『コードギアス 反逆のルルーシュR2』の感想/TURN20 『皇帝 失格』

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume05
バンダイビジュアル
発売日:2008-12-19


谷口悟朗(監督)/大河内一楼(脚本)
福山潤/ゆかな/櫻井孝宏/水島大宙

●TURN20 『皇帝 失格』
ロロによって救われた命で、父・ブリタニア皇帝を打破する決意をしたルルーシュは、一人神音島に向かう。 一方スザクも、ナイトオブワンになるための行動を始める。 シュナイゼルは皇帝の座を奪うことを決意し、黒の騎士団はゼロの死亡という誤報を公式な図にしようと画策するなか、神音島に降臨したブリタニア皇帝は…!!


『リヴァル、会長に伝えてくれないか。 …一緒に花火をする約束、守れそうにないって』


立場や柵や血縁…人はいろいろな側面を持っていて、ルルーシュにもいろんな「顔」があったけれども、ルルーシュが自分で選びたかったのは、「生徒会」の人たちと過ごした時の「自分」だったんでしょうね。 そこには当然、今では立場も違うスザクも、失ってしまったナナリーもロロもシャーリーも、もちろんカレンも含まれてて、ルルーシュにとっての「優しい世界」そのものがあったはず。 今回その「自分」を、自らの手で「脚下」するためにリヴァルに告げたひと言が、とても哀しかったです。
ゼロという仮面を取り去り、素顔を曝したままで、

『我が名は、ルルーシュ・ヴィ・ブリタニア。 マリアンヌ皇妃が長子にして、帝国により捨てられし皇子』
『止められるものなら止めてみよ。 我が絶望に敵うものがいるのなら!!』


と静かに叫ぶルルーシュが痛々しかったです。 今まで「捨てられた皇子」というルルーシュの最大の秘匿だったものが、開き直ったように前面に押し出されるんだけど、その「ルルーシュ」には復讐しか残っていないという…。 しかも、母のため妹のため自分のためとなるはずの「復讐」が、

あなた(=C.C.)が今でも私たちの味方なのか知りたくって』

というアーニャさん=マリアンヌさんの口調からすると…「母のため」という側面まで失われそうな予感でいっぱいなんですけど…。 しかも、

『ねぇ、どうしよう? …助けるべきかなぁ、彼を』

って、義務を問われちゃうんですよ、もう切ないっ!!(笑)
「私たち」って普通に連想すれば、「マリアンヌとシャルル」だよねぇ? そこに協力するはずだったC.C.がルルに傾いてるからこその疑問のような気がするので…。 マリアンヌ襲撃事件の首謀者はシャルル皇帝で、その事件こそがここに繋がるための布石で…ってことなのかなぁ? あー、でも!! この構図は目一杯否定したいので(笑)、違う方向に話が進むことを期待します!! 私は、最終的にルルーシュが望んだ「ルルーシュ」を取り戻せると思ってるので。 一応ね、

『お前達の部屋はなくなっちゃったけど、クラブハウスはあいてるよ』
『そうか…。 生徒会室は、無事か?』
『ん!!』

と失ったものと残ったものがある中で、「生徒会室」は無事だったということ。 それから、

『この剣に、ルルーシュとナナリーの絶望も込めさせていただきます!!』
『ルルーシュっ。 それは僕の十字架だっ!!』


っていう台詞をみると、ルルーシュの側は断絶したと思い込んでいるスザクとの絆は、スザク側からは繋がったままだということが判明したわけです。 充分期待できると思うけど、果たして!?


●C.C.とマリアンヌとルルーシュ
以前からC.C.が交信してたマリアンヌ様は、アーニャさんでしたか…。 アーニャの瞳の色が赤いことからギアス関係者に違いないということはさんざん書いてきたけど、まさかマリアンヌ様だとは欠片も思わなかったです。 完敗(笑)。
でもこれって、どういうこと? アーニャという第三者の肉体に、マリアンヌの思念が宿っているということで良いのかなぁ? 

『…お前、こんなところまでやってきて…。 そんなにルルーシュが心配か?マリアンヌ』
『あらやだ、私がそんなに理想的な母親だと思っていたの?』

やっぱり、ルルーシュの抱く母親像っていうのは崩壊する気がする…可哀相だなホント(笑)。 でもここでの可愛いポイントは、マリアンヌがあっさり否定した「ルルーシュを心配」っていうのを本当にしているのはC.C.の方だ、ってこと。 だからすぐにその台詞が出たんだよねw

『その閃き、衰えてはないようだな、閃光のマリアンヌ。 さすがはルルーシュの母親だ』
『ねぇ、どうしよう? …助けるべきかなぁ、彼を』
『・・・』

台詞を聞くとやっぱりC.C.の発想が、ルルーシュ>マリアンヌ、という図式になっている気がするのは、私の脳がラブコメ脳だからですか?(笑) ラスト、『・・・』と黙ったのは、「助ける」と言ってしまうことがマリアンヌたちの意思に反する行為に繋がるから、だと理解してます。


●神楽耶様
「他人」の言葉に操られてゼロを裏切った人がいる中で、神楽耶様と星刻がルルーシュを信じているっていうのは、とても大きい。 自分が信じると決めた人以外の言葉で惑わされるというのは、本来ありえないと思うんですよ。 そうなると、「ゼロが裏切った」と嘆く扇や玉城たちこそが、本当にはゼロを信じていなかった(つまり、日常的に裏切り続けていた)と言っても過言ではないと思う。 

『それに…夫といっても、ゼロ様と私は…所詮、「形」だけの夫婦(夫婦)…』

ロロがルルーシュと過ごした「偽りの時間」こそが自分の時間だったと肯定したのと、同じだと思う。 「形」だけだと分かっていてもゼロを好きな気持ちに変わりはないと言う神楽耶様は、もう絶対的に可愛いんですけど!! 「恋」の問題を抱える天子様が、神楽耶様を気遣うシーンとかもう…っっ!!(笑)


●オマケ(笑)
黒の騎士団とかブリタニア軍とかにはツッコミを入れない方向なんだけど、気になったので一つだけ。

『扇も少しは変わったかと思ったが…やはりミスキャストか。 彼の本質は、守ることにある』
偉そうな人格分析をしながらも、ディートハルトの顔が傷だらけなんですけど(笑)。 この直後、ヴィレッタさんが大映しになったから、彼女を黒の騎士団にいれるかどうかで揉めたのかな? いずれにしろ、彼は、自分が神ではないことを自覚すべき。



・次回感想 ⇒TURN21 『ラグナレク 接続』 
・前回感想 ⇒TURN19 『裏切り』 
・シリーズ感想一覧 ⇒『コードギアス 反逆のルルーシュR2』感想一覧
・公式サイト ⇒『コードギアス 反逆のルルーシュR2』公式サイト


CDはどれも気になる!!
   

   






Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


☆オススメ