.の、

『本当に失いたくないものは、遠ざけておくものだ』(C.C.)
『それは、経験か?』(ルルーシュ)
『いや。…生き方だ』(C.C.)


という会話通り、彼らを「本当に失いたくないもの」だと考えるが故の振舞いなのでしょう。 前回で、『仮面も必要だ』と言ってた通り、今回のルルーシュは「皇帝」という「仮面」を武器に、<ゼロレクイエム>なる目的のために邁進してる。 ルルは基本情に脆い人なので(笑)、神楽耶に語ったように覚悟を持って「自分を壊す」ためには、「仮面」はやはり必要なのでしょう。 決して楽しんで「壊れる」わけでは、ないのだから。
そしてそれは、父と母に日本に送られたことを「俺たちを棄てたんだ」と吐き捨てたルルーシュが、いかにリヴァルたちを「棄てない」ために行動をしているのか、っていう部分にも繋がっていきそう。 <ゼロレクイエム>の詳細は全然分からないけど、「棄てない」ことこそが狙いなんだろうってことだけは、信じられる。 多分そこだけは、シュナイゼルとは絶対違うはずなんだ。 

『結果を求めるなら、何かを為さねばならない』(スザク)
『そのための手段は、何かを否定することにも繋がる』(ルルーシュ)


21話の二人の台詞。 この覚悟をもって、今までずっとお互いを「赦い合いたかった」二人が共闘するなら。 世界を壊す覚悟をもって、きっと世界を守るんだと思います。



今回は、ルルやスザクが自覚しながら仮面を被っているので、ツッコミどころがあまりなく(考察は得意じゃないのです。心理妄想が基本なので・笑)。 ちょっと目線を外してみます。 とりあえず、今回一番感じたことは、「ルル、お願いだからC.C.に服を作ってあげて!!」 ってことだったりします(笑)。 だって哀しいんですよ拘束衣…。 未だに「何か」に捕らわれて、自縄自縛になっているように思えてならないんだもん…。 私は、C.C.はギアス何かなくても「愛される」ことは出来ると思ってます。 だからこそ、「自分」を解放してあげて欲しいんだけど、な。 でもってそのきっかけが、ルルがC.C.の「本当の名前」を呼ぶとかだったら最高なのになーっ!!(熱)



●ルルーシュとナナリー
『…お兄様、スザクさん。 私は、お二人の、敵です』(ナナリー)

第18話の感想で書いたとおり、ナナリーがあそこで退場する意味はないという予想が当たってたので一安心です。 なので、ラストは驚愕するというよりは、「生きてて良かった…!!」と一人うるうるしてしまいました。 1億ギアス賭けて良かった!!(笑) それにしてもシュナイゼル、最高に人の悪い演出ですよね。 
今のルルーシュはナナリーから見たら、敵になるほど悪逆な人に見えるのかな。 …触れれば、分かるのにね。 第1期ぶりにやっと出逢えたナナリーのその台詞こそが、ルルーシュへの打撃になるとシュナイゼルは踏んだんですよね。 ホント人の悪い…。


●ルルーシュとシュナイゼル
『本当にそれしかないのですか?』(コーネリア)
『選ぶのは、世界かな?』(シュナイゼル)

今までルルーシュが様々な「仮面」をかぶってきたけれど、シュナイゼルもずっと「仮面」を被ってきたはず。 どうしてもこの人が、『哀しいじゃないか、人と人がいがみ合うなんて』みたいなことを言っても説得力がないのは、そのためなんだと思う。 私にはどうしても、ルルが仮面をもって強くなる部分があるような「意味」を、シュナイゼルに感じることが出来ないんですけど…果たして。


●ルルーシュとC.C.
『こちらはお願いしに行く立場だ。 民主主義に参加させてくれってね』(ルルーシュ)
『へぇ?』(C.C.)
『みんな好きだろ? 民主主義』(ルルーシュ)

仮面を被ったルル―シュの姿も、被らない姿も、性格に知っているのはスザクとC.C.だけ。 そんな部分が良くあらわれたケレン味たっぷりな二人の表情が好きでした。 くぅぅ、悪役やな!!(笑)



●今週のセシルさん(笑)
『良かったのかい?』(ロイド)
『良かったんですか?』(セシル)
もう良いんじゃない?お互いが良ければ!!(笑) という訳で微笑ましかったですw ロイドさんは自分で思っている以上に相手を思いやれる人だと私は感じているのだけど、その「思いやり」をそっくりそのままお返ししたセシルさんが素敵ですw  この二人も、上手くいけばいいのに…。





・次回感想 ⇒TURN23 『シュナイゼル の 仮面』 
・前回感想 ⇒TURN21 『ラグナレク の 接続』 
・シリーズ感想一覧 ⇒『コードギアス 反逆のルルーシュR2』感想一覧
・公式サイト ⇒『コードギアス 反逆のルルーシュR2』公式サイト


CDはどれも気になる!!
   

   






Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


☆オススメ