『私のシンデレラ』の感想

9784592185451.gif
『私のシンデレラ』
川瀬夏菜/白泉社花とゆめコミックス/2008.2.5/\390



<ご紹介>
『LaLa』系の雑誌に掲載された4編が収録された、川瀬先生2冊目の短編集。 描きおろしも満載です。
収録作・・・『私のシンデレラ』 『放課後ファニーワーク』 『星降るおくりもの』 『カルテット カルタ』
    →関連記事 短編集『ガーリッシュシーズン』の感想
    →『川瀬夏菜』のブログ内記事を見る


<感想>
祝!! 黄色い表紙が春っぽくて可愛い2冊目の短編集、発売おめでとうございますw 優れた読みきり作品を掲載する『LaLaDX』という雑誌を持ちながら、白泉社があまり短編集を発売しないことを寂しく思ってたけど、最近やっと増えてきて嬉しい限りですw 

特に川瀬先生の読みきりは、楽しんで作品を描いてる雰囲気がバッチリ伝わってくるものばかりなので、何ていうか、読んでて嫌な想いをしないんですよね。 いつも真っ直ぐな作品は、時に温かく心に残り、その真っ直ぐさが逆にイタイ時もあり(笑)、でもやっぱり可愛くて優しくて爽やかで、素直。 この素直さは、もはや世界遺産級なんじゃないかとただただ感心します。 私の腹黒さも、川瀬作品に触れてるときは浄化されるんじゃないかなー(笑)。

ちなみに私は、全作品を雑誌でリアルタイムに読んでました。 短編集が出ないと思ってたから雑誌を切って保存してあったけど(恥ずかしい実話・笑)、これで捨てても大丈夫ですね。
短編集なんで、以下各話語り。 


●『私のシンデレラ』・・・LaLaDX07年3月号
ツバキはお伽噺のような出会いを夢見る王女。 政略結婚を免れるために、シンデレラ同様の身の上の青年・アオイに秘密のお願いをするが、彼は噂とはかけ離れた人物で…。
収録のなかで一番新しい作品。 これね、扉絵のツバキが可愛くて好きだったんですよね~w ニーハイ加減が絶妙ですっ!!(笑)。 お伽噺のような出逢いって、女の子は心のどこかでちょっと憧れるんじゃないかと思うんだけど、そんな気恥ずかしさを微塵も感じさせず夢に邁進するツバキ姫は、本気でエライ。 で、そんな彼女にだんだん絆されて、王子コスプレ(笑)までしてしまうアオイくんがまた素敵ですw 
個人的には、変態エリカくんのツバキラブっぷりがお気に入りなんだけど、どう考えてもツバキちゃんは彼ではなく、アオイくんと幸せになるべきだとも思います(笑)。
 あと、ツバキちゃんが正装よりも、貧乏くさい魔女ルックの方が可愛く見えるあたりも妙に好きなお話でしたw


●『放課後ファニーワーク』・・・LaLaスペシャル06年7月号
つい熱くなる性格の真季は、手芸部で可愛いものを作りながら地味な学生生活を送っていた。 そこに現れた入部希望の少年は、小学生時代の熱い真季を知る厄介な相手で…。
手芸部を舞台に、自分の性格がコンプレックスな真季と、甘やかされた自分を叱ってくれた真季を好きな未央の、超爽やかなラブコメ。 フリフリの手芸と川瀬先生の可愛い絵柄がよく合っていて、ご自分の勝負どころを分かってるなぁと偉そうな感想を持ちながら読んでた記憶があります(笑)。 自分の存在意義を問うてしまうことって、若いうちはよくあるけど、そこに物作りを取り入れて立ち位置を明確にしてあるため、短編としてよくまとまった作品だと思います。 料理の上手な未央くんにぜひ猛アタック(死語か)されたいと思いました(笑)。


●『星降るおくりもの』・・・LaLa03年11月号
お嬢様暮らしの実梨。 家政婦さんの留守中、彼女の孫が代理家政婦としてやって来た。 姿は女の子…だけどどこかで見たその顔は、どう見ても同級生の上野くんで!? 
タイトルから連想できる通り、クリスマスのお話。 不器用な女の子×小器用な男の子、という構図は川瀬先生がよく描くモチーフで、今回も得意のパターン。 不器用だけど一生懸命な実梨ちゃんとか、嫌味のない好感度があるから不思議ですよね。 「媚び」がないからだと思います。 こんなに健全に一夜を過ごす作品も今どき珍しいくらいだけど(笑)、そんなところがまた大好きなんです~w


●『カルテット カルタ』・・・LaLa02年1月号
学校の伝統行事「百人一首大会」の代表に選出されてしまった美世。 気弱な彼女は、有名人の連太の特訓が怖くて堪らない。 けれど「みんなで」勝ちたいという連太の気持ちを次第に嬉しく思うようになって…。
待ってましたの単行本化!! 実は、今回収録の中で一番好きだったお話ですw コミックス化の要望が多かったと柱に書いてあったので、皆考えることは同じだなーと嬉しく思ったり。 
気弱だったミヨちゃんが、みんなと一緒に訓練して勝って自信をつけていく過程がとても自然で良いし、後半、和装したミヨちゃんがとても可愛くなってて、「女の子は自信を持つことでこんなに可愛くなるんだ!!」とびっくりしたり。 そんなミヨの頑張りを見て、「勝たなきゃ意味がない」と主張してた連太が、「負けてもがんばったことに意味がある」と歩み寄るシーンからも、いつの間にか信頼感のようなものが芽生てるのが伝わるし。
何ていうか・・・全編中にいろんな「前向きに頑張る等身大の姿」が描かれてるのが好きだったんです。 あ、今私、良いこと言いましたね!!(笑)  


<まとめ>
ひたすら可愛く前向きなお話ばかり。 疲れたときにサラッと読める感じなので、優しい雰囲気をお求めの方には特にオススメです。


<関連サイト様>
●感想拝読しました・・・2/11『マンガ一巻読破』様 3/3『☆My Comic List☆』
オンライン書店ビーケーワン






Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ