『NGライフ・5』の感想

ng5.gif
『NGライフ・5』
草凪みずほ
白泉社花とゆめコミックス/2008.6.25/¥390




『それがないとダメなの? 絆の糸は切れてしまうの?』




<ご紹介>
白泉社『花とゆめ』で連載中の作品。 前世の記憶と愛情に、敬大の現世は大混乱!? ハイテンションなパニックラブコメです。 5巻はscene24~29を収録。 表紙は、凌さん(現世)×スミルナ姐さん(前世)。 棘のある薔薇がよくお似合いで(笑)。

1900年前のポンペイの記憶を持つ敬大だが、信頼すべき親友は女の子(美依)に、そして前世の最愛の妻セレナは男子(裕真)に転生しているため、「こんなのNG!!」と大混乱の毎日。
学校の感謝祭で、ポンペイがモチーフの劇をすることになった敬大たち。 キャストを入れ替えたりと賑やかに準備が進む中、裕真だけは、「ポンペイ」の話に詳しい敬大たちを不審に思う。 自分だけが取り残されていると感じた裕真は、同じく寂しさを感じる麗奈に誘われ、前世を見られるという「退行催眠」を試し…懐かしい「あの人」と再会するのだが!?

    ⇒『NGライフ・4』の感想  ⇒『NGライフ・3』の感想
    ⇒『NGライフ・2』の感想  ⇒『NGライフ・1』の感想


<感想>
楽しみにしてた第5巻も、期待に違わぬ面白さでしたw 相変わらず表紙もグッド。 凌さんとスミルナ姐さんの掌が、2000年を超えてしっかり組み合わされているのが嬉しい。 かと思うと中表紙の二人はS気全開でどうしようって感じなんだけど(笑)、こんな風に1冊通しても泣いて笑って大忙しな展開。 面白かったです。


さて、お話としては、裕真とセレナの関係性を描くために、再びポンペイの劇を導入に使った展開が良かったです。 えーと、麗奈や裕真の悩みを描くために前世を意識させるという点はもちろん、単純に朱奈ちゃんのライオンが見れたという意味でも、ね(笑)。 何だあの可愛さっ!!と大きな声で叫びました。 無理です、はむかえないよっ!!(笑)。

可愛いといえば、ツインズのメイド服も朱奈ちゃんの和服も美依ちゃんのセレナ衣裳も、超可愛くて大満足w でもやっぱり、敬大じゃないけど、セレナの意識にシンクロしてた時の裕真の美しさといったら…!! 神々しさまで感じるほど。 それってやっぱり、セレナの意識の美しさなんだろうな。


ヴェスヴィオ山の噴火が起き、パニックになりかけた裕真を、セレナが目隠しするシーンには、何だかホントに泣けました…。 だって、セレナ自身は、あの火山で亡くなったんだもん。 自分の恐怖を裕真に体験させたくないっていう行動でしょう?

セレナの恐怖は、裕真が自宅の暗闇を怖がるシーンを見ても、相当なモノだって伝わってくる。 その恐ろしさから裕真を守るセレナの行動から、彼女が「敬大」だけではなく、敬大に会えた「裕真」という人を本当に愛しているのが伝わってきました。 「あなたは闇の中にいない」というセレナは、確かにいつも穏やかなお日様の元で微笑んでるんですよね。 恐ろしい体験は恐怖として残っているけれど、彼女を歪めるものではなかったんだろうな。 凌さんの無念や敬大の罪悪感なんかは、案外セレナは笑い飛ばしそうな気がする。

そして、セレナの「記憶」を引き継がず、「魂」だけを継承した裕真にも、そんな強さは必ずある。 どうやら自分=セレナと気づいたみたいだけど、「裕真」として敬大たちと一緒にい続けてくださいね。


さて、これで、敬大・凌・蒼一は自発的意思で前世を覚えていて、裕真はセレナとの共通意思で「覚えている必要はない」という道を選んだことが明確になりました。 予想だけど、朱奈ちゃんはアグライヤとしてではなく「朱奈」として蒼一と生きたいから記憶を棄てたんだろうし。

そうなると謎なのが、麗奈ちゃんの前世が不明なことと、美依ちゃんにロレイウスの記憶がないってことかなぁ? どちらも「誰の」意思なんだろう。 思い出すにしろ出さないにしろ、この「何故」というのがキーポイントになるんじゃないかな? 個人的には3巻のセレナの言葉どおり、「あなたの旅は、あなたのもの」が全てだと思ってます。 思い出さなくてもいいから「自分らしく」敬大と向き合ってくれるといいなーw


では、以下各話語り(まだ書くか・笑)。
・scene24・・・美依ちゃんメインの読みきり。 あーもう、美依ちゃん大好きですっ!! 「いつも笑顔の温かい人」っていうのは、ロレイウスにも美依ちゃんにももの凄くぴったり。 その気持ちの広さが、敬大の頑なな恋心を溶かす日も近いよ!! そのままの美依ちゃんでいてねw
・scene25・・・個人的には大野くんの「妹キャラとは反則な」に、大共感(笑。可愛すぎだって)。 まぁ朱奈さんも反則だけどもー(笑)。
・scene26・・・裕真の疎外感と敬大の罪悪感は、この段階では「=(イコール)」なんですよね。 そんな感情のやり取りがちょっと切なかった。
・scene27・・・メイドコス万歳っ!!(笑)。
・scene28・・・セレナの美しさに感涙ですよマジでもうっ!! 「幸せにしたい」という目が、もうシリクス大好きなのが伝わってきて、彼女の生涯の短さが悔やまれました。 くぅ!!
・scene29・・・セレナと話がしたいと願う敬大、それを嫌がる凌、「記憶」の行く末が気になる蒼一と、男性陣三者三様でしたね。 みんなが自分のことで精一杯な中、やっぱり敬大を第一に考えちゃう美依ちゃんの切ない笑顔にぐっと来た。 吹っ切れた裕真の表情が良かったですw


美依ちゃんを意識し始めた敬大がどう行動するのかが気になるけど、次回は朱奈ちゃんメインなんですね。 秋かぁ…遠いけど、楽しみだ!!

⇒次巻『NGライフ・6』の感想


<関連サイト様>
●感想拝読しました・・・『「ブックラヴァーズ」のススメ!』
オンライン書店【ビーケーワン】 ・・・『NGライフ・5』をbk1でチェック!!





Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


☆オススメ