『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』の感想

zerohatizeronana.jpg
『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』
辻村深月
講談社
2009年9月14日 第1刷発行/¥1600+税






「お母さん、お母さん、お母さん、お母さん」
泣き声が、薄く青みがかった灰色の空に吸い込まれていく。


<ご紹介>
「講談社創業100周年記念出版・書き下ろし100冊」 の1作。 接点の薄れた幼馴染を、悲しい 「事件」 が再び結びつける…。 すべての「女子」に捧げられたお話です。

同い年の幼馴染・チエミが失踪した。 家に、彼女の母親の死体を残して――。 家族仲の良かったチエミ達に、一体何が起きたのか。 チエミは今どこにいるのか。 そしてそもそも、チエミとはどういう女性だったのか。 東京でフリーライターをしていたみずほは、チエミと自分に関わりのあった人達に会い、それらを一つずつ紐解こうとする。 ・・・警察にも話していない、チエミの 「秘密」 を胸に抱えながら。


<感想>
楽しみにしていた、辻村さんの新作です。 諦めていましたが、ご縁があって読む事が出来ました。 多謝。

それにしても、覚悟していた以上に、読むのが辛かった。 もう本当に、この先に待っているはずの、小さくて、でも何よりも大切な 「希望」 だけを信じて、読み続けました。 辻村作品は、私にとって大切なものであると同時に、 「読む覚悟」 が要るものでもあります。 彼女が描くのは、寂しくて圧迫されているのに、でも自分はそうじゃないと目を逸らしてきた事実を見つめなければならなくなる状況ばかり。 今作は特に、寂しくて、繊細で、かと思うと都合のいい偽善や悪意が渦巻いてしまう「女子」らしさがよく描かれていて、これはまるで自分の暗い部分を映す鏡なんじゃないかと思えて仕方なかった。 だから、読んでいると妙に苦しくて、辛い。
  

……それなのに。 それでもその先に、 「希望」 があると信じさせるから、辻村深月は奥が深い。 その葛藤を、その絶望を、こちらが目を覆いたくなるくらいに見せ付けておいて、それなのに、最後まで 「希望」 があることを諦めない。 小さくても 「救い」 があると頑張れる。 母親を許せなくても親子であることをやめられなかったみずほと、母親への深い愛情がありながら親子をやめねばならなかったチエミ。 境遇も性格も対照的だけれども、それでも 「友達」 だった二人。 最後の最後に 「希望」 のおなかを撫でることができたみずほの姿に、泣きました。 人間の持つ 「しぶとさ」 って、すごくかっこいいな。 友情も恋愛感情も親子の愛情も、やっぱりすごく尊いな。 だから私は、彼女の作品が好きだな。 読む時に感じる「辛さ」も、愛しいな。 そう思って、本を閉じてからまた泣きました。


事件に向き合おうとするみずほが、関係者と対面する様子が延々と描かれている第一章と、第二章との対比が面白い。 一章では、誰と会ってどう感じて…ということが、みずほのフリーライターらしい緻密さで纏められ、そこにミステリ的な 「謎」 も含まれているところが上手い。 そして多分、チエミ視点ではこういう纏め方にはならないんだろうと、読みながら感じていました。 失踪したチエミを描きながらも、これは間違いなく、みずほの物語なんだ。 案の定、チエミに視点が切り替わった第二章にはそれまでの緻密さは皆無で、二人の違いがよく分かって面白い。 ただ、よく分かる分、その違いがちょっと唐突に感じられてしまうのも確かではあるけれども。
 

その違いにびっくりしたけど、翠ちゃんという何とも可愛らしい人物の登場に救われました。 裏の裏まで読むような人間関係を第一章で見ていたので、翠ちゃんの、裏を読むのではなく気持ちを読むような優しさが、何とも温かく感じられます。 変な子だけど。 怖がりだけど。 でも優しいって、素敵じゃないか。 チエミはずっと、彼女の穏やかさに守られてきたんだな。 逃亡がバレなかった理由としては現実感がないような気がするけれど、でも何だか納得させられたから不思議。


あとは、「見つける」場面。 第一章で、みずほが母親に発見されるシーンがあって。 『似てるな』 という想いだけで雑踏の中を全速力で追いかけてきた母親の愛情は、歪んでいたけれども本物だった。 あっさり見つけたようだけど、ずっと気にしていたからこその発見だろうな。 みずほがチエミを見つけた場面も、それとよく似ている。 見つかるはずがない状況で、それ以上の情熱を持ったみずほだけが辿り付いた。 だから、近くにいながらずっとすれ誓ってきた母子と幼馴染がやっと再会出来たからこそ、もう戻らないチエミの母の想いがより深く感じられました。 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』 タイトルの意味は、だからきっと、 「愛情」 です。



・辻村深月作品感想
⇒『凍りのくじら』  ⇒『ぼくのメジャースプーン』  ⇒『スロウハイツの神様』


<関連サイト様>
●感想拝読しました・・・『++tennrou`s diary++』様  『山茶のブログ』
オンライン書店【ビーケーワン】・・・『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』をbk1でチェック!!

冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫) 凍りのくじら (講談社文庫) ロードムービー スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス)






Loading...

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


☆オススメ