『コードギアス 反逆のルルーシュR2』の感想/TURN14『ギアス 狩り』

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume04
バンダイビジュアル
発売日:2008-11-21


●TURN14『ギアス 狩り』
シャーリーの死は、ルルーシュに大きな影を落とした。 一つは、シャーリーを殺したロロと「ギアス」への復讐、もう一つは、スザクからの疑い。 ルルーシュはギアス嚮団の殲滅を掲げ、ナイトメアを率いて武力介入し、スザクは帝国の捕虜となっていたカレンへから証言を得るため、彼女に「リフレイン」と使うことを決意する。 そして、ルルーシュがV.V.を地下に追い詰めた時、神音島の時と同じ光が彼を包んで…!!


<感想>
やばい。 今回ネガティブです。 作品が、という以上に、私が(笑)。

『みんな嘘つきばかりですよ、兄さん』(皇帝)

という言葉がもの凄く重く圧し掛かってきた14話でした。 誰もが誰かに何らかの「嘘」をついている。 それは個人的なレベルから、国家レベルにいたるまで。 そしてもしかしたらV.V.の言うように、神や世界までもが「嘘」をついているのかもしれない。 でも、だからこそ「嘘」が正しいわけではなくて…今回、平然とロロに対して「嘘」をつくルルーシュが、とても哀しかったです。 伝えれば良いのに。 怒れば良いのに。 ルルは何度もロロに、『そういうのはもう止めろって言っただろ?』って諭してきたんだから。 何だったら、面と向って殺そうとすれば良かったのに。 それをしなかった時点で、ルルーシュはロロを責めることは出来ないんだ。

ちなみに、これら一連のネガティブな台詞と対照的に使われた、
『まさかねぇ。 ナナリーがお姫様だったんなんて』(カレン)
『嘘をついていて、ごめんなさい』(ナナリー)
『お互いさまよ』

というやり取りの、何て素敵なこと!! 多分というか絶対に、これが正しく優しい在り方なんですよね。 もちろん、事のレベルが違うとかどうしても赦さないとかはあると思うけど、基本的なやり取りをいっさいすっ飛ばして画策が始まっている流れが、ルルに限らず、哀しい。
 
多分、いろんな伏線の回収や新たな謎が提示された回だったんだけど、そんな事ばかり考えさせられました。 いろいろ、悔しいです。 ルルの馬鹿(泣)。


・ルルーシュとロロ
『逃げているだけでは明日は来ない。 それに、俺たちが幸せになるためだ』(ルルーシュ)
『僕たちが…。(中略) でも兄さん、信じて良いの?』(ロロ)
『当たり前だろ? たった二人の兄弟じゃないか』

この場面は、TURN07で自暴自棄になったルルをロロが支えたときと同じ構図なんですよね。 ルルとロロの立ち位置がとても近いことも、「幸せ」というキーワードも。 でも、あの時は分かり合う場面だったのが、今回は真逆なのがまた何とも…。

ロロがシャーリーを殺したのは、「記憶を取り戻したシャーリーが拳銃を持ってルルーシュを追っていた」から。 もちろんそれだけじゃないはずだけど(ナナリーのこととか)、でもロロには正統な理由なんだよね。 だってそれは、ルルが擬似兄弟を容認して、情報源かつボディーガードとしてロロを利用しようとしたから始まった関係なんだもの。 ロロの、危ういまでの「家族への憧れ」を利用して、自分を何よりも優先させるように仕向けたのはルルなんだもん。 確かにそれが最悪の形で還って来たけれど、ロロとの関係をルルが制御しきれなかったという部分がどうしても見えてしまって、正直「ルル、ずるい!!」と思ってしまった…。 だって、

『ロロ。 ここでジークフリートもろとも始末してあげよう。 ヴィンセントに仕掛けた爆弾で!!』
『…やってやる、兄さんのためにもっ!!』

そんなことシャーリーは望まなかったじゃん!! 彼女は、ロロがこうやってルルーシュの味方でいようとしていることを喜んでたよ。 最終的にロロが無事でよかった。 この時、ルルが「チッ!!」と舌打ちするのが何とも下品で笑えたけど(笑)。 今後の二人の関係の鍵を握るのは、誰なのかなぁ? …先週までは、スザクがそうなってくれると信じてたんだけど、な…。


・千葉さんと藤堂さん
あの、気になったんですけど…何で二人一緒にいらっしゃるんですか? っていうより、何で二人でベッドの上に座ってるんですかっ!?(笑) ある意味今回で一番の衝撃シーンでした(笑)。


・スザク
私は結構なスザク擁護派らしいんだけど(笑)、それでも今回のカレンとの会話にはびっくりでした。
『あぁ、だから、彼女を殺した犯人がいるとすれば…』(スザク)
『!!』(カレン)
『そう、ルルーシュだ』

な、何でそんなこと考えちゃったの!? 普段のシャーリーと普段のルルーシュを見てて、何でそこにいっちゃったんだろう…!! いやもう、ホント哀しいです。 君は前回のシャーリーの言葉の何を聞いてたんだ!?って、泣きそうになりました。 辛い…。


・C.C.さんとルルーシュさん
『すまない…これはお前たちを放置した私の罪だ。 だから、ギアスの系譜はここで終わらせる。 それが、恐らく私とルルーシュの…』
続く言葉は、「贖罪」、かな? 泣いて、ましたね。 泣かないでC.C.。 うー、女の子が2週も続けて泣く世界なんて、やっぱりおかしいと声を大にして言いたい!! 頑張って、ルル!! ところでこれまた第1期のマオマオの回のリフレインですね。 この丁寧な描写には、ホント頭が下がります。

『ではもう一つ確認したい。 俺との契約内容だ。 お前の願いは、何だ?』
『戦線には関係ないだろう。 今話すつもりはない』

そういえば、ルルとの契約は一方的に持ちかけたものだったっけ。 V.V.と皇帝の「契約」内容が明らかになっているけれども、そういう大きな「何か」なのかなぁ? 今回の独り言は、やっぱり相手はマリアンヌ様なのでしょうか。


・謎な人たち
『よく来てくれたね、シャルル。 やっぱり最後に頼りになるのは兄弟だね』
『兄さん。 ルルーシュに刺客を送ったというのは、本当ですか?』
『おかげで仕返しされちゃった。 でも、ルルーシュがゼロだって分かったよ。 ナナリーも騙していたんだ、あいつは』
『…兄さんがまた、嘘をついた…』

ここでも「嘘」がキーワード。 「嘘」に始まり「嘘」に終わった14話でした。 今まではどちらかと言えば秘匿とかの「隠す」とか「言えない事」が人間関係のポイントだったけど、はっきり「嘘」と言い換え始めたのが意味深ですね。 嘘を暴くはずの彼らが嘘にまみれているといのが何とも、ね。




・次回感想 ⇒TURN15『C の 世界』 
・前回感想 ⇒TURN13『過去 から の 刺客』 
・シリーズ感想一覧 ⇒『コードギアス 反逆のルルーシュR2』感想一覧
・公式サイト ⇒『コードギアス 反逆のルルーシュR2』公式サイト


   




Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ