『LaLaDX5月号(2008年)』の感想(後編)

laladx5.jpg

『LaLaDX5月号(2008年)』
白泉社/2008.4.10


<感想>
そんな訳で、こちらは 『LaLaDX5月号(2008年)』の感想の、後編記事です
ここにない感想は、 『LaLaDX5月号(2008年)』の感想(前編)、に掲載されてるのでそちらも宜しくですw
    ⇒『LaLa』 『LaLaDX』 雑誌感想一覧はこちら


●小椋アカネ 『絶対平和大作戦』
ヨハネとの婚約は平和のため、と思い込んできたユーダ。 けれど最近、ヨハネに冷たくされると悲しくなる日々。 そんな時、ヨハネが超美人の護衛をすることになり…!!

『坊ちゃんと家庭教師』と並び、今号のパワープッシュはこちら!! もう、ユーダがめっちゃ可愛くて、私が死ぬかと思いました(笑)。 今まではユーダがヨハネを怖がって避けて…という展開だったのに、今回は逆。 「このままじゃ嫌われる」という恐怖に駆られたり、ヨハネに(公用で)呼ばれて馳せ参じちゃったりと、自分の気持ちを制御しきれないユーダにメロメロしてしまいました。 そりゃヨハネ王子も1時間抱きしめるわ(笑)。
何ていうかこう・・・「一歩ずつ」進んでいるのが分かって良いです。 ユーダの気持ちは進むだけなんだけど、ヨハネがね、「好き」を抑えることでユーダを想い遣る行為がまたグッドです!! でもその抑えは決して停滞じゃなくて、表さないだけで好き度は進んでるんですよね。 怒ったり照れたり微笑んだりする表情から伝わってきます。 だからこそのラストなわけで…あぁもうこんなの、私が大好きですっ!!(笑) 
    →関連記事 『LaLaDX9月号(2007年)』の感想・後編(絶対平和大作戦)


●草川為 『十二秘色のパレット』
進級試験で留年防止に励むセロ。 けれど、島の外で営業をする審査をグエル先生も受けると聞き、セロは先生と会えなくなるかもしれない可能性に動揺してしまい…。

扉絵が「パレット」っぽくて良いですね。 進級に向けて頑張るセロに、グエル先生が思わずナデナデするシーンが好きです。 自然な雰囲気が良いのと、あと、もう二人の接触に怒らなくなったヨーヨーが偉くて(笑)。 ハンカチ用意したり千羽鶴折ったり、まるで野球部のマネジみたいですね(笑)。 あと、「ナデナデ」がグエル先生からの一方通行じゃなかったことが、何かスゴク嬉しかった!! セロからもして欲しいっていうのが良いじゃないですかw でもそんな風に気持ちが通じ合ってると思えたからこそ、ラストが辛いんですけどね…。 セロって普段泣かないから余計だわ。 先生、「次号急展開!」ってどーいうことですかぁっ!?(大泣!)
    ⇒関連記事 『十二秘色のパレット・5』の感想


●田中メカ 『キスよりも早く・特別編』
我らが鉄兵くんが主役でしたー!! パチパチ!! 冒頭できちんとボタンを留めているお姿だけでも幸せになれるりるです(笑)。 本編だとあまりに鉄兵くんが「良い子」過ぎるのだけど、これを読むと「ブンちゃんの弟だなー」って改めて思いますね。 約束は守る、曲がったことはキライ、結構すぐ手が出る(笑)とか。 一番そう感じたのは、手を踏まれてでもクローバーを守ったシーンです。 カッコ良すぎだよ?!! そこに、まーくんの紳士っぷりを学んだらもう最強ですねw こんな子がいたら、私、幼稚園で初恋を経験したあともずっと彼を引きずりそうな気がしますよ…(笑)。
    ⇒関連記事 『キスよりも早く・1』の感想


●可歌まと 『ひみつの姫君 うわさの王子』
盗賊騒ぎの統率に忙しいイジー様に会いたくて、男装して城を抜け出したアル。 やっと会えたのに、イジーの近くには綺麗な女性騎士が。 役立たない自分に苛立つのだが…。

今までわりと流されキャラだったアルディーナが、(久々に)自分からイジーに逢いに行きたいと言う積極性を発揮してくれたので楽しかったです。 まずは行動っ!!ですよねw でも実は、綺麗で可愛い子大好きで騎士だというカテルさんがめっちゃツボでした。 しかも、ちょっと変!!(笑)。 これはグーですw 
鎖で繋がれるアルも可愛かったけど、心配しすぎて怒りモードのイジーに対し、それでも「会いにいけない」と言い募るあたりが益々可愛いですねw  ほのぼのしました!! ありがとうw 
    →関連記事 『LaLaDX3月号(2008年)』の感想・前編(ひみつの姫君うわさの王子)


●萩尾彬 『シュガー☆ファミリー』
念願の妹・夕夏との生活に喜びを感じてきた帝一だが、実は両親が未入籍のため兄妹ではないことを知って大ショック!! 夕夏に嫌われないかと心配するのだが…。

夕夏ちゃんと帝一の「家族」って、核家族の一員としてじゃなくても良いと思うんですけど…いっそ、新しく家庭を築けば良いのに!!(笑)。 この二人、「家族」の在り方そのものがちょっとしたトラウマなんですね。 今回帝一を見ててしみじみ思いました。 親と顔が似てることが「相手を傷つけるかもしれない」という恐れに転化してしまうこと事態が、とても悲しい。 それでもちゃんとした「家族」が欲しいと願える帝一は、やっぱり優しくて、でも、何故かそれがシスコンという形でしか表れないのが帝一の面白い悲しいところなんだと思います(笑)。 っていうか、女性にすぐフラれるくせに、その技はどこで磨いてたんだろう…?
    ⇒関連記事 『シュガー☆ファミリー・3』の感想


●ひむか透留 『ひみつのリトルファイター』
大好きな正木君から告白されたひなは、「好きだから付き合えない」とお断りしてしまう。 格闘技好きを隠し普通の女の子として生活したいからだけど、正木君は諦めなくて…というちょっとパターンなお話だけど、表情の出辛いひなちゃんがめっさ可愛いですな!! 正木君が、ひなちゃんのどこを好きになったのかがもっとアピールされたたら尚良かったのにな?。

●石原ケイコ 『計算ですから』
ヒロインの造形が某作家さんに激似でしたが、お話の展開は可愛くて好き!! 子犬のような兵間の笑顔とまっすぐさに惹かれてからの亜子ちゃんの方が、繕ってる時の彼女より断然可愛いw やっぱ女の子には恋ですよ恋!! 人の良さそうな兵間が、ラスト強引に抱き寄せたギャップにクラクラしました(笑)。

●斎藤けん 『with!』
憧れ=圏外はありえない、と楽観してた黒馬先輩が、「こんなのはじめて…」と青くなるシーン。 申し訳ないけど笑えました(笑)。 この人、意外と思考経路が可愛いので好きです。

●橘裕 『かな、かも。』
橘さんのベタ甘なお話が読みたいです。 今回、神尾弟が由奈の写真を見て笑った時のような素敵な表情がたくさん出てくる、幸せなお話がっ!! 次回作はそーだと良いなw
    ⇒関連記事 『人形師の夜(全3巻)』の感想
  
●林みかせ 『君とひみつの花園』
次回が最終回だそうです。
●英貴 『マリアさんにご加護を』
ロボットじゃないよ、アンドロイドだよ、をどうしても思い浮かべてしまう私…(笑)。
●高柳三樟 『ガーディアンジョーカー』
黒と白の対比が綺麗な画面でしたが、ラストはもっとラブが良かったなー(笑)。


<関連サイト様>
●感想拝読しました・・・4/19『土星のわっか』 『☆My Comic List☆』
白泉社オンライン





Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ