『LaLaDX3月号(2008年)』の感想・前編

laladx0803.jpg
『LaLaDX3月号(2008年)』
白泉社/2008.2.9/\690


<ご紹介>
白泉社刊行の隔月刊誌。 表紙は本誌掲載『会長はメイド様!』より碓氷が単独で登場。 華(=美咲ちゃん)がいなくて非常に残念です(買うの躊躇ったもん・笑)。 付録も『メイド様!』のA5版クリアファイル。
総ページ数は924頁と相変わらず分厚いけど、とりあえず全作品にコメントを書きます!! でもって、今回も感想は2回に分割です(笑)。 →後編感想はこちら!!
ちなみに、今回掲載分での個人的お気に入りを無理矢理決めるとですね、順不同で、
・『赤髪の白雪姫』 ・『絶対平和大作戦』 ・『いばらの掟』
・『シュガー☆ファミリー』 ・『ひみつの姫君 うわさの王子』
という感じになります。 特に、『いばらの掟』は私の趣味に激烈にハマってしまい、読後暫らくニヤニヤニヤニヤしてしまったほど(笑。アホか)。 

では、感想書き終わった順に感想をばw
    →関連記事 『LaLaDX1月号(2008年)』の感想・前編
    →関連記事 『LaLaDX1月号(2008年)』の感想・後編
    →関連記事 『LaLa3月号(2008年)』の感想


●森生まさみ 『恐竜な歯医者さん』 第1話
秀子には、恐竜より恐れる従兄がいる。 歯科医の開はイケメンな外見とはうらはなオレ様体質。 小さい頃から虫歯体質な秀子は、何故か開には反発してしまい…?
森生先生の新連載は、また不思議な味わいのお話(笑)。 にわか恐竜博士になりそうな豆知識がちょっと面白かったです(恐竜って脳みそ少なかったんだ!!)。 どうやら秀子ちゃんには、小さな頃から開さんに無自覚な気持ちがあるみたい。 今回、何故反発するのかという謎がさっそく解けてしまったので(早)、今後の展開がどうなるのか気になります。  
それにしても…この「虫歯体質」っていうのが、とても他人事には思えませんっ。 こ、怖いんです歯医者さん…(どきどき)。 なので、とても感情移入して読んでしまいました。 この「身近な感覚」が森生さんの上手なところで安心できます。
    →関連記事 『こんぺいとうダーリン♪』の感想


●川瀬夏菜 『星よみの予言者』 第5話(最終話)
呪いが再発し、再び刺客となったティアは、眠ることで自らを封じる。 そんな彼女を放っておけないリイスは、ティアの夢に介入する。 リイスはティアを救えるのか!?
最終回でした。 川瀬先生、お疲れ様ですっ!! 扉絵のフリフリなティアちゃんが可愛いのは確かなんだけど、笑顔がなくて寂しいの。 仕事を失敗したって、髪が短くなったって、やっぱりティアには笑顔が似合うなって、ラストで再確認しました。 リイスに対し、「好き」という言葉ではなく「幸せになります!」と宣言したところで、私の涙腺が限界(笑)。 自分に対してだけ後ろ向きだったティアが、初めて抱いた自分への希望。 それが「幸せ」なら、リイスさん頑張っちゃうと思うな~(笑)。 リイスはリイスで、グラン様という公平性を求められながら、唯一の存在を持ってしまう自分への恐れを超えたわけで、そういう意味で非常にお似合いな2人。 是非素敵な未来を、一緒に過ごしてくださいねw
    →関連記事 『LaLaDX11月号(2007年)』の感想(星よみの予言者・3)
    →関連記事 『LaLaDX1月号(2008年)』の感想(星よみの予言者・4)


●雪村ゆに 『いばらの掟』
プリシラが勤める城の主人は、魔王と呼ばれる青年伯爵。 目を合わせることすら禁止する掟があるのだが、身分を隠して偶然街で出会った伯爵は、気さくで優しい人物で…。
すみません。 個人的に今回一番気に入ってる作品です!! えぇ、どうせ私は主従関係に弱いですヨ。 メイドさんに弱いですヨ!! 身分の差の恋に、めっちゃ弱いですよ!!!! だって好きなんだもん仕方ないじゃないですかっ(笑。 開き直り…)。 「餞別」から相手の正体を言い当てるラストの展開がホント好みでした。 そもそも街での出会いは偶然だと思ってたので、嬉しい誤算。 すべて確信犯だったのか……素敵ですよね、確信犯で口説きにかかる男性って!!(笑。りるさん少し落ち着いた方が…)。  女の子はふんわりと可愛く、男性は硬質なカッコよさがある雪村先生の絵だと、より色っぽく感じられてどきどきしました。 次回作も期待してますw


●可歌まと 『ひみつの姫君 うわさの王子』 (第3回)
ヒドイ噂ばかりのイジー王子と深窓の姫君アルディーナの婚約は、政略結婚という世間の認識とは違い真剣なもの。 その報告に訪れた祖母の屋敷でまたまた騒動が…。
まぁいつもこのパターンですが、何も問題なしっ!! 今回も、可愛かったですw  祖母が期待する「姫」という枠に収まれないことを気に病んで、「自分らしく」いられないアルには、「王子」という枠をとっくに取っ払って「自分らしく」生きるイジー本人がとても魅力的なんだろうな。 そういう人として大好きな感じが伝わってくるのが、この作品の良いところ。 アルが必死で目で訴えたからお願いを聞いちゃうイジーとか、犯罪者街道を突き進んじゃうイジーとかが面白かったです(笑)。 っていうか、仮に庭師と姫君でも私的にはむしろ推奨カップルなんですけど>おばあさま(笑)。 久々に姫の格好をしたアルは、やっぱり可愛かったですw
    →関連記事 『LaLaDX11月号(2007年)』の感想(ひみつの姫君 うわさの王子・1)
    →関連記事 『LaLaDX1月号(2008年)』の感想(ひみつの姫君 うわさの王子・2)


●宇留野あや 『冬のエンゼル』
お菓子のエンゼルマークに気をよくし、大好きな安藤くんに告白した照。 即行フラれたけど、とある事情から人間不信だという彼の傷を知って、ますます想いは募り…。
以前の『流星クラブ』が好きだったので嬉しい掲載。 この方の描く男性の絵が、そりゃもう好みなりるです(笑)。 気だるそうでいて、でも優しい感じ。 そりゃヒロインも惚れると太鼓判(いらんて)。 誰かが人を傷つけると、癒されない傷がまた誰かを傷つけるんですね。 でも、それを癒せるのもまた人で…と、猪突猛進なヒロインの勢いに隠れがちだけど、描いているのは人間関係の機微。 良いですw 金のエンゼルは、私一度見たことがありますよ。 恋は実らなかったけど(笑)。
    →関連記事 『LaLa Special』の感想(流星クラブ)


●真柴なお 『私の好きな相馬くん』
家計のために瀬名さんが始めたバイトはメイド姿のハウスキーパー。 優等生と名高い相馬くんの家に派遣されたけど、家での彼はとても意地悪。 ギャップに途惑う瀬名さんは…。
っていうか、絵が!! 絵がめっちゃ可愛いです!! 以前『王子様サマの事情。』(→感想)を描いた方ですねっ。 お話は…ありがちだけど(失礼)、幼い妹弟で家族の温かさを表現したり、「別に」っていう一言が相馬くんの異性を感じさせたりと、感情豊かで読んでて気持ち良かったw まぁ特にチビちゃんに惚れたことは否定しません(笑)。  だって、「ちぐ」って…!! 是非次回作も読みたいですw 頑張って下さい~!!
    →関連記事 『LaLaDX11月号(2007年)』の感想(王子様サマの事情。)


●水野十子 『遥かなる時空の中で』 巻頭カラー
・・・耳!! しっぽ!!
●橘裕 『かな、かも。』 第11話
・・・扉絵の着ぐるみが可愛い。
●林みかせ 『君とひみつの花園』 第11話
・・・捨てなくても・・・退学しなくても・・・。
●桐島のい 『カタにゃん系な彼』
・・・仔猫には魔力じみた魅力がある!!(断言)
●カネチクジュンコ 『八葉さんが行く!』
・・・家族に渡すバレンタインチョコは、後で自分も食べるつもりで買いますよねw
●江咲桃恵 『とうがらし一味』
・・・確かに、どんなに可愛くてもストラップで12000円。ある意味彼は勇者(笑)。
●にざかな 『4ジゲン』
・・・今月は「一條さんと連絡が(以下同文)」ではなくきちんと掲載。今までの分、かなさんが楽をする(構図的に・笑)のは道理ですよね~。 は!?もしやネタ的にも楽!? そうだとにざさんがズルイのか…? でも、面白いからいいや(笑)。


→『LaLaDX3月号(2008年)』の感想/後編、に続く!! また明日?(笑。不明です)。

<関連サイト様>
●掲載号参照・・・『コミックホームズ』様 白泉社の少女コミックを調べるならこちらがオススメです。
●感想拝読しました・・・『土星のわっか』 2/17『☆My Comic List☆』




Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


☆オススメ